ヘラクレス オオカブト 大き さ。 超簡単!ヘラクレス幼虫飼育方法

【必読!】ヘラクレスオオカブトの幼虫を大きく育てるコツとは?

ヘラクレス オオカブト 大き さ

用意する物 ヘラクレス用マット カブトムシ幼虫用のマットを用意します。 市販の安いもので充分です。 100円ショップで売っているパンケース 3. 4㍑の容量があります。 体重が60gまでいく(大体6ヶ月くらい)までは、この安い100円ケースで十分です。 まあここは容量の大きいものなら何でも良いです。 最低10㍑はある容量のケースが良いと思います。 中ケースがギリギリの大きさではないでしょうか。 でもスペースの関係上なかなか難しいところです。 菌糸カス オオクワ幼虫のエサとして使用済みの菌糸カス。 菌糸カス(幼虫の糞)を利用するとでかくなると言われていますが、別に無くても良いです。 ヘラクレスマットだけで十分だと思います。 菌糸カスの処理に困っている場合は良いかもしれません。 飼育方法 マットの交換について ケース、マットを用意したら、あとは幼虫を入れるだけです。 どんどんでかくなっていきます。 1ヶ月で20gぐらい増えることもあります。 どんどんでかくなるということは、マットを食べる量も半端じゃないということになりますが、マットの交換は2ヶ月に一度の間隔で良いです。 マットを交換する時は全部を交換するのではなく、マットをふるいにかけて糞だけ除き、減った分だけ新しいマットを投入します。 そうすると大体半分ぐらい交換することになります。 ヘラクレスの糞は枝豆をひとまわり大きくしたぐらいの大きさがありますので、粗い目のふるいで簡単に取り除けます。 2ヶ月に一度半分だけのマットの交換なら、蛹になるまでそれほどたくさんのマットは必要ありません。 もっと少なくてもいいかもしれません。 雑誌には50㍑ぐらい平らげるとか書いてありましたが、そんなに必要ないです。 飼育ケースの大きさについて どんどんでかくなりますが、ある時スペースの関係上、1ヶ月間ほど5匹飼っていた幼虫をすべて一つのケースに入れていたことがあるのですが、マット交換時に体重を量ってみると5匹とも5~10gぐらい減っていたことがありました。 どうもヘラクレスの幼虫達は、自分の生活スペースがどれくらいあるのかわかるらしく、そのスペースに合った大きさに体重を変化させているらしいのです。 これは、蛹室を作るスペースを意識して、自らの体重をコントロールしているものと思われます。 生活スペースに合わない大きさまで育ってしまった場合、蛹室を作れなくなってしまいます。 羽化不全で死んでしまうリスクを避ける為の防衛本能なのでしょう。 なかなか賢いのです、ヘラクレス君は。 マット交換時にまた元のケースに戻して1ヶ月たったら、また元の体重に戻っていました。 やはりできるだけ大きいケースで飼いましょう。 ケースの大きさに比例して大きさも決まってしまいます。 (なかなか難しいですが、、。 狭い家なので、、。 )また、ケースが小さいと角が曲がってしまう場合があります。 我が家のヘラクレスがまさに角曲がりなのですが、これも大きなケースで飼っていれば、角が曲がる確率も減ると思われます。 多頭数飼育と蛹化について 多頭数飼育は基本的に問題ありません。 むしろそうした方がよいです(ただし飼育ケースが大きいことが条件となりますが、、。 オオクワガタのように多頭数飼育をしていても喧嘩して共食いなんてことはありませんのでご心配なく。 蛹になる時期になるとエサを食べなくなり、蛹になる為の部屋を作り始めます。 このような時期になったらできるだけそっとしておいてやりましょう。 蛹の姿を見たくなりますが、固まるまでしばらく待ちましょう。 蛹の期間は約2ヶ月ほどです。 蛹を人工蛹室に入れる方もいますが、コストがかかるので、やりません(面倒なだけか、、)。 基本的には勝手に羽化してくれますので、心配する必要ないです。 また急激に暑くなったりするとマットの上に上がって来てしまいます。 基本的に暑いのは苦手なようです。 マットの水分について マットは軽く握って形が残る程度が良いとされていますが、ヘラクレスの場合はちょっと乾いているくらいが良いようです。 逆に水分が多いのは良くないようです。 とは言っても乾燥には十分気をつけて下さい。

次の

ヘラクレスオオカブトの値段、大きさ、繁殖、飼い方

ヘラクレス オオカブト 大き さ

へラクレスオオカブトは、 いくつかの亜種に分かれていて、それぞれ大きさや胸角、頭角の突起や太さ等に違いがあるんだ。 まずは、ヘラクレスの亜種を1つずつ紹介していくね。 ヘラクレス・ヘラクレス 基亜種で、市場でも最も出回っており、価格も安定しています。 大きさも全亜種の中で最大になります。 一方で最近は生息国の規定によりワイルド品が全く入荷していません。 ヘラクレス・リッキー ヘラクレス・ヘラクレスに次いで大きくなる種類で、流通量も2番目に多く価格も安定しています。 ヘラクレス・ヘラクレスに比べると角が細くなります。 ヘラクレス・オキシデンタリス 基亜種の流通が少なかったころは、リッキーと並んで流通の多くを占めていました。 胸角が細いのが特徴で、細ヘラクレスという異名があります。 ヘラクレス・レイディ 最大でも100mmを少し超える程度で、小型のヘラクレスです。 胸角、頭角が短いのが特徴的です。 ヘラクレス・トリニダデンシス オスの最大サイズは140mm程度とやや小型です。 名前は産地のトリニダード島に由来しています。 ヘラクレス・パスコアリ 突起のない頭角が特徴です。 最近はワイルド品の入荷がなく、日本でブリードされたもののみが出回っています。 マニアを中心に人気のある種類です。 こちらも日本でブリードされたもののみが出回っていて、マニアを中心に人気があります。 マニアを中心に人気があり、価格も結構変動が大きい印象です。 オキシデンタリスによく似た外見をしています。 容姿はヘラクレス・ヘラクレスに似ており、幼虫期間がやや短めになる傾向にあります。 ヘラクレス・タカクワイ 胸角、頭角ともにほとんど突起がないのが特徴的です。 現在は生きたものは出回っていません。 しかしレイディとよく似ており、レイディと同亜種とされることが多く、流通の際にもレイディのバウドリータイプとして流通していることが多いです。 バウドリータイプは通常のレイディよりやや高値で取引される傾向にあります。 出典: 出典: ヘラクレスオオカブトの大きさ、最大サイズ 先程紹介したように、ヘラクレスオオカブトはいくつかの亜種が存在 現在はシノニムとして扱われているようです し、それぞれ大きさは違いがあります。 最も大きくなるものはヘラクレス・ヘラクレスで、 最大 178mmほどまで達します。 ちなみに、飼育下でのギネスサイズは180mmを超えています。 もちろん、大きくなるほど値段は高くなります。 ヘラクレスオオカブトの飼い方 へラクレスオオカブトは、温度さえ気を付ければ基本的に日本のカブトムシやクワガタと同じ要領で飼うことができるよ。 それじゃ、飼育法を具体的に見ていこう。 用意するもの 用意するものは以下の通りです。 飼育ケース• 昆虫マット• 止まり木• 餌ゼリー 飼育ケース 入れ物となる飼育ケースは、なるべく大きい入れ物を用いてください。 オス1匹を飼う場合、最低限プラケース中ぐらいの大きさが必要です。 最低限の広さがあれば入れ物は飼育ケースでなくても何でもいいですが、力が強いので脱走の危険性を少なくするため、• フタが閉まるもの• 最低限の深さがあるもの を使ってください。 昆虫用の飼育ケースを使えば基本的には問題ありません。 餌ゼリー 餌には、昆虫専門店やホームセンター等で売られている昆虫ゼリーを使うのが無難です。 大食漢なので、できれば昆虫ゼリーは65gのものを使うのがお勧めです。 昆虫マット 下には昆虫用のマットを敷いてください。 単に飼育するだけならマットの種類に拘る必要はありませんが、産卵をさせたい場合は、発酵が進んで黒っぽくなったカブトマットを使ってください。 マットの深さは数cmでもOKですが、産卵をさせたい場合は飼育ケースの深さの7割程度詰める必要があります。 産卵セットの組み方は後程改めて解説しますので、是非ご覧になってください。 止まり木 転んだ時でも起き上れるよう、転倒防止用の止まり木は必ず入れてください。 転んだまま起き上がれないと最悪死んでしまいますので注意が必要です。 温度管理について ヘラクレスオオカブトは 熱帯の山のなかに生息しています。 なので外国産の生き物全般に言えることなのですが、 温度管理が必要になります。 最近はエアコンも省エネになりつつあり、建築材料によってはエアコン管理でもそこまでお金はかからない場合が多いです。 エアコン管理がきつい方は、ペットボトルに水を入れたものを凍らせておき、暑いときは利用するとよいと思います。 外出時には、ふろなどに水を薄く入れて、その中に容器を入れておけば気化熱で温度の上昇を少し抑えられます。 冬も理想はエアコン管理や温室管理ですが、ヒーターなどを利用することで十分カバーできます。 産卵させるには ヘラクレスオオカブトは国産カブトと同じく昆虫マットに産卵します。 昆虫マットには、一般的に カブトマットと呼ばれる黒っぽい発酵の進んだマットを使用する必要があります。 入れ物に関しても、プラケース特大や衣装ケースなどの大きな入れ物を用意することで、産卵数を増やすことができます。 そこに容器の深さの7割ほどカブトマットを固く詰めます。 そこに 転倒防止用の止まり木と 昆虫ゼリー、そして 交尾が済んだメスを入れます。 何週間かすればマットを出してみるとよいでしょう。 産んでいれば卵や幼虫が出てきます。 幼虫は産卵時と同じカブトマットで飼育できます。 幼虫の飼育法については、以下の記事で詳しく解説しています。 大きくするためのコツも記載しています。 交尾のさせ方 交尾に関しては、オスとメスを同じ容器に置いておき、何日かおいておけば交尾してくれる場合が多いです。 カブトムシは交尾欲が強いので、オスメスが出会えばすぐに交尾してくれることも多いです。 交尾を目視していない場合でも、昆虫ゼリーのところにオスメスが一緒にいれば交尾済みとみなしてよいでしょう。 なお、ワイルド品 野外採集されて入荷されたもの のメスを買えば、交尾済みの場合が多いですが、いかんせん高価ですし寿命も予測できないため、初心者の方は無理に買う必要はないと思います。 ヘラクレスオオカブトの寿命は? 寿命はだいたい 6か月程度で、国産のカブトムシよりは長いです。 長いもので最大 1年ほど生きることもあります。

次の

ヘラクレスオオカブト,ヘラクレスヘラクレス

ヘラクレス オオカブト 大き さ

ヘラクレスの幼虫を大きく育てる方法 ヘラクレスを大きく育てるためには、とにかく大きな飼育容器で育てるということです。 よくヘラクレスを2リットル程度のブロー容器で飼育している人がいますが、あれでは大きな成虫に羽化させるのは難しいです。 なぜなら 、ヘラクレスは空間認識力が強いため、大きな容器で育てればそれだけ大きな成虫に育つからです。 最初のうちは集団で飼育しても構いませんが、3令の初期になったら、特に大きな見込みがある幼虫は個別に飼育したほうがよいでしょう。 容器の大きさは最低でもプラケースの中サイズ(7リットル)、できれば大プラケース(12リットル)は欲しいです。 欲をいえば20リットルぐらいの衣装ケースで飼育したいところですね。 餌よりも血統 ヘラクレスの幼虫はなんでもよく食べます。 特に、クワガタが食べた後の菌糸カスを与えるのが効果的だとされています。 ただ、 大きく育てるのなら餌はあまり関係なく、それよりも血統のほうが重要です。 現に、ヘラクレスのギネスは、「RUSH」という格安昆虫マットから続出しています。 これは「RUSH」の品質が良いというのもありますが、それ以上にヘラクレスはマットをたくさん食べるため、コスト重視のブリーダーがたくさん愛用しているという側面のほうが強いでしょう。 そのため、餌にこだわるよりも、 大型血統と呼ばれているものや、大きな親虫同士をかけあわせたほうが大きな成虫に育ちやすいのは明らかです。 ヘラクレスは羽化までに長い年月がかかる ヘラクレスの幼虫を育てるときに一番ネックになるのは、幼虫の期間が非常に長いということです。 成虫になるまでにメスで一年前後、 オスで一年半から2年近くもの年月がかかります。

次の