ライン カーナビ 使い方。 LINEカーナビの特徴と基本的な使い方

オフライン対応ナビ「カーナビタイム」の使い方と料金!ドライブサポーターとの違いも比較!

ライン カーナビ 使い方

車モード 徒歩モード 徒歩モードの場合には、 ルート上の歩道橋や階段、スロープ等もアイコンで表示されます。 徒歩ルートには、 屋根/楽/大通りなどのルート条件設定があり、 屋根を選択すると、地下鉄の地下道を使うルートも案内可能です。 これならば、トヨタの交通情報センターがスマホのプローブを集めるときにも、このアプリがクルマで利用されているか徒歩で利用されているかが区別付きやすく、ビックデータから交通情報を作る側としても、再利用しやすいものになりそうです。 ユーザーも、車から降りたあとも引き続き、ルート案内に使えますので、便利なアプリです。 青の道路案内標識に進行方向が出るTCスマホナビ ガイダンスが始まると、下図のような 青い道路案内看板が存在するところで、 道路案内看板がスクリーン表示され、ルート上の進行方向もオレンジで表示されます。 やはり、大きな道路を走るときに、この道路標識型の分岐案内は非常にわかりやすく、TCスマホナビの特徴となっています。 ちなみに、 Yahooカーナビはこの表示機能には対応していません。 車載ナビっぽいルートで案内 Googleマップなどと比較すると、TCスマホナビは車が走りやすい道を選択してガイドしてくれます。 細い道を強引にガンガン入って行くよりも、安全に確実に走行したい場合には、TCスマホナビはピッタリです。 筆者の所感ですが、YahooカーナビよりもTCスマホナビの方が、より車載ナビ的な堅実なルートを引くと感じます。 一般道の重要交差点は、 車載カーナビと同じくイラスト表示がされますので、交差点の様子が把握しやすく、わかりやすいです。 実際には、上のような表示が、画面上半分辺りに表示されます。 このようなイラストは、 Yahooカーナビの場合、高速入口案内や高速分岐案内でのみ対応しているようです。 地図表示 大きなランドマーク的なビルはリアルな3D、それ以外の建物は、簡略的な立体表示で表示されます。 あまりに忠実に描画するよりも、これですっきり十分と筆者は思います。 建物のタップで、詳細情報が出た入りすると便利なのですが、そこまでは対応していません。 2D/3D地図の表示に対応しています。 アイコンサイズ・文字サイズ・地図色(昼・夜)・地図カラーなども変更可能です。 スポンサーリンク その他、 走行軌跡も表示可能です。 目的地検索 他のスマホアプリと同様に、 1行の入力スペースに、フリーワードで入力して検索が可能です。 ジャンル検索もできますし、オンライン検索ですから、最新の情報で目的地を探すことができます。 筆者の車はEVではないので、特に問題にはならないのですが、何でも調べられるというわけではないようです。 Yahooカーナビも充電施設の検索はうまくできませんでした。 予約駐車施設の検索 Yahooカーナビが、オンライン決済駐車場を検索・決済できるのに対し、TCスマホナビは、 駐車場予約サイトであるakippaと連携しています。 事前に、全日(終日)予約が可能な駐車場を選ぶことができます! 「XX時に到着するから、XX時から3時間予約したい!」と言った使い方は、まだちょっと難しいようです。 (時間貸しで、かつ予約をやっているところがなさそうです。 ) しかしながらこの機能、コンサートを見に行くとか、野球を見に行くとか、そういうイベントの日に全日料金で駐車場を予約しておくことができるので、使い方によってはかなり便利です。 このサイトとただ連携しているだけでなく、選択した駐車場をカンタンに目的地に設定することができます。 駐車場を選ぶときも、近隣施設がリスト表示され、駐車料金も同時に表示されるので、便利です。 追記 先日、実際にakippaを使ってみました! 【1回目】 観劇のため、土曜日に新橋駅前の駐車場をakippaで予約しました。 実際に使用する前に車のナンバーを登録しておく必要があります。 支払いは、クレジットカードもしくは携帯電話会社との一括請求による支払いも可能です。 当日、予約したタワーパーキング式の駐車場に行ってみると、予約なしの場合は最大2,500円級の駐車場でした。 筆者は予約して停めたので、最大1,620円。 確実に停められる上、料金もとてもお得でした。 観劇やスポーツ観戦の際には、また使いたいと思います。 【2回目】 日曜日の鎌倉観光のため、akippaであらかじめ駐車場を予約しました。 日曜の鎌倉は、小町通周辺の駐車場が高いのと、空きを探すのが大変。 そこでakippaで一本外れたところにある駐車場を予約しました。 今回akippaで予約したところは千円以下で停められました。 民家に隣接した駐車場ですが、案内図が細かく載っているので、特に問題なく停めることができました。 追記 さて、TCスマホナビのakippa連携に追従したのか、 Yahooカーナビも予約駐車場のインタフェースが備えられました。 BLUUという予約が可能な駐車場サービスです。 parking. bluu. そして1日予約の場合には、予約日当日は何度でも出入りが自由になるようです。 まだ、このサービスに提携した駐車場の数が少ないようですが、今後、増えていくものと思われます。 起動時間は? TCスマホナビを起動するときに、「基本情報を読み込んでいます」という状態がしばらく続くときがあります。 あらかじめ、Wifi接続できる場所で、アプリを起動させておくと比較的立ち上がりが早いのですが、急に車で使いたいときには、かなり待たされることがあります。 たまに立ち上げると、基本情報の更新が長くなるような印象を受けます。 Yahooカーナビも起動時にやや待たされることがありますが、こちらの方が比較的短い印象を受けます。 何か、設定によって変わるのかもしれませんが、カーナビは、使いたいときにパッと起動して欲しいものです。 目的地設定の音声入力 Yahooカーナビでは、目的地入力行のマイクアイコンのタッチで、音声入力モードに入ることができます。 TCスマホナビは、 そのマイクボタンがありません。 入力行をタップした後、Googleの日本語入力の音声入力インタフェースを利用すれば、音声で入力ができなくもないのですが、ちょっと操作が煩雑になります。 TCスマホナビは、操作キーも車で使うことを前提に大き目に作られているのですが、こういったところがちょっと残念です。 最新のTCスマホなビでは、Google音声認識とボタン1つで連携し、目的地設定することが可能です。 こちらもとても便利になりました。 オフラインでは使えるか? また、 TCスマホナビも、yahooカーナビも、オフラインについては、走行中、急に圏外になっても大丈夫ということになっています。 理由は、キャッシュで周囲の地図データを貯めておくことができるからということですが、「起動時から、まるっきりオフラインでも使える」ということではなく、 一時的なオフライン(圏外)になっても、継続して利用できるということを示しているようです。 こういったスマートフォンアプリのカーナビは、ルート検索をサーバー側で行っていますから、オフラインでルートを引くというのは本来できないようです。 まとめ 車載ナビをそのままスマートフォンに移植したようなTCスマホナビ。 従来の車載カーナビユーザーが使いやすいスマートフォンアプリに仕上っているのですが、比べてみると上記のようにいくつか改善を望みたいポイントが出てきます。 無料だから仕方がないというところもあるのですが、起動時間や開始されるまでの手間の問題からか、筆者の場合どちらかというとTCスマホナビよりも、Yahooカーナビの方が使用頻度が高くなっています。 全国各地、どこでもLTE電波がカバーされ、圏外になるような地域はほんの少しとなりました。 全国の地図データを内蔵した高価な車載カーナビも、今後はスマートフォンカーナビのように、通信だけで動作するものに変化していくのかもしれません。

次の

超便利!オフラインで使えるカーナビアプリ「Sygic」の使い方まとめ

ライン カーナビ 使い方

完全オフライン型のナビゲーションアプリ• 徒歩の道案内、カーナビの2種類に対応• 時速(走行スピード)をリアルタイムで表示• 走行車線の制限速度が表示される• 交通情報のリアルタイム通知• 日本語音声にも対応• その他追加機能(ドライブレコーダー、ヘッドアップディスプレイなど) 「Sygic」は、おおかた上に挙げた通りのナビアプリですが、一言でいえばオフラインでも使える超便利なカーナビアプリです。 「携帯シムフリーじゃないから、Googleマップが使えない…」 「郊外道路で電波が切れてナビが中断してしまった…」 「Sygic」は、そんな海外旅行あるあるの悩みを解決してくれます。 Sygicの使い方 Sygicは残念ながら無料アプリではありません。 ナビ機能を使うためには別途ライセンス購入する必要があります。 (アプリインストール後、7日間は無料で利用できます) 以下、Sygicの価格(料金)と購入方法、使い方を順にご紹介していきます。 地図データのダウンロード方法 アプリをダウンロードして立ち上げたら、「Select map」からダウンロードしたいエリア・国を選択して、地図データをダウンロードします。 名前とメールアドレスの登録フォームが表示されますが、任意なのでここではスキップします。 ダウンロードが開始されます。 ダウンロードが終わったら、「CONTINUE」をタップして準備は完了です。 地図データをダウンロード後、7日間は無料で使えますが、7日目以降はライセンス購入が必要になりますのでご注意ください。 (詳細は後述) 言語の設定方法 初期設定では英語表示になっていますが、日本語表示に変更することも可能です。 「Voice」ではナビ音声の言語、「Language」では画面表示の言語の変更ができます。 「Language」を変更したあと、アプリをいったん再起動します。 (再起動しないと設定変更が反映されません) 設定が反映されると、以下のように日本語表示になります。 Sygicのライセンス価格一覧と購入方法 インストールしてから7日目以降は、ライセンスを購入する必要があります。 有料オプションがずらりと並んでいますが、地図データ・ナビ機能のライセンスは以下の画面の通り。 この中から自分に合ったものを購入します。 他の地域の地図データを表示したい場合は、以下の「Change region」で変更できます。 (Asia地域の地図データには、日本地図も含まれます) また、地図データの他にドライブレコーダー機能やヘッドアップディスプレイ機能など、より便利な拡張機能(有料)も用意されています。 出発地・目的地の設定方法 地図データを入手したら、いよいよ実践です。 出発地は、基本的にGPSで取得した現在地に設定されますが、以下のように指定することできます。 目的地も同様に指定したら、「道順を取得」で目的地までの経路が表示されます。 今回の場合、出発地(スタート地点)が現在地でないので「デモ」のナビゲーションしか実行できませんが、現在地からの場合はそのまま道案内がスタートします。 目的地までの経路で「高速道路」や「有料道路」を含めたくない場合は下記の通りに設定すればOKです。 ルート案内の見方・ナビ終了方法 道案内が開始されると、以下のような画面表示になります。 デフォルトでは英語表記・英語音声ですが、前述した言語設定で日本語表記・日本語音声に切り替えることもできます。 また、走行中の制限速度、および現在運転中の時速を確認することもできます。 もし時速が制限速度を超えた場合、アラームで知らせてくれます。 ナビを終了したい場合は、画面右下「…」メニューの中から「ルートをキャンセル」を選択します。 Sygicを使うメリット・デメリット 続いては、Sygicを使うメリットとデメリットをそれぞれご紹介します。 メリット• お金がかかる(NZで利用の場合は1,300円〜)• 音声案内の日本語訳が意味不明• Googleマップよりも店舗・施設情報が少ない 僕がデメリットに感じた内容は上に挙げた通りです。 オフラインで使えて、さらに速度制限表示もあり文句の付け所はほぼありませんが、アプリにしては 高めの価格設定なのが気になります。 また、音声案内の日本語訳にかなりの違和感があるのもデメリットに感じました。 もはや笑ってしまうレベルです(笑) ですので、音声翻訳の精度が改善されるまでは英語音声で対応するしかなさそうですね。 海外でレンタカー借りてドライブしたい• オフラインでも使えるカーナビアプリがほしい• 制限速度をこまめにチェックしたい(速度オーバーで捕まりたくない) オフラインで使えるメリットも大きいですが、僕が一番メリットに感じたのが 「速度制限の表示」があったことです。 ニュージーランドの道路にはだいたい一定間隔ごとに速度制限標識がありますが、うっかり標識を見落としてしまう可能性だってあります。 捕まってからでは遅いですし、罰金も時速10kmオーバーで80ドル前後とかなり高額です。 ニュージーランドはスピード違反の取り締まりが超厳しいので、Sygicのような速度制限表示があると本当に助かります。 Sygicは最初の購入価格が高いかもしれませんが、気付かずにスピード違反をやらかすリスクを考えれば安い買い物かもしれませんね。 Sygicの使い方まとめ ここまで、Sygicの使い方やメリット、デメリットをご紹介してきました。 さいごに、Sygicの特徴をおさらいすると、.

次の

【実機レビュー】車載Androidカーナビの使い方:その3 ナビ編|Xtrons TB706APL

ライン カーナビ 使い方

トヨタ車ユーザー以外も使える3D表示対応カーナビ 「TCスマホナビ」は、クルマメーカーであるトヨタが独自に収集した交通情報「Tプローブ交通情報」などを利用可能なカーナビアプリ。 これまで「T-Connect」アプリとして提供していたものを、機能拡充したうえで制限のない無料アプリとしてリニューアルしたものになる。 トヨタ車ユーザー以外も使用可能だ。 「Tプローブ交通情報」によって、他のユーザーの実走行データから得られたリアルタイムの交通情報を参考に、混雑を避けるルートを案内。 スマートフォンの高解像度画面に最適化された2Dおよび3D表示可能な高精細グラフィックの地図では、駐車場の満空情報やコンビニ、オービス、災害時避難場所などの位置を参照しながらドライブすることもできる。 注目は地図の精細さと操作性の高さ 実際に高速道路を含む往復200km以上のクルマ移動で使用してみたところでは、地図画面のスクロールと拡大・縮小のスムーズさ、停止時における進行方向や位置の維持安定性の高さが光る。 トンネル内などGPS電波を取得できない場面では追従しないが、トンネルを抜けた直後のGPS電波取得と現在地復帰は高速。 高精細な地図は視認性が高く、特に詳細な市街地図では建物の位置と形状をかなり正確に再現するため、目的地に到着後、徒歩で行きたい場所を確認する際にも便利だ。 その一方で、拡大・縮小操作をしたいだけなのに現在地表示(追従)がオフになりがちだったり、音声ガイドが必要最小限に絞られているせいか頻繁にはないため、右左折などのタイミングが図りづらい時もある。 他のユーザーの実走行データなどから得られた「通れた道マップ」機能は、災害時などに頼りになりそうではあるものの、ナビ画面ではなくアプリ内ブラウザで独立した地図として表示され、レスポンスがやや鈍いこともあって、使い勝手良く利用するのは難しいかもしれない。 とはいえ、リアルタイムの渋滞・規制を反映したルート案内や混雑状況の地図表示ができ、オフラインモードを誰でも無料で使えるのは、カーナビアプリとしては大きなアドバンテージ。 車載カーナビの買い替えを検討している人はもちろんのこと、災害時対策用のナビアプリを探している人も試してみてはいかがだろうか。

次の