東海大学付属札幌高校。 札幌キャンパスで「北海道室内陸上競技強化練習会」を開催しました|東海大学

東海大学付属望星高等学校はどんな学校?特徴・学費は?

東海大学付属札幌高校

札幌キャンパスでは1月11日に、北海道内の中学生、高校生、大学生などの陸上選手を対象とした「北海道室内陸上競技強化練習会」(主催=東海大学札幌キャンパス、東海大学付属札幌高校、共催=一般財団法人北海道陸上競技協会)を開催しました。 雪の積もる北海道での陸上競技は冬季の練習方法が課題となるほか、棒高跳や走高跳などは室内で跳躍できる施設が限られています。 この催しは、本キャンパスの陸上競技部が普段から使用している第一体育館「TOKAI ARENA」を会場として活用し、2016年度から企画しているものです。 4回目の開催となった今回は、本学体育学部卒業生で北海道陸上競技協会跳躍強化コーチの高見朋宏氏(北海道羽幌高校教諭)や札幌キャンパス陸上競技部出身の馬場友也氏(国際文化学部卒業・北海道ハイテクアスリートクラブ)、久我洸士郎氏(同・SPAA)らが、棒高跳・短距離走・走高跳の実技指導を行いました。 当日は、約150名の参加者が3グループに分かれて練習を実施。 基礎練習や実技などに挑戦しました。 棒高跳びでは、初心者から上級者まで各班で練習し、体育館内に設営されたピットを使って実技に臨みレベルアップを図りました。 また、短距離走のグループは体育館内の走路でミニハードルを使った練習などを実施し、トレーニングアリーナでは短距離走者に求められる筋力を養うトレーニングも指導。 走高跳では実践を想定した練習に励みました。 札幌キャンパス陸上競技部の選手たちも運営をサポートし、トレーニングセンターでの補強トレーニングなどにも参加しました。 運営に当たった陸上競技部の広川龍太郎監督(国際文化学部教授)は、「卒業生の馬場や久我ら実業団でも活躍する選手たちが中高生らに指導できるまでレベルアップしてくれています。 また、棒高跳の指導では高見先生をはじめ多くの指導者が北海道中から集まり、質の高い熱心な指導を行っていただいており、参加者の競技力向上につながっています。 毎回多くの参加者がある中で、皆が切磋琢磨してくれており、今後もこのような場を提供することで、社会貢献につなげていきたい」と話しています。

次の

東海大学付属札幌高校(北海道)の情報(偏差値・口コミなど)

東海大学付属札幌高校

東海大学付属札幌高校ってどんな学校? 東海大学付属札幌高等学校(とうかいだいがくふぞくさっぽろこうとうがっこう)とは、北海道札幌市南区南沢にある私立高等学校。 東海大学の付属校で、略称は「東海札幌」「東海大札幌」。 元々「東海大学付属第四高等学校」という校名でしたが、2016年に現在の校名に変更されました。 創立1964年の男女共学校。 設置者は学校法人東海大学。 男子バスケットボール部以外にも、男子バレーボール部、野球部、吹奏楽部、陸上競技部、スキー部、美術部などが有名。 主な卒業生 阿部雅司 — リレハンメルオリンピック 原田雅彦 — スキージャンプ-雪印メグミルク 葛西紀明 — スキージャンプ-土屋ホーム 里谷多英 — モーグル-フジテレビ社員 中村直幹 — スキージャンプ-東海大学 西本和人- 元プロ野球選手 佐藤真一 — 元プロ野球選手 大村巌 — 元プロ野球選手 佐竹学 — 元プロ野球選手 吉村将生 — 元プロ野球選手 伏見寅威 — プロ野球選手 田代将太郎 — プロ野球選手 柏木真介 — プロバスケットボール選手 菅原洋介 — プロバスケットボール選手 野口大介 — プロバスケットボール選手(レバンガ北海道所属) 阿部佑宇 — バスケットボール選手 小松秀平 — プロバスケットボール選手(新潟アルビレックス所属) 大塚裕土 — プロバスケットボール選手 西川貴之 — プロバスケットボール選手(レバンガ北海道所属) など! 東海大学付属札幌高校男子バスケ部のデータ 創部 不明 コーチ 佐々木 睦己 アシスタントコーチ 番井 涼太 マネージャー 児玉 晴弥 引率責任者 佐々木 睦己 出場回数 2年連続36回目 過去の成績 [優勝]0回 [準優勝]0回 [ベスト4]0回 北海道屈指のバスケ強豪校。 インターハイ・国体・ウィンターカップの常連です。 ウインターカップでは目立った成績は残せていませんが、1999年のインターハイでは準優勝経験あり。 去年のウインターカップは初戦敗退。 東海大学付属札幌高校男子バスケ部の登録メンバーと出身中学 それでは、東海大学付属札幌高校男子バスケ部の登録メンバーと出身中学、背番号、身長などを確認してみましょう。 4 長尾 光輝 175㎝ 3年 (東海大四中) 5 柴田 京哉 175㎝ 3年 (東海大四中) 6 山本 鳴海 187㎝ 3年 (東海大四中) 7 溝口 月斗 192㎝ 3年 (札幌市立平岸中) 8 後藤 優斗 168㎝ 3年 (旭川市立愛宕中) 9 古川 義人 182㎝ 3年 (釧路市立幣舞中) 10 増川 翔大 178㎝ 3年 (札幌市立厚別中) 11 赤川 塁 188㎝ 3年 (利府町立しらかし台中) 12 山下 諒 178㎝ 3年 (札幌市立厚別南中) 13 草富 公徳 188㎝ 2年 (札幌市立上篠路中) 14 島谷 怜 178㎝ 2年 (東海大四中) 15 原田 一真 180㎝ 2年 (札幌市立札幌中) 16 斉藤 幹大 182㎝ 2年 (旭川市立緑が丘中) 17 越後 元貴 180㎝ 2年 (札幌市立稲積中) 18 杉澤 ロメオ 177㎝ 1年 (札幌市立平岡中央中) チーム平均身長 180. 5cm ------- 注目選手は・・・ 身長192㎝のセンターである、 溝口月斗選手! 身長175㎝のポイントガードである、 柴田京哉選手! この去年のウインターカップを経験していて、奮闘した選手たちに注目です。 まとめ 「ウインターカップ2017(第70回全国高等学校バスケットボール選手権大会)」に、北海道代表として出場する東海大学付属札幌高校男子バスケ部(北海道)のメンバーや出身中学などをご紹介させて頂きました。 北海道屈指の強豪校。 ウインターカップではあまり目立った成績が残せていないので、今回は躍進を期待したところ。 メンバーには去年の大会を経験している選手も残っています。 ぜひご注目下さい。 - , ,.

次の

高校バスケPRESS :: 東海大学付属札幌高等学校

東海大学付属札幌高校

札幌キャンパスでは1月11日に、北海道内の中学生、高校生、大学生などの陸上選手を対象とした「北海道室内陸上競技強化練習会」(主催=東海大学札幌キャンパス、東海大学付属札幌高校、共催=一般財団法人北海道陸上競技協会)を開催しました。 雪の積もる北海道での陸上競技は冬季の練習方法が課題となるほか、棒高跳や走高跳などは室内で跳躍できる施設が限られています。 この催しは、本キャンパスの陸上競技部が普段から使用している第一体育館「TOKAI ARENA」を会場として活用し、2016年度から企画しているものです。 4回目の開催となった今回は、本学体育学部卒業生で北海道陸上競技協会跳躍強化コーチの高見朋宏氏(北海道羽幌高校教諭)や札幌キャンパス陸上競技部出身の馬場友也氏(国際文化学部卒業・北海道ハイテクアスリートクラブ)、久我洸士郎氏(同・SPAA)らが、棒高跳・短距離走・走高跳の実技指導を行いました。 当日は、約150名の参加者が3グループに分かれて練習を実施。 基礎練習や実技などに挑戦しました。 棒高跳びでは、初心者から上級者まで各班で練習し、体育館内に設営されたピットを使って実技に臨みレベルアップを図りました。 また、短距離走のグループは体育館内の走路でミニハードルを使った練習などを実施し、トレーニングアリーナでは短距離走者に求められる筋力を養うトレーニングも指導。 走高跳では実践を想定した練習に励みました。 札幌キャンパス陸上競技部の選手たちも運営をサポートし、トレーニングセンターでの補強トレーニングなどにも参加しました。 運営に当たった陸上競技部の広川龍太郎監督(国際文化学部教授)は、「卒業生の馬場や久我ら実業団でも活躍する選手たちが中高生らに指導できるまでレベルアップしてくれています。 また、棒高跳の指導では高見先生をはじめ多くの指導者が北海道中から集まり、質の高い熱心な指導を行っていただいており、参加者の競技力向上につながっています。 毎回多くの参加者がある中で、皆が切磋琢磨してくれており、今後もこのような場を提供することで、社会貢献につなげていきたい」と話しています。

次の