姓名判断 結婚運。 姓名判断で恋愛運、結婚運をみる

無料姓名判断【占いEYE】名前で運勢を占う、赤ちゃんの命名・名付け、改名に

姓名判断 結婚運

姓名判断は名前だけで様々な可能性を推し測ることができる実用的な手法にもなります。 名前の持つ性格や将来の方向性を把握することで人生がより充実したものになるでしょう。 恋愛や結婚において、相手との釣り合いや家系同士の相性などを確認することができます。 どのような人生の傾向にあり、どのような運勢になるのかを総合的に確認することができます。 自分が秘めている潜在能力や将来性などを確認し、進むべき道を明確にすることができます。 自分がどのような能力を持ち、どのような道で力を発揮できるのかを確認することができます。 日々の運勢を的確に把握することで、幸せや成功への近道を知ることができます。 会社の持つ潜在的な可能性や社会的な認知度、成功の具合や職場環境の良さなどを確認することができます。 名称が持つ運勢を確認することで、そのものと名前との相性の良し悪しや可能性を明確にすることができます。 姓と名の画数の配分や、七運の構成などを明確にしていくことで、画数を基本とした命名の方向性が分かります。 命名時に大事な画数を基本として、どのような漢字で赤ちゃんの名前を構成するのかを決めることができます。 72画の運勢名:災難運 吉凶:凶 この画数を持つ人は、向上心が非常に高く、常に理想を追い求めて努力する傾向にあります。 負けず嫌いで現状に満足することがないため、常に全力で先頭を走っていようとするでしょう。 その目的地と進む道が正しい物であれば、大きな満足感や成功を得られることになりますが、 その多くは間違った目的地や道となってしまう傾向にもあります。 そのため、問題や障害が多い道を選んでしまうことが多く、災難の多い人生となってしまうことも。 不遇を嘆くことも少なくはありませんが、思い込みが激しく、他人のせいにしてしまうこともあるでしょう。 しかし、その多くは自分の決断と選択であり、自らが反省し、道を省みないことには解決できないことが多くなります。 他人の幸せや成功を妬みやすく、自分もそれを望むことで、道を踏み外してしまうことになります。 少々険しい道を選択してしまうことなどから、敵を作りやすくなり、人に裏切られてしまうこともあります。 向上心があり、熱心に取り組むのは大事ですが、人からの反感を買うような道を歩まないようにしましょう。 他人と比較し、無いものねだりを繰り返してしまうと、人間関係や家庭は不穏なものとなり、 不安定な環境や離別を招いてしまうことになってしまいそうです。 その他の画数の意味は下記を参照してください。 姓名判断とは、姓名や名前の画数を元に運勢の吉凶を判断する占いの一つです。 画数の良し悪しはありますが、名付け親の愛情が込められていることも大事な要素になります。 自分の名前の運命を受け入れ、問題は改善し、乗り越える努力をしていくことも大事になります。 ここでの姓名判断の基本的な考え方は「名は体を表す」になります。 普段使用する漢字での姓名が、その体の本質や性格、可能性や運勢を表していると考えます。 良い画数の名前は、性格や運勢の良さを表し、悪い画数の名前は、性格や運勢の悪さを表します。 また、姓名判断での占い結果が良い名前は、努力が報われやすくなることや、環境に恵まれて巡り合わせが良くなります。 姓名判断は、あくまで姓名の持つ可能性や本質的な方向性を表すもので、その後の環境や育て方、本人の努力などで人生は大きく変わります。 占い結果が良いからという理由だけで幸せになれる訳でもなく、占い結果が悪いからという理由だけで不幸になるわけでもありません。 占い結果が良くても、考え方を誤れば転落人生になることもあり、占い結果が悪くても努力で成功することもできます。 今後の人生において改名や赤ちゃんの命名や芸名などを考える際、良い画数の名前にするに越したことはありません。 しかし、その後の努力を重ねることや、正しき道を進む事をしなければ、幸せや成功もまた期待できないものになります。 姓名判断を正しい手順と共に最大限に活用し、成功と繁栄とを目指して行きましょう。 姓名判断を活用することで、名前の持つ本質的な運勢や性格、特定の相手との相性などを占うことができます。 その名前がどのような運勢や可能性を持つのか、どのような性格や能力になるのかを確認することができます。 自分自身のことを知るだけではなく、周囲の人の性格や運勢を知ることで、人間関係や恋愛関係、家庭環境などを構築しやすくなるでしょう。 また、姓名判断を応用することにより、特定の相手との相性を占うこともできます。 相性は人間関係だけではなく、恋愛や結婚などにも活用することができ、良い関係を築く目安を確認することができます。 姓名判断では、恋愛運や結婚運を占うこともでき、自分がどのような人生を送る傾向にあるのか把握し、対策を講じることなどもできます。 名前同士の相性は非常に大事な要素になり、相性が良いと関係が進展しやすく、相性が多いと障害が多くなります。 特に相手との結婚などを考える際には名前の相性を重視し、家系同士の相性やその後の関係性なども確認しておきましょう。 姓名判断を用いて占いをする際には、姓 苗字 と名 名前 を構成する各漢字 ひらがな の画数を算出します。 漢字1文字ずつの画数が何画になるのかが非常に大事な要素になります。 その画数を元に様々な視点で、その名前がどのような運勢を持つのかを掘り下げていくのが姓名判断になります。 ここでの姓名判断の基本は「天運」「人運」「地運」「総運」の四運になり、そこに「外運」「社会運」「家庭運」の三運を加えて掘り下げていきます。 漢字の画数の算出法においては、「新字」「旧字」「字源」「戸籍」「筆勢」などがあり流派により異なるのが特徴です。 ここでの姓名判断は、普段使用する漢字を用いて占うのが基本となり相術の一つとして考えていきます。 天運は家系運や自分自身が背負うべき宿命を表す他、晩年運 55歳前後以降 を表します。 地運は家庭環境や親子の関係、結婚への向き不向きや健康面を表す他、初年運 27歳前後まで を表します。 人運は性格や才能、決断力の有無やや意思の強さを表す他、中年運 54歳前後まで を表します。 総運は全体運や生命力、努力の報われやすさや人との出会い運などを表す非常に大事な要素になります。 初年運~晩年運のすべての運勢に強く影響してきます。 外運は対人関係や外部からの評価、健康状態や人との出会い運などの運勢を表します。 社会運は仕事への満足度合いや発展性、職場環境からの評価や社会への貢献度合いを表します。 家庭運は家庭に対しての満足度合いや誠実さ、結婚や夫婦関係の満足度を表します。 姓名判断では、画数の考え方が非常に重要になります。 それぞれの画数には意味があり、その意味の良し悪しで運勢を判断するのが基本的な考え方になります。 漢字1文字の画数を判断するというよりは、上記の七運の画数を判断する際に、この画数の意味が重要になります。 例として挙げると、13画の意味は「人気運」と称され、周囲の人からの人気を集めて成功できることや、人望と指導力を持ち大成できるという画数になります。 13画の姓 苗字 の人は、晩年に周囲の人からの信頼と注目を集められるほか、家系的にも人が集まりやすい家系と考えるのが画数の考え方になります。 また、男性が主導権を握る家系になるほか、人との関わりを背負い、人間関係から逃れられない人生になると姓名判断では考えます。 外運が13画になる場合、この人気運はより強くなり良くも悪くも、より多くの人と関わることを避けては通れない人生になります。 姓名判断における23画の意味は「大成運」と呼ばれ、大きく発展して成功と繁栄を手に収める実力を持つ画数になります。 総運が23画の人は人生を通し大きな発展を遂げ、多くの成功と繁栄を収める強運の持ち主になります。 またそれだけの努力ができ、適切に報われるという良運の持ち主と見ることもできます。 総運が23画の女性の場合、仕事や社会で活躍できますが、そちらが優先されてしまい結婚が遅れてしまうという判断もできます。 現代社会においては、このような強運を持つ女性が社会で活躍され、結婚が遅くなっても幸せを手にするという事は少なくありません。 このように、七運のそれぞれがどのような画数であり、その画数がどのような運勢を持つのかを掘り下げて解釈して行くのが姓名判断の基本の流れになります。 画数の意味だけではなく、七運自体の基本的な意味や、初年~晩年にかけての運勢などを複合的に関連させ、解釈していくことが姓名判断では重要になります。 ここでの姓名判断では、「普段使用する漢字」にて判断をするのが基本になります。 「名は体を表す」と言う考え方が基本となり、普段から使用する自分を表す漢字を重視します。 普段使用する漢字が新字であれば新字を基準とし、普段使用する漢字が旧字であれば旧字を基準として判断をします。 また、普段使用する漢字が、新字と旧字が混在する場合には、混在したままで姓名判断をするのが基本となります。 姓名判断の流派では、旧字体や字源、戸籍所の漢字などで判断することもあります。 ここでは、旧字体、新字体、戸籍上の漢字の有無を問わず、普段使用する漢字で判断をすることを前提に構成されています。 姓名判断を相術として使用していくのが、ここでの基本事項となります。 姓名判断の活用法は、自分や周囲の人の名前からその人の運勢を占うのが一般的な活用法になります。 気になる相手との相性や将来性、姓が変わる結婚後の生活や運勢などを占うこともできます。 また、これから生まれてくる赤ちゃんの命名をする際に、姓名判断を元に良い運勢を持つ名前に決めることもできます。 これら人の名前を元に姓名判断を活用することで、色々な面から運勢や相性、将来性や潜在能力などを占うことができます。 姓名判断をより有効的に活用する際には、自分自身が普段使う名前を変えるという手法があります。 芸能人や著名人の芸名や筆名などが良い例であり、自分を表す名前を普段と違う視点で決めて行きます。 この際、自分の本名を元に漢字を変えることや、ひらがなで表記することなどで調整し運勢を変えて行きます。 様々な面で使用する仕事などの名刺などは、このような別名を活用して運勢を向上させることができます。 ここでの姓名判断は相術の扱いになり、使えば使う程運勢が向上する点が大事になります。 上記のように姓名判断を活用する基本は、人の名前に活用していくことになりますが、会社名や商品名などにも活用することができます。 会社を起業する際の名称の画数の良し悪しや、発売する商品の名称の画数の良し悪しなどを、人名と同じ手法で吉凶の判断をすることができます。 このような際には、その名称の総画数を考慮して画数の吉凶から名称の良し悪しを判断します。 建物の名前や本や論文の題目などを決める際にも、この姓名判断を活用することができます。 このように、姓名判断は人の運勢の良し悪しを判断するだけではなく、名前のある物すべてを対象にして吉凶の判断をすることができます。 また、名称を決定する際に駆使することで、その物自体が持つ運勢を向上させ、高い潜在能力を持たせることができます。 芸能人が姓名判断を活用して芸名を付けることや、改名することなどは開運法として良く使われる手段でもあります。 実際に人の戸籍上の本名を改名するのは手続き上非常に難しいため、普段使う名称を調整することで運勢を向上させ開運するというのが姓名判断の活用法になります。

次の

姓名判断ネット

姓名判断 結婚運

結婚運・家庭運に悪影響を及ぼす寡婦運について 姓名判断には女性に特有の凶数、寡婦運と呼ばれる数があります。 寡婦運は巷の姓名判断ではほとんど言われないものですので、初めて耳にする方も多いのではないかと思います。 概して一般的な姓名判断では男性・女性問わず吉数は吉数、凶数は凶数としていることがほとんどであり、男女を分けて考えることはしません。 しかし、男性と女性では基本的な性質が異なるため、実は性別の違いによって数の吉凶の度合いというものも異なってくるのです。 基本的に男性は陽の存在であるため、積極果敢にして剛なる数がその性情を活かすために吉となります。 反面、女性は元々が陰の存在であるため、基本的には優しく温和な数がその性情とよく合い、したがって吉となるものです。 このため女性にとっては、あまり強すぎる数は元来の性質と相背き、不和・対立・孤独など凶事を招くとされています。 以上のような基本的な考えから、一概に吉数や凶数といっても、男女で多少の差があることが分かるでしょう。 そして本来は男女で数の吉凶や運勢傾向を分けて考えるべきであり、「寡婦運数」というのはそのような基本的な洞察から生まれたものなのです。 そして女性の姓名に寡婦運数がある場合は、特に結婚運に悪影響があり、後に離婚・離縁・孤独になるという意味から、「寡婦運」と言われているのです。 寡婦運数の本質~結婚運・家庭運凶となるその理由 それでは、寡婦運数の本質とは一体なんなのかと言うと、それは 「寡婦運数は強烈な性質を蔵しており、女性にとっては生来の陰的性質が損なわれるため、凶となる数」のことです。 つまり、女性がもつと性質が強に偏りすぎるために凶運となるのが「寡婦運数」なのです。 一般的には以下の数が寡婦運数だと考えられています。 21 - 強烈な寡婦運数の一つ。 男性としては概ね吉数であるが、権威・剛気・支配的などの意あり、家庭にある女性としては凶となる。 23 - 強烈な寡婦運数の一つ。 男性としては概ね吉数であるが、勇猛果敢・権威的・剛気などの意あり、家庭にある女性としては凶となる。 28 - 男女ともに凶数。 傲然・不遜といった性質傾向があり、配偶者と不和・対立となる傾向がある。 29 - 準寡婦運数といわれる。 知力に長けるが、独断的・権威的傾向強く、家庭においては夫をかえりみない傾向あり。 33 - 最も強烈な寡婦運数の一つ。 男性としては概ね吉数であるが、権威的・支配的・剛気などの意あり、家庭にある女性としては最も凶となる。 39 - 最も強烈な寡婦運数の一つ。 男性としては概ね吉数であるが、権威的・支配的・剛気などの意あり、家庭にある女性としては凶となる。 これらのほとんどは、元々リーダー的な素質を備えた頭領運と呼ばれる数であり、男性の姓名中にこれらの数があれば必ずリーダー的素養をもつことになります。 しかし、これらの数が女性にある場合は頭領運とは呼ばず寡婦運と呼び、加えてそれらを凶数としてとらえます。 寡婦とは夫と死別・離婚して生き残った未亡人のことを言います。 ですから寡婦運は離婚運・家庭破壊運・孤独運などとも言うのです。 要するに、寡婦運をもてばその女性は結婚運・家庭運に縁遠くなり、安定的な幸福は到底望まれないとされています。 それでは次は、女性の姓名に寡婦運がある場合の性情について具体的に見ていきましょう。 寡婦運をもつ女性の性質的特徴 先程説明したように、寡婦運数とは「剛なる数」ですから、その性情は大変強くなります。 寡婦運をもっている本人は全く気がついていないようなのですが、周囲から見ると角の立った性質傾向となり、それが結婚運や家庭運を下げる要因となっています。 以下にその一般的な特徴を少し挙げてみます。 概してサバサバしていて、人に媚びることを好まない。 負けず嫌いで、実直な人が多い。 見て見ぬ振りや我慢することを好まず、自分の主張をはっきりと通す傾向。 権威的な面が少なからずあり、時に支配的となる傾向あり。 家庭では口うるさいタイプも多い。 性質的にはS的傾向があり、他人にしたがうことを好まない。 特に夫にしたがうことを好まず、多くは夫を尻に敷き、かかあ天下となる。 言いなりになることを好まず、何でも自分で考えて率先して行動していく気概あり。 このため社会的にも家庭的にも支配力のある男性とぶつかる傾向あり。 家庭にこもることを好まず、自分で仕事をもつ傾向にある。 独立心が強いため、事業家・経営者にも寡婦運数をもつ女性が多い。 上記の性質から、サゲマン的な傾向をもつ人も多く、夫の運勢を弱めてしまうことが多い。 なお以上の性情は、表向きにはあらわれないことがありますので、よくよく観察してみることが必要です。 外では温和で優しいと思われているような人でも、もし姓名に寡婦運がある場合は、実際の性情は強く、家庭でも強いということがよくあります。 またこれらの特徴は、その人の五格の数や三才、あるいは先天的性質傾向などによって、随分と変わってくる可能性があることはご注意ください。 つまり、すべての人に上記の性質傾向がそのまま当てはまるというわけではないということです。 たとえば強烈な寡婦運数33があっても、三才が【土・土・土】などの場合はかなり温和となり、寡婦運数の悪影響はそれほど目立たないものとなります。 逆に寡婦運数があり、なおかつ三才が【金・金・土】など金が重なる場合は、極めて強い性情となり、既婚女性であれば離婚の可能性は大となります。 また寡婦運数を二格に有する場合は、当然性情が強くなりますし、凶暗示も倍加します。 寡婦運数がある部位による差異 それから姓名中のどの部位に寡婦運があるかということも重要です。 最も強く作用するのは主運で、その次に総運、副運・前運とつづきます。 以下に部位別の暗示を簡単にご説明致します。 主運にある寡婦運 - 主運にある場合は一生を通じて最も強く作用します。 性質的にも最も寡婦運数の影響が強くあらわれるため、夫と不和対立を起こしやすいと言えます。 副運にある寡婦運 - 副運は外格であり、環境運や家庭運を象徴するものです。 このため副運に寡婦運がある場合は家庭運はとても不安定となります。 外格は家族や周囲の状態をあらわす部位ですので、夫や子供の不運・波乱があらわれやすいと見ます。 前運にある寡婦運 - 地格は名前部ですから、未婚女性で前運に寡婦運があれば結婚後も変わらず寡婦運をもちつづけます。 主運ほどではないものの、前運に寡婦運をもつ場合は当人の性情に強く影響するため、やはり不和対立の暗示があらわれます。 総運にある寡婦運 - 総運は後年運ですので、総格に寡婦運数がある場合は、はじめ良くても結婚後次第に不和が露呈してくる暗示があります。 それでは次は、姓名に寡婦運がある場合にあらわれる具体的な事象について見ていきましょう。 寡婦運をもつとあらわれる事象 女性の多くが結婚後に姓が変わることから、寡婦運の影響には主に未婚女性と既婚女性の二通りがあります。 以下、未婚女性と既婚女性の二つのパターンについて記述致します。 未婚女性の場合~結婚運が弱い• 陽的かつ剛健な性情となるため、モテ度が低い。 性情が強く、男性とぶつかる傾向があるため、恋愛が成就しづらい• 上記のために婚期が遅くなる傾向あり• 男性的な気概あり頼もしいが、仕事では男性とぶつかりやすい• 積極果敢な気質とキレのある頭脳を有しており、社会的な成功運は強い 未婚女性においては特に恋愛・結婚運に影を落とす寡婦運ですが、私のところに命名相談にくる未婚女性の方の中にも、恋愛が上手くいかない・結婚できないと悩んでいる方は寡婦運をもっている割合が高いです。 既婚女性の場合~家庭運の波乱• 夫への不満。 夫との喧嘩・対立など争い事• 不和・別居・離婚• 家庭における波乱多い。 家族離散・離縁• 夫の病弱と早世(ただし夫の姓名によっては逆となる)• 孤立・孤独。 総格に寡婦運数がある場合は晩年孤独となる 以上が寡婦運をもつ既婚女性の一般的な事象ですが、これも四大運や三才の様相によって波乱の度合いは大きく変わります。 周囲の寡婦運をもつ婦人を観察していると、最も多く見られるのが 「強い妻と弱い夫の組み合わせ」ですが、これは上記で説明したように寡婦運をもつ女性は夫の下風に立つことを好まないため、自然夫と対立する傾向にあり、それが強まると夫への批判や不満となり、結果として夫の運気を弱めてしまうということがよく起こります。 実は私の母親も総格に強烈な寡婦運数をもっているのですが、父親に対しては昔から辛辣かつネガティブな発言が多く、父親の運気や性情を大いに圧迫してきました。 もちろん父親にも悪い部分はあるのですが、悪い部分を責めることによってさらに悪くしてしまい、父親の精神状態や能力を圧迫してしまうというもっと悪い事態に陥っていくのです。 また既婚女性が寡婦運を有する場合は、家庭自体が波乱となることも多いです。 これは家庭の肝である夫婦関係が不安定となりやすいのですから、半ば当然だとも言えるでしょう。 このため夫だけではなく、子供との縁も薄い傾向があります。 しかし言葉だけの解説だけでは、嘘でしょ?と思われるかもしれません。 このため、次に実際に寡婦運を有する女性有名人を挙げて解説をしていきたいと思います。 強烈な寡婦運を有し、結婚運に恵まれない女性有名人の例 概して姓名中に寡婦運数を有する場合は、恋愛運に縁遠く、結婚運には恵まれない傾向があります。 それは以下の女性達の姓名と事象を観察すれば一目瞭然です。 2016年6月、夫の高知東生容疑者が覚せい剤取締法違反と大麻取締法違反の疑いで逮捕される。 高島さんの姓名には強烈な寡婦運21数が前運にあり、主運には準寡婦運である28数をもつ。 また、さらに悪いことに結婚後の本名であるにも21・29と寡婦運が二つもあり、宿命的とも言える寡婦傾向あり、家庭的には極めて不遇と言わざるを得ない。 『1970年(昭和45年)10月、当時屈指の人気幕内力士だった貴ノ花と結婚し、芸能界を引退。 二児をもうけたが、2001年(平成13年)、不倫疑惑が報道される中で別居、後に離婚。 芸能界に復帰した。 』結婚後の姓名は。 主運に強烈な寡婦運21数があらわれており、勝ち気で権威的なため夫と対立の様相あり、次第に不和・離縁の凶相を生じる。 また、総運の34数は家庭破滅の凶兆で、一家離散となる最悪の暗示を秘める。 その凶数が物語るように、花田家は散り散りになった。 2002年に写真家で映画監督の紀里谷和明さんと結婚するも、2007年に離婚。 後、2014年にイタリア人の一般男性と再婚するも、また離婚。 芸名・本名ともに強烈な寡婦運23数をもつため、家庭運・結婚運には恵まれず。 また人格は自我の強い7数であり、夫と対立不和の暗示強。 離婚の暗示が強い。 1982年に歌手の長渕剛さんと結婚するも、翌年離婚。 『しかし結婚後の二人は、様々な見解の相違を表面化させていく。 長渕剛からの度重なる家庭内暴力や長渕の母との確執などが原因で、週刊誌でも大きく取り沙汰されるようになり、結局二人の結婚生活は僅か2年持たずにピリオドが打たれた。 』石野さんの姓名には主運に強烈な寡婦運21数、総運に準寡婦運29数があり結婚運は極めて悪い。 1980年代に歌手の郷ひろみさんと結婚するも、1998年に離婚。 その名前には前運・副運に強烈な寡婦数21・23があり結婚・家庭運には恵まれにくい暗示あり。 『1990年(平成2年)、俳優の真田広之と結婚。 1992年(平成24年)には長男、1996年(平成8年)には次男と二人の男児をもうけたが、真田と女優の葉月里緒菜との不倫が報じられた1997年(平成9年)に離婚。 その後再婚はせずにシングルマザーとして暮らしている。 』前運には強烈な寡婦運21数があるが、これは名前の部分であるため結婚後も寡婦運が抜けない。 また、寡婦運をもつと夫の気持ちが離れるため、夫が浮気や不倫などに走るケースが多い。 2016年に城石憲之さんと離婚し、再婚したことを発表。 主運に強烈な寡婦運である21数があるため、離婚の誘導あり。 ちなみに結婚後姓が変わっても、テレビなどでこの名前を使い続ける場合は寡婦運の影響が抜けない。 副運に21数があり、総運にも準寡婦運29数があるため寡婦となる暗示あり。 沢尻さんは高城剛さんと2008年に結婚を発表し、2013年に離婚成立。 今後も恋愛・結婚において数々の波乱あり。 前運に強烈な寡婦運である21数があり、さらに総運にも強烈な寡婦運33数があるため、非常に強烈な寡婦の相があらわれる。 永作さんは2009年に結婚しているが、今後家庭的に数々の不運があることが予想される。 ちなみに前運に寡婦運があるということは、結婚後姓が変わっても寡婦運をもちつづけるということである。 前運に強烈な寡婦数21、加えて総運にも強烈な寡婦数39をあわせもち、極めて権威的な運をもつ。 野村さんの場合、夫の克也さんの運勢が弱いため、典型的なかかあ天下となる。 家庭的に数々の波乱あり、あわせて強烈な孤独の暗示をもつ。 このため夫に先立たれ、後孤独となる暗示あり。 強烈な寡婦運はないものの、総運に準寡婦運である28数があり離婚の誘導あり。 しかし吉田さんの場合はそれよりも、主運・副運ともに別れを誘発する14数があるためこれが離縁を誘発する。 一生を通じて多くの悲しい出来事・別れあり。 1999年に青木定治さんと結婚し、2015年に離婚。 離婚は40歳以降だが、総運には強烈な寡婦運33数があらわれている。 これは同時に強烈な孤独運となるため、雨宮さんの晩年の運勢は寂しいものとなる暗示。 2002年に辻仁成さんと結婚、2014年に離婚。 副運に21数、また総運にも33数があるため極めて強烈な寡婦運となる。 結婚から離婚までには12年間あるが、強い寡婦運であるため早くから心が離れていたことが分かる。 また今後も恋愛・結婚運には恵まれず、一生を通じて孤独の暗示が強い。 などなどですが、これはほんの一例です。 外見はそれほど不運には見えなくても、姓名中に寡婦運がある場合は本人にしか分からない不運と波乱そして孤独感が必ずあります。 まずは身の回りにいる女性から観察してみると、外見と内実は異なることが分かって面白いでしょう。 夫の姓名や運勢によって変わる寡婦運の凶暗示 寡婦運数を女性がもてば、家庭的に幾つもの波乱が起こると解説してきました。 しかし、寡婦運をもった女性が一概に同じ境遇に陥るわけではありません。 これにはその女性の姓名構成、また先天運による違いがあるのは当然ですが、夫の姓名や運勢によっても暗示が大きく変わるのです。 以下に二つの単純なパターンを示し、解説してみたいと思います。 寡婦運をもつ女性と、大吉名をもつ男性の組み合わせ 概して女性よりも男性の姓名のほうが良く、なおかつ性情が強い場合においては、かかあ天下とはならず、男性が家庭での支配権を握ることになります。 この場合、妻は夫に対して暗に不満をもつことになりますので、その不満が潜在的な悪影響を及ぼすことになります。 このタイプは離婚となるケースも多いですが、結婚生活を続ける場合はストレスが多く、それによる病難の暗示があります。 寡婦運をもつ女性と、薄弱的姓名をもつ男性の組み合わせ 概して家庭においては女性が主導権を握ります。 性質がどことなく頼りなく、弱い夫に対して辛辣となる傾向があるため、夫の運気を益々弱めてしまう暗示があり、それによって夫が病難を発する傾向もあります。 私の両親もこのタイプですが、この場合夫の社会的成功運が弱いため、金銭的に恵まれない傾向があるようです。 以上は非常に極端な二つの例ですが、要は男性・女性のパワーバランスによって、その境遇に大きな違いがあらわれてきます。 概して女性の側は、1では金銭的には恵まれる傾向あるも精神的に労多く、2では精神的にはある程度自由でも金銭的に恵まれない傾向となるでしょう。 また、最も対立を生じやすいのは、女性と男性ともに寡婦運を有する場合(男性の場合は頭領運と言う)です。 たとえば夫婦がともに21数を総格に有する場合においては、どちらも性情が強いことが分かりますが、やはり男性は生来が陽の気質のため、男性が支配的となります。 しかし女性も負けてはいませんので、双方真っ向の対立となることが多く、離婚の可能性が高い組み合わせと言えるでしょう。 ただし夫婦の相性や、人格・外格関係によってはそれほど凶とならない場合もあります。 自分の名前に寡婦運数がある場合は? 特に既婚女性において名前に寡婦運があるという場合は、現在は不満や不運が全く感じられなくても、必ず次第にその暗示があらわれてきて不和や離婚などの不運があります。 脅かすようですが、これは本当のことです。 ですから、たとえば結婚して名前に寡婦運があらわれた場合はすぐに対処しなければなりません。 対処法はただ一つ、通名を付すということです。 何も難しいことはありません。 戸籍上の本名を即座に変えることは現在の法律では難しいですから、通名を付すだけで良いのです。 名前の影響というものは、「私の名前はこれだ!」と思っているものが最も強く作用します。 ですから、本名よりも芸名などの方が強く影響することはよくあることです。 ということで結婚後の姓名に寡婦運があらわれた場合は、速やかに通名を付して運勢を良い方向へ向かわせることが大切です。 しかし当然、通名を付してもそれを本当の自分の名前のように使わなければ思ったような効果はありません。 知人に出す手紙やネット上で表示される名前など、使えるところではすべて通名を使い、本名は隠すように心掛けることが必要です。 そうすれば、次第にその名前の効果があらわれてきて運勢は間違いなく好転するでしょう。 寡婦運数を有する女性は社会的な成功運が強い? ただし、寡婦運数が吉として働く場合もあります。 それは、その女性が 「リーダーとして社会で働く時」です。 前述しましたが、寡婦運数は元々が頭領運であるため、たとえば会社の重役を担うような場合は寡婦運数があったほうが頼もしくて良いのです。 概して寡婦運数は一般的に社会的な成功運が強い数だと言われています。 もちろん三才の構成などによって大きく変わりますが、数がもつ意に「権威」「決断力」「行動力」「支配力」「率先力」「統率力」といった側面があるため、自然頭角をあらわす傾向にあるのです。 また寡婦運数をもつ女性は頭も切れる傾向にあります。 また、成功した歌手や女優さんなどにも寡婦運数をもつ人が多いのは、寡婦運数がもつ強い性情のおかげと言えるでしょう。 代表的な人としては女優の沢尻エリカさんがいますが、彼女は外格に21数、総格に29数という二つの寡婦運数を有しており、なおかつ人格金であるため、性情が極めて強く積極果敢、かつ野心的です。 つまりこのような性情の強さが原動力となり、物怖じせずに成功を掴みに行く度胸と頭の切れがあるというわけです。 ただし、寡婦運数をもつ女性は性質に角が出るため、人気運がマイナスとなることは言うまでもありません。 とはいえ一般的には寡婦運数は凶となる傾向大ですから、もし結婚は一切考えずに社会的な成功のみを求めるという場合でなければ、あえて用いることはおすすめ致しません。

次の

結婚相手が分かる結婚占い!姓名判断で「誰」と「いつ」出会える?

姓名判断 結婚運

名前はその人の運命に大きくかかわってきます。 日常的に名前は文字の持つ意味、チカラと、音として伝わり人生を左右することになるのです。 姓名判断の結果が良ければ安心することでも物事をスムーズに運ぶことができます。 しかし、重要なのは姓名判断の結果が悪い場合。 名前がダメだからと投げやりにならずに運勢を参考にしてよい人生を送れるよう、成功できるように進むことが大切です。 「無料姓名判断 占いEYE」では字画から得た運気を大吉、吉、凶、大凶に分けて表示し、仕事運、家庭運も調べることができます。 恋愛運をみるには、人格、地格、家庭運を総合して判断しましょう。 【画数の考え方】 総画 すべての文字の画数を合計した数。 [総画は人生全体の運勢を表します] 天格 姓の字を合計した数。 [天格は家系から受け継がれた運を表します] 地格 名前の合計した数。 [若年時の基礎的な運勢で20歳までの運を表します] 人格 姓の一番下の字、名の一番上の字を合計した数。 [人格は性格、才能などを表します] 外格 総画から人格を引いたもの。 [外格は生活面を表します] 今日、 07月16日が誕生日の有名人・芸能人 運勢を良くするためのコラム 苗字から選ぶ 苗字と名前から選択して診断します。 姓名判断は古代中国の陰陽思想と五行思想が結び付いて生まれた陰陽五行思想を根底に作られたもので、日本独自の名前があるならで進歩してきました。 「姓名判断 占いEYE」では自分で画数を数えて計算しなくても分かるように、姓名を入力すれば自動で姓名判断の結果が見れるようにしてあります。 現在、未来、過去を考えるために利用したり、生まれてくる赤ちゃんが幸せになるよう名付けでも利用できます。 改名や名づけでよい名前にしたい時の注意点は画数が多くなりすぎないこと、読みやすい漢字を使う、濁点のない名前を選ぶ(濁った音は健康運によくありません。 )ことも重要です。 運勢は誕生日や出生地、家庭環境などで総合して決まっていきます。 姓名判断で人生すべてが決まるわけではありませんので、診断結果も参考としてご覧ください。 診断内容が当たる・当たらないという見方でなく、よりよく生活できるように悪い内容が出ていれば注意・改善すると開運に繋がります。 名付けで注意したい特殊格・頭領運とは 氏名の画数が21画、23画、29画、33画、39画の人を指し、ビジネスなどで運がよい頭領運でもあります。 男性の場合は頭の回転が良く成功しやすい吉の特徴がありますが、女性の場合は運が良いことで自信過剰になったり人を見下すなどの問題が起こりやすく大凶の画数です。 自分自身が大黒柱になる宿命にあるので結婚運もよくありませんし、結婚しても上手くいかないことが多く離婚となる場合もあるので、赤ちゃんの名付けの場合には避けるべきでしょう。 利用規定 当サイト「姓名判断 占いEYE」の診断結果を利用し、第三者を誹謗中傷、名誉棄損など他者から見て不快となる行為を禁じます。 当サイトの掲載情報をご利用頂く場合には、お客様のご判断と責任におきましてご利用頂けますようお願い致します。 当サイトでは、一切の責任を負いかねます事ご了承願います。

次の