ご 教示 ください 意味。 「ご教示ください」と「ご教授ください」の違いと使い分け

「ご教授ください」の意味と使い方と例文!「ご教示」との使い分け

ご 教示 ください 意味

【ご教示の意味】 教示(きょうじ) 手段や情報を教えること 「ご教示」の「教示」という言葉の辞書的な意味は、「手段、情報を教え示す」ことです。 たとえば「部屋を借りたい時、どうやったら借りられるのか」を教えることは、手段を教える意味での「ご教示」です。 「相手に都合のいい日時を教える」ことは情報を知らせる意味での「ご教示」となります。 「どうやったら部屋を貸してもらえるのか」や「都合のいい日時」は専門的な知識や特殊技能ではなく、「単純な情報」です。 つまり、「ご教示」で教えるのはそういった「誰でもできる・知ることが出来る情報」ということになります。 これを踏まえて「ご教示ください」の意味を考えると、「やり方や情報を教えてください」という意味となるのです。 繰り返しになりますが、「ご教示」が教えるものに専門的な知識や特殊技術は含まれません。 【ご教授の意味】 教授(きょうじゅ) 専門的な知識や技能を教えること 「ご教授」の「教授」の辞書的な意味は「専門的な知識・技術を教え授ける」ことです。 大学の教員という意味の名詞「教授」もありますが、今回取り上げる「ご教授」は動詞の方です。 「ご教授」が教えるのは、「学ばないと身につけることが出来ない専門知識や技術」となります。 たとえば楽器の弾き方、スポーツ、医学やプログラミング知識といったものは何度も練習したり、しっかり勉強したりしない限り身につきません。 「ご教授」の意味はこのような「誰にでもすぐにできるわけではないもの」を教える言葉なのです。 この意味から、「ご教示」と比べて「ご教授」は重みのある言葉という印象があります。 目上の人にメールで「ご教授ください」と書くと、少し重苦しいと思われる可能性もあります。 状況に応じて使い分けをしていく必要があるでしょう。 【ご教示とご教授で教える内容】 ご教示 単純な情報 ご教授 専門的な知識や技能 「ご教示」と「ご教授」は、実は漢字からしても全く違います。 「ご教示」は「教え示す」ものであり、「ご教授」は「教え授けるもの」です。 「示す」は「見せる」ことですが、「授ける」は「あげる、渡す」という意味を持っています。 「ご教示」と「ご教授」は、「教える内容」の種類も全く違います。 繰り返しになりますが、「ご教示」は「明日の天気」や「相手の都合のいい日」、「部屋の鍵のありか」といった、誰にでもすぐに分かるような「情報」を教えます。 一方「ご教授」が教えるのは「習得することで使えるようになる知識・技術力」です。 「情報」と「知識や技術力」は違うものです。 使い分け方としては、「何を教えて欲しいのか」で判断するのがベストでしょう。 【「ご教示ください」と「ご教授ください」の誤用例文】 「先日いただいた資料について、このような結果となりました。 何かお気づきの点がございましたらご教示くださいますようお願い申し上げます。 」 「明日の打ち合わせ日程の詳細をご教授ください。 」 仕事でよくあるシーンでの「ご教示」と「ご教授」の誤用例文です。 「ご教示」の使い方は意味を知ればなんとなく分かってきますが、「ご教授」を使える範囲は少し微妙なものがあります。 例文にあるように、「結果から分かったことがあったら教えてください」は「ご教授」です。 また、「この言葉の意味を教えてください」という場合も「ご教授」を使います。 どこまでが「ご教授」なのかが難しいため、自信がなければ使うのを避けた方が良いでしょう。 【ご示唆の意味】 ご示唆 しさ それとなく指し示すこと、仄めかすこと 特に「ご教示」との誤用で他にあるのが「ご示唆」です。 「ご示唆」も「示す」ですが、意味は完全に違う言葉です。 「ご示唆」の元の言葉「示唆」は、「直接的ではなく遠回しに示す・伝える」という意味を持っている言葉です。 使い方として「ご示唆」そのものは目上の人に使えるものの、「ご示唆ください」と直接言うと不自然に思われる可能性があります。 「ご示唆ください」は「ほのめかしてください」という意味になり、普段私たちは「ほのめかしてください」などと依頼しないでしょう。 「ご示唆」は「目上の人が私が気付かなかったミスをご示唆くださった」といった使い方が多いです。 教えを乞うつもりでも、「ご示唆ください」と使うと別の意味に変わってしまうことから、話が見当はずれな方向に行ってしまう危険性があります。 【「ご教示ください」の例文】 「コンピューター室のカギの保管場所を知っている方がいましたらご教示お願い致します。 」 ビジネス、学校 「可能でしたら、貴社に伺える都合の良い日にちをご教示いただけないでしょうか。 」 ビジネスメール 「社員旅行の集合場所の詳細のご教示をお願い致します。 」 ビジネス 【「ご教授ください」の例文】 「今後とも畑中先生からご教授願いたいと存じます。 」 学校 「お気づきの点がございましたらご教授くださいますようお願い致します。 」 ビジネス、学校 「何卒ご教授いただければ幸いです。 」 ビジネス、学校 「ご教示ください」は様々な場面で使えますが、「ご教授ください」は大学や職場で使われることが多い言葉です。 相手に教えを乞う時や、「これからも教えてもらいたい」という時に使いましょう。 「ご教示」も固い言葉なので、実際は相当丁寧なメールでもない限り「教えてください」と言う方が多いかもしれません。 ですが、表現の一つとして覚えておくと良いでしょう。 【目上の人に対する「ご教示ください」の例文】 「明日の打ち合わせの時間について、ご存知でしたらご教示くださいますと幸いです。 」 「社内システムの使い方と、ビジネスマナーのご教示をお願いしたいと存じます。 」 「彼女にアカウントのログインのし方をご教示願います。 」 【目上の人に対する「ご教授ください」の例文】 「物理学の権威である近藤様に、是非ご教授いただければと存じます。 」 「今後もご教授賜りますようお願いいたします。 」 「ご教示ください」も「ご教授ください」も、どちらも使う対象は目上の人や社外の人のような敬意を払う人がほとんどです。 ここで言う「ご教示」「ご教授」は尊敬語という点と、言葉が固く丁寧な印象を持っていることから、同僚や部下にはほとんど使いません。

次の

「ご教授ください」と「ご教示ください」の意味の違いと使い分け ~何を教えてもらうのか

ご 教示 ください 意味

【ご教示の意味】 教示(きょうじ) 手段や情報を教えること 「ご教示」の「教示」という言葉の辞書的な意味は、「手段、情報を教え示す」ことです。 たとえば「部屋を借りたい時、どうやったら借りられるのか」を教えることは、手段を教える意味での「ご教示」です。 「相手に都合のいい日時を教える」ことは情報を知らせる意味での「ご教示」となります。 「どうやったら部屋を貸してもらえるのか」や「都合のいい日時」は専門的な知識や特殊技能ではなく、「単純な情報」です。 つまり、「ご教示」で教えるのはそういった「誰でもできる・知ることが出来る情報」ということになります。 これを踏まえて「ご教示ください」の意味を考えると、「やり方や情報を教えてください」という意味となるのです。 繰り返しになりますが、「ご教示」が教えるものに専門的な知識や特殊技術は含まれません。 【ご教授の意味】 教授(きょうじゅ) 専門的な知識や技能を教えること 「ご教授」の「教授」の辞書的な意味は「専門的な知識・技術を教え授ける」ことです。 大学の教員という意味の名詞「教授」もありますが、今回取り上げる「ご教授」は動詞の方です。 「ご教授」が教えるのは、「学ばないと身につけることが出来ない専門知識や技術」となります。 たとえば楽器の弾き方、スポーツ、医学やプログラミング知識といったものは何度も練習したり、しっかり勉強したりしない限り身につきません。 「ご教授」の意味はこのような「誰にでもすぐにできるわけではないもの」を教える言葉なのです。 この意味から、「ご教示」と比べて「ご教授」は重みのある言葉という印象があります。 目上の人にメールで「ご教授ください」と書くと、少し重苦しいと思われる可能性もあります。 状況に応じて使い分けをしていく必要があるでしょう。 【ご教示とご教授で教える内容】 ご教示 単純な情報 ご教授 専門的な知識や技能 「ご教示」と「ご教授」は、実は漢字からしても全く違います。 「ご教示」は「教え示す」ものであり、「ご教授」は「教え授けるもの」です。 「示す」は「見せる」ことですが、「授ける」は「あげる、渡す」という意味を持っています。 「ご教示」と「ご教授」は、「教える内容」の種類も全く違います。 繰り返しになりますが、「ご教示」は「明日の天気」や「相手の都合のいい日」、「部屋の鍵のありか」といった、誰にでもすぐに分かるような「情報」を教えます。 一方「ご教授」が教えるのは「習得することで使えるようになる知識・技術力」です。 「情報」と「知識や技術力」は違うものです。 使い分け方としては、「何を教えて欲しいのか」で判断するのがベストでしょう。 【「ご教示ください」と「ご教授ください」の誤用例文】 「先日いただいた資料について、このような結果となりました。 何かお気づきの点がございましたらご教示くださいますようお願い申し上げます。 」 「明日の打ち合わせ日程の詳細をご教授ください。 」 仕事でよくあるシーンでの「ご教示」と「ご教授」の誤用例文です。 「ご教示」の使い方は意味を知ればなんとなく分かってきますが、「ご教授」を使える範囲は少し微妙なものがあります。 例文にあるように、「結果から分かったことがあったら教えてください」は「ご教授」です。 また、「この言葉の意味を教えてください」という場合も「ご教授」を使います。 どこまでが「ご教授」なのかが難しいため、自信がなければ使うのを避けた方が良いでしょう。 【ご示唆の意味】 ご示唆 しさ それとなく指し示すこと、仄めかすこと 特に「ご教示」との誤用で他にあるのが「ご示唆」です。 「ご示唆」も「示す」ですが、意味は完全に違う言葉です。 「ご示唆」の元の言葉「示唆」は、「直接的ではなく遠回しに示す・伝える」という意味を持っている言葉です。 使い方として「ご示唆」そのものは目上の人に使えるものの、「ご示唆ください」と直接言うと不自然に思われる可能性があります。 「ご示唆ください」は「ほのめかしてください」という意味になり、普段私たちは「ほのめかしてください」などと依頼しないでしょう。 「ご示唆」は「目上の人が私が気付かなかったミスをご示唆くださった」といった使い方が多いです。 教えを乞うつもりでも、「ご示唆ください」と使うと別の意味に変わってしまうことから、話が見当はずれな方向に行ってしまう危険性があります。 【「ご教示ください」の例文】 「コンピューター室のカギの保管場所を知っている方がいましたらご教示お願い致します。 」 ビジネス、学校 「可能でしたら、貴社に伺える都合の良い日にちをご教示いただけないでしょうか。 」 ビジネスメール 「社員旅行の集合場所の詳細のご教示をお願い致します。 」 ビジネス 【「ご教授ください」の例文】 「今後とも畑中先生からご教授願いたいと存じます。 」 学校 「お気づきの点がございましたらご教授くださいますようお願い致します。 」 ビジネス、学校 「何卒ご教授いただければ幸いです。 」 ビジネス、学校 「ご教示ください」は様々な場面で使えますが、「ご教授ください」は大学や職場で使われることが多い言葉です。 相手に教えを乞う時や、「これからも教えてもらいたい」という時に使いましょう。 「ご教示」も固い言葉なので、実際は相当丁寧なメールでもない限り「教えてください」と言う方が多いかもしれません。 ですが、表現の一つとして覚えておくと良いでしょう。 【目上の人に対する「ご教示ください」の例文】 「明日の打ち合わせの時間について、ご存知でしたらご教示くださいますと幸いです。 」 「社内システムの使い方と、ビジネスマナーのご教示をお願いしたいと存じます。 」 「彼女にアカウントのログインのし方をご教示願います。 」 【目上の人に対する「ご教授ください」の例文】 「物理学の権威である近藤様に、是非ご教授いただければと存じます。 」 「今後もご教授賜りますようお願いいたします。 」 「ご教示ください」も「ご教授ください」も、どちらも使う対象は目上の人や社外の人のような敬意を払う人がほとんどです。 ここで言う「ご教示」「ご教授」は尊敬語という点と、言葉が固く丁寧な印象を持っていることから、同僚や部下にはほとんど使いません。

次の

「ご教示/ご教授ください」の意味や使い方!違いや使い分け・誤用例文

ご 教示 ください 意味

「ご教示ください」の意味は「知識や方法を教えてください」 ご教示」は、「 ごきょうじ」と読みます。 「ご教示ください」は 「教示」という言葉に、尊敬を表す接続語の「ご」、「くれ」の尊敬語である「ください」をつけた言葉です。 「教示」は「 知識や方法などを教え示すこと」を意味しています。 「ご教示ください」は相手に敬意を示す表現のである「ご」に、「ください」という尊敬語 「がついている言葉なので、「相手に教わりたい」という場面で使用される言葉です。 例えば、ビジネスシーンなどのかしこまった場面で、やり方がわからないというときに質問したり、対処の方法について尋ねる場合など「知識や方法などを教えてください」という意味で使われます。 また、「ご教示」は「指示を仰ぎたい」というような アドバイスを求める場合にも使う言葉です。 例文 「何かお気づきの点があればご教示のほどよろしくお願いいたします」 「お忙しいところ申し訳ありませんが、請求書の作成方法についてご教示いただきたく存じます」 「お時間のあるときにぜひお目にかかりご教示いただければ幸いです」 「今後の売上向上に向けて改善点があればご教示いただけますでしょうか」 「ご教授ください」の意味は「学問・技術・技能などを教えてください」 「ご教授ください」は、「 ごきょうじゅください」と読みます。 「ご教授」は、 「教授」という言葉に、尊敬を表す接続語の「ご」をつけ、「くれ」の尊敬語である「ください」をつけた言葉です。 「教授」の意味は、 学術、技芸などを教えること。 養護、訓練とならぶ教育上の基本的な活動、作用のことです。 また、 大学、高等専門学校などの教育機関で、専門の学術、技芸を研究し教える人、その官名または職名という意味もあります。 「ご教授ください」は、「 専門的な知識や技術を教え授けてください」というような意味で使用され、 専門的な知識や技術をある程度の期間、継続的に教えてほしい場合に使います。 例えば、楽器やスポーツなどの習い事に関する場面などです。 「ご教授」は、短時間でさっと教えられるような内容に使うものではない為、例えばメールなどで、「ご教授いただきたいのですが」と軽く質問してしまうと失礼にあたる場合があるで、 メールや文章で使用する場合は注意が必要です。 例文 「この道を極めたいならプロのご教授を願うべきたど考えました」 「一人暮らしを始めるので私に料理の基礎をご教授いただけませんか?」 「これからも末永くご教授願いたく存じます」 「先生方のお陰で、上位入賞という目標を果たせました。 今後ともご教授賜りますようお願いいたします」.

次の