パワーポイント 画像 切り抜き。 パワポ 画像 切り抜き 円

ワードで「画像の切り抜き」ができるって本当? 意外と知らないワード便利テク

パワーポイント 画像 切り抜き

丸などの図形で切り抜く方法 では、[トリミング]機能を使用する方法です。 今回は、下のお花の画像を使用します。 拡大するとこんな感じ。 一覧から [図形に合わせてトリミング]を選び、好きな図形を選択します。 すると、その図形に合わせて画像が切り抜かれます。 今回はハート形を選びました。 操作は簡単ですね。 しかし問題が・・・。 上の画像を見て分かるように、 元の画像に合わせて図形が拡大縮小されてしまいます。 なんかハートが横長になって格好悪いですね。 では、ハート形を直そうと思って画像の横を小さくしてみると下のようになります。 ハート形はきれいになりましたが、今度は中の画像の縦横比がおかしくなってしまいました。 元の画像・・・ 調整後の画像・・・ やはり美しくありません。 残念ながら 図形や画像だけ調整する機能はないので、他の方法で何とかしたいですね。 例えばこんな方法はどうでしょう。 まず、きれいなハート形を画像の上に描いておきます。 ここでポイントは 「Shift」キーを押しながら描くことです。 「Shift」キーを使用すると、丸なら正円、四角なら正方形のようにきれいな図形を描くことができます。 次にハート形に合わせて花の画像をトリミングします。 今回の場合は右側を削る感じ。 花の画像を選択したら、先ほどの [トリミング]ボタンの上部を押して、トリミングします。 トリミングしようとすると描いたハートの図形が元画像の後ろにいってしまいますが、気にせず 画像の右側にマウスポインタを移動して、左に引っ張ります。 そのまま裏にある ハート形が見えるギリギリまでトリミングします。 手を離せばトリミング完了。 離れた場所をクリックすれば確定です。 あとは大きさ確認のために挿入した ハート形は削除して、花の画像に [図形に合わせてトリミング]を設定します。 すると、下のように縦横比が変わらない状態で画像を埋め込むことができます。 矢印部分を見ると分かりますね。 また、画像の位置が気に入らない場合は、もう一度[トリミング]ボタンを押せば、図形の型を移動できるので、画像の好きな位置まで移動できます。 花を真ん中にくるように移動してみました。 [塗りつぶし]を使用する方法 文字の背景に写真や画像を入れたい場合は、トリミングの方法は使用できないので、背景として画像を設定します。 この方法は図形でも可能です。 では、文字を使用してやってみます。 まずワードアートを使用し、画像を埋め込みたい文字を入力します。 今回は「花」という文字でやってみます。 その場合は[テキスト]というボタンをクリックすると一覧に表示されます。 一覧から好きなデザインを選びます。 今回は左上のデザインを選択してやってみます。 「ここに文字を入力」を全て削除して、 「花」と入力します。 さすがに、この文字の太さに画像を入れても無理がありますね。 ということで、文字の種類や大きさを変更しましょう。 太めのフォントに変更して、サイズを大きくしたのが下の文字です。 この太さならば、後ろに画像を入れても大丈夫そうですね。 では、やってみます。 一覧から[図]を選びます。 文字に埋め込む画像を選択しましょう。 画像ファイルを選択すると、下のように文字の背景として画像が設定されます。 しかし、トリミングと同じくやはり困ったことが・・・。 中央の花を良く見ると縦横比が変わってしまっています。 下が元の画像です。 ワードアートの背景として画像を設定すると、 ワードアートのサイズに合わせて画像が拡大縮小されてしまうのです。 ということは、縦横比をキープして画像を設定するには、元の画像ファイルを調整しておく必要があります。 どのフォントを使用するかによって縦横比は異なりますが、ペイントなどの画像処理ソフトウェアで、元画像の縦横が1:1(正方形)になるように設定しておくのがおすすめです。 まとめ やはり写真や図形の縦横比が変わってしまうのが困りますね。

次の

パワーポイントで画像を自由な形に簡単に切り抜く方法

パワーポイント 画像 切り抜き

写真から背景を消して人物や動物などを切り抜きたい場合、どのようにしていますか? 最初に思い浮かぶのは画像編集ソフトかもしれませんが、実はワードでも可能なんです! しかも、ワードなら背景をある程度自動で識別できるので選択する手間も省けます。 切り抜いた写真は、「図として保存」すれば画像ファイルになるので、ほかの文書で利用することができます。 ペンギンに図のスタイルで影を付けると、切り抜き写真が馴染みます 写真を切り抜く 写真を切り抜くには、「背景の削除」を使います。 背景が自動で選択されない場合は、選択する範囲や背景を任意に指定します。 ここでは、左のペンギンを切り抜きます 枠のサイズと位置を調整して背景を指定し直します。 指定されていない領域を背景に指定する場合は、「削除する領域としてマーク」ボタンを選択してからその領域をクリックします 背景が削除され、写真が切り抜かれます。 このあと右クリックし、メニューから「図として保存」を選択し、名前を付けて保存します。 背景は透明になります このように、専用の画像編集ソフトがなくても、ワードで簡単に写真の切り抜きが可能です。 ポイントは切り抜いた画像をトリミングしておくこと。 ぜひお試しください。

次の

パワーポイントの切抜き、いろいろ

パワーポイント 画像 切り抜き

一、Windowsで画像をトリミングことができるソフト Windowsでは、画像が編集できるソフトであれば、基本的な機能として画像をトリミングする機能が備えているでしょう。 例えば、Windows10から、アクセサリー 「ペイント」やSnipping Toolだけでトリミングすることができます。 写真を編集できるサイトに画像をアップロードし、編集する方法もあって、とても便利です。 もしPhotoshopなどの有料ソフトがあれば、それを利用するのもいいです。 二、ペイントで画像をトリミングする方法 1. Windows10以降のシステムで、スタートボタンをクリックしてから、 「W」>「Windwos アクセサリ」>「ペイント」の順に選択します。 「ファイル」ボタンをクリックし、 「開く」を選択します。 トリミングしたい画像を見つけて開きます。 画面上部の 「選択」をクリックし、画像で切り抜きたい粋を選択します。 「トリミング」をクリックします。 これで選択された画面がトリミングされました。 メニューで、 「名前を付けて保存」を選択すれば、切り抜いた画像を好きな形式で保存できます。 三、Snipping Toolで画像をトリミングする方法 同じくWindows10から加えられた新機能、Snipping Toolで画像をトリミングする方法を説明しましょう。 まず、トリミングしたい画像を開けて、パソコンの画面で表示させます。 スタートボタンをクリックし、 「W」>「Windwos アクセサリ」>「Snipping Tool」の順に選択し、Snipping Toolを起動します。 Snipping Toolで、 「新規作成」をクリックすれば、切り取り(トリミング)を始めます。 トリミングの領域を設定したい場合には 「モード」を選んでから、好きな形を選択してください。 四角形の領域だけでなく、自由形式の領域をトリミングすることも可能です。 マウスをドラッグし、トリミングしたい領域を選択します。 選択完了すると、トリミングした領域がSnipping Toolのウィンドウで表示されます。 トリミングされた画像は自動的にクリップボードにコピーされますので、ペイントやWordなどにそのまま貼り付けて利用することができます。 6. 「切り取り領域の保存」ボタンをクリックすれば、トリミングした画像を保存することができます。 Snipping Toolには簡単な編集機能もあります。 四、ウェブサイトで画像をトリミングする方法 画像を編集できるウェブサイトを利用しても、画像をトリミングすることができます。 ここで説明しましょう。 「」というサイトは、画像をトリミングする機能があります。 「画像を選択する」をクリックし、トリミングしたい画像を選択します。 「画像を加工する」を押して、画像加工画面に貼ります。 画像がウェブサイトに表示されますので、左側の 「主要加工」から 「切り取り」を選んでから、切り取りたい範囲を選択し、下部の 「切り取り実行」を選択します。 最後に、. 切り取られた画像の上部にある 「保存」ボタンをクリックすれば写真をPCに保存できます。 以上で、画像をトリミングする3つの方法を紹介しました。 どちらもWindowsで、ソフトをインストールする必要なく実行できる方法ですが、ウェブサイトでの方法はほかのシステムやスマホで利用することもできます。

次の