火口 の ふたり 公式。 『火口のふたり』ネタバレ!ラストの結末!柄本佑主演の映画の感想

火口のふたり|フル動画を無料視聴しよう!

火口 の ふたり 公式

この記事でわかること• 映画『火口のふたり』のあらすじの紹介• 映画『火口のふたり』の作品情報や予告動画• 映画『火口のふたり』のキャスト・監督・原作の紹介 公開は2019年8月ですね。 「世界が終わるときに、誰と何をして過ごすか?」 そんな問いかけに答えるかのような、男女のセックスがテーマとして描かれている映画ですね。 今回は、「 映画『火口のふたり』あらすじネタバレ・結末は?キャストと監督や原作、予告動画紹介!エロさが文学的甘美」と題してご紹介してまいります。 出演は、柄本佑さんと瀧内公美さんですね。 濃厚なエロさのある作品になってます。 anemo. 東京で働き、自ら起業をし、それも失敗に終わった永原賢治。 賢治は何もかも失っい、借金だけが残った生活を送っていた。 そんな賢治は、ある日、旧友でもあり、かつて異常な関係を持っていたことがある佐藤直子の結婚式に出席するため、地元の秋田へ帰省する。 震災後の秋田で久しぶりの再会を果たした永原と直子。 そこで、直子からの衝撃の言葉が賢治に降りかかる。 「今夜だけ、あの頃に戻ってみない?」 直子の言葉をきっかけに、ふたりはふたたび体を重ねあうようになる。 直子の婚約者が戻るまでの五日間。 身体に刻まれた快楽の記憶と葛藤の果てに、ふたりが辿り着いた先とは? 映画『火口のふたり』あらすじネタバレ:終末から再生のセックスへ こちらからは、映画『火口のふたり』の結末(ネタバレ)についてご紹介してまいります。 ネタバレを避けたい方は、ご注意ください。 anemo. 「この五日間の俺たちは、いわばヤケクソだったのだ」 賢治はそう回想する。 性器が腫れ上がるほどセックスに没頭し、セックスと食事をひたすら繰り返す。 賢治と直子は、あるがまま、なすがままに時間を過ごしてくのであった。 そして、突然の富士山の噴火。 震災を経験し、日本最大の活火山の噴火により、日本は壊滅状態に再び陥る。 明日の見えない絶望的な状態に陥ったとき、人間は本能的に生きるのか。 セックスで肉体的、精神的に満たされたいという欲求を解放し、この行為に没頭してしまうのであった。 pintscope. 1986年生まれの俳優さんですね。 ご両親、ご兄弟も俳優業をしている芸能一家の中で育ってますよね。 奥様も、あの安藤サクラさん。 榎本佑さん自身は、2001年に黒木和雄監督の『美しい夏キリシマ』の主演を演じ、数々の映画新人賞を受賞されています。 それ以降、様々な映画で鮮烈な印象を残し続け第一線で活躍している方ですよね。 最近の作品では、映画『居眠り磐音』や映画『アルキメデスの大戦』にもご出演されています。 映画『居眠り磐音』については、以下でもご紹介しています。 また、映画『アルキメデスの大戦』も以下の記事でご紹介しています。 ぜひ、柄本佑さんの出演作品もチェックしてみてください。 html ここでは、映画『火口のふたり』の監督についてご紹介してまいります。 映画『火口のふたり』の監督は、荒井晴彦さん。 日本でも重鎮となってきている脚本家でもあり、映画監督でもありますね。 また、日本映画大学で教授も務められています。 主な監督作品として、『赫い髪の女』、『遠雷』、『Wの悲劇』、『ヴァイブレータ』、『大鹿村騒動記』、『共喰い』などがありますね。 スポンサーリンク 映画『火口のふたり』の原作:白石一文「火口のふたり」について:原作もエロい名作文学 ここでは、映画『火口のふたり』の原作についてご紹介してまいります。 原作は、白石一文さんの「火口のふたり」がそのまま原作となっていますね。 白石一文先生は、2009年に「この胸に深々と突き刺さる矢を抜け」で山本周五郎賞を受賞していますね。 また、翌年2010年には、「ほかならぬ人へ」で直木賞を受賞し、絶大な支持を得ています。 白石一文先生の初の映画化となっていますね。 そして、この小説の表紙。 とてもセクシーですよね。 しかも、良く見るとかなり際どい写真で、インパクトも高く、作品同様の仕上がりになってますね。

次の

『火口のふたり』柄本佑&瀧内公美、“塗れ場のリアリティ”の秘密明かす 荒井晴彦監督は批判に反応|Real Sound|リアルサウンド 映画部

火口 の ふたり 公式

直木賞作家・白石一文作品 初の映画化 本作は、09年「この胸に深々と突き刺さる矢を抜け」で山本周五郎賞、10年「ほかならぬ人へ」で直木賞を受賞し、幅広い世代から絶大な支持を得る白石一文による著作の初の映画化となる。 映画化を快諾したという白石氏は、「『赫い髪の女』や『遠雷』の頃から荒井晴彦さんの脚本に魅せられてきた者のひとりとして、その荒井さんから映画化の話をいただき、一も二もなくすべてをお任せすることにした。 しかも今回は自らメガホンを握って下さるという。 」と語り、映画化へ向けて期待の言葉を寄せている。 『ヴァイブレータ』『共喰い』 『海を感じる時』 日本を代表する脚本家・荒井晴彦監督作 数々の作品で、男と女のエロティシズムを表現し、キネマ旬報脚本賞に5度輝く、日本を代表する脚本家・荒井晴彦。 本作は、『身も心も』、『この国の空』に続き、脚本・監督に挑んだ渾身の一作。 「死とエロスが匂いたち、相米慎二監督も惚れ込んだという秋田の西馬音内盆踊りと、男女の恋を絡めた映画を作りたかった」と語り、物語の舞台を福岡から秋田へ変更し、全編秋田ロケを敢行。 また、写真家・野村佐紀子によるモノクロームの写真の数々によって、主人公のふたりの過去を鮮やかに蘇り、映画ならではの抒情的な世界観を作り上げることに成功した。 さらに、登場人物たちの感情を代弁するかのような下田逸郎によるメロディアスな楽曲が、男と女の深淵へと迫る物語へと見事に昇華させている。 柄本佑・瀧内公美 ふたりだけの日常、ふたりだけの会話、 ふたりの身体の言い分 主演を務めたのは、『きみの鳥はうたえる』などで数々の賞を受賞し、今日本映画界で欠かせない存在となった実力派俳優・柄本佑と、廣木隆一監督の『彼女の人生は間違いじゃない』での演技が評価され、活躍の場を広げている新鋭・瀧内公美。 出演者はこの2人のみ。 数年ぶりの再会をきっかけに、抑えきれない衝動の深みにはまっていく危うい関係を、大胆かつ濃密に演じきった。 他愛のない会話、食事、セックスを繰り返し、「身体の言い分」に身を委ねるふたりの日常の中の性愛。 「世界が終わるとき、誰と何をして過ごすか?」という究極の問いを、観る者に突きつける<R18>衝撃作が誕生した。 荒井:東日本大震災が起きて、翌年の2012年にはもう原作は発行されていますよね。 当時、いろんな新聞に書評が出ているのを見たのと、同業者の小川智子から勧められて原作を読んだのですが、興味をひかれたのは、日本が終ってしまいそうな時に、「身体の言い分」に身を委ねる二人がアナーキーでいいなと思いました。 世間的な価値観や倫理じゃなくて、身体がしたい事をさせてあげようという。 白石:映画を観た直後の感想としては、「身体の言い分」という点に荒井さんはテーマを強く絞り込んでおられるんだなと感じましたね。 そこが、とても鮮やかで原作者の僕でもハッとさせられるものを感じた。 劇中、賢治と直子が二人で寝ていて、昔の話をするところがありますよね。 あの場面なんてジーンとしてしまった。 自分の作品のキモを一発で言い当てられたような気がしました。 ところで、荒井さんはどうして今回、脚本だけじゃなく、監督までしようと思ったんでしょうか? 荒井:登場人物が二人くらいなら監督できるかなと。 ただ、年齢の設定は、白石さんが書いていたよりも、大分、若くなった。 白石さんの原作では賢治は40前後、直子は30代半ばですよね?当初、その年代の俳優をずっと探してはいたんですけど。 ただ、主演の二人が若くなった分、ちょっと明るい軽い感じになって青春映画になったようにも思いましたね。 白石:それは僕も感じましたね。 これを書いたとき、自分は結構な年齢で、セックスに対する興味もずいぶん薄れてしまっていたんです。 若い人の欲望や衝動は分からない気がしていた。 でも、映画を見て、小説ももう少し若い設定でもよかったのかもしれないと思いましたね。 瀧内さんと柄本さんだから、賢治と直子のやり取りもエネルギッシュにもなりましたね。 そもそも原作はほとんどセックスシーンだけだから、よく、映画化してもらったなと思います。 執筆していた時期は原発事故が生々しく、誰もが大きな不安を抱えていた。 たとえばもっと原発に近い場所に住んでいて、自分がもう少し若かったら一体どうするだろうと考えました。 人がたくさん亡くなったり故郷を追われるような事態に向き合うと、作家として何か書かなきゃいけない。 ただ、そこで嘘はやっぱり書けない。 できるだけ嘘を排した物語を探す過程で、人は大きな世界が壊れた時、小さな世界の中に生きる道を見つめるしかないと思うわけです。 直子と賢治は二人だけの小さな世界に閉じこもり、男女である以上は当然身体の関係が伴うので、嘘のつけない宇宙の中に放り込まれるんじゃないか。 そこには快感もあるし、持っている特質も表に出るんだろうな、と。 そしてそうした小さな宇宙の中に潜んだときに人間は初めて本当のしぶとさを発揮するような気がしたんですね。 荒井:だから原作と出会ってからずっと、早く撮りたいと言っていたんですよ。 東日本大震災の後、日本のあちこちで噴火も起きて、地震も起きて、自然災害という非日常的な、それは戦争という言葉にも置き換えられるけど、そういう理不尽な状況に対して、気持ちいいって言葉をぶつけたかったんですね。 こんな緊急事態にセックスばっかりしている。 それはアンモラルなことで、考えようではとんでもないことなんだけど、そういう風に作って、やってみたいなと思ったんです。 荒井:前回、監督した『この国の空』でもそうだけど、背景には戦争という大きなことがあるけれど、それよりも自分と自分の好きな男の問題の方が大きい、僕はそれでいいんだよ、と。 みんながそうなれば戦争もできない。 理性か、身体かと自問自答した際、身体の言い分を聞こうよというのは革命的な意見だと思うんですよ。 それを抑えろとするのが世の中がだから。 白石:僕は男なので、これは幻想かもしれないけど、何か困ったら、女の人のところに逃げればいいといつも思っているんです。 セックスに限らず、女性の中には何でも入れるような気がして、防空壕、逃げ場所なんです。 だから拒絶されると終わりで、失望しかないんですけど、でも、本当に困ったとき、大変なとき男はどこか別の場所に逃げるのではなく女の人の中に逃げなさいと言いたい。 逃げるのって難しいんです。 逃げる体力があるときは逃げないし、体力がなくなってから逃げようとするとすぐ息が切れちゃう。 今の男性はそういう点でトランプのスペードのエースを使ってないような気がする。 それを使っていいんだよと、それだけは是非伝えたいですね。 インタビュアー: 金原由佳 永原賢治役柄本 佑 1986年生まれ、東京都出身。 2001年、黒木和雄監督の『美しい夏キリシマ』の主人公康夫役を演じ、数々の映画新人賞を受賞。 以後、様々な映画で鮮烈な印象を残し続け第一線で活躍。 佐藤直子役瀧内公美 1989年生まれ、富山県出身。 2012年、本格的に女優としての活動を開始。 2015年には白石和彌監督『日本で一番悪い奴ら』にて、打算的な若手婦警役を好演。 2017年、廣木隆一監督『彼女の人生は間違いじゃない』の主人公 金沢みゆき役を演じ、第27回日本映画プロフェッショナル大賞新人女優賞、2017年度全国映連賞女優賞を受賞。 第42回報知映画賞主演女優賞ノミネート、第72回毎日映画コンクール主演女優賞ノミネート、など高い評価を得る。 2019年1月19日 土 よりNHK『ゾンビが来たから人生見つめ直した件』 全8回 に出演。 2月8日 金 公開のオムニバス映画『21世紀の女の子』では、竹内里紗監督作品『Mirror』で主演を務める。 佐藤直子役瀧内公美 最初に脚本を読んだ時の感想は、絡みのシーンが多い、他愛のないことをずっと喋っている。 面白いけれど、私に出来るのかなぁと思いました。 現場に入り柄本さんとお芝居をすると、賢治と直子として他愛のないことを話す、食べる、身体を合わせる、寝る。 そんな二人の日常を積み重ねていくうち、ああ生きるってこういう事なのかなと、自然と身体が動き、賢ちゃんを真っ直ぐ見て、聞いて、素直に直子として生きたように思えます。 良い緊張感と幸福感が現場に漂い、荒井さんと柄本さんの何気ない会話の端々に、この映画にとっての大切な何かがあるような気がして、さりげなく聞いているのが毎日の愉しみでした。 まだ仕上がりは見ていませんが、綺麗に撮っていただきましたので、実物より綺麗な私を見て欲しいです(笑)。 お楽しみに。 1958年生まれ、福岡県出身。 早稲田大学政治経済学部卒業。 文藝春秋に勤務していた2000年、「一瞬の光」を刊行。 各紙誌で絶賛され、鮮烈なデビューを飾る。 09年「この胸に深々と突き刺さる矢を抜け」で山本周五郎賞を、翌10年には「ほかならぬ人へ」で直木賞を受賞。 巧みなストーリーテリングと生きる意味を真摯に問いかける思索的な作風で、現代日本文学シーンにおいて唯一無二の存在感を放っている。 「不自由な心」「すぐそばの彼方」「私という運命について」「神秘」「愛なんて嘘」「ここは私たちのいない場所」「光のない海」「記憶の渚にて」「一億円のさようなら」など著作多数。 本作「火口のふたり」が初の映画化作品となる。 脚本・監督荒井晴彦 1947年生まれ、東京都出身。 季刊誌『映画芸術』の編集・発行人。 若松プロの助監督を経て、77年の『新宿乱れ街 いくまで待って』で脚本家デビュー。 『身も心も』 97 、『この国の空』 15 では脚本・監督を務めた。 エグゼクティブプロデューサー森重晃 1955年生まれ、山口県出身。 プロデューサー田辺隆史 1948年生まれ、岡山県出身。 早稲田大学中退。 フリーの映画助監督を経て、勝プロにてテレビドラマ演出。 1982年、㈱ヴァンフィルにてプロデュサー、1988年、㈱東北新社に編入者。 2006年、同退社。 他にテレビ作品多数。 撮影川上皓市 1970年生まれ、東京都出身。 助監督竹田正明 1948年生まれ。 19歳で作詞・作曲家浜口庫之助に師事。 1969年「霧が深いよ」でデビュー(シモンサイ)。 寺山修司・東由多加と出会い、1970年ロックミュージカル「ゴールデンバット」の作曲音楽監督としてNYオフブロードウェイ公演に参加(東京キッドブラザース)。 その後、NYに滞在後帰国。 シンガーソングライターとして8枚のLPアルバムをリリース。 30代で国内・海外の放浪生活の後、40代で唄づくりを再開。 ソングライターとして「月のあかり」(桑名正博)、「セクシィ」(石川セリ)などがあり、自身のCDアルバムも多数リリース。 本作は、荒井が脚本・監督を務めた『身も心も』(97)、『この国の空』(15)に続いて3作品目の楽曲提供となる。 また今年は自身の原案・監督による映画『百憶年』を完成させた。 写真野村佐紀子 1967年、山口県生まれ。 1991年より荒木経惟に師事。 モノクロームの詩的で濃密な男性ヌード写真で知られる。 東京を中心に国内外で広く活躍し注目を集めている。 展覧会写真集多数。 おもな写真集に「裸ノ時間」(平凡社)、「愛ノ時間」(BPM)、「夜間飛行」(リトルモア)、「黒猫」(t. sakikonomura. com• 絵蜷川みほ 神奈川県出身。 アーティスト・女優。 芸術一家のもとで育ち、幼い頃より絵画に親しむ。 2007年より、数々の展覧会に参加。 2016年からは、定期的に個展を開催。 アロハシャツ・ブランド「SUN SURF」、日本酒「一ノ蔵」などへの作品提供もしている。 女優としては、1985年TBS系ドラマ「五度半さん」でデビュー。 以降、数々の映画、舞台、テレビドラマに出演。 また、ミュージシャンとしての顔も持ち、1997年にはロックバンド「VERY VERY IRON」結成し、Vocal&Guitarとしてメジャー展開。 2007年には、ソロアルバム「ninamiho」を発表している。 原作白石一文 『赫い髪の女』や『遠雷』の頃から荒井晴彦さんの脚本に魅せられてきた者のひとりとして、その荒井さんから映画化の話をいただき、一も二もなくすべてをお任せすることにした。 しかも今回は自らメガホンを握って下さるという。 原作者としてこれに優る光栄はない。 「火口のふたり」はあの大震災から時を経ずに一気呵成で書き上げた小説で、私としてはめずらしいほど生命力にあふれた作品だ。 人のいのちの光が最も輝く瞬間をどうしても描きたかったのだろう。 脚本・監督荒井晴 2006年に西馬音内盆踊りを見たのが、スタートだったかもしれない。 あきた十文字映画祭が映画教室をやるというので、シナリオ指導で十文字町に来ていた。 映画祭は2月なので、夏の秋田は初めてだった。 雪の無い秋田はなんかスカスカしている気がした。 雪が無けりゃ何も無いとでも言ったのだろうか、映画祭の吉村美貴子に、相米慎二監督が三日間観た西馬音内盆踊りというのがあるんですよ、見ますかと言われた。 毎年8月16、17、18日に開催される盆踊りの2日前に、NHKの盆踊りの特集で観た相米に言われて田辺マネージャーが宿の手配で電話してきたという。 2日前では宿はある筈も無く、吉村が奔走して、2晩は確保したが1晩は吉村の家に泊めたという。 相米は「来年は俺も踊ろうかな……」と言い残して帰ったそうだが、その来年、2001年、相米は、2月の映画祭(露天風呂で降りかかる雪が相米の頭で溶けていた)のあと、入院、9・11の二日前に死んでしまう。 西馬音内盆踊りを観た。 黒い布に目穴が開いた彦三 ひこさ 頭巾と深くかぶった編み笠で踊り手の顔は隠れている。 男か女かも分からない。 くるっと回転する時の草履が道をこする音がいい。 亡者踊りともいわれてるように、死とエロスが匂い立ってくる。 相米が三日間観ていたというのが分かる気がした。 いつかこの盆踊りと男と女を絡めた映画を作りたいと思った。 東日本大震災と原爆事故の翌年、白石一文の「火口のふたり」が刊行される。 意表をつくカタストロフィーだが、まだ、あれから2年もたっていない時だ、あるかもと思わせられた。 白石さんに原作をもらいに行った時、福岡を秋田に変えていいですかとお願いした。 白石さんはアライさんじゃ仕方が無いですねと言ってくれた。 その時から4年、震災から7年もたってしまった。 直子の結婚式に出るために故郷へ帰った賢治は直子に「今夜だけ、あの頃に戻ってみない?」と言われる。 「賢ちゃんが相手の人とうまくいかなくなるのは分かってたし、だったら、私、待ってればよかったかなって。 ヘンな嫉妬なんてしないで、もっとちゃんと自分の身体の言い分を聞いてあげた方がよかったのかもしれないって」と直子は言う。 何があろうと「自分の身体の言い分」を聞いてあげようという映画です。 エグゼクティブプロデューサー森重晃 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 プロデューサー田辺隆 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 撮影川上皓市 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 編集洲﨑千恵 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 助監督竹田正明 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 音楽下田逸郎 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 写真野村佐紀子 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 絵蜷川みほ ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 ダミー。 出演:柄本 佑 瀧内公美 脚本・監督:荒井晴彦 原作:白石一文「火口のふたり」 (河出文庫刊) 音楽:下田逸郎 製作:瀬井哲也 小西啓介 梅川治男 エグゼクティブプロデューサー:岡本東郎 森重 晃 プロデューサー:田辺隆史 行実 良 企画:寺脇 研 企画協力:㈱河出書房新社 撮影:川上皓市 照明:川井 稔 渡辺昌 録音:深田 晃 装飾:髙桑道明 衣装:小川久美子 美粧:永江三千子 編集:洲﨑千恵子 音響効果:齋藤昌利 制作担当:東 克治 助監督:竹田正明 写真:野村佐紀子 絵:蜷川みほ タイトル:野口覚 特別協力:あきた十文字映画祭実行委員会 よこてフィルムコミッション 秋田フィルムコミッション研究会 製作:「火口のふたり」製作委員会 制作プロダクション:ステューディオスリー 配給:ファントム・フィルム 全国大ヒット公開中•

次の

火口のふたり : 作品情報

火口 の ふたり 公式

8月23日、〈R18〉指定の衝撃作、脚本家 荒井晴彦監督作品「火口のふたり」が、武蔵野館ほか全国公開される。 同時に、本作でも音楽を担当している下田逸郎が、「脚本家 荒井晴彦が映画の中に流し込んだ 下田逸郎の唄たち」というCDをリリースした。 1970年の1年間、東京キッドブラザース「ゴールデンバッド」ニューヨーク公演に音楽監督として参加した後、日本に帰って来て、翌71年、23歳の下田は、レコード・アルバム「遺言歌」を残して、再び、ニューヨークに旅立った。 3年後、日本に、白人女性歌手ビッキー・スーと黒人男性歌手アレクスを連れて帰って来て、アルバム「飛べない鳥 飛ばない鳥」という話題作を発表した。 のち、ソングライターとして、「踊り子」、「セクシー」、「ラブホテル」など、数々のラブ・ソングをヒットさせ、ラブソングの元祖などといわれたが、下田逸郎のラブソングには、生きていること自体を体感する「愛」の行為には、必ず「死」の匂いがあることを示唆している。 数々の作品で、男と女のエロティシズムを表現して、キネマ旬報脚本賞を5度も受賞している脚本家 荒井晴彦と下田とは、根の部分で絡まり合う表現者同士として、必然的に繋がることになる。 言葉とメロディが、ふたりの過去と今を繋ぐ凧の糸のように見えて、冒頭からずしっと胸に来た。 歌と一体となって、「世界の終わり」を旅する賢治と直子の求めあう場面が、再生するかのように、永遠に続くかに思えた。 寺本幸司(音楽プロデューサー) 映画『火口のふたり』公開記念アルバム「脚本家 荒井晴彦が映画の中に流し込んだ下田逸郎の唄たち」2019. 1 発売 日本を代表する脚本家・荒井晴彦を語る上で欠かせない、下田逸郎の楽曲を集めた記念すべき名盤が完成。

次の