ヘイムダル オレカ。 モンスター烈伝 オレカバトル

オレカバトル:新5章 北欧神話 ハイブリッドな脳筋トール とアスガルドの愉快な仲間達

ヘイムダル オレカ

こんまいのゲーム、モンスター列伝オレカバトルに出てくるモンスターの一体、ヘイムダル(しかもさすらい)の非公式botです。 こちらのアカウントは公式とは一切関わっておりません。 そして永遠に試運転です。 随時更新。 さすらいのヘイムダルは2時間にランダムで一回ボソッと呟きます。 呟きじゃないときもあります。 呟きは少し女性向けかもしれません。 公式台詞をしゃべる時もありますが、ほとんど私設定な呟きが多いです。 深夜の12時~7時の間はみんなが寝静まる頃なので空気を読んで静かにしてます。 というか寝てます。 その間は何も呟きはしませんがリプライは反応します。 フォローバックは手動。 その際、プロフィールや呟きなどオレカにまったく関係してないような雰囲気のアカウントにはフォローしない形にしますのであしからず。 bot同士のフォローですが、事前にこちら【 】へリプやDMなどで一声お願いします。 飽きたら絶対リムーブではなくブロックでお願いします。 なお、タイムラインから拾って返信はしません。 出るコマンドによって今日の運勢を占ってみるなど遊んでください 一応ですが多少言葉のブレは対策しています。 昼夜を問わず遥か遠くまで見通せる眼と、芝が伸びる音や葉が落ちる音まで聞き取れる耳を持ち、また一切の睡眠を必要としない(当アカウントは寝ちゃってます)。 このため神々の世界アスガルズと人間の世界ミズガルズを繋ぐ虹の橋「ビフレスト」を監視する役目を請け負っていて、ビフレストのたもとにあるヒミンビョルグ(「天空の山」の意)という館に住んでいる。 角笛ギャラルホルンの持ち主で、普段は世界樹ユグドラシルの根元にあるミーミルの泉に隠してある。 巨人の軍勢がビフレストを渡り攻めてくるのを見つけるとこれを持ち出して吹き鳴らし、神々に最終戦争ラグナロクの始まりを告げる。 その後の戦いでは、巨人側についた奸智の神ロキと戦って相討ちになると予言されている。 オーディンの息子(養子とも言われる)であり、9人の母から生まれたとされる。 グルトップという黄金の前髪を持つ馬を飼っていて、バルドルの葬儀の際はグルトップに乗って出向いたという。 【ニコ百科引用】.

次の

オレカ北欧神組BOT(@hokuousinbot)のプロフィール

ヘイムダル オレカ

5章『氷劇の海域』 オレカバトラー 昨今はヒーローバンクの事ばかり書いてなにが「くるめろとは違う烈伝」だよ、とお怒りの皆様、こんにちはくるめろだよ。 いや違うんですよ、ヒーローバンク・アーケードが終わっちゃいそうなので致し方かなったのだ。 隣で点滴受けながら脈拍のモニターの波長がピコーン…ピコーン… ピーーー! …ピコーン…と日々微弱になって行くヒーローバンクを尻目に今日も元気モリモリでドS変化を叩きつけてくるパンドラを相手にできるほど僕のメンタルは強くなかった。 でも、やっていたんですは。 ヘイムダル 個人的にハイパークールでずっと気になってはいたがその技の多様さから「育成が辛そう…」とノータッチだったヘイムダル。 検索能力の低い僕がWEBにて調べてみても「こうすれば…いいんじゃない…?たぶん…」と皆様このヘイムダルのに手を焼いているようであり、ならば育ててやろうじゃないか!と元来の天邪鬼がバースト。 昨今のアレス連れ回しに同行させていた。 こうげき・こうげき! ・ドレイン! 日頃から全開であり、さらにヘイムダルはカッコイイからできればヘイムダルをアタッカーにしたい。 なのでEX系のサポート技ではなく、3リールの「魂を狩る笛」を目指すような相変わらず自由すぎるコマンド育成を行ってみた。 技だが• ミーミルの笛 発動後、味方行動+2、敵行動+1と誰かが動く度に自軍のEXが加算されていく。 ターン経過によって増加量も増える。 発動後は攻撃を受けるまで吹き続ける。 (が、ヘイムダルは笛を吹いているので行動不可)• こちらもター経過によってダメージ値が増加し続け、攻撃を受けるまで止まらない。 (が、ヘイムダルは笛を吹いているので行動不可)• EX 終焉を告げる笛 発動後、敵のEXを減らし、自軍のEXゲージを満タンに。 ヘイムダルが笛を吹き続けている間はこの状態が延々と続く。 (が、ヘイムダルは笛を吹いているので行動不可) のヘイムダルを輝かせるために このヘイムダル。 とにかくNO MUSIC NO LIFE状態で、専用の~の笛は 発動後は誰かに邪魔をされるまでその自慢の笛演奏をやめる気がないというぶりだ。 とは言え、その技はどれもかなり優秀。 しかしながら全体的に低めに設定されたステータスのせいかその能力も生かし切れずにマジでNO MUSIC ,NO LIFE(演奏もできずに退場)してしまうことが多く、ヘイムダルのロックなリサイタルを誰にも邪魔させないためにそれ相応の対策が必要となってきそうだ。 と はという最終戦争で1つの終末を迎える。 このはでいうとこのハルマゲドンのようなもので、光の神とされるヘイムダルはこの神々が住む「」という世界を見守る番人であり、この終末:の訪れの際に彼の持っている角笛「」で警笛を鳴らす役割を果たしていたようだ。 そして狡知の神ロキの背信によりが訪れ、北欧の神々は自らの領地であるに攻め入ってきた巨人達と戦う。 オレカに登場するキャラクターはこのの中で• は前に備え勇敢な死者の魂をヴァルハラへと迎え入れ• の主神となるはロキの子であるとの戦いで丸呑みにされ• そのはの息子に真っ二つに裂かれ• 雷の神トールはこちらもロキの子であるヨルムンガルドという毒蛇と戦い、大槌で叩き潰すも毒を負い相打ちへと なっているそうで、ヘイムダルはにてをアースガルズに伝えた後に、ロキと対峙し相打ちとなっている。 そもそもロキはこのでへと攻め込んだ巨人族の血を引いている複雑な神なようで、においても迎え入れられたを裏切り巨人族の陣営へ付くなどぶりを発揮している。 こうして見るとロキ強えーー! オレカでのチートぶりも納得。 ちょろっと調べただけでもは相当ぶっ飛んでいて、それでいて壮大な物語であり興味が湧いてくる。 にて全ての神々が死に世界は大海に沈み、また再生を繰り返すというラストも壮大。 僕らバトラーが のパンツが見えそうとか、 あれはパンツじゃないからセーフ!等と言った論争に興じているのが悲しくなるほどに壮大だ。 ヘイムダルとロキの逆転 ヘイムダルを育成していく中で、あるポーズがどうしても頭に残ってしまい、さらに神話の世界で戦ったとされるロキがEXにて証言台へと立つ事で完全に分かってしまった。 彼等は裁判で戦ったに違いない。 / って、なんかこの二人のポーズとか何だかぽいよね?当然ながら全て嘘なのでダマされるなよ!.

次の

オレカバトル:新5章 北欧神話 ハイブリッドな脳筋トール とアスガルドの愉快な仲間達

ヘイムダル オレカ

こんまいのゲーム、モンスター列伝オレカバトルに出てくるモンスターの一体、ヘイムダル(しかもさすらい)の非公式botです。 こちらのアカウントは公式とは一切関わっておりません。 そして永遠に試運転です。 随時更新。 さすらいのヘイムダルは2時間にランダムで一回ボソッと呟きます。 呟きじゃないときもあります。 呟きは少し女性向けかもしれません。 公式台詞をしゃべる時もありますが、ほとんど私設定な呟きが多いです。 深夜の12時~7時の間はみんなが寝静まる頃なので空気を読んで静かにしてます。 というか寝てます。 その間は何も呟きはしませんがリプライは反応します。 フォローバックは手動。 その際、プロフィールや呟きなどオレカにまったく関係してないような雰囲気のアカウントにはフォローしない形にしますのであしからず。 bot同士のフォローですが、事前にこちら【 】へリプやDMなどで一声お願いします。 飽きたら絶対リムーブではなくブロックでお願いします。 なお、タイムラインから拾って返信はしません。 出るコマンドによって今日の運勢を占ってみるなど遊んでください 一応ですが多少言葉のブレは対策しています。 昼夜を問わず遥か遠くまで見通せる眼と、芝が伸びる音や葉が落ちる音まで聞き取れる耳を持ち、また一切の睡眠を必要としない(当アカウントは寝ちゃってます)。 このため神々の世界アスガルズと人間の世界ミズガルズを繋ぐ虹の橋「ビフレスト」を監視する役目を請け負っていて、ビフレストのたもとにあるヒミンビョルグ(「天空の山」の意)という館に住んでいる。 角笛ギャラルホルンの持ち主で、普段は世界樹ユグドラシルの根元にあるミーミルの泉に隠してある。 巨人の軍勢がビフレストを渡り攻めてくるのを見つけるとこれを持ち出して吹き鳴らし、神々に最終戦争ラグナロクの始まりを告げる。 その後の戦いでは、巨人側についた奸智の神ロキと戦って相討ちになると予言されている。 オーディンの息子(養子とも言われる)であり、9人の母から生まれたとされる。 グルトップという黄金の前髪を持つ馬を飼っていて、バルドルの葬儀の際はグルトップに乗って出向いたという。 【ニコ百科引用】.

次の