梅酒 作り方 焼酎。 注意したい、自家製梅酒作りの落とし穴

超お手軽な梅酒の作り方。500ml少量サイズで作る!

梅酒 作り方 焼酎

その条件とは• 酒税が課税済みのもの を使うことです。 また、以下のもの以外を混ぜ込む場合で、自分が飲むために作るものです。 1 米、麦、あわ、とうもろこし、こうりゃん、きび、ひえ若しくはでんぷん又はこれらのこうじ 2 ぶどう(やまぶどうを含みます。 梅酒作りに使うお酒 一般的に梅酒はホワイトリカー(焼酎)を使って作ります。 焼酎のアルコール度数は30度を超えていることがほとんどですので、安心です。 また、焼酎以外でも、ジンやウォッカなどのスピリッツ、またブランデーを使って作ることもあります。 梅をしっかり洗って乾かすこと 梅酒は瓶の中で長期間発酵させて作るお酒です。 そのため瓶の中に雑菌が入ってしまったり、梅に雑菌がついているとカビが生えてせっかく作った梅酒が飲めないなどといった悲しい結果になってしまう可能性があります。 梅酒作りの工程では梅を漬ける前にしっかり洗って、一個一個をザルに広げたり清潔なふきんで拭いたりして乾かします。 これは梅に雑菌がついたまま漬け込んでカビが生えるのを避けるためです。 瓶をしっかり消毒する 瓶の消毒方法• 瓶に熱湯を少しだけ入れて、瓶を回すようにして熱湯をいきわたらせて消毒する。 ホワイトリカーを少しだけ瓶に入れ、清潔なキッチンペーパーで隅々までぬぐう。 また耐熱ガラスであれば、以下の方法で消毒できます。 くれぐれも 耐熱ガラスであることを確認してから煮沸消毒してください。 大きな鍋に瓶を横にして入れて、水から火にかけ、沸騰してから15分以上煮る。 直射日光に当てない 梅を漬け込み、蓋をしたら冷暗所に保存してゆっくりと発酵し熟成するのを待ちます。 この時に直射日光に当たらないように注意しましょう。 直射日光に当たると、瓶の中の温度が急激に上がってしまい、梅酒の発酵に悪影響を与えてしまいます。 棚の中などにしまわず、室内に瓶を置く場合は特に置き場所に注意します。 梅はすぐに使う(購入したまま放置しない) 梅酒に使う梅は、まだ熟していない青い色の梅を使います。 梅酒用の梅として売られているものはこの青い梅です。 ところが梅は、収穫した後も少しずつ成長して熟していきます。 青い梅も放っておくと次第に黄色く柔らかくなり、梅酒に向かない梅になってしまいますので、梅酒用の梅を購入したら、なるべくすぐに梅酒作りに取り掛かります。 自家製梅酒の作り方 注意ポイントをしっかり押さえたら、自家製梅酒作りにチャレンジしましょう。 用意するもの 以下のものを用意して作っていきましょう。 耐熱ガラスの瓶(4リットル以上入る蓋付きのもの)• 梅 1キロ• 氷砂糖 500g~700g• ホワイトリカー 1. 8リットル• 竹串(梅のヘタを取り除くためのもの)• ふきん 梅酒づくりの手順 瓶を消毒しましょう 最初に梅酒をつける瓶を熱湯で消毒しますよ。 火傷に注意してくださいね。 瓶に熱湯を注ぎ内側にまんべんなくかかるようにしましょう。 熱湯を捨て、清潔なふきんで瓶の水気を拭き取ります。 瓶の口を下にして、完全に乾燥させましょう。 梅の準備• 梅を丁寧に洗いましょう。 たっぷりの水につけてあく抜きをします(2時間位)。 あく抜きが終わったらふきんで拭いて水気をとります。 カビの原因になるので注意してくださいね。 竹串で梅のヘタを取り除きます 梅と金属は相性が悪いといわれているので、できるだけ竹串で丁寧にヘタをとりましょう。 ヘタはえぐみにつながりますよ。 梅をつける• 瓶に梅を半分入れましょう。 氷砂糖も半分入れましょう。 残りの梅を入れましょう。 残りの砂糖を入れましょう。 ホワイトリカーをゆっくり注ぎましょう。 寝かせる しっかり蓋をして、冷暗所に保存します。 三カ月後くらいから飲むことができ、一年後くらいからコクが出てきます。 ときどき瓶を動かして、中身が混ざるよにしてくださいね。 また、梅は一年半くらいで取り除いておきましょう。 長くつけすぎると梅酒濁ってくることも有りますよ。 注意点を抑えれば、自家製梅酒作りは簡単 自家製梅酒を作るためには、法律違反にならならいようにすることと、梅にカビが生えたり雑菌が入り込まないようにする注意が必要です。 しかし逆に言えばこの点を抑えておけば梅酒作りはとても簡単な作業だともいえます。 青い梅が並び始めたら、今年は梅酒作りに挑戦してみませんか?1年後にはきっとおいしい梅酒を飲むことができますよ。 でも、自分の生活スタイルに見合った電気料金プランに切り替えるだけで、夏の高い電気代も節約が可能です。 夏になる前に電力会社のプランを見直して、夏の電気代を安くおさえましょう。 さっそく、今よりも電気代を安くできるプランを探してみよう! 「エネチェンジ電力比較」では、かんたんな質問に答えるだけで電気料金のシミュレーションを行い、あなたのご家庭にぴったりな電気料金プランをご案内いたします。 もちろん、無料でご利用いただけます。

次の

簡単、おいしい梅酒の作り方

梅酒 作り方 焼酎

自家製梅酒を作った経験はありますでしょうか。 梅酒はお酒が苦手な人でも比較的飲みやすく、手軽に家でも作ることができる人気のあるお酒です。 この記事では梅酒の作り方と、ベースによる味の違いについて紹介していきたいと思います。 きっと「こんなに簡単なのか」と驚かれると思いますので、ぜひとも自分好みの自家製梅酒作りに挑戦してみてください。 【今更聞けない】そもそも梅酒とは? そもそも梅酒とはどのようなお酒なのでしょうか。 梅酒は日本で古くから好まれている果実酒の一種で、毎年6月頃に収穫される青梅をアルコール度数20度以上のアルコールに漬け込んで作ります。 時間をかけて寝かせることで梅のエキスが徐々に染み出し、芳しい風味と甘みのあるお酒になります。 梅酒と一言で言っても、ベースとなるお酒によって異なる特徴の梅酒ができるため、作る人の好みを反映させやすいのも好まれる点ではないでしょうか。 また、 長く寝かせておくことで味に深みも生まれてくるため、毎年漬けることでその年その年の味の違いも楽しめます。 注意点として、アルコール度数が20度未満のお酒で作ると再発酵により度数が上がってしまい、酒税法に違反します。 ですので、梅酒を作る際は 20度以上のアルコールを使うようにしてください。 一般的な家庭用梅酒の作り方 梅酒に必要な材料と作り方は以下の通りです。 分量は一般的な量になりますので、好みに合わせて調整してください。 密閉できるガラス瓶・・・・容量5リットル• 青梅・・・・・・・・・・・1Kg• 氷砂糖・・・・・・・・・・500g~800g• お酒(アルコール度数20度以上のもの)・・1. 8リットル 作り方 1. ガラス瓶を消毒する 熱湯を注ぎ入れ煮沸消毒したのち、しっかりと水気を拭き取ります。 日の当たる場所に口を下にして置き、十分に乾燥させます。 青梅を水洗いする 洗剤は使わずに、流水でやさしく洗います。 洗った後はひとつひとつ丁寧に水気を拭き取りましょう。 青梅のヘタを取り除く 竹串を使って、青梅のヘタを取り除きます。 この時なるべく傷をつけないように注意してください。 青梅と氷砂糖を入れる ガラス瓶に青梅と氷砂糖を交互に入れていきます。 全体的に偏りがないように入れるのがポイントです。 この時も青梅に傷がつかないようにやさしく扱ってください。 お酒を注ぎ入れます。 ガラス瓶にお酒を注ぎ入れます。 お酒の種類によって味わいが変わりますので、好みのものを選んでください。 保存する しっかりとふたをして、冷暗所で半年~1年くらい寝かせると飲み頃になります。 ベースのお酒ごとの梅酒の特徴 ベースとなるお酒によって味わいの違いを楽しめることも、自家製梅酒の醍醐味のひとつです。 焼酎、日本酒、ブランデーの3種類を取り上げ、それぞれの違いについて紹介します。 焼酎(ホワイトリカー) 一般的に梅酒と呼ばれるものは焼酎で漬けることが多いですが、特にホワイトリカーは無味無臭のお酒のため、余計な味わいが追加されず梅自体の風味が楽しめます。 そのため、どのような飲み方にも合いますが、ジュースやお茶で割ることでお酒が苦手な人にも飲みやすくなります。 また、焼酎が好きな方はホワイトリカーではなく本格焼酎を使うことで、焼酎自体の味わいを含んだ梅酒を作ることができますので、好みに合わせて数種類作ってみるのも楽しいかもしれません。 ブランデー ブランデーで作る梅酒は熟成が早いのが特徴です。 通常半年くらい寝かせる必要がありますが、ブランデーで作った場合は早くて3か月程度で飲み頃になります。 ブランデー単体の飲みにくさがなくなり、ブランデーと梅の甘さが合わさってまろやかな味わいになります。 ブランデー自体の甘みもありますので、砂糖の量は好みに合わせて調整してみるといいと思います。 すっきりしたものが好みであれば少なめに、甘さを際立たせたいなら多めといった具合です。 また、ブランデー自体が時間を置くことでまろやかな味わいになりますので、梅のエキスが染み出すとともにブランデーも熟成され、ブランデーの深い味わいと梅の爽やかさが楽しめる、お酒好きな人におすすめの梅酒です。 日本酒 日本酒と梅。 いかにも合いそうですね。 日本酒で梅酒を作る際は、砂糖を少なめにして作ることで日本酒の良さが引き立ちます。 特徴としては、日本酒本来の米の甘みを残しつつ梅の爽やかな味わいが追加されたすっきりとした梅酒になります。 そのため、ジュースやお茶で割ると日本酒の良さが消えてしまうので、ロックやソーダ割がおすすめです。 注意点として、日本酒は20度未満のものが多いため、アルコール度数を確認し20度以上のものを使うようにしてください。 最近では梅酒用の日本酒も売られていますので、心配な方はこちらを選んでみてください。 もっと手軽に日本酒ベースの梅酒を味わいたい方 沢の鶴では3年以上の歳月をかけて熟成させた生酛(きもと)造り純米酒をベースとした古酒仕込み梅酒をご用意しております。 ストレートやロック、ぬる燗など様々な飲み方ができるおすすめの梅酒です。

次の

梅酒の作り方(レシピ)

梅酒 作り方 焼酎

それぞれどんな味わいになるのか楽しみです。 ・梅酒の材料 買ってきた材料はこちらです。 青梅、氷砂糖、各種お酒、瓶。 青梅1kgです。 青梅には毒素があるので、そのままでは食べることができません。 氷砂糖も1kgです。 氷砂糖は硬くてゆっくり溶けるので梅酒作りに適しています。 袋の裏に梅酒や梅シロップの作り方が書かれていました。 ・4種類のお酒 今回用意したお酒はこちらです。 家庭で梅酒を作る場合は、アルコール度数が20度以上と法律で決められています。 20度未満のお酒で梅酒を作ると違法になりますのでご注意ください。 ワインや日本酒などでも梅酒は作れますが、ほとんどはアルコール度数が20度未満です。 アルコール度数が20度未満だと再発酵によって新たなるアルコールが生成される恐れがあるためです。 また、自分で作った梅酒を販売するのも禁止されています。 果実酒の季節(ホワイトリカー) この瓶に材料を入れるだけで果実酒が作れます。 3日で作れる果実酒のレシピが裏面に書かれていました。 アルコール分35%です。 芋かのか(芋焼酎) 焼酎甲類乙類混和の芋焼酎です。 鹿児島産の黄金千貫さつまいもが9%使用されています。 濃醇まろやか仕立てでアルコール分は25%です。 久米島の久米仙(琉球泡盛) アルコール分は30度です。 黒こうじ、全麹仕込み、常圧蒸留など伝統製法にこだわって作られています。 原材料は米こうじ(タイ産米)です。 トリスクラシック(ウイスキー) 1946年から製造されている老舗のウイスキーです。 アルコール度数は37度です。 ほんのり甘い香りと、丸みのあるなめらかな味わいです。 瓶はこちらの「フルーツシロップびん1000ml」を使います。 自家製フルーツシロップの作り方レシピが掲載されていました。 注ぎ口付き内ブタが付いています。 ・瓶の消毒 まずは瓶を熱湯消毒します。 瓶のフタを外して熱湯を注ぎます。 フタをしてシャカシャカして消毒しました。 水気をよく切って乾燥させます。 ・梅の下処理 ボウルに水をたっぷり入れて梅を水洗いします。 洗った梅をザルに取り出して水気を切ります。 キッチンペーパーなどでよく水気を拭き取ります。 水分が残っていると腐る原因になるのでしっかり拭き取りましょう。 竹串などでヘタの部分をくり抜きます。 これで梅の下処理が完成です。 ・瓶詰め 4種類の梅酒を作るので均等に分けていきます。 氷砂糖も重さを量りながら4分割していきます。 まずは瓶の底に梅を敷き詰めます。 その上に氷砂糖を並べます。 また梅を敷いて、その上に氷砂糖。 ミルフィーユ状に重ねていきます。 これを4つ作ります。 最後に各種お酒を注ぎます。

次の