うに 丼 札幌。 函館うに むらかみ 日本生命札幌ビル店

札幌でおすすめのウニ丼の超有名店!今が旬!★函館うに むらかみ|シティリビングWeb

うに 丼 札幌

イクラ好きなら、はちきょうに行くことをお勧めします。 つっこ飯を注文すると店員さんからお願いごとの説明があり、同意が得られない場合は注文することが出来ません。 それは「残さない事」「自然保護を約束すること」。 つまり、2つの御願いごととは• 生産者(漁師さん)が命がけで取った食材ですので、食材を大切にすること(残さないこと)!• 海、山、川などに行った際、ゴミを捨てないのはもちろんのこと目についたゴミは拾うこと! でありこれら2つに同意をすることではじめて、提供してもらえます。 これは年々採れる量が減っているいくらを大切に頂こう、農家の方々が精魂込めて作ったお米を大切に頂こう、という考えに基づいてのこと。 つまり沢山頼むのはいいけどお残し厳禁!完食を約束させられます。 自然や生産者の方達に感謝しながら最後まできちんといただきましょう! スプーンでいくらをすくっても、まだ下のご飯が見えないほどのどっさりないくら。 醤油漬けされたいくらはぷちぷちと口の中で弾ける新鮮さで、これを「こんなに食べたことない!」ってくらいにたらふく食べられる贅沢ないくら丼なのは、ここだけかと思います。 店主は羅臼(らうす)の漁師をしていたので目利きは抜群なのがこの人気の秘訣かもしれませんね。 それほど有名であり、人気があるお店。 その名も回転寿司根室花まる。 海鮮丼ではないですが、海鮮丼を食べたい方にも満足できるほど鮮度の高いお刺身とシャリをリーズナブルな価格で食べることができます。 気になる場所は地図なんかいらない場所にあります。 というのも地元の人も、観光の人も、出張の人も誰もがわかるJR駅のJRタワーステラプレイスの6階の飲食街大丸側にあるからです。 ちなみに夜11時まで開いていますので、ゆっくり遊んだ後でも大丈夫。 根室を名乗るかぎり、魚介類の宝庫という看板にドロを塗るようなハンパな仕事はしません。 ただ、鮮度の良し悪しだけがネタのうまさを決めるのか。 そこに花まるがプラスできるもの。 お客様に、花まるの鮮度力を体感していただくために「魚が生きている」と感じるくらいの「我々の元気」。 鮮度力とは、素材だけが生み出すものものではない。 非常に美味しいので行って見てくださいね。 ちなみに札幌まで行かなくても東京駅KITTEにもがあるので都内にお住まいの方は是非! PR みゆきちゃん定食 頑固で優しいおやじさんが愛情たっぷりに盛ってくれます。 「とんねるずのみなさんのおかげでした」のキタナシュランに出ていて有名になったあのお店。 きたな美味い店のポイント• 見た目が扇風機みたいな海鮮丼• 外見が貧しい家のクリスマス• 小学生の基地みたいな外観• 看板はレインボー• 汚い扇風機のせいで入口のドアの開きが悪い• 地元タレントのサインがいっぱい• 松井秀喜のサインもあるけど来たことは無い• 味噌汁はぬるい 店内はカウンターに6席&3席くらいテーブル4人掛けが2卓の小さなお店。 相変わらずの独特なPOP調のメニュー表で懐かしいと思われる方も少なからずいるはず。 普通盛り、大盛り、特盛りサイズと現存しています。 ほぼ1000円以内でお腹いっぱいコースも以前と同じなのは嬉しいですね。 さて、気になるメニューですが噂通りほぼ海鮮丼。 例えば500円でまぐろ漬け丼やうな丼シングル600円ダブル1000円などのメニューがあります。 これらのメニューの中で特にお勧めなのが キタナシュランで扇風機と言わしめたに近いメニューでもある、スペシャル海鮮丼大盛り1000円。 量、価格、そしてもちろん味と文句なしのオススメ店!「お洒落な海の幸」ではなく「海の男のメシ」という感じです。 そのため札幌に来たときにはぜひ寄ってみてください。 やはり必見なのはボリューム満点の魚介類がのった海鮮丼。 それぞれの魚介類が北海道各地からの直送で仕入れられているので、鮮度も抜群といえます。 札幌市中央卸売場外市場に来たら、是非北のグルメ亭で人気メニューの海鮮丼を食べてみてはいかがでしょうか。 なお、札幌市内中央区・北区(一部)と札幌駅北口から無料送迎もしているので、アクセスも良好。 電話番号:011-621-3545 住所:札幌市中央区北11条西22丁目4-1 アクセス:JR桑園駅から徒歩12分 営業時間:7:00~15:00 L. O14:30 定休日:無休 定食めし屋 こちらも海鮮食堂 北のグルメ亭と同様に、札幌場外市場内にあり、「正月しゃべくり007」でもとりあげられたお店。 コスパがよく美味しい海鮮丼が食べられると好評です。 特に朝限定の海鮮四品丼はオススメの一品。 サーモン、ホタテ、カニ、イクラがどっさり乗っています。 美味しい食べ方も丁寧に説明くれ、接客の感じも良いです。 また、 海鮮丼がメインですが、ダシの旨みが凝縮されたあっさりタイプの塩ラーメンも人気なので、是非一緒に食べてみてくださいね。 共栄市場食堂 住所:札幌市中央区北11条西21丁目 電話番号:011-621-2515 営業時間:7:00~14:00 定休日:無休 次にご紹介するのが札幌から少し離れた余市町にある海鮮丼屋さん。 札幌にある海鮮丼のお店ではありませんが、札幌市民もわざわざ行くほどの盛況ぶり。 柿崎商店 海鮮工房 余市 メニューとしては写真のように磯丼 ホッキ貝、つぶ貝、ホタテ 930円 写真はいくらトッピング+280円 やうに丼、さらに言えば焼き魚等と幅広く扱っています。 特に磯丼は丼飯の上にビッシリとホタテ、ホッキ貝、ツブ貝が乗った、磯の香りが満載の貝好きにはたまらない逸品。 また、いとこ丼 サーモンといくら 980円はこの写真のような感じ。 つやつやのサーモンにぷりぷりのイクラ。 良い脂がしっかりのった大きな切り身がいくつも乗っています。 しかし、一番のおすすめはウニ。 ここのウニ丼はとっても有名ですし、美味しいので食べてみて外れることはないでしょう。 住所:北海道余市郡余市町黒川町7-25 柿崎商店2F 営業時間:10:00~19:00 L. ランキング外ですがご紹介いたします。 もし以下の海鮮丼に興味がございましたら、足を運んでみていただけたら幸いです。 かみ磯 北第1ふ頭 札幌時計台店 札幌の海鮮丼ランキング番外編でまずご紹介するのが 「かみ磯 北第1ふ頭 札幌時計台店」の「かみ磯丼」。 そもそもこちらのお店ですが、活蝦夷あわび、活ホタテ、活ほっき貝、毛蟹など北海道を満喫できるおすすめ食材が豊富。 特に鮮度が自慢。 こちらの 「かみ磯丼」に関しても値段は3000円弱と高いですが、ボリューム満点なので、是非ご賞味ください。 お問い合わせ 050-5570-1815 住所 北海道札幌市中央区北1条西2-2-3 りんどうビル 2F 営業時間 [月~木・日・祝日] 17:00~23:30[金・土・祝前日] 17:00~24:00 定休日 日曜 月曜祝日の場合は日曜営業、月曜定休 すぎ乃 札幌店 次は札幌駅でうにが食べたい方におすすめのお店。 こちらは美味しい日本海の国産うにが自慢で、今回ご紹介するのが、「うに丼」。 シーズン毎に漁獲量が異なることから、予約製となっております。 旬の時期に行くことがもちろん良いに越したことはないのですが、一度は食べて欲しい一品。 また、 こちらのお店ではランチ限定ですが、二食丼ランチ(2800円)がおすすめです。 いくらとうに両方の味を楽しむことができる贅沢メニュー。 他にも海鮮丼ではないですが、 みそたっぷりカニ甲羅焼き(1,450円)は定番メニューなので、是非お試しください。 ヤン衆料理 北の漁場 (きたのりょうば) お問い合わせ 011-351-8811 住所 北海道札幌市中央区北11条西21丁目374 北の漁場2号店 2F 営業時間 7:00~17:00 定休日 無休 海鮮丼の浦島 地下鉄南北線すすきの駅直結 ススキノ ラフィラ地下2階に位置する海鮮丼の浦島。 その名の通り海鮮丼を主体として、煮る、焼くなどの調理は一切しないというコンセプト。 面白いと思ったのが、無添加塩水ウニを使っていますが、海鮮丼メニューを注文するのであれば、ウニの試食を無料で行なっている点。 季節に応じて内容も変わります。 海鮮丼以外に、小鉢、味噌汁、漬物がついてきますよ。 (HPより画像出典) お問い合わせ 050-5890-8174 住所 北海道札幌市中央区南4条西4-1 ススキノラフィラ B2F 営業時間 10:00~21:00 定休日 無休 (1月1日のみ休日) 丼兵衛 こちらも前述したお店と同様に札幌中央卸売市場にあります。 そのためコスパ観点で非常に優秀。 安くて500円で海鮮バラちらし丼という海鮮丼を食べることができます。 もちろんせっかくの機会だから、もっとお金を出してでも贅沢な海鮮丼にしたい!という方でも大丈夫。 一番のおすすめは、満足丼(約2500円)。 こちらは、本マグロ、牡丹海老、ズワイ蟹棒肉、うに、いくら等々10品などがのっています。 他にも、うに丼(2900円)や特選さっぽろ朝市丼(1480円)うにいくら丼( 2480円)も人気。 気をつけなければいけない点が営業時間。 こちらのお店はディナーをやっていないため、朝7時から13時までのモーニング、ランチタイムにお邪魔しましょう。 お問い合わせ 011-210-7321 住所 北海道札幌市中央区南4条西5丁目 F45ビル 営業時間・ 定休日 営業時間 [Dinner] 17:00-22:00 定休日 [無休] 北海道ろばた 居心地 「北海道ろばた居心地」は、南二条にあるおすすめのグルメスポット。 大通り沿いのビル1階にあるお店で、ランチタイムからディナータイムまでお客さんの絶えない人気店です。 店内は芝生をイメージしたテーブル席と、広めのソファ席。 お客さんは多いですが、長居してしまいたくなる居心地の良いお店です。 ぽせい丼 出典: Retty 「北海道ろばた居心地」のおすすめメニューは、ぽせい丼2180円。 いくら・うに・ホタテの入った贅沢な海鮮丼で、かけ声のもと海鮮がどんどん盛られていきます。 もりこぼれる海鮮にわくわくしながら、北海道の海の幸を満喫してください!お料理はどれも丁寧に作られており、インパクトだけでなく味も保証付きの美味しさ!他にも厚岸直送の生ガキや牛ロースの炙り寿司など、おすすめ料理が充実しているお店です。 「北海道ろばた居心地」は、大通駅より歩いて3分ほどの場所にあります。 住所:北海道札幌市中央区南二条西4丁目10-2清水ビルB1F 電話:011-206-9828 営業時間:11:30~14:30、17:00~1:00 定休日:不定休 HP: とれたて北海道 札幌駅前店 最後にご紹介するのが、とれたて北海道 札幌駅前店。 札幌駅からすぐ近くなのでアクセスも抜群。 おすすめは、北海をイメージした具材(北海道産ボタン海老・ズワイガニ・活ホタテ・サーモン・いか・海水ウニ・イクラ醤油漬け)などの7種類のネタを豪快に盛り込んだ海鮮丼。 他にも、日本酒の種類が豊富なのと、北海道産の食材を厳選した素材のこだわりなど、魅力もがいっぱい。 例えば、アスパラは函館、富良野、旭川等道内各地から入荷しており、美味しいので海鮮丼に追加で頼んでみましょう。

次の

函館うに むらかみ 日本生命札幌ビル店(札幌駅/丼もの)

うに 丼 札幌

イクラ好きなら、はちきょうに行くことをお勧めします。 つっこ飯を注文すると店員さんからお願いごとの説明があり、同意が得られない場合は注文することが出来ません。 それは「残さない事」「自然保護を約束すること」。 つまり、2つの御願いごととは• 生産者(漁師さん)が命がけで取った食材ですので、食材を大切にすること(残さないこと)!• 海、山、川などに行った際、ゴミを捨てないのはもちろんのこと目についたゴミは拾うこと! でありこれら2つに同意をすることではじめて、提供してもらえます。 これは年々採れる量が減っているいくらを大切に頂こう、農家の方々が精魂込めて作ったお米を大切に頂こう、という考えに基づいてのこと。 つまり沢山頼むのはいいけどお残し厳禁!完食を約束させられます。 自然や生産者の方達に感謝しながら最後まできちんといただきましょう! スプーンでいくらをすくっても、まだ下のご飯が見えないほどのどっさりないくら。 醤油漬けされたいくらはぷちぷちと口の中で弾ける新鮮さで、これを「こんなに食べたことない!」ってくらいにたらふく食べられる贅沢ないくら丼なのは、ここだけかと思います。 店主は羅臼(らうす)の漁師をしていたので目利きは抜群なのがこの人気の秘訣かもしれませんね。 それほど有名であり、人気があるお店。 その名も回転寿司根室花まる。 海鮮丼ではないですが、海鮮丼を食べたい方にも満足できるほど鮮度の高いお刺身とシャリをリーズナブルな価格で食べることができます。 気になる場所は地図なんかいらない場所にあります。 というのも地元の人も、観光の人も、出張の人も誰もがわかるJR駅のJRタワーステラプレイスの6階の飲食街大丸側にあるからです。 ちなみに夜11時まで開いていますので、ゆっくり遊んだ後でも大丈夫。 根室を名乗るかぎり、魚介類の宝庫という看板にドロを塗るようなハンパな仕事はしません。 ただ、鮮度の良し悪しだけがネタのうまさを決めるのか。 そこに花まるがプラスできるもの。 お客様に、花まるの鮮度力を体感していただくために「魚が生きている」と感じるくらいの「我々の元気」。 鮮度力とは、素材だけが生み出すものものではない。 非常に美味しいので行って見てくださいね。 ちなみに札幌まで行かなくても東京駅KITTEにもがあるので都内にお住まいの方は是非! PR みゆきちゃん定食 頑固で優しいおやじさんが愛情たっぷりに盛ってくれます。 「とんねるずのみなさんのおかげでした」のキタナシュランに出ていて有名になったあのお店。 きたな美味い店のポイント• 見た目が扇風機みたいな海鮮丼• 外見が貧しい家のクリスマス• 小学生の基地みたいな外観• 看板はレインボー• 汚い扇風機のせいで入口のドアの開きが悪い• 地元タレントのサインがいっぱい• 松井秀喜のサインもあるけど来たことは無い• 味噌汁はぬるい 店内はカウンターに6席&3席くらいテーブル4人掛けが2卓の小さなお店。 相変わらずの独特なPOP調のメニュー表で懐かしいと思われる方も少なからずいるはず。 普通盛り、大盛り、特盛りサイズと現存しています。 ほぼ1000円以内でお腹いっぱいコースも以前と同じなのは嬉しいですね。 さて、気になるメニューですが噂通りほぼ海鮮丼。 例えば500円でまぐろ漬け丼やうな丼シングル600円ダブル1000円などのメニューがあります。 これらのメニューの中で特にお勧めなのが キタナシュランで扇風機と言わしめたに近いメニューでもある、スペシャル海鮮丼大盛り1000円。 量、価格、そしてもちろん味と文句なしのオススメ店!「お洒落な海の幸」ではなく「海の男のメシ」という感じです。 そのため札幌に来たときにはぜひ寄ってみてください。 やはり必見なのはボリューム満点の魚介類がのった海鮮丼。 それぞれの魚介類が北海道各地からの直送で仕入れられているので、鮮度も抜群といえます。 札幌市中央卸売場外市場に来たら、是非北のグルメ亭で人気メニューの海鮮丼を食べてみてはいかがでしょうか。 なお、札幌市内中央区・北区(一部)と札幌駅北口から無料送迎もしているので、アクセスも良好。 電話番号:011-621-3545 住所:札幌市中央区北11条西22丁目4-1 アクセス:JR桑園駅から徒歩12分 営業時間:7:00~15:00 L. O14:30 定休日:無休 定食めし屋 こちらも海鮮食堂 北のグルメ亭と同様に、札幌場外市場内にあり、「正月しゃべくり007」でもとりあげられたお店。 コスパがよく美味しい海鮮丼が食べられると好評です。 特に朝限定の海鮮四品丼はオススメの一品。 サーモン、ホタテ、カニ、イクラがどっさり乗っています。 美味しい食べ方も丁寧に説明くれ、接客の感じも良いです。 また、 海鮮丼がメインですが、ダシの旨みが凝縮されたあっさりタイプの塩ラーメンも人気なので、是非一緒に食べてみてくださいね。 共栄市場食堂 住所:札幌市中央区北11条西21丁目 電話番号:011-621-2515 営業時間:7:00~14:00 定休日:無休 次にご紹介するのが札幌から少し離れた余市町にある海鮮丼屋さん。 札幌にある海鮮丼のお店ではありませんが、札幌市民もわざわざ行くほどの盛況ぶり。 柿崎商店 海鮮工房 余市 メニューとしては写真のように磯丼 ホッキ貝、つぶ貝、ホタテ 930円 写真はいくらトッピング+280円 やうに丼、さらに言えば焼き魚等と幅広く扱っています。 特に磯丼は丼飯の上にビッシリとホタテ、ホッキ貝、ツブ貝が乗った、磯の香りが満載の貝好きにはたまらない逸品。 また、いとこ丼 サーモンといくら 980円はこの写真のような感じ。 つやつやのサーモンにぷりぷりのイクラ。 良い脂がしっかりのった大きな切り身がいくつも乗っています。 しかし、一番のおすすめはウニ。 ここのウニ丼はとっても有名ですし、美味しいので食べてみて外れることはないでしょう。 住所:北海道余市郡余市町黒川町7-25 柿崎商店2F 営業時間:10:00~19:00 L. ランキング外ですがご紹介いたします。 もし以下の海鮮丼に興味がございましたら、足を運んでみていただけたら幸いです。 かみ磯 北第1ふ頭 札幌時計台店 札幌の海鮮丼ランキング番外編でまずご紹介するのが 「かみ磯 北第1ふ頭 札幌時計台店」の「かみ磯丼」。 そもそもこちらのお店ですが、活蝦夷あわび、活ホタテ、活ほっき貝、毛蟹など北海道を満喫できるおすすめ食材が豊富。 特に鮮度が自慢。 こちらの 「かみ磯丼」に関しても値段は3000円弱と高いですが、ボリューム満点なので、是非ご賞味ください。 お問い合わせ 050-5570-1815 住所 北海道札幌市中央区北1条西2-2-3 りんどうビル 2F 営業時間 [月~木・日・祝日] 17:00~23:30[金・土・祝前日] 17:00~24:00 定休日 日曜 月曜祝日の場合は日曜営業、月曜定休 すぎ乃 札幌店 次は札幌駅でうにが食べたい方におすすめのお店。 こちらは美味しい日本海の国産うにが自慢で、今回ご紹介するのが、「うに丼」。 シーズン毎に漁獲量が異なることから、予約製となっております。 旬の時期に行くことがもちろん良いに越したことはないのですが、一度は食べて欲しい一品。 また、 こちらのお店ではランチ限定ですが、二食丼ランチ(2800円)がおすすめです。 いくらとうに両方の味を楽しむことができる贅沢メニュー。 他にも海鮮丼ではないですが、 みそたっぷりカニ甲羅焼き(1,450円)は定番メニューなので、是非お試しください。 ヤン衆料理 北の漁場 (きたのりょうば) お問い合わせ 011-351-8811 住所 北海道札幌市中央区北11条西21丁目374 北の漁場2号店 2F 営業時間 7:00~17:00 定休日 無休 海鮮丼の浦島 地下鉄南北線すすきの駅直結 ススキノ ラフィラ地下2階に位置する海鮮丼の浦島。 その名の通り海鮮丼を主体として、煮る、焼くなどの調理は一切しないというコンセプト。 面白いと思ったのが、無添加塩水ウニを使っていますが、海鮮丼メニューを注文するのであれば、ウニの試食を無料で行なっている点。 季節に応じて内容も変わります。 海鮮丼以外に、小鉢、味噌汁、漬物がついてきますよ。 (HPより画像出典) お問い合わせ 050-5890-8174 住所 北海道札幌市中央区南4条西4-1 ススキノラフィラ B2F 営業時間 10:00~21:00 定休日 無休 (1月1日のみ休日) 丼兵衛 こちらも前述したお店と同様に札幌中央卸売市場にあります。 そのためコスパ観点で非常に優秀。 安くて500円で海鮮バラちらし丼という海鮮丼を食べることができます。 もちろんせっかくの機会だから、もっとお金を出してでも贅沢な海鮮丼にしたい!という方でも大丈夫。 一番のおすすめは、満足丼(約2500円)。 こちらは、本マグロ、牡丹海老、ズワイ蟹棒肉、うに、いくら等々10品などがのっています。 他にも、うに丼(2900円)や特選さっぽろ朝市丼(1480円)うにいくら丼( 2480円)も人気。 気をつけなければいけない点が営業時間。 こちらのお店はディナーをやっていないため、朝7時から13時までのモーニング、ランチタイムにお邪魔しましょう。 お問い合わせ 011-210-7321 住所 北海道札幌市中央区南4条西5丁目 F45ビル 営業時間・ 定休日 営業時間 [Dinner] 17:00-22:00 定休日 [無休] 北海道ろばた 居心地 「北海道ろばた居心地」は、南二条にあるおすすめのグルメスポット。 大通り沿いのビル1階にあるお店で、ランチタイムからディナータイムまでお客さんの絶えない人気店です。 店内は芝生をイメージしたテーブル席と、広めのソファ席。 お客さんは多いですが、長居してしまいたくなる居心地の良いお店です。 ぽせい丼 出典: Retty 「北海道ろばた居心地」のおすすめメニューは、ぽせい丼2180円。 いくら・うに・ホタテの入った贅沢な海鮮丼で、かけ声のもと海鮮がどんどん盛られていきます。 もりこぼれる海鮮にわくわくしながら、北海道の海の幸を満喫してください!お料理はどれも丁寧に作られており、インパクトだけでなく味も保証付きの美味しさ!他にも厚岸直送の生ガキや牛ロースの炙り寿司など、おすすめ料理が充実しているお店です。 「北海道ろばた居心地」は、大通駅より歩いて3分ほどの場所にあります。 住所:北海道札幌市中央区南二条西4丁目10-2清水ビルB1F 電話:011-206-9828 営業時間:11:30~14:30、17:00~1:00 定休日:不定休 HP: とれたて北海道 札幌駅前店 最後にご紹介するのが、とれたて北海道 札幌駅前店。 札幌駅からすぐ近くなのでアクセスも抜群。 おすすめは、北海をイメージした具材(北海道産ボタン海老・ズワイガニ・活ホタテ・サーモン・いか・海水ウニ・イクラ醤油漬け)などの7種類のネタを豪快に盛り込んだ海鮮丼。 他にも、日本酒の種類が豊富なのと、北海道産の食材を厳選した素材のこだわりなど、魅力もがいっぱい。 例えば、アスパラは函館、富良野、旭川等道内各地から入荷しており、美味しいので海鮮丼に追加で頼んでみましょう。

次の

うにむらかみ 札幌店

うに 丼 札幌

小鉢二種・サラダ・御飯・味噌汁・漬物付き 864円 (税抜)• 小鉢二種・サラダ・御飯・味噌汁・漬物付き 1,000円 (税抜)• 小鉢二種・サラダ・御飯・漬物付き 1,000円 (税抜)• 7月はミックスフライ定食 自慢のうにと白身魚を合わせたフライとそのほかはおまかせフライの盛り合わせです。 900円 (税抜)• 昼の部限定!むらかみの特別ランチ!一部事前予約必要ですので御注意ください。 ランチ会席プラン• ランチ会席プラン 弥生(やよい)御膳~YAYOI~ 2名様以上 2日前要予約にて1日10食限定 自慢のうにを使用!先付ー本日の2点、造里ー生うに入り三種盛り、焼物ー本日の焼魚、蒸し物ーうに入り茶碗蒸し 揚物ー海老と本日の海鮮二種と野菜二種盛り、食事ー生うにとイクラ御飯、甘味ー本日のシャーベット又はアイス、珈琲 がついてます。 1日限定10食 3,500円 (税抜)• 1日限定10食 2,500円 (税抜)• 無添加生うに丼• おすすめ• 売れ筋 当店一番人気のうに丼!全て無添加で甘く濃厚なうにを堪能下さい レギュラーサイズ 4,600円 (税抜)• 生うにといくらの二色丼• おすすめ レギュラーサイズ 4,000円 (税抜)• 三色丼 うに・イクラ・サーモン• おすすめ 無添加うに、いくら、サーモンの三色丼 レギュラーサイズ 3,300円 (税抜)• 〔 ランチタイムのお知らせ 〕• 平日の月曜日~金曜日 ランチ定食・グランドメニュー一部とうに丼等の丼ぶり各種メニューの販売になります 土曜日・日曜日・祝日 現在お休み) 丼ぶりメニュー・刺身各種・グランドメニューより一部 うに料理・お茶漬け・雑炊・茶そば・単品の焼魚・天婦羅・サラダ等 になります• 〔 お昼のごはん 〕• 料理長厳選の素材を使用した『おまかせ海鮮丼』4000円も人気 1,500円 (税抜)~4,600円 (税抜)• 無添加生うに丼 当店自慢の毎朝直送の無添加生うにを80g使用しております。 新鮮で口の中に濃厚な甘さだけが残る。 おまかせ海鮮丼• 売れ筋 当店自慢の無添加生うにはもちろん、料理長厳選素材をたっぷりのせた海鮮丼です。 内容につきましては従業員までお問い合わせください。 4,000円 (税抜)• 新鮮なお刺身• お刺身いろいろ 無添加生うに刺し 30g 2,100円 別) 無添加生うに刺し 木箱入り50g 3,100円 別) ~海老~ ボタン海老刺し 1本 650円 別) ボタン海老刺し 2本 1,200円 別) ~貝類~ 活北寄貝刺し 1,600円 別) 活帆立貝刺し 900円 別) 活つぶ貝刺し 1,400円 別) 貝類三種盛り合わせ 2,000円 別) 北寄貝+帆立貝+つぶ貝) おまかせ三種盛り合わせ 1人前 1,750円 別) おまかせ五種盛り合わせ 1人前 2,550円 別) 900円 (税抜)~5,200円 (税抜)• ・うに焼き 1,700円 別) ・うにグラタン 1,000円 別) ・うに大福 800円 別) ・うにの三色天婦羅 2,500円 別) ・無添加木箱入り炙りうに 50g 3,200円 別)• 単品いろいろ~ ランチタイム)• ・カリッカリの揚げ雑魚と大根のサラダ 750円 別) ・木の実入りグリーンサラダ 680円 別) ・ボタン海老の天婦羅 1本 700円 別) ・ボタン海老の天婦羅 2本 1,300円 別) ・おまかせ天婦羅盛り合わせ 1人前 1,650円 別) ・おまかせ天婦羅盛り合わせ 2人前 2,800円 別) ・しまホッケ焼き 半身 1,400円 別) ・しまホッケ焼き 一尾 2,400円 別) ・じゃがバター塩辛添え 550円 別) ・インカの目覚めバターホイル焼き 700円 別)• 期間限定にて (お食事されたお客様に限らせて頂きますのでご了承くださいませ) 期間限定! 100円 (税込)• 数量限定ですのでお早めにどうぞ!予約も承ります! 自慢の無添加生うに丼4,600円 別)、一番人気の二色丼うにいくら丼4000円 別) うにの量がうに丼レギュラーサイズ80gに対しSサイズのうにの量が40gと半分…後悔された方も数々と… 濃厚で甘く口の中で溶けていくうにのクリーミーな味わい磯の風味を感じてみてください。

次の