鬼滅の刃 173。 【鬼滅の刃】173話ネタバレ!あらすじ振り返り&感想やポイント!

漫画『鬼滅の刃』173話のネタバレと172話おさらい|アニメのフル動画・漫画を無料で見る方法も徹底解説|イツキのアンテナ

鬼滅の刃 173

鬼滅の刃173話のネタバレ 悲鳴嶼が透き通る世界に!? 相変わらず苛烈な攻撃を放つには苦戦。 黒死牟が速すぎて攻撃をすることすらできずにいた。 悲鳴嶼は攻撃動作に入る前に動きを抑え込まれており、「神通力でも使っているのか?」とも考えるようになる。 しかし、黒死牟の動きを刮目することで黒死牟の体が透けて見えるように。 四人の連携攻撃 はなんとか黒死牟の間合いに入ろうとしていた。 「ほんの一瞬でも上弦の壱の動きを止められたら悲鳴嶼さん、不死川さんのどちらかが必ず頚を斬ってくれる」と考えていた。 無一郎の意図に気づいた悲鳴嶼はに声を掛け、三人同時に攻撃を仕掛ける。 三人同時攻撃に対し、黒死牟は 兇変・天満繊月という超範囲攻撃で対応。 悲鳴嶼、実弥の助けもあり、無一郎はなんとか攻撃をかいくぐり黒死牟の間合いに入ることに成功。 胴にを突き刺していく。 無一郎は黒死牟の攻撃をギリギリで躱していたが、無一郎もに入ることができていた。 悲鳴嶼も透き通る世界に入っており、しかも自身の血の巡りを操作して黒死牟の目を欺くという離れ技までやってのけた。 しかし、黒死牟の頚には刃が届いていない。 しかし、遠くからが銃で黒死牟を狙う。 玄弥は黒死牟の刀を食べたことでかなりの鬼化が進んでいた。 玄弥が放った弾が黒死牟に命中する。 鬼滅の刃173話の感想 今回で悲鳴嶼、そして無一郎まで透き通る世界に入っていきましたね。 てか、悲鳴嶼さん血の巡りを操作して黒死牟の目を操るってwwさすが鬼殺隊最強の男はやることが違いますねw今回で鬼殺隊の反撃の兆しが見えてきました。

次の

【鬼滅の刃】173話のネタバレ【悲鳴嶼・無一郎が透き通る世界に】|サブかる

鬼滅の刃 173

鬼滅の刃【ネタバレ】173話 上弦の壱〝黒死牟〟と〝岩柱〟悲鳴嶼行冥は———— 熾烈な戦いを繰り広げていた。 鬼に「技」を出す前に悉く防がれることに疑問を覚えた 〝岩柱〟は—————— 〝黒死牟〟に「何が見えているのか」を探るため、 全神経を集中して〝本質を見通す眼〟で「鬼」を刮目する!! と! 〝岩柱〟の眼には「鬼」の皮膚を透かした 筋骨格系のあり様が飛び込んでくる! いつの間にか鬼の体を「透視」していたのだ!? これぞ〝痣〟がもたらす「特殊状態」だった!! 鬼はこの「透視能力」で 相手の脈拍や、体の僅かな「初動」を読み取り 全ての攻撃を「感知」していたのだ!? このままでは埒が明かないと感じた〝柱〟達は 状況を打破するため、3人で一気に鬼へと突っ込む!! その作戦が功を奏し「鬼」の右腕を抉ることに成功し、 さらに〝霞柱〟が正面に体当たりして 左わき腹に太刀を突き刺す!? やっと動きが止まった〝黒死牟〟へ これで「止めだ」とばかりに 玄弥の〝銃弾〟が降り注ぐのであった——————!? 〝黒死牟〟の謎 岩の呼吸 伍ノ・・・ 月の呼吸 拾陸ノ型 〝 月 虹 ・ 片 割 れ 月 〟 ! ! 鋭い「三日月」が上空から無数降り注ぐ!? 〝岩柱〟が技を出す前に〝黒死牟〟が技を被せたのだ!? 何とか躱す岩柱! そして瞬時に思考する!? ——————————————————————— この鬼・・・技が尽きない・・・ 一体いくつ「型」を持っているんだ? しかもおかしい・・・ 反応速度が速過ぎる・・・ 此方の攻撃が全て読まれているのは分かるが しかし速すぎる!? 下手をすると 「攻撃動作」に入る前から 動きを抑え込まれている————— つまり 技を出そうと考えた瞬間を 「読まれている」という事————— これはおかしい!? 神通力でも使っているのか? この鬼には一体何が見えている? 何を見ている? 感覚を研ぎ澄ませ! この「違和感」の正体を掴め!! そう——— 『鬼』とは・・・ 人間の形が変貌したもの・・・ 『鬼』にできることは 人間にでもできる筈————— そして———— 「呼吸」は 文字通り人間を『鬼』の如く強くする! (岩柱は己の眼に集中する!) この「見えぬ目」は 〝本質を見抜く目〟!? 決して惑わされない。 ド ク ン ! ? 〝岩柱〟の「眼」には———— その皮膚の下の 美しく躍動する筋肉や骨格まで————— 〝黒死牟〟の体が透けて視えていた!? (何だこれは!? 脈動が知覚できる! はっきりと像を結んだ・・・ これは・・・ もしやこれが!!) 〝岩柱〟は己が 所謂〝ゾーン〟と呼ばれる 特殊な状態に入ったことを自覚するのであった!? 一方———— 無一郎は素早く動きながら様子を伺っていた。 ——————————————————— 内側に・・・ 間合いの内側に入れ! 一瞬でもいい・・・ ほんの一瞬でも 〝上弦の壱〟の動きを止められたら ほんの少しでも攻撃の手を 緩めることができたなら——————— 悲鳴嶼さんか不死川さんのどちらかが 奴の頸を斬ってくれる! 必ず!! 片腕を失い 失血も重なり 俺に残された時間はもう殆ど無い。 そして、ここで無一郎の「心情」が吐露される・・・ 自分の死期を悟った無一郎は 少しでも何かに役立とうと「死ぬことを前提」で 〝黒死牟〟へと向かって行くのだ!? こんな事ってある? 年端もいかない「少年」が 自分の命よりも みんなの命や「正義」を優先するなんてことが!? 立派で人間が出来たいい「大人」でも ここまで「覚悟」することはできない筈だ・・・ 「時透くん・・・ お願いだから『死ぬ』なんてことは言わないで 最後まで生き抜いてぇ!!」 読者の———— そんな悲痛な叫び声が 日本中から湧き起こっているのが聞こえてくるようだ。 力を合わせて 「!」 無一郎の「覚悟」に気付いた〝岩柱〟は————— 「不死川!!」 「!!」 〝風柱〟に叫び、2人同時に宙を跳ぶ!? そして——— 正面からは〝風柱〟 右側からは〝岩柱〟 左から〝風柱〟と————— 3方向から同時に〝黒死牟〟へと突っ込む!? (!! 俺の「意図」を汲んで合わせてくれた!) 無一郎は2人に感謝する! 「ふむ・・・ 同時に向かってくるより他に手はあるまい・・・ しかしこれで 此方も三者同時に仕留められるというもの。 」 (黒死牟ははひとり納得する。 が・・・「の鬼」わき腹に突き刺した「刃」は 決して離さず さらにそれにギュッと「力」を込める!? (その様子をジッと見つめる黒死牟———) 頸動脈が斬れていない こ奴・・・ギリギリで躱したか・・・ この私の攻撃を・・・ この手負いの子供が ここまでやるとは・・・ (そして無一郎の眼を見やる。 ——————————————————— 玄弥! このまま撃っていいから! 構わなくていいから・・・!! 俺が「上弦の壱」の動きを止められたら 俺もろとも撃っていいからね。 絶対に躊躇するなよ。 鬼滅の刃173話の感想 今週の「鬼滅の刃」は———— タイトルが表す通り「匪石之心」に尽きるだろう。 「匪石之心」(ひせきのこころ)とは———— ・自分の信念を堅く守り決して揺らがない心のこと、 ・「石」のように転がることがない心 という意味なのだが————— もっとシンプルに言うと 『自分の意志を貫く』という意味でもある。 先週に引き続き「〝黒死牟〟と〝柱〟の戦い」が 鬼気迫る目まぐるしい展開で描かれるのだが・・・・ この苛烈な戦いの中でも 〝岩柱〟悲鳴嶼行冥が 〝霞柱〟時透無一郎が 〝風柱〟不死川実弥が———— そして「鬼と化した」不死川玄弥が それぞれの———— 「鬼を打倒し、人々を守る」という一点において 己の命と引き換えに「自分の意志を貫く」・・・・ 「匪石之心」状態となっているのだ!! それは「鬼」になってまでも自分を極めようとしている 〝黒死牟〟にも同じことが言えるのかもしれない。 そう、ここに出て来る人物達は 一点の迷いも曇りも陰りも持たずに 「信念」に従ってただひたすら突き進んでいるのだ!! それが見ていて清々しく、 自分にも「こうできたら良いだろうなぁ」という 羨望の眼差しを生まれさせるのである。 そして、彼らに少しでも近づけるように 前向きな姿勢で生きて行こうと 自分自身を見直す「良い機会」をプレゼントしてもらったと 心から嬉しく思う次第でもある。 さあ! 来週!! 黒死牟との戦いに「決着」がつくのだろうか? 〝柱〟達の生死の行方は? 玄弥の「銃弾」は命中するのか? そして、炭治郎達は〝鬼舞辻無惨〟へと辿り着けるのか? これからも増々ヒートアップすること間違いなしの この大正ダークロマン活劇譚の「鬼滅の刃」————— 我々読者も「戦闘準備」をシッカリ怠らず、 毎回楽しく厳しく「鬼殺隊」と共に戦って行こうではないか!!.

次の

【鬼滅の刃】173話ネタバレ確定感想&考察、玄弥の反撃が火を吹く![→174話]

鬼滅の刃 173

鬼滅の刃173話のネタバレ 悲鳴嶼が透き通る世界に!? 相変わらず苛烈な攻撃を放つには苦戦。 黒死牟が速すぎて攻撃をすることすらできずにいた。 悲鳴嶼は攻撃動作に入る前に動きを抑え込まれており、「神通力でも使っているのか?」とも考えるようになる。 しかし、黒死牟の動きを刮目することで黒死牟の体が透けて見えるように。 四人の連携攻撃 はなんとか黒死牟の間合いに入ろうとしていた。 「ほんの一瞬でも上弦の壱の動きを止められたら悲鳴嶼さん、不死川さんのどちらかが必ず頚を斬ってくれる」と考えていた。 無一郎の意図に気づいた悲鳴嶼はに声を掛け、三人同時に攻撃を仕掛ける。 三人同時攻撃に対し、黒死牟は 兇変・天満繊月という超範囲攻撃で対応。 悲鳴嶼、実弥の助けもあり、無一郎はなんとか攻撃をかいくぐり黒死牟の間合いに入ることに成功。 胴にを突き刺していく。 無一郎は黒死牟の攻撃をギリギリで躱していたが、無一郎もに入ることができていた。 悲鳴嶼も透き通る世界に入っており、しかも自身の血の巡りを操作して黒死牟の目を欺くという離れ技までやってのけた。 しかし、黒死牟の頚には刃が届いていない。 しかし、遠くからが銃で黒死牟を狙う。 玄弥は黒死牟の刀を食べたことでかなりの鬼化が進んでいた。 玄弥が放った弾が黒死牟に命中する。 鬼滅の刃173話の感想 今回で悲鳴嶼、そして無一郎まで透き通る世界に入っていきましたね。 てか、悲鳴嶼さん血の巡りを操作して黒死牟の目を操るってwwさすが鬼殺隊最強の男はやることが違いますねw今回で鬼殺隊の反撃の兆しが見えてきました。

次の