香典 郵送 手紙 例文。 香典の郵送に手紙は必要?お悔やみの例文やマナーは?

香典に添える手紙の書き方|注意点・例文・友人・親戚・会社関係|終活ねっと

香典 郵送 手紙 例文

送る相手と面識がない場合は、香典に添える手紙に「 自分と故人の関係」などを記しておきましょう。 受け取った側はどんな関係の人から送られた香典か分からないと香典返しの際などに困るので、忘れないようにしたいですね。 香典袋は持参するのと同様に表書き・裏書をします。 香典のみでなく一筆でもいいので、お悔やみの手紙を添えるようにしましょう。 理由としては、 ・香典を現金書留で送ると直接宛名の人物に手渡すされるため、通夜や葬儀で忙しい時期には迷惑をかけてしまう ・「香典返し」の準備もあるので、遅くても葬儀から一か月以内に送るのが無難だが、気持ちを示す為にも1週間以内がベスト です。 ただし、 葬儀のかなり後で亡くなったのを知った場合は例外で、 「出来るだけ早く」香典を送るのがベスト です。 訃報を知ったらすぐに電話などでお悔やみの言葉と香典を送る事を伝えましょう。 香典を郵送する時の宛名、宛先はどうする では、香典を郵送する時の「 宛名」は誰で「 宛先」はどこにしたらいいのでしょうか? 宛名 香典を郵送する時の 「宛名」 は 「喪主の氏名」 になります。 でも、故人の名前は分かっても喪主の名前は分からない、なんてことありますよね。 喪主の名前が分からない場合には、まず訃報を知らせてくれた人に聞いてみます。 教えてもらえると思います。 宛名に書く場合は個人名より「ご遺族様」を少し小さく書くとよいようです。 友人や知人の親・兄弟が亡くなった場合 友人や知人の祖父母・父・母・兄弟などが亡くなった場合で、喪主とは全く面識がない場合、 「 宛名」は「 友人・知人の名前」にしても問題ありません。 但し、友人が喪主と離れた場所に住んでいる場合には、友人に「香典を送りたいのだけどあなた宛てに送ってもいい?」等、香典を送る前に確認をしましょう。 この場合は、香典返しの問題もあるので喪主と面識がなくても「喪主宛」に送るのが良いかもしれませんね。 宛先 香典を送る際の 宛先は斎場でなく「 喪主の自宅」 が良いです。 理由は香典を送るタイミングとかぶるのですが、 ・斎場では喪主や家族はとても忙しいので迷惑をかけることになる(現金書留は宛名の方に手渡しのため) ・現金書留は日時指定が出来ないため、届いた時に喪主(又は家族)が斎場にいない可能性がある ということです。 確実に届けることが出来て、相手に迷惑をかけないで済む方法としては、自宅に送るのがベストだと思います。 こんな方法も どうしても通夜や葬式の間に香典を渡したい、遅くなるのは気になるという方もいらっしゃると思います。 そんな方は、 通夜や葬式に出る友人や親せきに「香典」を代わりに持参してもらうのはどうでしょうか? 近くであれば友人や親戚に直接香典を渡してお願いすることが可能ですね。 お相手に一度相談してみるとよいかもしれませんね。 まとめ 今回は、香典を郵送で送る方法・送るタイミング・宛名や宛先について書きました。 経験したことがなかったり、時間が空いたりすると 「どうしたらいい?どうしてたっけ?」 と常識が分からず悩む事が多いですが、悔やまないようにしっかりお悔やみしておきたいですね。 最後まで読んでいただきありがとうございました! 他にも記事を書いていますのでよかったら参考にしてくださいね。

次の

香典を郵送【手紙を添える時の例文】友人や親戚に送る場合は?

香典 郵送 手紙 例文

・不祝儀の熨斗袋をそのまま同封します。 宗教がわからないときには「御霊前」「御供物料」など ・「心ばかりのものを同封いたします。 故人のお好きだったお花でもお供えいただければと存じます。 カラーペンは好ましくありません。 地方によってはお悔やみの手紙も薄墨で書く地域もあります。 最近はグレーカラーのボールペンも販売されています。 絵柄の無い、無地の薄いグレー、薄いブルーなども用いられます。 便箋の絵柄がなくて寂しいと思える場合には、(先方が親しい間柄なら)ごく控えめで清楚なものであれば季節の花の絵などが添えられた便箋もOK。 ・遺族がお悔やみ状を受け取った時に、あなたと故人との関係がわかるようにします。 (例えば、故人自身があなたの友人・友達だった場合、遺族がお悔やみ状を受け取ってもあなたと故人との関係がわからないことがあります。 」など。 おつき合い上、今後また使うこともあるかと思いますし、薄墨専用の筆ペンも市販されていますので一本常備しておくと良いでしょう。 水引きは白黒、双銀などの結び切りのものを用います。 現代ではこだわらないという考え方もありますが、ご遺族の中には年輩の方もいらっしゃいますので旧習に従ったほうが無難でしょう。 新札しか持ち合わせがないときには軽く折り目をつけてから香典袋にいれます。 通夜や葬儀には用いません。 こうした専用ののし袋がなければ、白い封筒を用いても構いません。 封筒の表書きは左記のとおりですが、御霊前は宗教を問わず使えるとされます。 3.お悔やみの手紙・お悔やみ状の文例集(お悔やみ文の文例・例文・例) それでは以下にいくつか「お悔やみ状」の文例をご紹介いたします。 一番大切なのは、まずお悔やみの気持ち(お悔やみの言葉)を伝えることです。 無理に理由を書く必要はありませんが、「遠方につきままなりません」などは良く使われるフレーズです。 ページ構成の都合上、横書きにしています お悔やみ状と一緒に、お香典を頂いた場合と、お悔やみの手紙のみの場合に分けて文例を紹介します。 【お悔やみ状と一緒に 香典を頂いた場合のお返事】 一言アドバイス: お悔やみ状(お香典同封)を頂いた時期が四十九日よりも前であれば、会葬者に用意した会葬礼状をお送りしても良いでしょう。 会葬礼状の文例はこちら 下記は、忌明けのあとで(例えば喪中はがきをお送りした後も含む)お悔やみ状を頂いた場合の返信例です。 先方からのお悔やみ状を受け取った時期が年明けであれば寒中見舞いの体裁で返信を書いても良いでしょう。 なお、頂いた香典が高額であればお返しの品を用意することもあります。

次の

香典と手紙は同封しても良いの?簡単な文例と一筆箋がおすすめな理由とは?

香典 郵送 手紙 例文

Contents• せっかくのお供えが迷惑にならないためには 大切な方が亡くなったと後から知った。 または、諸事情で法要を欠席しなければならない。 極楽浄土に旅立つ大事な四十九日法要。 せめてもの気持ちを形に、何かお供えものでも…。 とても良くわかります。 四十九日法要に伺えないのならお供えを郵送するのもあり。 やむなく欠席となる場合、いつ頃どちらへ送ったらよいか施主側に事前に確認が必要です。 私も経験済みですが、四十九日法要当日の施主はとにかく忙しい。 当日の荷物の受け取りが迷惑なことも。 なので、事前にどうするべきか聞いておくことが望ましいです。 法要当日、斎場またはお寺へという承諾を受けた場合。 法要時間の2時間前には届くような配慮も大事です。 故人が恩師、友人などなら遺族が直接あなたを知らないこともありますよね。 お供えを郵送するのであれば、法要当日を避けて手紙を添えてご自宅へ。 これがベストです。 ただ、注意が必要なのは事前に施主側からお供えの辞退があった場合。 ごく近い身内だけですませる家族法要などですね。 そんな時は弔問もお供えも控えるべきです。 施主側も香典返しを用意していないことが多い。 送ったお供えがかえって施主に手間をかけさせてしまうことも。 どうしても送りたいのであれば、手紙に香典返しは不要の旨を書きましょう。 手紙を書く時と郵送においての注意点 お悔やみの手紙をいざ書こうと思っても何を書けばいいのか…。 ポイントは「丁寧な言葉で、あなたの言葉で」です。 マニュアルのままの言葉では気持ちは伝わりにくいもの。 故人への哀悼、ご家族の方へのいたわりなどをあなたなりの言葉で書きましょう。 1つ目の注意点は忌み言葉。 忌み言葉は重ね言葉のことです。 くれぐれも、わざわざ、再度、いろいろ、重ね重ねなど。 弔事において、重なる言葉は次があるとの意味に取られるので避けましょう。 この重なるについては、手紙そのものにも注意が必要です。 封筒は二枚重ねのものではないものを選んでください。 便せんも1枚におさめましょう。 お菓子などのお品を郵送する時の注意点。 荷物に手紙を同封することは、法に触れてしまうことがあるんです。 それを避けるためには、手紙の内容が荷物に対する説明文であること。 封筒の封はしないこと。 これらの点に気をつければ大丈夫。 お供えがお香典などお金の場合。 こちらは郵便局の現金書留を使用します。 書留の封筒に、一緒に手紙を添えることができるので便利です。 施主側の都合を最優先にしましょう。 心を込めた手紙を書くためには相手を深く偲ぶことが大切です。 かといって、おおげさなお悔やみの言葉は余計遺族の哀しみを深めることも。 ほどほどにしておく方が無難です。 仏事においてタブーなことは多いもの。 少し注意をしながらあなたらしい手紙を書いてください。 スポンサードリンク•

次の