ヘンリー 8 世 舞台。 ヘンリー八世

ヘンリー8世、6人の妻たちの愛憎劇

ヘンリー 8 世 舞台

1998年のスタート以来、芸術監督蜷川幸雄のもとで、国内外に次々と話題作を発表してきたシェイクスピア全37戯曲の完全上演を目指す彩の国シェイクスピア・シリーズ。 2017年12月、シリーズ2代目芸術監督に就任した俳優・吉田鋼太郎が演出する『アテネのタイモン』でシリーズが再開され、この2月に2作目『ヘンリー五世』が幕を開けました。 そして、吉田演出の3作目となるシリーズ第35弾は歴史劇『ヘンリー八世』に決定。 歴史劇には珍しく戦争の描写がなく、舞踊会や戴冠行列、エリザベス女王洗礼の祝賀など、ヘンリー八世時代の華やかな一面が物語に反映されている作品です。 歴史劇の中では『ヘンリー四世』二部作、『リチャード三世』についで人気の高い作品ですが、上演は数少ないとされています。 ヘンリー八世をめぐる英国王家のスキャンダルと、その裏に交錯する欲望と謀略、熾烈な地位争い。 シェイクスピア作品に造詣の深い吉田鋼太郎によってどのように蘇るか、期待が高まります。 ヘンリー八世役には、本シリーズで『シンベリン』『ジュリアス・シーザー』にも主演した阿部寛が登場!吉田鋼太郎とのタッグで、新たな最強王が誕生する! <あらすじ> 英国王ヘンリー八世の宮殿では、ウルジー枢機卿が勢力を強めている。 国王の寵愛を受けながら、出世のために策略をめぐらし高慢なウルジーは公爵たちの非難の的になっている。 そんな中、学識高く才能をもつバッキンガム公が、ウルジーの陰謀によって裁判にかけられ、冤罪により死刑となった。 ある晩、王はウルジー邸の晩餐会で王妃に仕える女官アン・ブリンに心奪われる。 王は王妃キャサリンとの結婚を無効にしようと離婚裁判を起こすが、キャサリンは自身の敵であるウルジーが審判する裁判への出頭を拒否、ウルジーもまた自分の得にならない離婚裁判の延期を謀るが….

次の

ヘンリー8世 (イングランド王)

ヘンリー 8 世 舞台

Contents• 元々は侍従トマスが、自分のために建てたお城だった ハンプトンコート宮殿の庭園 画像引用元: 1505年侍従長のサー・ジャイルズ・ドーベニーは、ヘンリー7世を楽しませるために使っていましたが、当時のヨークの大司教であり、王の主任公使だった トマス・ウルジーが1514年に受け継ぎ、7年間にかけて大規模な再建を行い、現在の宮殿の基礎を作り上げました。 ハンプトン・コートに英国一すばらしい宮殿となったのですが、ヘンリー王が嫉妬したため、 結果的にトマスはヘンリー8世に王に宮殿を「進呈」することとなったのでした。 素晴らしすぎる宮殿を作ってしまったために、王の目に留まり献上することになったわけですが、偶然なのか、それも計算に入れて作ったのかは謎のままです ウルジー枢機卿 : イングランドの聖職者、政治家。 ヘンリー8世はこの宮殿をとても気に入って居城とし、結果的にに6人の妃もこの宮殿に暮らすこととなります。 美しい庭園と、メイズやグレートヴァインのような有名な特徴に囲まれている宮殿は、多くの国家的に重要なイベントの舞台となってきました。 映画ブーリン家の姉妹では、英国中世の優雅な宮廷生活を覗き見ることができます。 スポンサーリンク 豪華な晩餐会と、豪華な宮廷生活 3番目の妃ジェーン・シーモアと息子エドワード 画像引用元: 1530年代には、ヘンリー8世のハンプトン・コートは宮殿、ホテル、劇場、広大なレジャー施設となっていました。 国王は、豪華な晩餐会、豪華な宮廷生活、そして信じられないほど高価な芸術を通して、あらゆる方法で雄大さと権力を誇示するためにそれを利用したといいます。 (クリストファー・レンによる南正面 画像引用元: 宮殿には、ヘンリーが寝て食事をしてくつろいだ国営アパートと私設アパート、女王の私設アパートのほかに、廷臣たちの宿泊施設がありました。 その様式は居住者の身分に沿ったものでしたが、権威を印象づけることを意図していたようです。 800人の廷臣のために、調理場を拡張 ヘンリー8世には最高800人の廷臣がいたといいます。 王は1400年代後半に元居住者が造ったキッチンを拡張して、1日に1600食を提供できる、調理場に作り変えたのでした。 スポンサーリンク 花嫁を迎えるためにつくられた、河川ロングウォーター 画像引用元: この美しい運河は、チャールズ2世(1660〜85年)によって、花嫁のキャサリンオブブラガンザの到着に備えてつくられたものです。 カップルは宮殿で新婚旅行をし、白鳥の形をしたボートがロマンチックなジェスチャーで運河を上ったという、贅沢ながら微笑ましいエピソードも残っています。 最もエレガントな時代を彩った クリストファー・レンのデザインによるメアリー女王の寝室 画像引用元: 1689年にウィリアム3世とメアリー2世が即位すると、彼らはクリストファー・レンに新しいバロック様式の宮殿を設計するよう依頼しました。 レンは宮殿全体を破壊するという当初の計画を破棄し、代わりに壮大な噴水コートを作り、チューダー宮殿の大部分をそのまま残しました。 女王の居室、浴室、寝室、個人用教会は現在も一般公開されています。 クリストファーレンによる南正面 画像引用元: スポンサーリンク あとがきにかえて ロンドン塔のアン(19世紀画)画像引用元:) 栄光と彩りにみちた良きものだけではなく、宮殿は、また不幸な記憶も保持しています。 の3番目の女王ジェーン・シーモアは、 を産んだ後に亡くなっており、彼女の幽霊「白いレイス」はいまも、彼女の命日に現れるとか。 また彼に処刑された2番目の妃アン・ブーリンが暮らしたのもこの宮殿であり、5番目の妃キャサリンハワードはここで逮捕され、後にタワーで姦淫と反逆罪で処刑されました。 様々な宮廷事情を見届けてきたハンプトンコート宮殿、2019年現在は、イギリスの主要な観光名所として一般公開されています。 この記事を読んだ人へお勧めの記事• 参考文献• hrp. org. 9tmccu• wikipedia.

次の

ヘンリー8世 (イングランド王)

ヘンリー 8 世 舞台

国王の寵愛を受けながら、出世のために策略をめぐらし高慢なウルジーは公爵たちの非難の的になっている。 そんな中、学識高く才能をもつバッキンガム公が、ウルジーの陰謀によって裁判にかけられ、冤罪により死刑となった。 ある晩、王はウルジー邸の晩餐会で王妃に仕える女官アン・ブリンに心奪われる。 王は王妃キャサリンとの結婚を無効にしようと離婚裁判を起こすが、キャサリンは自身の敵であるウルジーが審判する裁判への出頭を拒否、ウルジーもまた自分の得にならない離婚裁判の延期を謀るが……  キャスト 阿部寛、吉田鋼太郎、金子大地、宮本裕子、山谷花純、谷田歩、河内大和、他 スタッフ 演出:吉田鋼太郎 脚本:W. ぐわぁぁっッと、こちらの心臓を掴み揺さぶる凄味。 あの方はこれをやるために生きてるんだ。 阿部寛さんの王様も、日本一の説得力なのでは!? 憧れの役は多いけど、キャサリンがそこに追加された。 いつかやりたい。 鋼太郎さんのシェイクスピア出る。 幕が開いた途端から喋り倒す河内ノーフォーク公に耳も目も幸せ。 衣装も凄い!ウルジー鋼太郎さん合ってたなぁ。 優しく穏やかなのに有無を言わさず流れを自分のものにしていくの怖くて凄い。 あっきーさんもビジュアルと色気が役にぴったり。 あの人の友情出演? に驚き。 阿部寛さんカッコよかった。 鋼太郎さんが取り乱す場面が 真に迫る。 特別に2回のカーテンコールが観れていい日でした。 やり直す心意気に感謝。 なんと舞台音楽の奏者が以前さいたまアーツシアター・ライヴで演奏されてたサミエルさんだった😮 最後のシーンの音楽で棒を使ってるのを見て、もしやと思いパンフレット見たら。 前も素晴らしい演奏でしたが、今回の音楽も素晴らしかったです。 鋼太郎さん、阿部ちゃん、大地くん。 全てが素晴らしかった。 カーテンコール後、鋼太郎さんから最後のシーンでハプニングがあったのでやり直したいと。 役者全員驚き慌ててスタンバイ。 鋼太郎さん曰く、このシリーズ始まって以来初のハプニングだったそう。 大地君の美しさよ…。 熱演でした! 最後の場面で音楽が流れず、 そこだけカーテンコールの後で再演すると言うハプニング付き😆 重厚なお芝居の中にもクスってなる場面もあって初シェイクスピア楽しみましたー。 河内大和さんとあっきーさんの安定感。 金子大地さんの初々しさも際立ってた!照明と衣装も美しかったなー。 可愛いだけじゃなく、かれの演説は誠実で揺るぎなく、私は泣いてしまいました。 クロムウェルはさいたまネクスト・シアターの鈴木彰紀くん!凄い存在感。 本にないクロムウェルは必見!見てほしい!というか目がいくはず。 鋼太郎さんのあの演出楽しかった! 最前列で、谷田歩姐さんからお菓子もらいました。 河内大和さんが客席から来て上がったとき「ハゲでロン毛って何だよ」って何度も言ってた(笑) ノーフォーク公爵のこと。 仲良しなのね。 鋼太郎さんのウルジーがアッキーのクロムウェルに言った 「野心は捨てろ」が二幕のいくつもの場面で刺さり、響きます。 私はキャサリン妃の顔を見るだけで号泣 (カーテンコールで宮本さんが出てきただけで泣くという…) 宮本裕子さんが本当に素晴らしくて泣きました。 通路もフルに使うとは知らなくていろんなシーンで近くで見れて興奮しました。 すごい。 エリザベスの洗礼式が幕切れだから、とてもキリが良く後味がいい。 この後の五人の妻の悲劇を知ってているから、 ラストの爽快さの後に思い出して少しゾッとはしたんだけどね。 悪役なのに憎めない。 身包み剥がされるシーンに笑ったし、 匂わせベッドシーン、クロムウェルとのキスシーンにはドキドキした。 宮本裕子さん演じるキャサリンが圧巻でした。 みている最中だけでなく、観劇後にお芝居の一場面を反芻してリアルに涙が出るほど 「思い出し泣き」したのは初めてです。 それほど素晴らしかったです!! 谷田さんのバッキンガム公爵もとっても素敵でした。 凛として品があって、すごく美しい王妃でした。 吉田さん熱演。 カーテンコール後、吉田さんから 最後のシーンで音楽が出なかったのでその部分をやり直させてくれと 申し出があって再演、阿部さん他役者さんが、慌てて衣装替えするハプニング付き。 いやいや吉田鉱太郎さんの演出。 初観劇だったのですが、舞台ってすごいですね... 映画やドラマとはまた違った面白さ 荘厳なシーンやかっこいいシーン、笑いどころもあって面白かったです! そして大地くんの声がとても良かった... 考えてみたら山谷の舞台での姿をみるのは初めてだったかも…? とっても美しかったです。 すごいわぁ。 でも後半の大司教役の人もなかなか良き。 初舞台とのことで、こちらもドキドキしたが、やっぱり登場すると、 空気がなんか変わって、楽しくワクワクさせてくれる。 シェイクスピア舞台でも彼らしい光を放っていて良かった。 背景など不勉強ながら、あらすじを見ただけとは全く違う 人間ドラマで、八世、王妃、枢機卿が人生を生き抜こうとする姿に引き込まれた。 吉田鋼太郎氏の策士ぶり、後半の姿に、大人の色気炸裂でした。 実は「アテネのタイモン」が余り好きではなくて、 もうさい芸のシェイクスピアシリーズはいいかと思ってたのです。 残っている戯曲は余り上演機会の無かったものなので、期待持てなくて。 でも今回は谷田さん出るので、とりあえずチケット確保。 行って良かったわ。 そして、その裏に交錯する欲望と謀略、 熾烈な地位争い👑 なんとっ!1列目での観劇でした! 圧倒的な迫力!阿部寛さん、吉田鋼太郎さん、引き込まれました。 とても面白い舞台でした。 なかなか難しかったけど 吉田鋼太郎さんらしい演出でクスッと笑うとこもあったり楽しめた。 見せ場は、ウルジーが失脚くして惨めな姿になっていく所が流石でした。 個人的には、金子大地くんが存在感ありましたよ。 舞台メイクを施した大地君が美しくて震えました。 堂々とした熱演、素晴らしかったです。 眠れそうにない。 テルマエロマエじゃなかった。 宮本裕子さん演じるキャサリンが圧巻でした。 みている最中だけでなく、観劇後にお芝居の一場面を反芻してリアルに涙が出るほど 「思い出し泣き」したのは初めてです。 それほど素晴らしかったです!! 谷田さんのバッキンガム公爵もとっても素敵でした。 吉田鋼太郎さんの演出手腕によりとてもわかりやすく親しみやすい シェークスピアに仕上がっていました。 阿部寛さんの存在感。 カーテンコール後に ラストシーンの音楽がかからなかったからと吉田鋼太郎さんが提案してくださり、再演。 キャストの皆さんがあたふたと衣装を着替えたり生の舞台ならではの温かさ。 あちこち痛い中?最後まで観られて良かった。 吉田さん熱演。 カーテンコール後、吉田さんから最後のシーンで音楽が出なかったので その部分をやり直させてくれと申し出があって再演、阿部さん他役者さんが、 慌てて衣装替えするハプニング付き。 久 しぶりのニッタンや大石さんがいて、 客席通路を使ったり観客を巻き込んでの演出。 蜷川シェイクスピア時代のさい芸を思いだしつつ 鋼太郎さん演出の新たな舞台を楽しめた。 大地くん、初々しいなー。 次回観るのはさい 芸楽。 ヒロイン、声のトーンと表情はコロコロ変わっていましたが、なぜか心に全く響かず、... ハッキリ言って失望しました。 これだけ大きなエンタメ... ハッキリ言って失望しました。 これだけ大きなエンタ... ここに電話しても夢を砕かれるマニュアル対応をされるだけです。 ハッキリ言... 195,771件のビュー 0 件のコメント• 63,233件のビュー 0 件のコメント• 45,716件のビュー 0 件のコメント• 38,775件のビュー 26 件のコメント• 38,046件のビュー 1 件のコメント• 36,489件のビュー 0 件のコメント• 35,253件のビュー 0 件のコメント• 29,402件のビュー 0 件のコメント• 28,118件のビュー 0 件のコメント• 27,071件のビュー 0 件のコメント• 26,049件のビュー 3 件のコメント• 25,628件のビュー 3 件のコメント• 宮崎駿の最高傑作!」「久石譲さんの音楽も素晴らしかった!」「劇場で観られてホント幸せでした!」 【1984年3月11日 日 公開】 自然を愛し、虫と語る風の谷の少女が、たっ ….

次の