菊のもんニュース。 ヤフーで菊の紋ニュースが出ていました。週刊誌や新聞、テレビで全く取り上げ...

コロナ禍で人はキレやすくなる!? 落語家・春風亭小朝×脳科学者・篠原菊紀 “脳のしくみ”を語る(TOKYO FM+)

菊のもんニュース

ダイエット・健康ジャンル• 免責について(注意事項)• ・商品をご購入頂く際には、リンク先の商品情報をご確認の上でお願いいたします。 ページ内の製品とリンク先のショップの商品が異なる場合、までご連絡ください。 ・商品について重要な情報が記載されている場合や、価格・送料・在庫表示等が異なる場合がございます。ご購入前に必ず商品ページをご確認ください。• ・最安価格 税込 は在庫あり・注文可能商品における最安価格です。• ・この検索結果を元に商品ご購入される際には、ご自身でも各商品の詳細についてご確認ください。• ・各製品の情報は各メーカー企業・データ販社などから提供されたデータに基づき表示している参考情報です。各ショップが実際に販売している商品やパッケージの情報とは詳細が異なる場合がありますのでご注意ください。より正確な情報は、各ショップにお問い合わせください。• ・検索結果によって行われる商品取引を楽天市場が保証することはございません。• ・画像は代表製品・代表カラーを共用しております。• ・実際の製品イメージ、カラーとは異なる場合があります。• ・掲載されている情報はメーカー各社により予告なく変更される場合がございます。• ・商品情報の更新は定期的に行われているため、実際の商品ページの内容 価格、在庫表示等 とは異なる場合がございます。ご注意ください。• ・ショップレビューは、「みんなのお買い物レビュー」の集計を元に表示しておりますが、定期的に更新しているため、リンク先の表示内容と異なる場合がございますのでご了承ください。• ・購入金額が100円 税込 に満たないお買い物はポイント対象外となります。• ・クーポンの有効期間中であっても利用枚数の合計が先着人数に達した時点でクーポンは利用できなくなりますのでご注意下さい。 (獲得後であっても利用時点ですでに上限枚数を利用されている場合は、お買い物かごでのクーポンの表示はされません)• ・獲得したクーポンを利用せずに商品をご購入されますと、通常価格でご購入いただくこととなりますのでご注意ください。

次の

コロナ禍で人はキレやすくなる!? 落語家・春風亭小朝×脳科学者・篠原菊紀 “脳のしくみ”を語る(2020年7月15日)|BIGLOBEニュース

菊のもんニュース

禁酒法の時代に、こっそり営業していたBAR「SPEAKEASY」。 2020年の東京の街にも、そんなひそかなBARがありました。 各界の大物ゲストが訪れ、ここでしか話せないトークを展開するとか、しないとか……。 TOKYO FMの番組「TOKYO SPEAKEASY」7月8日(水)のお客様は、落語家・春風亭小朝さんと脳科学者・篠原菊紀さん。 通常は、急に困るようなことが出てきたり、頑張らなければいけないときに扁桃体が活性化します。 すると副腎などに働きかけてコルチゾールなどストレス物質の分泌が増しますが、これが戻ってきて扁桃体に働きかけ、その活動を抑えてくれます。 だからふつうは、ストレスは長く続かない。 ところが、コロナ禍のように不安や恐怖が長く続くと、扁桃体の活動がなかなか戻らなくなってしまう。 そうなると、例えば、脳では前頭葉で記憶などを一時的に保持しながらいろんなことをするのですが、その部分があまり使えなくなってしまうようなことが起きて、頭が働きにくくなったり、キレやすくなったりします。 小朝:やっぱりキレやすくなりますか? 篠原:はい。 このとき、前頭前野が使われますが、これが働きにくいので抑えが効きにくくなります。 しかし、例えば人を殴るシーンがあったとします。 篠原:そうですね。 小朝:あぁ……。 そうなると、それを繰り返すことにより快感を覚えて、また繰り返す……ということが起きやすくなってきます。 逆に下げているときは、ネガティブなことを思い出しやすい。 逆もそうです。 小朝:例えば、猫背でずっといると考え方がマイナスになることはあります? 篠原:そうですね。 背筋をピンと伸ばしただけで、認知機能テストの成績が上がるというようなことも起きますしね。 一体どんな話が飛び出すのか……!? tfm. 著作権は提供各社に帰属します。 予めご了承ください。

次の

コロナ禍で人はキレやすくなる!? 落語家・春風亭小朝×脳科学者・篠原菊紀 “脳のしくみ”を語る

菊のもんニュース

禁酒法の時代に、こっそり営業していたBAR「SPEAKEASY」。 2020年の東京の街にも、そんなひそかなBARがありました。 各界の大物ゲストが訪れ、ここでしか話せないトークを展開するとか、しないとか……。 TOKYO FMの番組「TOKYO SPEAKEASY」7月8日(水)のお客様は、落語家・春風亭小朝さんと脳科学者・篠原菊紀さん。 通常は、急に困るようなことが出てきたり、頑張らなければいけないときに扁桃体が活性化します。 すると副腎などに働きかけてコルチゾールなどストレス物質の分泌が増しますが、これが戻ってきて扁桃体に働きかけ、その活動を抑えてくれます。 だからふつうは、ストレスは長く続かない。 ところが、コロナ禍のように不安や恐怖が長く続くと、扁桃体の活動がなかなか戻らなくなってしまう。 そうなると、例えば、脳では前頭葉で記憶などを一時的に保持しながらいろんなことをするのですが、その部分があまり使えなくなってしまうようなことが起きて、頭が働きにくくなったり、キレやすくなったりします。 小朝:やっぱりキレやすくなりますか? 篠原:はい。 このとき、前頭前野が使われますが、これが働きにくいので抑えが効きにくくなります。 しかし、例えば人を殴るシーンがあったとします。 篠原:そうですね。 小朝:あぁ……。 そうなると、それを繰り返すことにより快感を覚えて、また繰り返す……ということが起きやすくなってきます。 逆に下げているときは、ネガティブなことを思い出しやすい。 逆もそうです。 小朝:例えば、猫背でずっといると考え方がマイナスになることはあります? 篠原:そうですね。 背筋をピンと伸ばしただけで、認知機能テストの成績が上がるというようなことも起きますしね。 一体どんな話が飛び出すのか……!? jfn. tfm.

次の