あの 夏 へ 歌詞。 千と千尋の神隠しで使われている、あの日の川あの夏へ について...

福山雅治 あの夏も 海も 空も 歌詞

あの 夏 へ 歌詞

夏になると聴きたくなる曲たちですね。 「あの夏へ」は映画の冒頭部分で使われていましたが、 「あの日の川」は、千尋がおにぎりを食べながら泣くシーンで使われています。 「あの夏へ」と「あの日の川」はよく似ているのですが、 「あの夏へ」はピアノでの伴奏が全般ですが、 「あの日の川」はどことなくハクの優しさを イメージさせるような柔らかい曲調です。 ハクと千尋の別れのシーンでの曲は、「帰る日」という曲です。 「あの夏へ」「あの日の川」「帰る日」はどれも似ていますが、 微妙に曲調が違うので、よかったらサントラで聴いてみてください^^ ちなみに、「あの夏へ」に歌詞をつけたものが「いのちの名前」という歌です。 イメージアルバムに収録されており、「あの夏へ」と同じ曲調ですが、 歌詞がなく、「ララララ・・・」というように 「ラ」だけで歌われているのが「あの日の川へ」です。 ニコニコ動画が見れるのであれば、下の動画に 「あの夏へ」「あの日の川」「帰る日」が他の曲とともに収録されています。 「いのちの名前」 余談ですが、もともと「あの日の川」の名前の由来は、 宮崎駿さんが、千と千尋の曲の作曲者の久石さんに 千と千尋の曲のイメージとして贈った詩が元なんです。 私はこれを見て、さらに千と千尋が大好きになりました。 「あの日の川で」 陽のさす裏庭から 忘れかけてた木戸をぬけ 生け垣が影おとす道をいく むこうから走ってくる幼い子は わたし ずぶぬれで泣きながらすれちがう 砂場の足跡をたどって もっと先へ いまは 埋もれてしまった川まで ゴミの間の水草がゆれている あの小さな川で、私はあなたに出会った 私のクツがゆっくり流れていく 小さな渦にまかれて消える 心をおおうチリが晴れる 目をかくすくもりが消える 手は空気に触れ 足は地面のはずみを受けとめる 誰かのために生きている私 私のために生きてくれてた誰か わたしは あの日 川へ行ったのだ わたしは あなたの 川へ行ったのだ.

次の

【あの夏に咲け/ヨルシカ】歌詞の意味を徹底解釈!カトレアの花言葉の真実とは?

あの 夏 へ 歌詞

楽曲名「あの夏に咲け」とは 「あの夏に咲け」という曲名で思いつくものとして 夏=お祭り 咲く=花、花火 などを連想させますね。 この楽曲名が歌詞の内容と どう関与しているのでしょうか。 歌詞 君が触れたら、 た、た、ただの花さえ笑って宙に咲け 君に倣って、て、照れるまま座って バスの最終時刻 オーバー いつもの通りバス亭で、 君はサイダーを持っていた。 それだって様になってるなあ。 しがない物書きであった僕は その風景を描いていた。 隣に座る間も無く消えた。 バスが走っていく。 書いて書いてようやく得たものが 妬みとか蔑みとか! なんかもう忘れたい 君が触れたら、 た、た、ただの花さえ笑って宙に咲け 君が登って、て、 照れる雲も赤らんで飛んでいく 君がいるなら、 た、た、退屈な日々も何てことはないけど 君がいた騒々しい夏もさよなら 誰か応答願う オーバー 雨の街路脇、君は立っていた 片手には赤い カトレア 君の流した水滴が夕立ちみたく伝っていた 君が泣いてるのに手は動いた 声もかけないで その顔を書いていた 吐いて 吐いてようやくわかるのが 痛みです 虚しさです なんかもう馬鹿みたい 満たされるから、 た、た、足りてた分を落として 嫌になるんだよ それで良かったって笑えるほど 大人じゃないのにさ 君が乗り込む、 バ、バ、バスの隙間に僕の場所はないから 君がいた想像だけが嵩んでいく 今日も人生俯瞰、オーバー 君が歩けば花が咲く 君が歩けば空が泣く 君が笑えば遠い夏 笑う顔が書いてみたい 夕立の中泣く君に 僕が言えるのなら もう一回あの夏に戻って 君が泣いてる、 と、と、止まらない訳を僕は知っていたい 君に触れたら、 て、て、適当なことでも喋ってみよう 君がいたから、 た、た、退屈な日々も何てことはないのさ 君に笑って、て、照れるまま座って バスの最終時刻、オーバー スポンサーリンク 歌詞の意味・解釈 頭サビ 君が触れたら、 た、た、ただの花さえ笑って宙に咲け 君に倣って、て、照れるまま座って バスの最終時刻 オーバー 君が触れたら、 た、た、ただの花さえ笑って宙に咲け 「君」という人物が花に触れると花でさえ笑顔になってしまう それだけ 「君」という人物は 周囲を笑顔にしてしまうような魅力的な人のように感じます。 そんな素敵な 「君」を見ながら彼はバスの最重時刻が過ぎてもバス停に座り続けていますがいったい彼は何故そんなことをしているのでしょうか? 次でその意味が見えてきます。 1番 いつもの通りバス亭で、 君はサイダーを持っていた。 それだって様になってるなあ。 しがない物書きであった僕は その風景を描いていた。 隣に座る間も無く消えた。 バスが走っていく。 書いて書いてようやく得たものが 妬みとか蔑みとか! なんかもう忘れたい しがない物書きであった僕は その風景を描いていた。 彼は 物書きだったというのがここで分かりますね。 そんな彼はいつものバス停でサイダーを持っていた 「君」という風景を描いています。 彼が何故バスの最終時刻を過ぎてもバス停に座り続けたのか。 それは素敵な 「君」を描くためだったんですね。 隣に座る間も無く消えた。 バスが走っていく。 けれども 「君」を描いていたい気持ちとまた別に、隣に座りたかったという思いも感じますね。 「君」という風景を描くには同じバス停でも離れて描かなければならなかったのだと思います。 サビ1 君が触れたら、 た、た、ただの花さえ笑って宙に咲け 君が登って、て、 照れる雲も赤らんで飛んでいく 君がいるなら、 た、た、退屈な日々も何てことはないけど 君がいた騒々しい夏もさよなら 誰か応答願う オーバー 照れる雲も赤らんで飛んでいく ここでも 「君」の魅力を表現していますね。 雲も照れてしまう程の魅力でしまいには雲は飛んでいっています。 それほどの魅力となるとちょっと想像がつきませんね。 君がいた騒々しい夏もさよなら 「君」がいることで 退屈な日々も気にならないほど充実していたのでしょう。 けれどもそんな夏も終わりを迎えてしまいます。 季節は移り変わっていくものですが名残惜しさを感じているのでしょうね。 2番 雨の街路脇、君は立っていた 片手には赤い カトレア 雨の中立っていた 「君」の手には カトレアの花があります。 カトレアの花言葉は 「優美な貴婦人」 「成熟した大人の魅力」 「魔力」 「魅惑的」 といった意味があります。 ここでも 「君」の魅力を表していますね。 花や雲でさえも笑顔にしたり照れさせてしまう魅力というのは 魔力といっても差し支えないですね。 君の流した水滴が夕立ちみたく伝っていた 君が泣いてるのに手は動いた 声もかけないで その顔を書いていた 吐いて 吐いてようやくわかるのが 痛みです 虚しさです なんかもう馬鹿みたい 君が泣いてるのに手は動いた 声もかけないで その顔を書いていた 泣いている 「君」を見て声をかけるでもなく、彼がしたことはその泣き顔を書くことでした。 吐いて 吐いてようやくわかるのが 痛みです 虚しさです 吐きながらも泣いている「君」の泣き顔を書き続けた彼に残ったのは 痛みや虚しさでした。 泣いている 「君」に声をかけたいのにその感情すら上回るのが彼の物書きとしての 性だったのでしょうか。 サビ2へ続きます。

次の

【あの夏に咲け/ヨルシカ】歌詞の意味を徹底解釈!カトレアの花言葉の真実とは?

あの 夏 へ 歌詞

カラン コメント• 胸が締め付けられるくらい綺麗な歌詞ですね -- 名無しさん 2015-07-01 10:03:45• 夏が始まる時にも、夏が終わっていくときにも聴きたくなる。 もっと伸びてほしいなあ -- 名無しさん 2016-04-02 23:35:41• 胸がきゅっとなって、夏の夜の、日が沈む余韻に浸りたくなる。 最高です。 -- もやし 2017-07-26 12:53:45• 胸がすこし苦しくなって、夏がもっと好きになる。 そんな曲だと思います。 -- なのは 2017-08-17 18:36:10• 夏終わったけど夏恋しい…。 -- りお 2017-09-25 21:05:11• いい歌だぁ -- 名無しさん 2017-10-01 10:35:22• こんなん好きになるに決まってる。。 -- 藤宮 奏 2017-10-07 21:48:59.

次の