仁漫画最終回。 JIN-仁-:きょう「レジェンド」第6回(最終回)放送 龍馬斬られる…

JIN―仁―の漫画のネタバレと結末(最終回)!ドラマ原作の無料試し読みやあらすじも

仁漫画最終回

タイムスリップに関係するパラドックスはこれといった定説もないので、 なんかもう言ったもの勝ちのような世界になってしまいますが。 とりあえず、最終話で仁が飛ばされた世界は第1話の"元の世界"ではなく、 仁が医療改革を成し遂げた江戸時代の先にある世界だった、と考えればとりあえずのつじつまが合います。 その辺説明しようとすると私もこんがらがるので、下の図で。 ……でも、そう考えると、 今度は第一話で過去から飛んできた仁はどこから来たのかという話になってしまうんですよね。 彼がいないと仁Aが江戸時代へ飛ぶこともなく、普通の医者の日常を描く漫画になってしまいます。 しかし、仁Aが第一話のAの世界に飛ばされたとすると、 どうしても質問者さんが疑問に抱いたようなパラドックスが生まれてしまうわけで。 その辺のつじつまをこじつけるのは私には無理なので助けて頭の良いひとー パラレルワールド。 南方仁が江戸時代にタイムスリップし、歴史に関わったことで元いた時代とは別の時間軸になってしまったため、仁が住む江戸と仁がいた現代とのつながりが無くなってしまった。 パラレルワールド、並行世界というのは昔からSFではよく出てきます。 割と最近では「スターゲイトSG-1」というドラマで量子ミラーというアイテムでパラレルワールド間を行き来しました。 「スターゲイト アトランティス」でもありました。 タイムパラドックスとは「過去にタイムスリップし自分の祖父を殺すと自分は生まれてこない。 でも自分は存在するという矛盾」のことを言う。 パラレルワールドは過去に行って自分の祖父を殺した時点で自分がいた時間軸とは別の時間の流れになるので、自分の存在は消えない。 という考え方。 スターゲイトSG-1でも説明されていたりします。 最近「過去にタイムトラベルすることは不可能である」と発表した科学者がいます。 これが事実だとすればタイムパラドックスは発生しませんね。 A ベストアンサー 私は連載当初から読んでいてコミックも全巻持ってます。 この辺は原作の方が細かく描写されていますよ。 佐分利医師の登場はドラマと原作では違っていたはずです。 福田玄孝医師も原作ではあんなドジで食いしん坊ではありません 笑 ストーリー的には原作にほぼ沿っていますが、ドラマ枠という制限に旨く収まるようにエピソードを省いたり旨く紡いでいると思います。 原作持ちのドラマとしては違和感が少ないと感じてます。 同じスーパージャンプで連載している「バーテンダー」のドラマは原作の良さが全くない別物でしたけどね 苦笑 バーテンダーのドラマを見てジャニーズか関わる原作持ちドラマは全然面白くないと改めて感じました 笑 原作では欄外の説明で江戸末期の歴史や人物についての説明が描かれていたり、登場人物の史実についての説明が描かれていたりするので歴史の勉強にもなります。

次の

漫画『JIN

仁漫画最終回

タイムスリップに関係するパラドックスはこれといった定説もないので、 なんかもう言ったもの勝ちのような世界になってしまいますが。 とりあえず、最終話で仁が飛ばされた世界は第1話の"元の世界"ではなく、 仁が医療改革を成し遂げた江戸時代の先にある世界だった、と考えればとりあえずのつじつまが合います。 その辺説明しようとすると私もこんがらがるので、下の図で。 ……でも、そう考えると、 今度は第一話で過去から飛んできた仁はどこから来たのかという話になってしまうんですよね。 彼がいないと仁Aが江戸時代へ飛ぶこともなく、普通の医者の日常を描く漫画になってしまいます。 しかし、仁Aが第一話のAの世界に飛ばされたとすると、 どうしても質問者さんが疑問に抱いたようなパラドックスが生まれてしまうわけで。 その辺のつじつまをこじつけるのは私には無理なので助けて頭の良いひとー パラレルワールド。 南方仁が江戸時代にタイムスリップし、歴史に関わったことで元いた時代とは別の時間軸になってしまったため、仁が住む江戸と仁がいた現代とのつながりが無くなってしまった。 パラレルワールド、並行世界というのは昔からSFではよく出てきます。 割と最近では「スターゲイトSG-1」というドラマで量子ミラーというアイテムでパラレルワールド間を行き来しました。 「スターゲイト アトランティス」でもありました。 タイムパラドックスとは「過去にタイムスリップし自分の祖父を殺すと自分は生まれてこない。 でも自分は存在するという矛盾」のことを言う。 パラレルワールドは過去に行って自分の祖父を殺した時点で自分がいた時間軸とは別の時間の流れになるので、自分の存在は消えない。 という考え方。 スターゲイトSG-1でも説明されていたりします。 最近「過去にタイムトラベルすることは不可能である」と発表した科学者がいます。 これが事実だとすればタイムパラドックスは発生しませんね。 A ベストアンサー 私は連載当初から読んでいてコミックも全巻持ってます。 この辺は原作の方が細かく描写されていますよ。 佐分利医師の登場はドラマと原作では違っていたはずです。 福田玄孝医師も原作ではあんなドジで食いしん坊ではありません 笑 ストーリー的には原作にほぼ沿っていますが、ドラマ枠という制限に旨く収まるようにエピソードを省いたり旨く紡いでいると思います。 原作持ちのドラマとしては違和感が少ないと感じてます。 同じスーパージャンプで連載している「バーテンダー」のドラマは原作の良さが全くない別物でしたけどね 苦笑 バーテンダーのドラマを見てジャニーズか関わる原作持ちドラマは全然面白くないと改めて感じました 笑 原作では欄外の説明で江戸末期の歴史や人物についての説明が描かれていたり、登場人物の史実についての説明が描かれていたりするので歴史の勉強にもなります。

次の

JIN-仁-:再編集版「レジェンド」のラストに「涙腺ぶっ壊れたでありんす」「神作品!」

仁漫画最終回

もくじ• ドラマ「JIN-仁-」のネタバレ ここから、記事を全て読んでいただくのも嬉しい限りですが、記事が何分長いので、気になるところにジャンプ出来るように、それぞれのネタバレを項目ごとに用意しました! 気になる箇所へ飛んでみてくださいませ! 現代に戻った仁先生はある人物と出会う 仁先生は橘咲を求めて、橘家があった場所へと向かう・・・。 橘医院の前で茫然としていると 「うちに何か用ですか?」 とある女性から話しかけられる。 その女性を見た仁先生はハッっとする。 その女性は友永未来(中谷美紀)の姿だったのだ。 そこでしどろもどろしてしまう仁先生ですが 「橘咲さんって・・・いらっしゃいましたか?」 と聞くと、確かにこの橘医院には橘咲が居た・・・ということで中に通してもらい、数々の写真を見せてもらう。 咲は、病に苦しんだあと、兄の恭太郎(小出恵介)が林の中で薬を見つけ、それを与えたら嘘のように咲の病気は治った。 「そんな日本昔話みたいなことってあるんですね」 と笑う女性(中谷美紀)。 そして写真を見ていると、龍馬の写真や、咲の写真が出てくる。 明治の時代で女医だったことは珍しいのに、咲の名はあまり残らなかった・・・とのこと。 それから家族写真が出てきて、咲が子供を抱いていた。 「この子は・・・?」 と聞くと、その子は養子で、咲は生涯独身だったそうです。 その子供の名前は・・・安寿。 「咲が友人の子を引き取ったんです。 亡くなられたご両親の意向もあったようで・・・」 と話す女性。 つまりその両親というのは、野風(中谷美紀)たちのことです。 咲は、野風の子供を育てていました。 そして、咲の手紙が出てきます。 仁先生は咲の手紙を預かり、女性(中谷美紀)に名前を聞く。 女性の名前は、橘未来でした。 仁先生が最初に居た現代に居た友永未来が、友永ではなく、橘になっていました。 橘咲からの手紙全文ネタバレ 〇〇先生へ 先生、お元気でいらっしゃいますでしょうか。 おかしな書き出しであることを深くお詫び申し上げます。 実は、感染症から一命をとりとめたあと、どうしても先生の名が思い出せず・・・。 先生がたに確かめたところ、仁友堂にはそのような先生はおらず、仁友堂は我々が興したものだと言う。 わたくしもまた、次第にそのように思うようになりました。 夢でも見ていたのかなと。 ある日のこと、見たこともない奇妙な銅の丸い板を見つけたのでございます。 その板を見ているうちに、わたくしは、おぼろげに思い出しました。 ここには、先生と呼ばれたお方がいたことを。 そのお方は、揚げ出し豆腐がお好きであったことを。 涙もろいお方であったことを。 神のごとき手を持ち、なれど決して神などではなく、迷い傷つき、お心を砕かれ、懸命に治療にあたる・・・仁をお持ちの人であったこと。 わたくしはそのお方に、この世で一番美しい夕日をいただきましたことを、思い出しました。 もう何も、お顔も思い出せぬそのお方に、恋をしておりましたことを。 なれど、きっとこのままではわたくしはいつか全てを忘れてしまう。 この涙のわけまでも失ってしまう。 何故か耳に残っている修正力という言葉。 わたくしはこの思い出をなきものにされてしまうと思いました。 なれば・・と筆をとったしだいでございます。 わたしくがこの出来事にあらがう術はひとつ、この思いを記すことでございます。 〇〇先生 あらためてここに書き留めさせていただきます。 橘咲は先生を、お慕いもうしておりました。 橘咲 橘咲からの手紙を受けて仁は思う 「私もですよ・・・咲さん。 」 「私も、お慕いもうしておりました。 」 この思いをいつまでも忘れまいと思った。 けれど、俺の記憶もまた、全て時の狭間に消えていくのかもしれない。 歴史の修正力によって・・・。 龍馬(内野聖陽)の言葉を思い返す。 「わしらは、おるぜよ」 「みえんでもきこえんでも」 「いつの日も先生とともに」 それでも、俺はもう忘れることはないだろう。 この日の美しさを・・・。 当たり前のこの世界は、誰もが戦い、もがき苦しみ、命を落とし、勝ち取ってきた無数の軌跡で編み上げられていることを、俺は忘れないだろう。 そして、更なる光を与えよう。 今度は、俺が未来のために・・・この手で・・・。 そして、仁先生のいる病院に橘未来が緊急搬送されてくる。 病状は、友永未来と同じ。 そして、仁が執刀する・・・。 「JIN-仁-」の更なる続編は作られる? 「JIN-仁-」は、メインキャストである大沢たかおさんと綾瀬はるかさんのゴシップによって共演NGとか色々なことを週刊誌が報じました。 しかし、もう完結編が放送されから10年近くの月日が流れています。 当時のことはなかったことにして、今回の「JIN-仁-」の再放送の好評ぶりから、もしかしたら続編が計画されるかもしれません。 しかし、原作漫画の方ではこの後のことはないので、仁先生は再び過去に戻ってしまうのか・・・。 完結編の最後、橘未来の手術から・・・また何らかのきっかけで過去と現代が繋がるのか・・・。 何にしても、「JIN-仁-」は今の終わり方のまま、続編はなくても良い・・・と思ってしまいます。 しかし、続編が制作されるなら、それも見てみたい・・・複雑の心境ではありますが、「JIN-仁-」の今後を見守りましょう! 【関連記事】.

次の