ちょん。 バカチョン

バカチョン

ちょん

8です。 戦後、朝鮮半島は日本の実効支配から解放されました。 ご存じの通り、韓国では、戦後40年以上の長きにわたり反日教育を続けてきました。 徹底した反日教育を受けた子供達も、成長し社会に出て活躍を始めます。 当然、韓国の若者達は「日本人は悪人」だというイメージを持っています。 彼らの発言や行動は反日的です。 韓国も経済復興し、世界中の様々な場所で活動することになるわけですから、悪口も日本人にも伝わってきます。 お隣の国が、日本に対し悪口罵詈雑言を並べ立てる以上、仲良くできるわけありません。 有名なところでは、故本田宗一郎氏の「韓国人とは関わるな」発言があります。 アジアの小国「日本」は、戦後、破竹の勢いで成長しました。 アメリカに次いで、世界第二位の経済大国に発展しました。 アジア諸国への技術支援のという事で、昭和40年代前半に本田技研の創業者、本田宗一郎氏が、台湾と韓国へ技術支援に行きました。 暫くして、台湾から、「日本と同じものが作れるようになりました。 是非見に来てください!」と、嬉しい連絡が入りました。 そして暫くして韓国からも連絡が連絡が入りました。 我ら韓国でも「日本と同じものが作れるようになりました。 もう来なくてもいいです。 日本は、技術国、工業国です。 この無礼な態度は、バイク、自動車、エンジンなどの産業に関わる人を中心に、日本国民の知ることとなりました。 日本人の韓国への嫌悪感が当然アップするのも当然のこと。 日本人の昔を知らない世代のでは「チョン」と言う響きが、相手をバカにするのに、ちょうど良かったのだと思います。 その結果「チョン」は、めでたく差別語の仲間入りとなりました。 「チョン」は明確な差別用語です、その起源はともかく現在は朝鮮人を貶めて呼ぶ時(当然ですが)にのみ使用する単語ですね。 何故なら朝鮮人相手に面と向かっては決して言えない言葉であるというのがある程度それを証明しているのではないでしょうか? 昭和40年代初頭には既に普通に使用していましたが、当時一般庶民には韓国・北朝鮮という線引きは曖昧であり、朝鮮人・チョンと総称しておりました。 尚当時の朝鮮部落の不潔さはフィリッピンやタイのスラムもびっくり、筆舌に尽くし難いものでして母親から決して近づくなと厳命されたものです。 因みに両親共に朝鮮人の子供を「純チョン」、片親のみ朝鮮人の子供を「半チョン」と呼んでいました。 昔(昭和40年代)は、朝鮮半島出身者を「チョン」や「チョンコ」と呼んでいました。 ですが、侮蔑する意味ではなく、ご近所さんや仲間として親しみを込めて使っていました。 朝鮮から来た人々だから、朝鮮子、チョンコ、チョンと変化しただけの事です。 だから、現在65歳代以上の年齢層の方々には、チョンやチョンコという呼び名に、相手を卑下するような気持ちは無かったのです。 沖縄の人が、内地の人と呼ぶのに近い感覚だったと思います。 先の大戦時、軍部により「日本国民の方が、大陸の民よりも優れている」と戦争教育を行ったことが原因だと思います。 この、大日本帝国の国民優性論は、同盟国ドイツの指導者、アドルフヒトラー「我が逃走」の思想が、軍部に利用された(反映された)モノだと思います。 蛇足ながら、ヒトラーはアーリア人至上主義に基づいた「アーリア人以外をドイツに入国させない」といった政策を強く押し進め、ユダヤ人を迫害するする事に繋がって行くわけです。 その為、放送局の放送倫理や新聞社の社内規定等では、差別用語として使用していません。 私の記憶では、小さい頃、クラスの当該の子供に対し通名を言わずに「チョン子」「チョンヤン」と読んでいた。 また、我々日本人を米国人が「ジャップ」「イエローモンキー」と読んだり、我々が「ケトウ」「はげたか」と言ったり、中国人を「シナ人」「チャンコロ」と言うのも差別や嫌悪感を表す点で同じです。 友好関係や交流をする上で、相手が嫌がる差別用語だと思っている言葉は双方で使わない事が最低限のマナーやエチケット、誤解によるトラブル防止の基本だと思います。 Q 今年で21才になりますが、自分の起源がどこにあるのかわかりません。 今まで運転免許を取ったり、引っ越ししたり、分籍をしましたが、特に苦労したことはありませんでした。 それに親からも在日外国人の家系である、というような事を言われたことはありません。 しかし確実に、ここ数世代のうちに、外国人が混じってはいない、という確証がありません。 ということで自分が在日外国人の流れをくんでいるか調べたいです。 この場合、どのような手段を取ればいいのでしょうか? 自分の本籍地で戸籍謄本 全部証明 を取れば両親のこともわかるのですか? 母親の祖母が在日で帰化していた場合、その事はどの世代まで表記されるのでしょう? ちなみに私は両親の戸籍から分籍 転籍 しており、本籍は東京ですが、出身および両親の本籍は大阪です。 また在日がどうのという質問に非難が集中している様子を見ることがありますが、 まぁ私のアイデンティティを明確化させたいだけですので、今回はご容赦ください。 日本生まれの日本育ち、ここ数世代の直系は全員日本人の日本人!と、 日本生まれの日本立ち、でも曾祖母は朝鮮人だから87. 今年で21才になりますが、自分の起源がどこにあるのかわかりません。 今まで運転免許を取ったり、引っ越ししたり、分籍をしましたが、特に苦労したことはありませんでした。 それに親からも在日外国人の家系である、というような事を言われたことはありません。 しかし確実に、ここ数世代のうちに、外国人が混じってはいない、という確証がありません。 ということで自分が在日外国人の流れをくんでいるか調べたいです。 この場合、どのような手段を取ればいいのでしょうか? 自分の本籍地で戸籍謄本 全部証... A ベストアンサー ・コリア系の帰化人には 『沢=澤・浜=濱・斎、斉=齋、齊・辺=邊、邉・薮=籔、藪・塩=[旧字、パソコンでは出てこない…]など』の旧字体漢字が使用できません。 『渕、蔦 、[旧字体](高)など』も使用できません。 朝鮮人の方々が日本に渡って来だしたのは明治43年頃の韓国併合のときから(鎖国解除後の42年までの間はせいぜい年に0~20人程度)。 明治43年から太平洋戦争が終わるまで韓国併合政策により在日朝鮮人はもとより、朝鮮半島にいる朝鮮人まですべて大日本帝国臣民扱いで法律上、外国籍ではなかった(両者とも本籍は半島にある)。 昭和20年の終戦を迎え在日の多くは半島に帰国しましたが、日本に残ったり、また朝鮮から戻ってくる人達もおりました。 明治時代から昭和26年までの間に朝鮮より日本へ渡って来た朝鮮人達は昭和27年にそれまであった日本の国籍を失って正式に外国籍となる。 そして、在日朝鮮人の日本国への帰化が始まったのも昭和27年。 古来からの日本人家系なら苗字漢字に制限なく明治時代からの苗字漢字を継続できます。 在日朝鮮人の帰化が昭和27年に始まり、名前の漢字制限(上記)は昭和23年に始まってますから、朝鮮籍、韓国籍から日本に帰化した者は旧字体漢字で帰化するチャンスがなかったんです。 簡単な調べ方としては『住民票』での苗字名前漢字が旧字体で表記されてるなら明治時代からの日本人家系。 新字体ならば、 「戦前の家系状況が分かる戸籍みせて」と役所に言ってみること。 戦前の家系状況が記されていて朝鮮人を思わせる記述がなければ日本人。 戦前の家系状況が分かる戸籍を見せてくれない場合や戦前の戸籍が日本以外にある場合は帰化人だと判断できます。 戸籍取得方法は先に回答されてる方法をやるといいでしょう。 ただ、例え純粋な日本人でなかったとしても質問者さんが日本が大好きで在日の方々のように反日感情を露わにされるのが不快に感じるなら、心はちゃんと日本人ですよ。 …私も可能性はあるかもしれないんで経済的に余裕が出来れば戸籍を追ってみたいです。 以上、参考程度に ・コリア系の帰化人には 『沢=澤・浜=濱・斎、斉=齋、齊・辺=邊、邉・薮=籔、藪・塩=[旧字、パソコンでは出てこない…]など』の旧字体漢字が使用できません。 『渕、蔦 、[旧字体](高)など』も使用できません。 朝鮮人の方々が日本に渡って来だしたのは明治43年頃の韓国併合のときから(鎖国解除後の42年までの間はせいぜい年に0~20人程度)。 明治43年から太平洋戦争が終わるまで... Q バカチョンは差別語か という質問がありましたが、チョンガーは差別語でないですよね 7,8年前、日韓関係がまだ良好の頃に初めて韓国の済州島に行きました 15人ほどの小人数のツアーで私は夫婦で参加しましたが男は私一人で肩身の狭い旅でした この旅で、食事のたびに現地のガイドは韓国では普通、キムチは食べ放題だから遠慮なく 【チョンガー】を呼んで追加してもらってくださいと言いました 『チョンガーは独身男性の事で、日本語でも同様な意味で使うでしょう? 』とのことでした ここで、質問ですがチョンガーのチョンとバカチョンのチョンは別語源なのでしょうか 三度韓国に行きましたが、韓国人形態を知ってしまった今は、もう二度と行うと思わないのですが 参考までに知りたいと思います A ベストアンサー 「1. 日本におけるモダン語の一つで、未成年者や独身男を意味する[1]。 朝鮮語からの借用語[1]。 大韓帝国においては、未婚者はチョンガーと呼ばれ、非常に軽蔑されていた[2]。 総角の朝鮮語読み。 「チョンガッ」 총각、chong-gag とも表記される。 昔の 朝鮮で未婚の男性が結っていた髪型で、1. の語源だとする説がある。 wikipedia. Q 在日韓国人です。 日本で生まれて日本で育ちました。 現在は大学生で、小学校、中学校、高校すべて日本の学校です。 名前は通称名です。 韓国へは旅行でしか行ったことがありません。 反日教育なんて受けていませんし、考え方などは日本人そのものだと思います。 韓国の文化や歴史など、全く知りません。 そういう家庭で育ったというべきでしょうかね。 私は、在日韓国人は日本人とあまり変わらないと思います。 (日本人の方、不愉快に思われたらすみません。 ) なぜ在日が嫌われるのかが理解できないです。 在日でも、中には、様々な教育を受けてきた方もいるかとは思いますが。 私のような、日本の教育を受けてきた在日韓国人を皆様は嫌いますか? また、どう思われますか? (在日を厳しく批判するような回答は一切お断りします。 ) A ベストアンサー 政治思想は、下記のXY軸に表す事が出来ます。 リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。 seesaa. html 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共和党政策が旧保守主義 右派リバタリアン で、それ以後を新保守主義 ネオコン といい保守と名乗っていますが、実態は左派リバタリアン 左派が保守に転換し、現状を保守する為に革新的手法 戦争など過激な改革を許容する を執ると言う主義 です。 自由主義の反対となる統制主義も左派だと共産主義や社会主義、比べると右派に成るイギリスの「ゆりかごから墓場まで 高福祉政策 」などが有ります。 簡単に言うと、積極的に変えようとするのが左派で、変わらないように規制するのが右派です。 そして変える方向 変えない方向 が自由か統制かで分類できます。 日本には明確に保守を謳う政党が無いので、イメージがわき難いのかも知れませんが…。 自民・民主党は中道で、共産党は左派統制主義ですから…。 政治思想は、下記のXY軸に表す事が出来ます。 リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。 seesaa. html 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共... Q 仕事で韓国と交流を持つようになって約20年になります。 現地では親友も多くいます。 ただ、在日の人とは縁がなく実態はよく知りませんでした。 漠然と強制連行で無理やり連れて来られた人たちと、その子孫というイメージを持っていたのですが、全くのウソだったようです。 私の質問 NO. 973587 をご覧頂けるでしょうか。 本国にいる韓国人の在日に対するイメージは、実は極めて悪い事を知って驚きました。 つまり 「在日の人間は韓国人を名乗りながら、戦争の時にも兵役が免除され日本でヌクヌクと生活していた。 それに本国政府に税金などビタ一文も納めず全く国家に貢献していない。 何が僑胞か」 ともらしていました。 また在日の人で、韓国語を話せる人は本当に数少ないようです。 そのうえ在日の人が本国を旅行すると日本人と同じような態度で接するとか言っていました。 結構、感情のギャップを第三者として感じました。 そこで質問なのですが、外国に居住して本国には永遠に戻るつもりがなければ、その国の国籍を取得するのが普通ですよね。 いわゆる移民というものになると思います。 選挙権も取得できますよね。 ところが日本国内で在日韓国・朝鮮人の人口は65万人にもなるのに、依然として本国の国籍にこだわるそうですが、なぜでしょうか? 帰化しない事に何かメリットはあるのでしょうか? ただ素行不良などで帰化が許可されない人は別ですが ・・・ アイデンティティーが大事と言うのであれば、本名を名乗り、最低、本国の言葉くらいは話せて、日韓の架け橋になるくらいの意気込みがあって当然と思いますが、どうも違うような気がします。 何となく在日である事は隠しながら生活しているのに、逆に韓国・朝鮮籍にこだわっているような矛盾と言うか、感じます。 あと、本名を名乗ると何か 「法的・公的」 な差別がまだあるのでしょうか? 仕事で韓国と交流を持つようになって約20年になります。 現地では親友も多くいます。 ただ、在日の人とは縁がなく実態はよく知りませんでした。 漠然と強制連行で無理やり連れて来られた人たちと、その子孫というイメージを持っていたのですが、全くのウソだったようです。 私の質問 NO. 973587 をご覧頂けるでしょうか。 本国にいる韓国人の在日に対するイメージは、実は極めて悪い事を知って驚きました。 つまり 「在日の人間は韓国人を名乗りながら、戦争の時にも兵役が免除され日本でヌクヌク... A ベストアンサー まず、民族的アイデンテティーは強い理由です。 その強い民族主義を構築しているのが民族教育です。 在日コリアンは在日韓国人より在日朝鮮人が圧倒的に多いです。 在日朝鮮人は朝鮮総連=北朝鮮系で、今でも子供のときから朝鮮人学校で強力な民族教育を行っています。 それは、大変特殊で強力なもので、他のインターナショナルスクールのように日本の学制に於ける小・中・高校への編入が認められないほどのものです。 また、生活環境も理由の一つです。 そのようにして学校を卒業した後は在日朝鮮人のネットワークを利用しながら様々なビジネスの機会が開かれています。 日本人に帰化しない事により、日本人社会のサービスと朝鮮人特有のネットワークの双方がストレス無く利用できるわけです。 それであまり、わざわざ日本国籍を取得するメリットは無いかもしれません。 また、在日朝鮮人は歴史的経緯のために今でも他の外国人に比べると特権的な待遇がなされており、今後、強力に働きかけている民族学校の日本の学制上の小・中・高校への認定や選挙権が認められればなおさら帰化する理由は少なくなります。 在日韓国系は日本においては余り韓国人ネットワークが朝鮮系ほど強力ではなかったのでメリットが少なく、帰化するケースは比較的に多いと聞いています。 確かに在日韓国人は祖国へ兵役の免除や納税の免除と言う特権を受けているので、ladybegoodさんの言うような非難的感情を持っている人はいるようです。 在日朝鮮人の場合は北朝鮮を財政的に支えるなくてはならない立場にいるので、少し状況は異なるかもしれません。 まず、民族的アイデンテティーは強い理由です。 その強い民族主義を構築しているのが民族教育です。 在日コリアンは在日韓国人より在日朝鮮人が圧倒的に多いです。 在日朝鮮人は朝鮮総連=北朝鮮系で、今でも子供のときから朝鮮人学校で強力な民族教育を行っています。 それは、大変特殊で強力なもので、他のインターナショナルスクールのように日本の学制に於ける小・中・高校への編入が認められないほどのものです。 また、生活環境も理由の一つです。 そのようにして学校を卒業した後は在日朝鮮人のネットワーク... Q 悔しくて夜も眠れずこちらに辿り着きました。 (理解していただきたいので内容が細かく、長いです。 申し訳ありません。 ) 出会った当時私は学生で、夫は県外の人間でしたが仕事の為に都心部に移り住んでいました。 結婚して4年です。 子供が一人います。 夫が実家近くに転職したので、今は夫の実家の近くに住んでいます。 私は3人姉妹の末っ子で、父が中学生のときに亡くなったので母親に育てられましたが、祖父母が会社を経営していたので何一つ不自由なく育ちました。 出会った当時、夫は実家にルートセールスで度々来ていました。 母は時々物を買っていて、私と知り合う2年前から夫を知っていました。 その間、彼氏がいなかった私の写真を見せていたのは知っています。 付き合いはそこからです。 付きあってから度々悩まされたのは、他人に対して暴言を吐いたり道路の真ん中で車を止めて怒ったりすることでした。 (先日も駐車場の枠外にとめていた車の人に暴力団のような言葉を吐いていたので知らない顔をして子どもと逃げました。 ) 私にも暴言や暴力(年に数回)があり、何度も別れようと思ってきました。 しかし、夫にも優しい所があり、初めての人でしたので夫がすべてだという気持ちがあり、結局結婚に至りました。 何かがおかしいと思ってきたのは結婚してからのことです。 毎週夫の実家に行くごとに義父母から親戚の職業を耳にしてきましたが所謂部落の方が多い職業についており、部落の方と結婚している人がとても多いのです。 また、義父は自営業をしていますが暴力と酒癖が悪く部屋中のものを壊したり、年に数回は義母の顔にあざができるほど殴るので本当に恐ろしいです。 本人たちの口から「部落」という言葉は結婚してからは何度となく聞いていますが、自分たちは違うというニュアンスで話してきます。 差別があるから夫のいとこは子供をつくらないし、結婚もしないとも聞かされてきました。 私が少し調べた結果は義父が部落出身のようです。 調べるきっかけとなったのは私の職場に夫がやくざまがいの電話をしてきたことでした。 それは、私の仕事用携帯に職場の男性のアドレスがあっただけのことでした。 私的なメールは一切しておらず、上司から同僚まで全ての電話番号とアドレスが入っています。 夫はそれを浮気だと勘違いして、会社に怒鳴りこみの電話をしてきました。 しかも妊娠初期の事でした。 その後出産の為辞めることとなりましたが、会社の上司から夫のことをかなり詳しく聞かれた上でそれとなく言われました。 本当にショックで血の気が引きました。 その後、義父母や夫がよく口にする地区をネットで検索してみると、全て部落に当てはまる地区で自分が住んでいる地区も昔はそうだったと知りました。 本当にショックでした。 冒頭に「悔しい」と書いたのは騙されたと感じるからです。 結婚前に夫の性格や暴力のことで母や親戚から反対されながらも結婚を選んだのは私です。 でも、墓場まで持って行こうとした夫が許せません。 私に話していたら結婚は迷ったかもしれない。 でもきっと結婚していたと思うんです。 それなのに純粋な気持ちでずっと夫を思ってきたのに隠し通そうとしている夫は裏切り者です。 大嘘つきです。 夫を許せません。 結婚するまでは部落の人がいるのかどうかも知りませんでした。 そして、部落が何かもよくわかりませんでした。 しかし、少しずつ勉強したり地区や周りの人間を見ていく中で分かったことがあります。 それは差別する人間だけが悪いのではなく、差別される側にも問題があるということです。 義父や夫の親戚の会話は人間の血が通っていなくて、私にはとても理解ができません。 酷い言い方かも知れませんが、気が狂いそうになるほど見ず知らずの他人を悪く言ったり暴言を吐きます。 私が言われることもあります。 今、人生にとても悩んでいます。 こどもが小さいので母子家庭は厳しいかもしれませんが、穏やかな暮らしがしたいです。 夫とも義父母とも一切の縁を切ってこの土地からも逃れたい・・普通の考えをした人間と関わりあって生きたい。 これが正直な気持ちです。 簡単にはいきませんが、何も考えずに生活しようとしても夫や義父が何か言動を起こす度にうんざりしている自分がいます。 まとまりの無い文章ですみません。 経験談やアドバイスなど、皆さんの考えをお聞かせ下さい。 どうぞ宜しくお願い致します。 最後まで読んで下さってありがとうございました。 悔しくて夜も眠れずこちらに辿り着きました。 (理解していただきたいので内容が細かく、長いです。 申し訳ありません。 ) 出会った当時私は学生で、夫は県外の人間でしたが仕事の為に都心部に移り住んでいました。 結婚して4年です。 子供が一人います。 夫が実家近くに転職したので、今は夫の実家の近くに住んでいます。 私は3人姉妹の末っ子で、父が中学生のときに亡くなったので母親に育てられましたが、祖父母が会社を経営していたので何一つ不自由なく育ちました。 出会った当時、夫は実家にルートセ... A ベストアンサー 難しい問題ですね。 差別する事はいけない事だと倫理を 説いても、実際にはいろんな形で区別されている事も事実。 自分がその立場に立った時に、つゆほども気にせず過ごせるか? と聞かれると自信がありません。 普通に・・・・と言う気持はよくわかります。 昨今は、まだ昔ほどの差別はないにしても、中には未だに 違った目で見る人がまだまだいる事も確かです。 そのうえ、いろんな事件が世間を騒がせますから、この事が 表だって知られるようになれば、なにがしかの弊害はあるやも しれませんしね。 この事案からまったくかけ離れた所で生活している物が 当事者に対して簡単に「差別はいけません」とは言い難いです。 関わった物の苦しみは関わった者しか分かりませんね。 輪の中に身を置くという事で、私は単なる個人の人格だけの 問題でもない気がします。 生活の環境と言う物は、個人の主観に大きく影響します。 周りを取り囲む人々が同じ価値観で接してくれば、少なからず 感化されますからね。 さて、問題は今後ですよね。 離婚されるなら身を隠す必要があると思いますよ。 今までの言動・行動を見ても旦那様自身がこの事をかさに 人を威圧する性格が見受けられます。 そういう境遇が持たしたら性格かもしれませんが、実際問題 多少危険である事は覚悟する必要があると思います。 出来れば御実家のご両親にもきちんと相談されて、考えうる 対応を模索しておく必要があると思います。 それでも先を考えれば、行動する価値は十二分にあると思います。 心穏やかな生活が迎えられると良いですね。 難しい問題ですね。 差別する事はいけない事だと倫理を 説いても、実際にはいろんな形で区別されている事も事実。 自分がその立場に立った時に、つゆほども気にせず過ごせるか? と聞かれると自信がありません。 普通に・・・・と言う気持はよくわかります。 昨今は、まだ昔ほどの差別はないにしても、中には未だに 違った目で見る人がまだまだいる事も確かです。 そのうえ、いろんな事件が世間を騒がせますから、この事が 表だって知られるようになれば、なにがしかの弊害はあるやも しれませ... Q よく在日韓国人の人は日本人と交わりたがらないくせに権利ばかり主張しているように思います、そんな彼らをみて「そんなにいやだったらさっさと国へ帰れよ!!文句いいながら日本にいすわるな!!ただ日本の経済力目当てだけにいるだけではないのか??」と正直思ってしまいます、帰化などもするようなきもないようですし。 戦後すぐには朝鮮半島が荒れていてかえれなかったという話なら十分わかるんですが最近は韓国も成長してきていっぱい職などもみつかりそうな気がするんですが・・・・。 ちなみに私は韓国や中国に対する戦前の行いはいくら建前を日本がつくろうが侵略だったことにはかわりないと思っています、が、戦後50年日本は謝り続けたにもかかわらず今現在も謝罪謝罪謝罪、日本は鬼だといいつづける彼らが正直好きではないです(中国の勝手な軍事行動や韓国の竹島の占拠などの態度もかんがみて) 荒れそうな質問ですがなるべく荒れないような真摯なご解答があると嬉しいです。 Q 事情で、創価学会の人とできるだけ関わりたくありません。 (詳しくは書きませんが、かなり迷惑を被っています。 ) これからいろいろな人と知り合いになると思いますが、 創価学会の人かどうか見分け方がありましたら、 知っておきたいです。 ちなみに自分なりに考えたのが、 ・どこの新聞をとっているか聞く ・どんなスタイルの結婚式を挙げたかを聞く (神式、キリスト教式だと大丈夫かも) です。 最近知り合った人には、さりげなく聞いてみて一安心でした。 たまたま私の知り合った人が熱心すぎる人だっただけで、 学会の人全てを否定しているわけではありませんが、 この事にかなりナーバスになっていますので、 学会の方はお気を悪くされないで下さいませ。 あと、学会の批判ではなくて、見分け方のみご回答願います。 A ベストアンサー 学会会員です。 比較的簡単な見分け方は. 死者がいないのに(紙製の)仏壇を持っている 2. 木製の仏壇の場合は. つくりが派手(他の宗派の場合には. 分家したときに作った仏壇をいつまでも使いつづけるので. 結構古い物が転がっています)。 お守り. 破魔矢. 達磨等の縁起物を持たない・買わない(私のような例外もいますが) 4. 命日など家族で遠距離の墓参りに行く。 (近所の宗派の方は. 命日の近くの都合のよい日に出かけます。 ) 5. 若い人のばあいには. 「宗教の話をする」。 今の若い方々は. 宗教関係に興味を持たないのが大多数ですから。 夕方特定の遊びまわるわけでもないのに集まる(勉強買いです)。 若い方の場合には. 酒飲んでカラオケで騒ぐのが普通ですが. これをしない場合です。 宗教(日蓮)関係のわけのわからない本がある。 A ベストアンサー 既に適切な回答があるので蛇足かもしれませんが、刑事手続きがどうなっているのかを知ればその違いが自ずと分かるので刑事手続きの概要を必要最小限(のつもり)説明しておきます。 長いですので覚悟してください。 全部話をするわけにもいきませんしその必要もないので質問に関するところ(主に捜査)だけ説明します。 犯罪が犯罪として処罰の対象になるためには、まず裁判に先立って、その犯罪の存在を捜査機関が知り、必要な証拠を集め、被疑者(=容疑者)の身柄の確保をしないとなりません。 これを捜査と言います。 被疑者の身柄の確保というのは、「後で裁判になった時に被疑者の出廷が必要」なので逃げられては裁判ができなくて困るというのが第一点。 それと「自由にさせておくと証拠を隠滅するかもしれない」というのが第二点。 ですから逆に言えば、「逃げも隠れもしない、証拠隠滅のおそれも無い」のであれば身柄を確保する必要はありません(一定の軽微な犯罪につき、更に例外あり)。 入院しているような人間なら逮捕しないことはよくあります。 この身柄の確保のための手続きが、「逮捕」であり「勾留(起訴前勾留)」です(起訴前と言っているのは起訴後というのがあるからですがここでは関係ないので説明しません)。 「逮捕」というのは、被疑者の身柄を確保する手続きの内、「短時間のもの」。 具体的には、身柄を拘束し最大48時間拘束し続けることです。 この制限時間が過ぎると釈放しなければなりません。 しかし、それでは困る場合には、引き続いて身柄を拘束することができます。 これが「勾留」です。 勾留は最大10日間身柄を拘束できます。 なお、勾留は1回に限り最大10日間延長することができますから、都合20日間まで勾留できることになります(例外として25日可能な場合もあります)。 ところで勾留の申請ができるのは検察官だけです。 ですから警察官が逮捕した場合には、検察官に勾留申請をしてもらうかどうか決めてもらう必要があります。 そこで48時間の逮捕の制限時間内に検察官に証拠物、捜査書類と一緒に身柄を送致しなければなりません(刑事訴訟法203条1項)。 これを「検察官送致、略して送検」と言います。 無論、警察限りで釈放する場合は必要ありません。 検察官送致を受けると検察官は24時間以内に釈放するか勾留請求をするかしなければなりません。 このような身体を拘束した被疑者を送検することを「身柄付送検」と言う場合があります。 これはなぜかと言えば、質問にある「書類送検」と明確に区別するためです。 ただ、一般には単に「送検」と言えば「身柄付送検」を意味します。 さて、では「書類送検」とはなんぞや?ということになりますが、まず前提として犯罪捜査は常に被疑者の身柄を拘束するわけではないということを知っておかなければなりません。 全犯罪件数から見れば、身柄を拘束しない事件の方が多いです。 身柄を拘束していない場合には、先に述べたように「(203条1項による)検察官送致」をする必要がありません。 と言うか、身柄を拘束していないのでできません。 たとえ逮捕した場合でも、警察限りで釈放すればやはり検察官送致の必要はありません。 しかし、それとは別に、警察は犯罪の捜査をしたら原則として必ず検察官にその捜査についての資料、証拠などを送らなければなりません(刑事訴訟法246条本文)。 これを「書類送検」と呼んでいます。 書類(証拠物、捜査資料、捜査報告書などなど)を検察官に送致するということです。 正確には送致しているのは「事件」なのですが、実際に何を送るのかと言えば「書類」であるということです。 つまり、「(身柄付)送検」と「書類送検」は同じ送検でも別の条文に基づく別の手続きです。 と言っても、(身柄付)送検をすればそのとき書類も一緒に送っているので、重ねて書類送検を行う必要はないので、(身柄付)送検は書類送検を実際には兼ねていますが(と言っても、身柄付送検をすれば書類送検をしなくていいのはあくまでも246条本文に「この法律に特別の定のある場合を除いては」と書いてあり、身柄付送検が「特別の定」だから)。 というわけで、「逮捕」と「送検」というのは次元の違う話であることがわかると思います。 まとめれば、 1.「逮捕」とは、捜査において被疑者の身柄を確保すること。 2.警察が「逮捕」した場合は、刑事訴訟法203条1項により、釈放しない限り48時間以内に被疑者の身柄を検察官に送致しなければならず、これを「(身柄付)送検」と呼ぶ。 3.「書類送検」とは、警察が捜査した事件について刑事訴訟法246条本文に基づきその証拠、捜査資料を検察官に送致すること。 4.「(身柄付)送検」は「書類送検」を兼ねている。 5.警察が「逮捕」した場合でも、釈放すれば「(身柄付)送検」はできないので、その場合は「書類送検」を行わねばならない。 ということです。 そして、「書類送検」するということは「身柄付送検」をしていないということですからつまりは「身柄を拘束していない」ということになります。 身柄を拘束していない場合というのは大概は相対的に軽微な犯罪であることが多いのでその意味では、逮捕した事件(これを身柄事件と言う場合があります)に比べれば罪が軽いことが多いのは確かです。 しかし、それはあくまで結果論であって、書類送検だから、逮捕したから、と言うわけではありません。 既に述べたように逮捕しても身柄付送検せずに釈放すれば書類送検ということになりますし。 なお、先に述べたとおり、「捜査した事件はすべて検察官に送致する」のが原則(全件送致の原則)ですが、例外として検察官送致にしないものが幾つかあります。 例えば、検察官が指定した事件について、月報でまとめて報告するだけの微罪処分ですとか、あるいは報告すらしない始末書処分などがあります。 ちなみに、交通反則通告制度については、微罪処分の一種とする文献もあるにはありますが、多少なり疑問のあるところではあります。 そういうわけで、どういう場合に書類送検となるかと言えば、「刑事訴訟法246条前段に当たる場合」ということになります。 もう少し具体的に言えば、「微罪処分等で済ませることのできない事件で、かつ、身柄付送検等もしなかった事件」ということになります。 ところで、前科というのが何かと言えば、これは法律用語ではないということになっているのですが、法律的に見れば「有罪の判決を受けたこと」を言うと思ってください。 ですから、前科が付くためには、「裁判を経て有罪判決が出なければならない」ことになります。 しかし、最初に述べたとおり「検察官送致」というのは単なる捜査手続きの一部でしかなく、この後で検察官が起訴するかどうかを決め、起訴して初めて裁判になるのですから、検察官送致だけではまだ前科は付きません。 その後どうなるかはその後の話です。 無論、逮捕だけでも前科は付きません。 逮捕=有罪ではありません(そう勘違いしているとしか思えない報道が多いのは事実ですが、有罪判決が出ない限りは被疑者、被告人はあくまでも「無罪」です)。 ちなみに、捜査したが起訴しなかった犯罪事実について「前歴」と呼ぶことがあります。 既に適切な回答があるので蛇足かもしれませんが、刑事手続きがどうなっているのかを知ればその違いが自ずと分かるので刑事手続きの概要を必要最小限(のつもり)説明しておきます。 長いですので覚悟してください。 全部話をするわけにもいきませんしその必要もないので質問に関するところ(主に捜査)だけ説明します。 犯罪が犯罪として処罰の対象になるためには、まず裁判に先立って、その犯罪の存在を捜査機...

次の

よくやる二項係数 (nCk mod. p)、逆元 (a^

ちょん

ひらちょん ブロガー ひらちょんは、日本のブロガー、専門学生、コスプレイヤー。 一人でひらちょんの中華端末隔離倉庫を創設した。 現在はウインタブに記事を書いている。 Twitter: 寄稿先:、、 Search 最近の投稿• 2018年12月4日• 2018年11月7日• 2018年10月30日• 2018年10月5日• 2018年9月30日 最近のコメント• 名無し on• on アーカイブ• 5 カテゴリー• 152•

次の

「チョン」は差別語ですか?

ちょん

8です。 戦後、朝鮮半島は日本の実効支配から解放されました。 ご存じの通り、韓国では、戦後40年以上の長きにわたり反日教育を続けてきました。 徹底した反日教育を受けた子供達も、成長し社会に出て活躍を始めます。 当然、韓国の若者達は「日本人は悪人」だというイメージを持っています。 彼らの発言や行動は反日的です。 韓国も経済復興し、世界中の様々な場所で活動することになるわけですから、悪口も日本人にも伝わってきます。 お隣の国が、日本に対し悪口罵詈雑言を並べ立てる以上、仲良くできるわけありません。 有名なところでは、故本田宗一郎氏の「韓国人とは関わるな」発言があります。 アジアの小国「日本」は、戦後、破竹の勢いで成長しました。 アメリカに次いで、世界第二位の経済大国に発展しました。 アジア諸国への技術支援のという事で、昭和40年代前半に本田技研の創業者、本田宗一郎氏が、台湾と韓国へ技術支援に行きました。 暫くして、台湾から、「日本と同じものが作れるようになりました。 是非見に来てください!」と、嬉しい連絡が入りました。 そして暫くして韓国からも連絡が連絡が入りました。 我ら韓国でも「日本と同じものが作れるようになりました。 もう来なくてもいいです。 日本は、技術国、工業国です。 この無礼な態度は、バイク、自動車、エンジンなどの産業に関わる人を中心に、日本国民の知ることとなりました。 日本人の韓国への嫌悪感が当然アップするのも当然のこと。 日本人の昔を知らない世代のでは「チョン」と言う響きが、相手をバカにするのに、ちょうど良かったのだと思います。 その結果「チョン」は、めでたく差別語の仲間入りとなりました。 「チョン」は明確な差別用語です、その起源はともかく現在は朝鮮人を貶めて呼ぶ時(当然ですが)にのみ使用する単語ですね。 何故なら朝鮮人相手に面と向かっては決して言えない言葉であるというのがある程度それを証明しているのではないでしょうか? 昭和40年代初頭には既に普通に使用していましたが、当時一般庶民には韓国・北朝鮮という線引きは曖昧であり、朝鮮人・チョンと総称しておりました。 尚当時の朝鮮部落の不潔さはフィリッピンやタイのスラムもびっくり、筆舌に尽くし難いものでして母親から決して近づくなと厳命されたものです。 因みに両親共に朝鮮人の子供を「純チョン」、片親のみ朝鮮人の子供を「半チョン」と呼んでいました。 昔(昭和40年代)は、朝鮮半島出身者を「チョン」や「チョンコ」と呼んでいました。 ですが、侮蔑する意味ではなく、ご近所さんや仲間として親しみを込めて使っていました。 朝鮮から来た人々だから、朝鮮子、チョンコ、チョンと変化しただけの事です。 だから、現在65歳代以上の年齢層の方々には、チョンやチョンコという呼び名に、相手を卑下するような気持ちは無かったのです。 沖縄の人が、内地の人と呼ぶのに近い感覚だったと思います。 先の大戦時、軍部により「日本国民の方が、大陸の民よりも優れている」と戦争教育を行ったことが原因だと思います。 この、大日本帝国の国民優性論は、同盟国ドイツの指導者、アドルフヒトラー「我が逃走」の思想が、軍部に利用された(反映された)モノだと思います。 蛇足ながら、ヒトラーはアーリア人至上主義に基づいた「アーリア人以外をドイツに入国させない」といった政策を強く押し進め、ユダヤ人を迫害するする事に繋がって行くわけです。 その為、放送局の放送倫理や新聞社の社内規定等では、差別用語として使用していません。 私の記憶では、小さい頃、クラスの当該の子供に対し通名を言わずに「チョン子」「チョンヤン」と読んでいた。 また、我々日本人を米国人が「ジャップ」「イエローモンキー」と読んだり、我々が「ケトウ」「はげたか」と言ったり、中国人を「シナ人」「チャンコロ」と言うのも差別や嫌悪感を表す点で同じです。 友好関係や交流をする上で、相手が嫌がる差別用語だと思っている言葉は双方で使わない事が最低限のマナーやエチケット、誤解によるトラブル防止の基本だと思います。 Q 今年で21才になりますが、自分の起源がどこにあるのかわかりません。 今まで運転免許を取ったり、引っ越ししたり、分籍をしましたが、特に苦労したことはありませんでした。 それに親からも在日外国人の家系である、というような事を言われたことはありません。 しかし確実に、ここ数世代のうちに、外国人が混じってはいない、という確証がありません。 ということで自分が在日外国人の流れをくんでいるか調べたいです。 この場合、どのような手段を取ればいいのでしょうか? 自分の本籍地で戸籍謄本 全部証明 を取れば両親のこともわかるのですか? 母親の祖母が在日で帰化していた場合、その事はどの世代まで表記されるのでしょう? ちなみに私は両親の戸籍から分籍 転籍 しており、本籍は東京ですが、出身および両親の本籍は大阪です。 また在日がどうのという質問に非難が集中している様子を見ることがありますが、 まぁ私のアイデンティティを明確化させたいだけですので、今回はご容赦ください。 日本生まれの日本育ち、ここ数世代の直系は全員日本人の日本人!と、 日本生まれの日本立ち、でも曾祖母は朝鮮人だから87. 今年で21才になりますが、自分の起源がどこにあるのかわかりません。 今まで運転免許を取ったり、引っ越ししたり、分籍をしましたが、特に苦労したことはありませんでした。 それに親からも在日外国人の家系である、というような事を言われたことはありません。 しかし確実に、ここ数世代のうちに、外国人が混じってはいない、という確証がありません。 ということで自分が在日外国人の流れをくんでいるか調べたいです。 この場合、どのような手段を取ればいいのでしょうか? 自分の本籍地で戸籍謄本 全部証... A ベストアンサー ・コリア系の帰化人には 『沢=澤・浜=濱・斎、斉=齋、齊・辺=邊、邉・薮=籔、藪・塩=[旧字、パソコンでは出てこない…]など』の旧字体漢字が使用できません。 『渕、蔦 、[旧字体](高)など』も使用できません。 朝鮮人の方々が日本に渡って来だしたのは明治43年頃の韓国併合のときから(鎖国解除後の42年までの間はせいぜい年に0~20人程度)。 明治43年から太平洋戦争が終わるまで韓国併合政策により在日朝鮮人はもとより、朝鮮半島にいる朝鮮人まですべて大日本帝国臣民扱いで法律上、外国籍ではなかった(両者とも本籍は半島にある)。 昭和20年の終戦を迎え在日の多くは半島に帰国しましたが、日本に残ったり、また朝鮮から戻ってくる人達もおりました。 明治時代から昭和26年までの間に朝鮮より日本へ渡って来た朝鮮人達は昭和27年にそれまであった日本の国籍を失って正式に外国籍となる。 そして、在日朝鮮人の日本国への帰化が始まったのも昭和27年。 古来からの日本人家系なら苗字漢字に制限なく明治時代からの苗字漢字を継続できます。 在日朝鮮人の帰化が昭和27年に始まり、名前の漢字制限(上記)は昭和23年に始まってますから、朝鮮籍、韓国籍から日本に帰化した者は旧字体漢字で帰化するチャンスがなかったんです。 簡単な調べ方としては『住民票』での苗字名前漢字が旧字体で表記されてるなら明治時代からの日本人家系。 新字体ならば、 「戦前の家系状況が分かる戸籍みせて」と役所に言ってみること。 戦前の家系状況が記されていて朝鮮人を思わせる記述がなければ日本人。 戦前の家系状況が分かる戸籍を見せてくれない場合や戦前の戸籍が日本以外にある場合は帰化人だと判断できます。 戸籍取得方法は先に回答されてる方法をやるといいでしょう。 ただ、例え純粋な日本人でなかったとしても質問者さんが日本が大好きで在日の方々のように反日感情を露わにされるのが不快に感じるなら、心はちゃんと日本人ですよ。 …私も可能性はあるかもしれないんで経済的に余裕が出来れば戸籍を追ってみたいです。 以上、参考程度に ・コリア系の帰化人には 『沢=澤・浜=濱・斎、斉=齋、齊・辺=邊、邉・薮=籔、藪・塩=[旧字、パソコンでは出てこない…]など』の旧字体漢字が使用できません。 『渕、蔦 、[旧字体](高)など』も使用できません。 朝鮮人の方々が日本に渡って来だしたのは明治43年頃の韓国併合のときから(鎖国解除後の42年までの間はせいぜい年に0~20人程度)。 明治43年から太平洋戦争が終わるまで... Q バカチョンは差別語か という質問がありましたが、チョンガーは差別語でないですよね 7,8年前、日韓関係がまだ良好の頃に初めて韓国の済州島に行きました 15人ほどの小人数のツアーで私は夫婦で参加しましたが男は私一人で肩身の狭い旅でした この旅で、食事のたびに現地のガイドは韓国では普通、キムチは食べ放題だから遠慮なく 【チョンガー】を呼んで追加してもらってくださいと言いました 『チョンガーは独身男性の事で、日本語でも同様な意味で使うでしょう? 』とのことでした ここで、質問ですがチョンガーのチョンとバカチョンのチョンは別語源なのでしょうか 三度韓国に行きましたが、韓国人形態を知ってしまった今は、もう二度と行うと思わないのですが 参考までに知りたいと思います A ベストアンサー 「1. 日本におけるモダン語の一つで、未成年者や独身男を意味する[1]。 朝鮮語からの借用語[1]。 大韓帝国においては、未婚者はチョンガーと呼ばれ、非常に軽蔑されていた[2]。 総角の朝鮮語読み。 「チョンガッ」 총각、chong-gag とも表記される。 昔の 朝鮮で未婚の男性が結っていた髪型で、1. の語源だとする説がある。 wikipedia. Q 在日韓国人です。 日本で生まれて日本で育ちました。 現在は大学生で、小学校、中学校、高校すべて日本の学校です。 名前は通称名です。 韓国へは旅行でしか行ったことがありません。 反日教育なんて受けていませんし、考え方などは日本人そのものだと思います。 韓国の文化や歴史など、全く知りません。 そういう家庭で育ったというべきでしょうかね。 私は、在日韓国人は日本人とあまり変わらないと思います。 (日本人の方、不愉快に思われたらすみません。 ) なぜ在日が嫌われるのかが理解できないです。 在日でも、中には、様々な教育を受けてきた方もいるかとは思いますが。 私のような、日本の教育を受けてきた在日韓国人を皆様は嫌いますか? また、どう思われますか? (在日を厳しく批判するような回答は一切お断りします。 ) A ベストアンサー 政治思想は、下記のXY軸に表す事が出来ます。 リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。 seesaa. html 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共和党政策が旧保守主義 右派リバタリアン で、それ以後を新保守主義 ネオコン といい保守と名乗っていますが、実態は左派リバタリアン 左派が保守に転換し、現状を保守する為に革新的手法 戦争など過激な改革を許容する を執ると言う主義 です。 自由主義の反対となる統制主義も左派だと共産主義や社会主義、比べると右派に成るイギリスの「ゆりかごから墓場まで 高福祉政策 」などが有ります。 簡単に言うと、積極的に変えようとするのが左派で、変わらないように規制するのが右派です。 そして変える方向 変えない方向 が自由か統制かで分類できます。 日本には明確に保守を謳う政党が無いので、イメージがわき難いのかも知れませんが…。 自民・民主党は中道で、共産党は左派統制主義ですから…。 政治思想は、下記のXY軸に表す事が出来ます。 リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。 seesaa. html 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共... Q 仕事で韓国と交流を持つようになって約20年になります。 現地では親友も多くいます。 ただ、在日の人とは縁がなく実態はよく知りませんでした。 漠然と強制連行で無理やり連れて来られた人たちと、その子孫というイメージを持っていたのですが、全くのウソだったようです。 私の質問 NO. 973587 をご覧頂けるでしょうか。 本国にいる韓国人の在日に対するイメージは、実は極めて悪い事を知って驚きました。 つまり 「在日の人間は韓国人を名乗りながら、戦争の時にも兵役が免除され日本でヌクヌクと生活していた。 それに本国政府に税金などビタ一文も納めず全く国家に貢献していない。 何が僑胞か」 ともらしていました。 また在日の人で、韓国語を話せる人は本当に数少ないようです。 そのうえ在日の人が本国を旅行すると日本人と同じような態度で接するとか言っていました。 結構、感情のギャップを第三者として感じました。 そこで質問なのですが、外国に居住して本国には永遠に戻るつもりがなければ、その国の国籍を取得するのが普通ですよね。 いわゆる移民というものになると思います。 選挙権も取得できますよね。 ところが日本国内で在日韓国・朝鮮人の人口は65万人にもなるのに、依然として本国の国籍にこだわるそうですが、なぜでしょうか? 帰化しない事に何かメリットはあるのでしょうか? ただ素行不良などで帰化が許可されない人は別ですが ・・・ アイデンティティーが大事と言うのであれば、本名を名乗り、最低、本国の言葉くらいは話せて、日韓の架け橋になるくらいの意気込みがあって当然と思いますが、どうも違うような気がします。 何となく在日である事は隠しながら生活しているのに、逆に韓国・朝鮮籍にこだわっているような矛盾と言うか、感じます。 あと、本名を名乗ると何か 「法的・公的」 な差別がまだあるのでしょうか? 仕事で韓国と交流を持つようになって約20年になります。 現地では親友も多くいます。 ただ、在日の人とは縁がなく実態はよく知りませんでした。 漠然と強制連行で無理やり連れて来られた人たちと、その子孫というイメージを持っていたのですが、全くのウソだったようです。 私の質問 NO. 973587 をご覧頂けるでしょうか。 本国にいる韓国人の在日に対するイメージは、実は極めて悪い事を知って驚きました。 つまり 「在日の人間は韓国人を名乗りながら、戦争の時にも兵役が免除され日本でヌクヌク... A ベストアンサー まず、民族的アイデンテティーは強い理由です。 その強い民族主義を構築しているのが民族教育です。 在日コリアンは在日韓国人より在日朝鮮人が圧倒的に多いです。 在日朝鮮人は朝鮮総連=北朝鮮系で、今でも子供のときから朝鮮人学校で強力な民族教育を行っています。 それは、大変特殊で強力なもので、他のインターナショナルスクールのように日本の学制に於ける小・中・高校への編入が認められないほどのものです。 また、生活環境も理由の一つです。 そのようにして学校を卒業した後は在日朝鮮人のネットワークを利用しながら様々なビジネスの機会が開かれています。 日本人に帰化しない事により、日本人社会のサービスと朝鮮人特有のネットワークの双方がストレス無く利用できるわけです。 それであまり、わざわざ日本国籍を取得するメリットは無いかもしれません。 また、在日朝鮮人は歴史的経緯のために今でも他の外国人に比べると特権的な待遇がなされており、今後、強力に働きかけている民族学校の日本の学制上の小・中・高校への認定や選挙権が認められればなおさら帰化する理由は少なくなります。 在日韓国系は日本においては余り韓国人ネットワークが朝鮮系ほど強力ではなかったのでメリットが少なく、帰化するケースは比較的に多いと聞いています。 確かに在日韓国人は祖国へ兵役の免除や納税の免除と言う特権を受けているので、ladybegoodさんの言うような非難的感情を持っている人はいるようです。 在日朝鮮人の場合は北朝鮮を財政的に支えるなくてはならない立場にいるので、少し状況は異なるかもしれません。 まず、民族的アイデンテティーは強い理由です。 その強い民族主義を構築しているのが民族教育です。 在日コリアンは在日韓国人より在日朝鮮人が圧倒的に多いです。 在日朝鮮人は朝鮮総連=北朝鮮系で、今でも子供のときから朝鮮人学校で強力な民族教育を行っています。 それは、大変特殊で強力なもので、他のインターナショナルスクールのように日本の学制に於ける小・中・高校への編入が認められないほどのものです。 また、生活環境も理由の一つです。 そのようにして学校を卒業した後は在日朝鮮人のネットワーク... Q 悔しくて夜も眠れずこちらに辿り着きました。 (理解していただきたいので内容が細かく、長いです。 申し訳ありません。 ) 出会った当時私は学生で、夫は県外の人間でしたが仕事の為に都心部に移り住んでいました。 結婚して4年です。 子供が一人います。 夫が実家近くに転職したので、今は夫の実家の近くに住んでいます。 私は3人姉妹の末っ子で、父が中学生のときに亡くなったので母親に育てられましたが、祖父母が会社を経営していたので何一つ不自由なく育ちました。 出会った当時、夫は実家にルートセールスで度々来ていました。 母は時々物を買っていて、私と知り合う2年前から夫を知っていました。 その間、彼氏がいなかった私の写真を見せていたのは知っています。 付き合いはそこからです。 付きあってから度々悩まされたのは、他人に対して暴言を吐いたり道路の真ん中で車を止めて怒ったりすることでした。 (先日も駐車場の枠外にとめていた車の人に暴力団のような言葉を吐いていたので知らない顔をして子どもと逃げました。 ) 私にも暴言や暴力(年に数回)があり、何度も別れようと思ってきました。 しかし、夫にも優しい所があり、初めての人でしたので夫がすべてだという気持ちがあり、結局結婚に至りました。 何かがおかしいと思ってきたのは結婚してからのことです。 毎週夫の実家に行くごとに義父母から親戚の職業を耳にしてきましたが所謂部落の方が多い職業についており、部落の方と結婚している人がとても多いのです。 また、義父は自営業をしていますが暴力と酒癖が悪く部屋中のものを壊したり、年に数回は義母の顔にあざができるほど殴るので本当に恐ろしいです。 本人たちの口から「部落」という言葉は結婚してからは何度となく聞いていますが、自分たちは違うというニュアンスで話してきます。 差別があるから夫のいとこは子供をつくらないし、結婚もしないとも聞かされてきました。 私が少し調べた結果は義父が部落出身のようです。 調べるきっかけとなったのは私の職場に夫がやくざまがいの電話をしてきたことでした。 それは、私の仕事用携帯に職場の男性のアドレスがあっただけのことでした。 私的なメールは一切しておらず、上司から同僚まで全ての電話番号とアドレスが入っています。 夫はそれを浮気だと勘違いして、会社に怒鳴りこみの電話をしてきました。 しかも妊娠初期の事でした。 その後出産の為辞めることとなりましたが、会社の上司から夫のことをかなり詳しく聞かれた上でそれとなく言われました。 本当にショックで血の気が引きました。 その後、義父母や夫がよく口にする地区をネットで検索してみると、全て部落に当てはまる地区で自分が住んでいる地区も昔はそうだったと知りました。 本当にショックでした。 冒頭に「悔しい」と書いたのは騙されたと感じるからです。 結婚前に夫の性格や暴力のことで母や親戚から反対されながらも結婚を選んだのは私です。 でも、墓場まで持って行こうとした夫が許せません。 私に話していたら結婚は迷ったかもしれない。 でもきっと結婚していたと思うんです。 それなのに純粋な気持ちでずっと夫を思ってきたのに隠し通そうとしている夫は裏切り者です。 大嘘つきです。 夫を許せません。 結婚するまでは部落の人がいるのかどうかも知りませんでした。 そして、部落が何かもよくわかりませんでした。 しかし、少しずつ勉強したり地区や周りの人間を見ていく中で分かったことがあります。 それは差別する人間だけが悪いのではなく、差別される側にも問題があるということです。 義父や夫の親戚の会話は人間の血が通っていなくて、私にはとても理解ができません。 酷い言い方かも知れませんが、気が狂いそうになるほど見ず知らずの他人を悪く言ったり暴言を吐きます。 私が言われることもあります。 今、人生にとても悩んでいます。 こどもが小さいので母子家庭は厳しいかもしれませんが、穏やかな暮らしがしたいです。 夫とも義父母とも一切の縁を切ってこの土地からも逃れたい・・普通の考えをした人間と関わりあって生きたい。 これが正直な気持ちです。 簡単にはいきませんが、何も考えずに生活しようとしても夫や義父が何か言動を起こす度にうんざりしている自分がいます。 まとまりの無い文章ですみません。 経験談やアドバイスなど、皆さんの考えをお聞かせ下さい。 どうぞ宜しくお願い致します。 最後まで読んで下さってありがとうございました。 悔しくて夜も眠れずこちらに辿り着きました。 (理解していただきたいので内容が細かく、長いです。 申し訳ありません。 ) 出会った当時私は学生で、夫は県外の人間でしたが仕事の為に都心部に移り住んでいました。 結婚して4年です。 子供が一人います。 夫が実家近くに転職したので、今は夫の実家の近くに住んでいます。 私は3人姉妹の末っ子で、父が中学生のときに亡くなったので母親に育てられましたが、祖父母が会社を経営していたので何一つ不自由なく育ちました。 出会った当時、夫は実家にルートセ... A ベストアンサー 難しい問題ですね。 差別する事はいけない事だと倫理を 説いても、実際にはいろんな形で区別されている事も事実。 自分がその立場に立った時に、つゆほども気にせず過ごせるか? と聞かれると自信がありません。 普通に・・・・と言う気持はよくわかります。 昨今は、まだ昔ほどの差別はないにしても、中には未だに 違った目で見る人がまだまだいる事も確かです。 そのうえ、いろんな事件が世間を騒がせますから、この事が 表だって知られるようになれば、なにがしかの弊害はあるやも しれませんしね。 この事案からまったくかけ離れた所で生活している物が 当事者に対して簡単に「差別はいけません」とは言い難いです。 関わった物の苦しみは関わった者しか分かりませんね。 輪の中に身を置くという事で、私は単なる個人の人格だけの 問題でもない気がします。 生活の環境と言う物は、個人の主観に大きく影響します。 周りを取り囲む人々が同じ価値観で接してくれば、少なからず 感化されますからね。 さて、問題は今後ですよね。 離婚されるなら身を隠す必要があると思いますよ。 今までの言動・行動を見ても旦那様自身がこの事をかさに 人を威圧する性格が見受けられます。 そういう境遇が持たしたら性格かもしれませんが、実際問題 多少危険である事は覚悟する必要があると思います。 出来れば御実家のご両親にもきちんと相談されて、考えうる 対応を模索しておく必要があると思います。 それでも先を考えれば、行動する価値は十二分にあると思います。 心穏やかな生活が迎えられると良いですね。 難しい問題ですね。 差別する事はいけない事だと倫理を 説いても、実際にはいろんな形で区別されている事も事実。 自分がその立場に立った時に、つゆほども気にせず過ごせるか? と聞かれると自信がありません。 普通に・・・・と言う気持はよくわかります。 昨今は、まだ昔ほどの差別はないにしても、中には未だに 違った目で見る人がまだまだいる事も確かです。 そのうえ、いろんな事件が世間を騒がせますから、この事が 表だって知られるようになれば、なにがしかの弊害はあるやも しれませ... Q よく在日韓国人の人は日本人と交わりたがらないくせに権利ばかり主張しているように思います、そんな彼らをみて「そんなにいやだったらさっさと国へ帰れよ!!文句いいながら日本にいすわるな!!ただ日本の経済力目当てだけにいるだけではないのか??」と正直思ってしまいます、帰化などもするようなきもないようですし。 戦後すぐには朝鮮半島が荒れていてかえれなかったという話なら十分わかるんですが最近は韓国も成長してきていっぱい職などもみつかりそうな気がするんですが・・・・。 ちなみに私は韓国や中国に対する戦前の行いはいくら建前を日本がつくろうが侵略だったことにはかわりないと思っています、が、戦後50年日本は謝り続けたにもかかわらず今現在も謝罪謝罪謝罪、日本は鬼だといいつづける彼らが正直好きではないです(中国の勝手な軍事行動や韓国の竹島の占拠などの態度もかんがみて) 荒れそうな質問ですがなるべく荒れないような真摯なご解答があると嬉しいです。 Q 事情で、創価学会の人とできるだけ関わりたくありません。 (詳しくは書きませんが、かなり迷惑を被っています。 ) これからいろいろな人と知り合いになると思いますが、 創価学会の人かどうか見分け方がありましたら、 知っておきたいです。 ちなみに自分なりに考えたのが、 ・どこの新聞をとっているか聞く ・どんなスタイルの結婚式を挙げたかを聞く (神式、キリスト教式だと大丈夫かも) です。 最近知り合った人には、さりげなく聞いてみて一安心でした。 たまたま私の知り合った人が熱心すぎる人だっただけで、 学会の人全てを否定しているわけではありませんが、 この事にかなりナーバスになっていますので、 学会の方はお気を悪くされないで下さいませ。 あと、学会の批判ではなくて、見分け方のみご回答願います。 A ベストアンサー 学会会員です。 比較的簡単な見分け方は. 死者がいないのに(紙製の)仏壇を持っている 2. 木製の仏壇の場合は. つくりが派手(他の宗派の場合には. 分家したときに作った仏壇をいつまでも使いつづけるので. 結構古い物が転がっています)。 お守り. 破魔矢. 達磨等の縁起物を持たない・買わない(私のような例外もいますが) 4. 命日など家族で遠距離の墓参りに行く。 (近所の宗派の方は. 命日の近くの都合のよい日に出かけます。 ) 5. 若い人のばあいには. 「宗教の話をする」。 今の若い方々は. 宗教関係に興味を持たないのが大多数ですから。 夕方特定の遊びまわるわけでもないのに集まる(勉強買いです)。 若い方の場合には. 酒飲んでカラオケで騒ぐのが普通ですが. これをしない場合です。 宗教(日蓮)関係のわけのわからない本がある。 A ベストアンサー 既に適切な回答があるので蛇足かもしれませんが、刑事手続きがどうなっているのかを知ればその違いが自ずと分かるので刑事手続きの概要を必要最小限(のつもり)説明しておきます。 長いですので覚悟してください。 全部話をするわけにもいきませんしその必要もないので質問に関するところ(主に捜査)だけ説明します。 犯罪が犯罪として処罰の対象になるためには、まず裁判に先立って、その犯罪の存在を捜査機関が知り、必要な証拠を集め、被疑者(=容疑者)の身柄の確保をしないとなりません。 これを捜査と言います。 被疑者の身柄の確保というのは、「後で裁判になった時に被疑者の出廷が必要」なので逃げられては裁判ができなくて困るというのが第一点。 それと「自由にさせておくと証拠を隠滅するかもしれない」というのが第二点。 ですから逆に言えば、「逃げも隠れもしない、証拠隠滅のおそれも無い」のであれば身柄を確保する必要はありません(一定の軽微な犯罪につき、更に例外あり)。 入院しているような人間なら逮捕しないことはよくあります。 この身柄の確保のための手続きが、「逮捕」であり「勾留(起訴前勾留)」です(起訴前と言っているのは起訴後というのがあるからですがここでは関係ないので説明しません)。 「逮捕」というのは、被疑者の身柄を確保する手続きの内、「短時間のもの」。 具体的には、身柄を拘束し最大48時間拘束し続けることです。 この制限時間が過ぎると釈放しなければなりません。 しかし、それでは困る場合には、引き続いて身柄を拘束することができます。 これが「勾留」です。 勾留は最大10日間身柄を拘束できます。 なお、勾留は1回に限り最大10日間延長することができますから、都合20日間まで勾留できることになります(例外として25日可能な場合もあります)。 ところで勾留の申請ができるのは検察官だけです。 ですから警察官が逮捕した場合には、検察官に勾留申請をしてもらうかどうか決めてもらう必要があります。 そこで48時間の逮捕の制限時間内に検察官に証拠物、捜査書類と一緒に身柄を送致しなければなりません(刑事訴訟法203条1項)。 これを「検察官送致、略して送検」と言います。 無論、警察限りで釈放する場合は必要ありません。 検察官送致を受けると検察官は24時間以内に釈放するか勾留請求をするかしなければなりません。 このような身体を拘束した被疑者を送検することを「身柄付送検」と言う場合があります。 これはなぜかと言えば、質問にある「書類送検」と明確に区別するためです。 ただ、一般には単に「送検」と言えば「身柄付送検」を意味します。 さて、では「書類送検」とはなんぞや?ということになりますが、まず前提として犯罪捜査は常に被疑者の身柄を拘束するわけではないということを知っておかなければなりません。 全犯罪件数から見れば、身柄を拘束しない事件の方が多いです。 身柄を拘束していない場合には、先に述べたように「(203条1項による)検察官送致」をする必要がありません。 と言うか、身柄を拘束していないのでできません。 たとえ逮捕した場合でも、警察限りで釈放すればやはり検察官送致の必要はありません。 しかし、それとは別に、警察は犯罪の捜査をしたら原則として必ず検察官にその捜査についての資料、証拠などを送らなければなりません(刑事訴訟法246条本文)。 これを「書類送検」と呼んでいます。 書類(証拠物、捜査資料、捜査報告書などなど)を検察官に送致するということです。 正確には送致しているのは「事件」なのですが、実際に何を送るのかと言えば「書類」であるということです。 つまり、「(身柄付)送検」と「書類送検」は同じ送検でも別の条文に基づく別の手続きです。 と言っても、(身柄付)送検をすればそのとき書類も一緒に送っているので、重ねて書類送検を行う必要はないので、(身柄付)送検は書類送検を実際には兼ねていますが(と言っても、身柄付送検をすれば書類送検をしなくていいのはあくまでも246条本文に「この法律に特別の定のある場合を除いては」と書いてあり、身柄付送検が「特別の定」だから)。 というわけで、「逮捕」と「送検」というのは次元の違う話であることがわかると思います。 まとめれば、 1.「逮捕」とは、捜査において被疑者の身柄を確保すること。 2.警察が「逮捕」した場合は、刑事訴訟法203条1項により、釈放しない限り48時間以内に被疑者の身柄を検察官に送致しなければならず、これを「(身柄付)送検」と呼ぶ。 3.「書類送検」とは、警察が捜査した事件について刑事訴訟法246条本文に基づきその証拠、捜査資料を検察官に送致すること。 4.「(身柄付)送検」は「書類送検」を兼ねている。 5.警察が「逮捕」した場合でも、釈放すれば「(身柄付)送検」はできないので、その場合は「書類送検」を行わねばならない。 ということです。 そして、「書類送検」するということは「身柄付送検」をしていないということですからつまりは「身柄を拘束していない」ということになります。 身柄を拘束していない場合というのは大概は相対的に軽微な犯罪であることが多いのでその意味では、逮捕した事件(これを身柄事件と言う場合があります)に比べれば罪が軽いことが多いのは確かです。 しかし、それはあくまで結果論であって、書類送検だから、逮捕したから、と言うわけではありません。 既に述べたように逮捕しても身柄付送検せずに釈放すれば書類送検ということになりますし。 なお、先に述べたとおり、「捜査した事件はすべて検察官に送致する」のが原則(全件送致の原則)ですが、例外として検察官送致にしないものが幾つかあります。 例えば、検察官が指定した事件について、月報でまとめて報告するだけの微罪処分ですとか、あるいは報告すらしない始末書処分などがあります。 ちなみに、交通反則通告制度については、微罪処分の一種とする文献もあるにはありますが、多少なり疑問のあるところではあります。 そういうわけで、どういう場合に書類送検となるかと言えば、「刑事訴訟法246条前段に当たる場合」ということになります。 もう少し具体的に言えば、「微罪処分等で済ませることのできない事件で、かつ、身柄付送検等もしなかった事件」ということになります。 ところで、前科というのが何かと言えば、これは法律用語ではないということになっているのですが、法律的に見れば「有罪の判決を受けたこと」を言うと思ってください。 ですから、前科が付くためには、「裁判を経て有罪判決が出なければならない」ことになります。 しかし、最初に述べたとおり「検察官送致」というのは単なる捜査手続きの一部でしかなく、この後で検察官が起訴するかどうかを決め、起訴して初めて裁判になるのですから、検察官送致だけではまだ前科は付きません。 その後どうなるかはその後の話です。 無論、逮捕だけでも前科は付きません。 逮捕=有罪ではありません(そう勘違いしているとしか思えない報道が多いのは事実ですが、有罪判決が出ない限りは被疑者、被告人はあくまでも「無罪」です)。 ちなみに、捜査したが起訴しなかった犯罪事実について「前歴」と呼ぶことがあります。 既に適切な回答があるので蛇足かもしれませんが、刑事手続きがどうなっているのかを知ればその違いが自ずと分かるので刑事手続きの概要を必要最小限(のつもり)説明しておきます。 長いですので覚悟してください。 全部話をするわけにもいきませんしその必要もないので質問に関するところ(主に捜査)だけ説明します。 犯罪が犯罪として処罰の対象になるためには、まず裁判に先立って、その犯罪の存在を捜査機...

次の