タヌキ 疥癬。 猫用のハウスに入った疥癬タヌキをどうしたらいいのか

タヌキの生態と疥癬症について。ヒトにもうつる!?

タヌキ 疥癬

疥癬(かいせん)と聞いても何だかわからない人も多いと思いますが、 ダニによって激しいかゆみをともなう皮膚病のことです。 ダニは 「ヒゼンダニ」で、人また動物の種類によってヒゼンダニの種類も違ってきます。 ヒゼンダニは、寄生すると卵を産んで増殖していきます。 その時に、皮膚の中に産みつけるため、そこが水泡となります。 特徴は 激しいかゆみで、免疫力が弱っているときには増殖が盛んになり、 皮膚が固くなり、フケのように粉をふいてガサガサして剥がれ落ちてきます。 疥癬症にかかった動物は全身の毛が抜け落ちみるも無残な姿になってしまいます。 タヌキの疥癬の原因は何でしょうか? 疥癬は免疫力が低下している個体に寄生すると、そこを巣に増殖し、接触した他の動物にも感染します。 このことから、タヌキなどエサ場に集中してあつまる動物には集団感染の危険が高まっています。 また、近年問題視されているタヌキの都会進出。 人間による環境破壊で、野生のタヌキの生息地が徐々に少なくなってきてしまい、都会にもタヌキが出没するようになりました。 都会にはゴミがたくさんあるので、雑食のタヌキにとっては恰好のエサ場になっています。 食べ物が自然界の木の実や昆虫から、人間の生ごみに変わっていくことで免疫力が低下しているのでは?とも考えられています。 免疫力の低下したタヌキが、集団でエサ場に集まることで接触し、疥癬が広まっていると考えられます。 スポンサードリンク タヌキの疥癬は人にもうつるのか? タヌキから人へ疥癬がうつるという事例はないようですが、絶対にうつらないとは言えません。 まず疥癬にかかっているタヌキを素手で触る状況なんて無いですから、うつった事例がないだけでは?と考えます。 実際、猫や犬からは人に疥癬がうつります。 それは疥癬にかかっていると知らないうちに接触しているためで、接触すれば感染する可能性は高まります。 ただし、動物から人へうっつった疥癬は、卵を産んで増殖することが出来ないので、 一時的なかゆみでおさまります。 また人から人へは疥癬はうつるので、増殖し集団感染を引き起こします まとめ ヒゼンダニは寄生する個体によって形状が違い、違う個体にうつった時は増殖できないのが現状ですが、さまざまな環境の変化でヒゼンダニの増殖が変化していき、動物から人への感染力が強まるとも分からないし、個体が別々でも増殖できる新しいヒゼンダニが誕生しないとも言えません。 ですから私達ができることは、野生のタヌキがこれ以上人里におりて来なくても済むように環境破壊を止める努力をすることや、もし疥癬にかかっている動物を見かけたら、 むやみに触らず、公共の機関に連絡することです。 動物病院で疥癬の治療薬をもらえば初期であれば比較的簡単に治ります。 スポンサードリンク.

次の

タヌキの生態と疥癬症について。ヒトにもうつる!?

タヌキ 疥癬

タヌキの生態 始めに、タヌキとはどのような動物なのか? 生息地や食べ物などを見て見ましょう。 タヌキの特徴や生息地 タヌキは、 イヌ科の動物で、体長50~60cm、体重3~9kgくらいです。 体色は灰褐色や茶褐色で、眼の周りに黒斑があるのがお馴染みの特徴ですね。 日本では、北海道、本州、四国、九州と広範囲に生息しています。 本州や四国、九州などにいるものは「 ホンドタヌキ」、北海道にいるものは「 エゾタヌキ」と呼ばれるそうです。 タヌキの生息地は、主に山地の森林で川などの水辺が近くにあるような場所に多く生息しています。 中には、2000 mを超える高山地に生息していたり、郊外の住宅地でみかけたりすることもあり、その生息域はとても広いです。 スポンサードリンク タヌキの生活ってどんなもの? タヌキは、春から夏頃まで子どもを産み育てます。 繁殖場所は、特定の巣を作るのではなく、他の動物が掘った穴や岩の割れ目、木の根元などで繁殖します。 秋頃には、子どもも巣立っていきます。 この期間、家族は、近くに集まって生活し、オスのタヌキも子育てに参加し、メスや子ども達を守るそうです。 そして、タヌキは夜行性で夜活動します。 タヌキには、特定の場所で糞をする「 溜めフン」と呼ばれるおもしろい習性があります。 1匹のタヌキには、10ヶ所ほど溜めフンの場所があるそうです。 また、タヌキは、すごく驚かされると一時的に気を失ってしまい、相手をあざむく習性があります。 これが、寝たふりをすることを「タヌキ寝入り」という由来になっています。 タヌキは何を食べるの? タヌキは、雑食性で、果実や植物の根や地下茎、ネズミや小鳥、ヘビ、カエル、昆虫、甲殻類、ミミズなど何でも食べます。 食べ物を求めて、人の住む地域まで出てきて、 農作物を荒らしてしまうこともあります。 疥癬症(かいせんしょう)について 疥癬症のタヌキ 出典: 住宅街で、 毛が抜けて皮膚がごわごわと象の皮膚のようになったタヌキに遭遇したという話を聞くことがあります。 これは、タヌキが、「 疥癬症(かいせんしょう)」という皮膚の病気になっているからです。 タヌキの疥癬症とはになにか? ヒトやペットにうつることはあるのか? 心配になりますよね。 タヌキの疥癬症とは? タヌキの疥癬症は、 ヒゼンダニというダニに感染することで起こります。 ヒゼンダニに感染すると、ひどいかゆみを起こし、かきむしるため脱毛し、ガサガサな象のような皮膚になってしまいます。 ヒゼンダニは皮膚の角質にトンネルをつくり、そこに産卵します。 孵化した幼虫もまたトンネルをつくって寄生し、全身へ広がっていきます。 疥癬症にかかったタヌキは、その痒みと、毛が抜けることで体温調節ができない事などの理由でどんどん衰弱していき、やがて死んでしまう事が多いようです。 スポンサードリンク ヒトやペットにうつる? 結論から言いますと、疥癬症のタヌキとの接触によって、 ヒトやペットにも感染する恐れがあります。 ヒトが感染すると、全身に 赤い発疹が出て 強烈なかゆみに襲われます。 ヒゼンダニには種類があり、その種によって感染し増殖する動物が異なります。 センコウヒゼンダニという種がイヌ、キツネ、タヌキに感染増殖することがわかっています。 また、ネコには、ショウセンコウヒゼンダニという種が感染増殖して、アライグマやハクビシンもこの種に感染増殖することが報告されています。 タヌキやイヌに感染するセンコウヒゼンダニがタヌキやイヌに、ネコに感染するショウセンコウヒゼンダニがネコに感染した場合は、その宿主に卵を産み増殖します。 したがって、疥癬症のタヌキとペットのイヌが接触し、イヌにも感染症が移ればダニが増殖していってしまいます。 しかし、本来の宿主でない動物に感染した場合は、そこで卵を産んで増殖することはありません。 タヌキの疥癬症の場合ヒトには適応しないダニなので、この増殖しないパターンにあたります。 この場合は増殖しませんが、一時的に激しいかゆみに襲われるので、やはり放っておいて大丈夫だとも言えません。 さらに、どの種のヒゼンダニがどの動物に感染するかは未だ不明な点も多いようで、今後新しい動物からヒトへの感染症例の報告もあるかもしれません。 スポンサードリンク もし、疥癬症のタヌキを見つけたら? まず、 絶対に素手で触ったりしてはいけません。 前述したように、一時的とはいえ疥癬症が移ってしまうかもしれません。 他にも、タヌキは意外と獰猛な一面もあるので、手を噛まれてしまうかもしれません。 また、イヌを飼っているなら接触させないように気を付ける必要もあります。 その弱った姿に同情して保護してあげようと考えるかもしれませんが、タヌキの保護は鳥獣保護法の違反になる恐れもあります。 かわいそうになる気持ちも分かりますが、これも自然の摂理と割り切り放置するのも大切なことかもしれません。 自宅の敷地内で動けなくなっているなど、どうしてもタヌキを保護する必要があるときは、お住まいの地域の役所か野生動物担当部署に連絡して下さい。 自分でやらざるを得ない時は、噛まれて怪我をしないように厚手の皮手袋などを用意しましょう。 まとめ タヌキは、日本各地に生息しているイヌ科の動物です。 雑食性で何でも食べるため、食べ物を求めてヒトの生活地域まで出てきて、農作物を荒らすこともあります。 タヌキがヒゼンダニの感染により疥癬症にかかっている場合、接触によって、ヒトやペットのイヌ、ネコにも感染する恐れがあります。 ヒトへの感染は一時的なものですが、感染すると強烈なかゆみに襲われるので、病院へ行き治療薬 イベルメクチン をもらいましょう。 イヌが感染した場合は、ヒゼンダニが増殖してしまうので早めに獣医師に診せに行きましょう。 近年、都市部でもタヌキを見かける事が増えているそうですが、タヌキも野生動物でありヒトへの危険性もあります。 今回の疥癬症にしても、野生のタヌキとの接触を避けることが一番の予防対策になります。 もしも、タヌキなどの野生動物の保護が必要な場合は、お住まいの地域の役所か野生動物担当部署に連絡しましょう。

次の

タヌキの疥癬症~人との正しい共存を願って|獣医さんのお仕事|公園だより|到津の森公園

タヌキ 疥癬

「子狸が保護で持ち込まれます。 」事務所から連絡がありました。 狸は春が出産期、この時期に子どもはいないはず。 運び込まれた狸は体にほとんど毛がありません、疥癬症です。 毛が無くて小さく見えるため子どもと思ったようです。 疥癬症はセンコウヒゼンダニという小さなダニが毛根に寄生する病気で、免疫力が低下した時に接触することでうつります。 ここ十数年で爆発的に増加しました。 狸は犬同様雑食性ですが野生化では木の実や昆虫などを食べかなりの粗食です。 野生の生息地が少なくなったため、人里におり生ごみをあさったり贅沢な餌をもらい食生活が変化したことで体質の変化や免疫力の低下を招いたと推測されます。 さらに豊富な餌があれば集団化しその際に感染が拡大したものと思われます。 つまりは人の生活圏に招かれざるを得なかったことが原因です。 発症すれば激しい痒みと脱毛による寒さにより急速に衰弱します。 保護で持ち込まれても死んでしまう事が多いのが現状で、原因をなくすことが重要です。 今回の狸も翌朝死亡しました。 哀れな死に心が痛み、今後の人間と狸の正しい共生を願いました。

次の