スライド ドア ストッパー。 現行ヴォクシー パワースライドドア開閉不良 開閉時ガタガタとなる

200系ハイエーススライドドア異音対策とメンテナンス方法

スライド ドア ストッパー

スライドドアのメンテナンス 室内側のグリースは拭き取り異物付着対策 室内側の新車購入時にグリースをたっぷり塗布してある、ローラですが、勿論潤滑のために施したあります。 しかし、これは異音を発生させない為に一役かっています。 少しぐらいローラーが軋んでもあれだけたっぷり塗布してあれば、音を吸収していると思われます。 しかし、問題もあると思います。 ステップは、外から上がり降りするところです。 そのステップの下側にあるローラーには、靴で運んできた砂や泥、塵埃などが必ず時間経過でグリースに付いて混ざり砂入りのグリーリースに成っているのが現状ではないでしょうか。 僕は、グリーリースをウエスで拭き取り、シリコン系のスプレーを塗布しています。 異物付着が無くて、見た目はとても良いし、滑りも何の問題も起きていません。 外側ガイドレール清掃メンテナンス 外側のステンレス製のガイドレールも、外のため砂や泥、塵埃などが必ず付着してしまします。 それを気づかずに開閉を繰り返すとローラーに砂が噛み表面が傷つき、違和感のあるゴツンゴツンとしながらスライドするように成ってしまいます。 どうしても気になるような違和感がある場合は、ヤスリで削るか交換に成ります。 メンテナンスとしては、常にレールを綺麗に掃除して、同じくシリコン系のスプレーを塗布します。 特に気をつけるヶ所は、前方のスライドドアとの間、直近のレールがカーブしているヶ所に、異物が付着し易いので、こまめにその箇所はチャックして掃除、スプレー塗布します。 異音対策上側 異音の調整方法ですが、ハイエースのスライドドアの調整用は上の方にあるキャッチャー1ヶ所を前後にボルトを緩めスライドして調整します。 (室内側又は、外側へ) 内側にアジャスト(スライド)するときつくなりガタが無くなる方向です。 あまりきつくし過ぎないように、少しずつずらしたほうが良いと思います。 きつすぎると、キャッチャーのスライドスリッドのガイド用ピンが折れて、一点支持のボルトでは、回転してしまい、密着しなくなります。 経年劣化でも折れます。 新品と交換を要します。 社用車で説明します。 左側スライドドアのキャッチャーをアジャストしているところです。 正常なキャッチャー スライドドア下部調整 少しずつ調整してくださいね。 反対に堅すぎて(当たりがきつくて)違和感がある場合は、元に戻す作業をします。 あとがき DXには、標準でスライドアイージークローザーの設定がないため、勢いよく締めないと半ドアになり、締め直しなど負担が掛かりすぎが原因かと思われます。 スライドドアの異音でお悩みの、200系ハイエースのオーナーの皆様、試してみる価値はあると思います。 また、異音が出ていなくても、調整した方が良い場合があります。 ピラーとスライドドアの出方が、フラットかスライドドアが少し奥が理想です、時々スライドアが外に出ている車両があります。 上側のキャッチャーの調整で容易に出来ます。 合わせて見直してはどうでしょうか。 関連記事 バックドアの内側にについている紐状のバンドで引いて自分の腰の高さほどで、バックドアの下の方に持ち替えて押すようにして閉じます。 すると必ずと言っていいほど半ドアになります。 同型のオーナーや使用者は、経験していると思います。 下のリンクは後付のイージークローザーを取り付けた記事です。

次の

【レビュー】子供のドア開け対策!ドアノブストッパーで寝室脱走防止|ふーたいむ

スライド ドア ストッパー

そのため狭い駐車場などでも利用しやすい特徴があります。 そして、このスライドドアを電動にすることで 自動化したものがパワースライドドアと言います。 他にはトヨタ・アイシスではパノラマオープンドアという言い方になったり、ダイハツ・タントではミラクルオープンドアという呼称をとる場合もあるんですね。 また、給油口がスライドドア側にある場合、ドアが塞いでしまうので、給油口が開いている時はスライドドアが被らないように ブロックするストッパーが必ず装備されているのも特徴です。 スライドドアの故障で多い原因は? 電動スライドドアは突然動かなくなってしまう 故障が一般的なドアに比べて多いです。 なぜかというと、電動化するために搭載されるモーターなどの部品が使われていたり、スライドドア特有のワイヤーが原因になるなど、一般的なドアに比べて 作りが複雑になっているためです。 車は長い人で5年~10年以上乗る方も多いですから、一度はスライドドアの故障を経験をするかもしれません。 下記ではよくある原因をまとめていますので参考にしてみてくださいね! 原因1 モーターが故障している トヨタ車の定番故障きました。 スライドドアが開かないというもの。 ドアロックのリリースモーターの不具合だけど、単体での提供はなし。 Assyでの提供のみ。 部品代40,000円前後+工賃。 これで治ればいいなぁ。 そしてモーターが焼き付いてしまったり、なんらかの理由で故障してしまうとスライドドアを開閉する事が出来ません。 また、ドアが全く反応しないわけではなく、少しだけ反応があるけどスムーズじゃない場合やぎこちない動きをしている時も、モーターに原因がある可能性が高く、完全に動かなくなってしまう前兆でしょう。 モーター故障の修理費は? モーターの故障となるとモーターの交換が必要になりますから、修理費は7万円~が相場となっています。 ただし、新車購入時や中古車でも保証期間内なら無料で修理をして貰えます。 スライドドアの故障は間違いなく保証の対象内ですので、保証期間内に症状が現れていれば素早く対応してもらいましょう。 このスイッチがOFFになっているとスライドドアが電動で開かず手動モードになってしまっているんですね! 実は 知らない間にスイッチをOFFにしている方も多く、故障したと思ってディーラーに持っていくと、スイッチがOFFになっていただけというケースも多いそうです。 ディーラーに持っていって気づくのでは時間がもったいないですから、まず確認してみると良いでしょう。 車内から開かない場合 車内から開かない場合は、チャイルドロックシステムが作動している場合もあります。 子供が中からドアを開けてしまう防止システムですが、こちらも何かの拍子に作動している場合がありますので、スライドドア付近にあるチャイルドロックのON・OFFを確認してみてくださいね。 ちなみに、チャイルドロックが原因の場合は、外から開ける事は出来るのでこのような症状なら可能性が高いです。 原因3 給油口が開いている場合 こちらもスイッチが気づかない間にOFFになってしまっているのと同様に、 システムの故障ではなく給油口が開いていてスライドドアが開かない場合です。 全ての車がそうではありませんが、スライドドアと給油口が同じ側にある場合、給油口が開いている時は妨げにならないよう、 ストッパーが作動しスライドドアが完全に開かないようになります。 この給油口が開いているため故障と勘違いして、ディーラーに持ち込む方も多いそうなので確認してからにすると良いでしょう。 モーター音は聞こえてもスライドドアの動きに反応がない場合は可能性が高いと言えます。 長年乗っていると ワイヤーは経年劣化をするので、そのまま切断してしまうケースは多いんですね。 ワイヤーが切断している時の修理費は? ワイヤーの修理は切断されたワイヤーのみを交換する事ができず、同時にモーターも交換しなければならないケースが多いです。 この場合は部品代と工賃合わせて7万円~の修理費になってしまう可能性があります。 原因5 スライドドアの変形 基本的に日常で乗っている場合は、スライドドアが変形したり車のフレームに歪みが起こる事はありませんが、事故を起こしたり強い衝撃が加わると変形してしまいます。 スライドドアの開閉の際にどこかが変形、歪んでいるとそこが抵抗になってスムーズに開ける事ができません。 一般の方が修理するのはほぼ不可能ですから、ディーラーなど専門業者に委託しなければなりません、 スライドドア変形の修理費は? スライドドアの変形や、フレームの歪みの場合、 フレーム修正というかなり大がかりな作業が必要になりますので修理費は非常に高額です。 スライドドアをそのまま交換するか、車のフレームも修正するのかで金額差がありますが、部品代・塗装費・工賃が掛かりますので20万円以上は覚悟しなければなりません。 もしも非常に高額だった場合は、乗っている車の価値を検証し、 新しく中古車を購入したほうが経済的なケースもありますので検討するのもありかと思います。 スライドドアが故障したら手動にするのはアリ? もし電動スライドドアが故障してしまった場合、7万円以上の修理費となってしまう事も多く、 保証期間内でなければ実費になるので悩みどころです。 この時、電動機能を無くして手動のスライドドアとして対応すれば、高額な修理費は払わなくて済むのでは?と考える方もいますよね! これは問題ない選択だと思います。 ただし、ワイヤーが切れている故障の場合はスライドドア自体が動かないので手動にする事が出来ないので、モーターが原因の場合に限るので注意が必要です。 手動にする場合は、運転席周辺のスイッチをOFFにするか、もしくはモーターの配線を切断することで手動化する事が可能になります。 おそらくディーラーでも作業をしてくれると思いますが、ディーラーで断られた場合は他の専門業者に事情を説明すれば簡単に作業してくれるでしょう。 スライドドアの故障・手動に対する口コミ・感想 プジョー・1007 ありそうで無かった両側電動スライドドアのみの2ドア小型トールワゴン。 ある意味クーペ。 4人乗りとか意外と走ったりな変態好みの車。 残念ながらこれ一代で終わってしまった。 モーター取り換えで10万円だとさ。 誰が換えますか。 昔はみんな手で開閉していたもんさ。 便利だけど不要なものってあるんだな。 いろいろ挙げるとキリがない。 — 鶴丸 libramori 口コミを覗いてみると、スライドドアの故障に対して、頻度が高く不便と感じている声が少なからずある事がわかります。 やはりシステムや構造自体が複雑になったり、 使うパーツが増える事で故障が増えてしまうのは仕方のないことです。 手動ドアよりも自動ドアの方が 開口スペースを広く取れるメリットもあるので、例え手動だとしても重宝してる方もいらっしゃるんですね! スライドドアの故障・手動のまとめ 今回は、スライドドアの故障や原因と手動化についてご紹介していきました。 スライドドアの故障は、モーターやワイヤーが原因である可能性が高く、 その場合は修理費が7万円~掛かってしまうケースが多いです。 また、フレームの歪みや、スライドドアの変形による故障の場合は、20万円~する事もある高価な修理になります。 電動スライドのために部品の数が多くなっている分、仕方のない事ですが、修理費をどうしても払いたくない場合は 手動のスライドドアに思い切ってするのもアリかもしれませんね! ただしワイヤーが切れてしまった場合は、手動化もできませんから、この機会に他の車への乗り換えも視野に入れながら検討してみると良いでしょう。 最後まで読んで頂きありがとうございました!.

次の

200系ハイエーススライドドア異音対策とメンテナンス方法

スライド ドア ストッパー

猫がスライドドア(引き戸)を開ける理由 爪が入る隙間があれば開ける! 一度でもスライドドア(引き戸)が開くことを知ってしまうと、猫はいくら飼い主が注意してもドアを開けてしまいます。 猫がドアを開けるイタズラを止めないならば、 ドアが空かないように対策を取るしかありません! そもそも、 猫が引き戸を開けることができるのは、 爪が引き戸の隙間に入るからです。 小さな隙間でも、爪さえ入ってしまえば猫の好き勝手し放題なのです。 爪が入る小さな隙間をガリガリと引っ掻いていくうちに、隙間が大きくなり…ドアは開いてしまいます。 我が家には、 重たいふすま・軽いスライドドア(引き戸)があります。 軽いスライドドア(引き戸)は、爪でガリガリすると簡単に開きます。 重たいふすまは、ガリガリしても開くことはありません。 しかし、猫は諦めないので ガリガリ…ガリガリ…爪でドアを傷つけてしまいます! ドアを開けられるのは困りますが、ドアが開かずに傷を付けられるのも困ってしまいます!! スライドドア(引き戸)を開ける猫への対策 スライドドア・引き戸を撤去する(賃貸におすすめ) 我が家は、 なるべくスライドドア(引き戸)を設置しないようにしています。 なくても困らない場所の引き戸を外す• 押入れの引き戸を外す ドアがなくても良い場所なら、撤去しちゃいました。 なるべく、引き戸の数を減らしています。 そうすることで、猫がドアを無駄に傷つけません。 もちろん 賃貸なので、外したドアは保管しておく必要があります。 我が家は、家具の後ろなどにドアを横にした状態で保管しています。 引き戸で脱走防止したいなら「2重扉」にする 一番良いのは、スライドドア(引き戸)の前にもう一枚ドア(脱走防止の扉)を設置する方法だと思います。 防止扉があれば、猫はスライドドア(引き戸)を触ることもできません。 ドアが2重になるので、脱走防止にもなりますし。 「ねこ工房」は、賃貸でも設置できる扉を販売しています。 値段も市販品と変わらないので、きちんとした扉を買うならオススメです。 また、飼い主側が2重のドアを開けるのが面倒になってしまうかもしれません。 (「ねこ工房」の脱走防止扉は、玄関の手前・廊下に設置するのがおすすめです。 ) 【猫の引き戸対策】カギを付ける ドアが開かないようにするためには、カギを付けるのも有効な手段です。 猫がいくら爪で隙間をこじ開けようとしても、カギがあれば開くことはありません。 以前住んでいた家は賃貸じゃなかったので、簡易的なカギを付けていました。 シンプルなカギですが、ドアを傷つけて設置する必要があります。 ドアが傷付くだけでなく、このカギは片方からしか出入りできません。 住人が部屋を行き来したい場合、カギは不便かもしれませんね。 賃貸で鍵を付けるのは難しい… 【猫の引き戸対策】ストッパーを使う…賃貸向け カギを設置するのが難しい場合は、 傷付けずに設置できるストッパーが便利です。 スライドドア(引き戸)の隙間に挟むだけで、ドアを開けることができなくなります。 猫が触れない場所に挟むだけなので簡単です。 ただ、 ロックしてしまうとドアの外側から開けることはできないのが不便な点かも! 家族に「開けて~!」と申告して、ストッパーを外してもらう必要がありますね。 【猫の引き戸対策】DIYでフェンスを作る…賃貸向け 猫がドアの隙間に爪を入れなければ、ドアが開くことはありません。 なので、我が家では ドアの前にフェンスを置くことにしました。 引き戸を開けないようにすることだけではなく、ドアを傷つけないための対策でもあります! 簡単にDIYで作ったフェンスがこちらです。 これだけで、猫はスライドドア(引き戸)を開けることができなくなりました! ドアの隙間に爪を入れることができないので、どうやってもドアは空きません。 突っ張り棒を、引き戸の手前に立てます。 猫が体重をかける可能性があるので、しっかりと突っ張ってください。 突っ張り棒に、ワイヤーラック(フェンス)を結束バンドで固定していきます。 うちの猫も、隙間から手をいれて爪で開けようと…もがいていました…。 なので、下のフェンス部分は 猫が手を入れる高さの部分にフェンスを足して、目を小さくします。 (少しフェンスをずらし、 フェンスの穴が小さくなるようにするイメージ) 分かりますか?フェンスの目を小さくするためにズラしています。 見た目が悪くなるので、本当ならば目の細かいネットなどを貼ると良いんでしょうが…面倒なので。 完成です。 簡単ですよね。 見た目は良くないんですが、この フェンスがあるだけで猫は爪を立てられなくなりました。 ほとんどの場合、猫は体をゴロンと横にして爪を差し込み、無理やり引き戸を開けようとします。 なので、フェンスがあると、隙間に手を入れられても自由に動かすことはできずにドアは開きません! 玄関からの脱走防止ドアも突っ張り棒でDIYしました。

次の