栄冠ナイン 攻略。 栄冠ナイン「スカウト」|パワプロ2020 攻略

パワプロ2018栄冠ナイン攻略 選手の育成方針&試合に勝つコツ

栄冠ナイン 攻略

栄冠ナイン攻略のコツ まずは育成環境作り グラウンドレベルを上げる グラウンドレベルが上がるほど選手の成長効率がよくなる。 まずは練習器材を揃えてグラウンドレベルを上げることに専念しよう。 試合に勝ったポイントで練習器材を揃えることができる。 高校の評判を上げる 高校の評判が上がると、入部部員数・進行カード数・プロになれる人数が上がるなど、様々なプラス効果がある。 OB選手の協力体制を整える 卒業生の進路先は多くの数があり、OBマスを踏むことでイベントが発生する。 OBの職業によって様々な効果があるので進路相談で、より良い職業について貰おう。 オススメの職業 効果 ミゾット社員 ・練習器材の交換券が貰える ・練習器材の修理をしてくれる アイドル 【どちらかが発動】 ・数人の練習効率が上がる ・数人のテンションが上がる 本屋 特殊能力を習得できる本が貰える 守備位置で意識すべき点 投手は基本バランス良く育てる 投手はどの能力も大事になってくるため、バランス良く育てよう。 中継ぎ・抑え投手はスタミナを上げずに他の能力を上げれば良い。 変化球種は2〜3で変化量を増やすのがオススメ。 捕手の「キャッチャー」の特殊能力は重要 キャッチャーの特殊能力は投手のスタミナ消費が減少し、コントロールも大幅に上がるので非常に重要である。 栄冠ナインでは遊びたい年代を選択することができ、年代によって優秀なOB選手が入学することがある。 オススメのOB捕手 年代 都道府県 古田敦也 1981 兵庫 森祇晶 1952 岐阜 二塁手・遊撃手は守備の要 二塁手・遊撃手は打球が飛んできやすいため、守備・捕球の能力は高くしよう。 守備を上げれば、捕球から送球までの時間が短くなり、併殺も取りやすくなる。

次の

栄冠ナイン2019 攻略情報まとめ|いろんな独り言。

栄冠ナイン 攻略

栄冠ナイン攻略のコツ まずは育成環境作り グラウンドレベルを上げる グラウンドレベルが上がるほど選手の成長効率がよくなる。 まずは練習器材を揃えてグラウンドレベルを上げることに専念しよう。 試合に勝ったポイントで練習器材を揃えることができる。 高校の評判を上げる 高校の評判が上がると、入部部員数・進行カード数・プロになれる人数が上がるなど、様々なプラス効果がある。 OB選手の協力体制を整える 卒業生の進路先は多くの数があり、OBマスを踏むことでイベントが発生する。 OBの職業によって様々な効果があるので進路相談で、より良い職業について貰おう。 オススメの職業 効果 ミゾット社員 ・練習器材の交換券が貰える ・練習器材の修理をしてくれる アイドル 【どちらかが発動】 ・数人の練習効率が上がる ・数人のテンションが上がる 本屋 特殊能力を習得できる本が貰える 守備位置で意識すべき点 投手は基本バランス良く育てる 投手はどの能力も大事になってくるため、バランス良く育てよう。 中継ぎ・抑え投手はスタミナを上げずに他の能力を上げれば良い。 変化球種は2〜3で変化量を増やすのがオススメ。 捕手の「キャッチャー」の特殊能力は重要 キャッチャーの特殊能力は投手のスタミナ消費が減少し、コントロールも大幅に上がるので非常に重要である。 栄冠ナインでは遊びたい年代を選択することができ、年代によって優秀なOB選手が入学することがある。 オススメのOB捕手 年代 都道府県 古田敦也 1981 兵庫 森祇晶 1952 岐阜 二塁手・遊撃手は守備の要 二塁手・遊撃手は打球が飛んできやすいため、守備・捕球の能力は高くしよう。 守備を上げれば、捕球から送球までの時間が短くなり、併殺も取りやすくなる。

次の

実況パワフルプロ野球2016 栄冠ナイン攻略 目指せ名門

栄冠ナイン 攻略

栄冠ナインの攻略のコツ 栄冠ナインには、各シリーズごとに攻略の仕方が変わってきます。 今作「栄冠ナイン2018」はエラーが多く、長打が出にくい傾向にあります。 ですので、バントや盗塁、スクイズを駆使して得点を稼ぐ、スモールベースボールがオススメです。 それを踏まえた、2018年で通用する育成攻略のコツをご紹介します。 投手育成のコツ 投手は3年間ある世代のうち1人は転生もしくは天才選手が欲しいです。 あげる能力が多いので、基礎値が低い投手は諦めて野手に転向させましょう。 基礎能力が高い選手は以下の順番で能力を上げましょう。 スライダー変化量4+フォーク変化量3より、フォーク変化量7の方が防御率が高くなりやすいです。 横方向より、下方向の方が打たれにくい傾向にあります。 初めはE、地区予選にDあれば十分でしょう。 甲子園出場になるとAがないとしんどいかもしれません。 完投の方が経験点は多くなりますが、スタミナは上げやすいの、無理にあげる必要はありません。 自然に上がるのを待ちましょう。 しかし、普通の練習で球速+1するのはかなり経験点が必要です。 そんな上げにくい球速ですが、試合にもらえる経験点では必ず+1になります。 ですので、球速は普通の練習では上げずに、試合後の経験点で上げていきましょう。 野手育成のコツ 栄冠ナイン2018では、エラー率がかなり高くなっています。 加えて長打率がかなり低くなっています。 その特徴に合わせた育成がオススメです! 捕手や遊撃手などの守備の要に転生か天才選手が欲しいでしょう。 今作では捕球が低いと高確率でエラーをするような仕様になっています。 できればE45、地区予選までには全員D50以上必要になります。 ファーストも捕球が低いと後逸するので、二遊間と一塁手は優先しましょう。 守備を上げていないと、守備での動作が悪くなってしまいます。 二遊間は必ずC以上にしておきたいです。 今作は長打がかなり減っているので、バントなしでどこまで塁を進めるかで試合の勝敗が分かれます。 走力が上がっていると打球にも追いつくため結果的な守備力の上昇にもつながります。 ポジションによっては先に肩をあげるのもGOODです。 弾道2、ミートD、パワーEあればホームランは入ります。 弾道は全員2で大丈夫です。 ミートは出来るだけ上げましょう。 長打は狙わず、出塁率をあげることに意味があるので、パワーは一番最後に上げましょう。 弱い選手は弱いまま? 何年も栄冠ナインをしてると、どれだけ能力が高くても全然打たない選手に遭遇することがあります。 なぜか、打たない選手は万年打たないようです。 打てないと試合後の経験点が少なかったり赤得能がついたりし、悪循環に陥ります。 そういった選手は早めに諦めて、別の選手を注目したりアイテムを使ってあげたりすることをオススメします。 どうしてもこの選手を使いたい!!という場合は、右打ちと左打ちを変えたり、バッティングフォームを変えたりすると、成績が稀によくなります。 内気を育て「魔物」を狙う どの栄冠ナインのシリーズでも「魔物」が最強です。 7回以降などの全員操作できるタイミングで発動しましょう。 しかし、内気なキャラでも魔物の発動確率はそこまで高くありません。 ですので、スタメンに2〜3人、代打要員でベンチに2〜3人いると確実に魔物が発動できます。 ミートと走力が高い選手は積極的に性格を魔物に変えていきましょう。 まとめ 今回は、栄冠ナインの育成についてまとめてみました。 簡単に振り返りましょう。 投手は変化量が大切!試合が多い月は球速メインで育成!• 魔物はベンチに確実に欲しい 栄冠ナインはすごく奥が深く、1記事ではコツを書ききれません。 機会があれば、試合や立ち回りのコツも書いていきたいと思います。 人気記事• 実況パワフルプロ野球(通称:パワプロアプリ)に新登場予定の逆境転生クロスナイン(ぎゃっきょうてんせいくろすないん)~十文字東高校~についてのシステム解... カテゴリ: ,• 実況パワフルプロ野球(通称:パワプロアプリ)に登場予定のサクセス最新高校である逆境転生クロスナイン(ぎゃっきょうてんせいくろすないん)~十文字高校~お... カテゴリ: ,• RKです。 今回は捕手 キャッチャー デッキについての記事です。 捕手には専用の金特が多数あり、扇の要となる重要なポジションになります。... カテゴリ:• どうもティーケーです! この記事ではパワプロアプリ5周年記念で実装された「能力割り振りメカ」について解説していきます。 「能力割り振りメカ... カテゴリ:• 実況パワフルプロ野球(通称:パワプロアプリ)に登場予定のサクセス最新高校である逆境転生クロスナイン(ぎゃっきょうてんせいくろすないん)~十文字高校~お... カテゴリ: ,• どうもMTRです。 パワプロアプリでは、引き継ぎ設定をしっかり行うことで機種変更をした場合や、スマホ端末が壊れてしまった場合でも、新しいスマホ端... カテゴリ:• どうも、テトラです。 弱いキャラや、狙いじゃないキャラがでるとがっかりしますよね... 弱いキャラの処理はどうしてますか? やっぱり... カテゴリ:• 実況パワフルプロ野球(通称:パワプロアプリ)に登場しているサクセス最新高校であるアンドロメダ学園における野手育成での立ち回り、テンプレデッキを中心に解... カテゴリ: ,• どうも、テトラです。 パワプロのロマンの1つは、やはりオリジナル変化球ですよね。 しかし、オリ変の種類が多すぎてどれが、実際に有効なのかあ... カテゴリ:• 実況パワフルプロ野球(通称:パワプロアプリ)に登場しているサクセス最新高校であるアンドロメダ学園における投手育成での立ち回り、テンプレデッキを中心に解... カテゴリ:.

次の