痰 が 絡む 病気。 喉に痰が絡む病気!その原因を知っていますか?

痰が絡む症状とおすすめの対処法について、医師530名に聞いてみました

痰 が 絡む 病気

咳・痰の原因の特定は簡単なことではありません。 肺炎、気管支炎、花粉症、COPDなど様々な病気が考えられるからです 咳の原因となる病気は様々です。 以下で代表的なものを挙げてみましょう。 感染を起こす病原体はウイルス、細菌など多種多様。 子供や若年者ではマイコプラズマ感染症が有名。 温泉や循環式風呂あるいは老人保健施設でのレジオネラ菌による集団感染も。 こうした感染症の治療後にも数週間にわたって続くことがあるが、多くの場合には咳止めなどの対症療法のみが行われる。 長期間続く場合には、結核菌による感染もあり得る。 3週間以上にわたって咳だけが続く、咳喘息と呼ばれる病態もある。 咳喘息から気管支喘息に移行する可能性も指摘されている。 禁煙後もタバコの影響は残っているので、加齢に伴う肺機能低下を伴うことで呼吸困難などの症状が出現して初めて指摘されることもある。 確定診断には肺機能検査(肺活量など)が必要なため、初期の場合にはレントゲン写真だけでは診断できないこともある。 食直後に横になると胸焼けや咳が出現する場合、この病気が疑われる。 中高年で肥満体型の方は要注意。 嚥下障害のある場合にACE阻害薬を投与して、あえて咳をしやすい状態にすることで誤嚥性肺炎(別名:嚥下性肺炎)の予防効果が期待されることもある。 横になることで重力によって血液の流れに変化が生じて肺の血管に負担がかかるため、数時間してから初めて咳が出ると考えられています。 この場合、咳払いのように痰は絡まないことが多い。 多くの場合には空咳(からぜき)として出現する。 原因不明の特発性間質性肺炎(肺線維症)、関節リウマチなどの膠原病に併発することもある。 痰が出る・咳に痰が絡む・血痰が出るときに疑う病気……黄色・緑色など色も手がかりに 痰が絡む場合、その多くは感染症によるものです。 ウイルス感染症の代表である風邪の場合にも無色透明の痰が増えることがあります。 また、必ずしも色だけでは病原体を判断することはできないのですが、痰に色がついている場合には細菌感染症を疑うことがあります。 鉄さび色、黄色がかった痰は急性感染症を示すことがありますが、数ヶ月以上にわたって緑色の痰が続く場合には慢性的な呼吸器感染症が存在することもあります。 また、血痰が出現した場合、最も気になるのが腫瘍(肺がん)です。 肺のどの部分に腫瘍ができるかによっても違うのですが、喫煙に関連する扁平上皮癌というタイプのガンは、煙の影響を直接受ける気管支の根元にできやすいために、早期から血痰の症状がみられることがあります。 反対に、肺の端っこのほうにできやすい腺癌では早期の場合には症状が出にくく、痰もほとんど出ないということがあります。 以上、咳と痰の概要をご説明しました。 それぞれ呼吸器に深く関連した症状ですが、一時的に生じた場合には一般的な内科での対応も可能です。 3週間以上にわたって長引く場合、あまりに普段とは違う咳や痰が出るという場合には呼吸器科の受診をお勧めします。

次の

痰が絡む原因と対処法!5つの病気の可能性について徹底解説!

痰 が 絡む 病気

咳・痰の原因の特定は簡単なことではありません。 肺炎、気管支炎、花粉症、COPDなど様々な病気が考えられるからです 咳の原因となる病気は様々です。 以下で代表的なものを挙げてみましょう。 感染を起こす病原体はウイルス、細菌など多種多様。 子供や若年者ではマイコプラズマ感染症が有名。 温泉や循環式風呂あるいは老人保健施設でのレジオネラ菌による集団感染も。 こうした感染症の治療後にも数週間にわたって続くことがあるが、多くの場合には咳止めなどの対症療法のみが行われる。 長期間続く場合には、結核菌による感染もあり得る。 3週間以上にわたって咳だけが続く、咳喘息と呼ばれる病態もある。 咳喘息から気管支喘息に移行する可能性も指摘されている。 禁煙後もタバコの影響は残っているので、加齢に伴う肺機能低下を伴うことで呼吸困難などの症状が出現して初めて指摘されることもある。 確定診断には肺機能検査(肺活量など)が必要なため、初期の場合にはレントゲン写真だけでは診断できないこともある。 食直後に横になると胸焼けや咳が出現する場合、この病気が疑われる。 中高年で肥満体型の方は要注意。 嚥下障害のある場合にACE阻害薬を投与して、あえて咳をしやすい状態にすることで誤嚥性肺炎(別名:嚥下性肺炎)の予防効果が期待されることもある。 横になることで重力によって血液の流れに変化が生じて肺の血管に負担がかかるため、数時間してから初めて咳が出ると考えられています。 この場合、咳払いのように痰は絡まないことが多い。 多くの場合には空咳(からぜき)として出現する。 原因不明の特発性間質性肺炎(肺線維症)、関節リウマチなどの膠原病に併発することもある。 痰が出る・咳に痰が絡む・血痰が出るときに疑う病気……黄色・緑色など色も手がかりに 痰が絡む場合、その多くは感染症によるものです。 ウイルス感染症の代表である風邪の場合にも無色透明の痰が増えることがあります。 また、必ずしも色だけでは病原体を判断することはできないのですが、痰に色がついている場合には細菌感染症を疑うことがあります。 鉄さび色、黄色がかった痰は急性感染症を示すことがありますが、数ヶ月以上にわたって緑色の痰が続く場合には慢性的な呼吸器感染症が存在することもあります。 また、血痰が出現した場合、最も気になるのが腫瘍(肺がん)です。 肺のどの部分に腫瘍ができるかによっても違うのですが、喫煙に関連する扁平上皮癌というタイプのガンは、煙の影響を直接受ける気管支の根元にできやすいために、早期から血痰の症状がみられることがあります。 反対に、肺の端っこのほうにできやすい腺癌では早期の場合には症状が出にくく、痰もほとんど出ないということがあります。 以上、咳と痰の概要をご説明しました。 それぞれ呼吸器に深く関連した症状ですが、一時的に生じた場合には一般的な内科での対応も可能です。 3週間以上にわたって長引く場合、あまりに普段とは違う咳や痰が出るという場合には呼吸器科の受診をお勧めします。

次の

痰(たん)は何かの病気のサイン?|東京都 中央区 耳鼻咽喉科 日本橋大河原クリニック

痰 が 絡む 病気

痰 たん は何かの病気のサイン? 痰がからんで苦しい。 何かの病気のサインなのか? ここ最近、痰がからんで苦しいです。 のどの奥にからみ、咳払いをしてもなかなか出てきません。 一日中痰がからみやすい状態で、しゃべるときは咳払いをしながらといった状態です。 のどの痛みや咳が出るといったことはありません。 原因は何でしょうか。 病気のサインでしょうか。 (千葉県 32歳 女性) 痰が大きな病気の原因になることはまれ 強い痰切りや咳払いは逆効果 痰がからむことでお困りのようですね。 のどの粘膜が炎症を起こしてでてくる分泌液が痰となります。 炎症の程度によって透明のものから黄色、緑色のもの、また血液が混じった暗赤色のもの、粘り気もサラサラなものからべったりくっついて離れないものまで、さまざまあります。 いずれにしてものどの炎症があるために出てきます。 ほとんどの場合、かぜなどの咽頭炎から起こってきますが、乾燥が影響することもあります。 11月頃から3月頃までは気温が低いだけでなく空気もカラカラに乾燥していて、その乾いた空気をじかに取り入れるのどや鼻の粘膜は炎症を起こしやすくなります。 クーラーを使う季節も室内が乾燥し症状が強くなることもあります。 鼻が詰まっていると鼻呼吸ができず口で呼吸しなくてはならないため、のどの乾燥がひどくなります。 また副鼻腔炎やアレルギー性鼻炎があると鼻水が鼻の奥からのどに下ってくる後鼻漏が痰になることもあります。 なかなか治らない患者さんは一度、のど・鼻を診る耳鼻咽喉科を受診することをおすすめします。 口の中からのどの奥、気管支まで粘膜の状態を詳しく診てもらい、また鼻もあわせてチェックを受け、しっかり治療してもらうとほとんどの方は良くなります。 痰が何か大きな病気の原因、前触れになることはあまりなく、心配しなくても大丈夫です。 痰を気にしすぎてしょっちゅう強く「痰切り」をしたり「咳払い」をしたりすると、逆にのどの粘膜を痛めてしまい逆効果です。 うがいも極端に強く行うのは良くありません。 軽く口に含んで出していただければ十分です。 (笑顔 2015年5月号に掲載) 当クリニックで検査を受けていただけます.

次の