みさき公園 閉園。 みさき公園駅

みさき公園駅

みさき公園 閉園

利用可能な鉄道路線 [ ]• 南海電気鉄道• 駅開業の2日後に18ホール完成、全面開場している。 もとは現在のおよび駅前広場も大阪ゴルフクラブの敷地だったが、戦後にゴルフ場を再開するにあたって、の影響からの緑地帯として認可を取り付ける運びとなり、泉岬公園(のち、みさき公園)が整備され、開園に合わせて「みさき公園駅」に改称された。 (昭和13年) - 南海鉄道の 南淡輪駅として開業。 (昭和19年)• - 多奈川線開通に伴い、駅を移転。 多奈川線が開通するまで当駅の和歌山市方面の隣接駅はだったが、同駅は多奈川線が(当時)の中心部を通ったことにより廃駅となった。 - 会社合併によりの駅となる。 (昭和22年)6月1日 - 路線譲渡により南海電気鉄道の駅となる。 (昭和32年) - みさき公園駅に改称。 (平成6年) - 特急停車駅に昇格。 全営業列車停車駅となる。 駅構造 [ ] 1番線で折り返し運転する区急(2012年6月29日) 上に2面5線を有するである。 島式ホームはそれぞれ1・2番線、3・5番線となっており、3番線の和歌山市寄りを切り欠いた部分が4番線となっている。 なお、4番線は13時台に多奈川線列車1本が入線する以外は使用されない。 はみさき公園側(みさき公園出口)と南の道路側(東出口)の2か所にある。 構内に各ホーム間と駅舎を連絡するがあり、エレベーター・エスカレーターが併設されている。 かつては難波側にが設けられていた。 トイレは設置されている。 多奈川線の本線は4番のりばである。 1・2番のりばからは多奈川線方面、5番のりばからは難波方面への発車も可能。 各年度の1日平均 乗降人員数は下表の通り。 年度 1日平均 乗降人員 順位 出典 2000年 7,264 - 2001年 7,014 - 2002年 6,847 - 2003年 6,561 - 2004年 6,385 45位 2005年 6,318 - 2006年 6,063 - 2007年 6,064 - 2008年 5,983 - 2009年 5,963 - 2010年 5,924 - 2011年 5,871 46位 2012年 5,588 47位 2013年 5,531 48位 2014年 5,459 48位 2015年 5,450 49位 2016年 5,132 50位 特徴 [ ] ホーム 第3回に選定された。 2014年10月18日のダイヤ改正までは難波方面からの昼間時の区間急行、ラッシュ時の一部の普通車はこの駅で折り返していた。 しかし、改正以降の日中は毎時4本の空港急行と和歌山市発着の普通に置き換えられた。 そのため、当駅発着の列車は平日が朝と夜に7本で、土休日は5本のみとなった。 前記の通り以降、4番線は13時台1本以外は列車が入線することがない。 もっとも、多奈川線はピストン輸送となっているため、当駅で2線も使うようなではない。 一日一度だけ4番線に入線するのはのためと、不定期に多奈川線で運用されている車両の交換を行うためである。 車庫から出庫した回送車が4番線に到着後、多奈川行きとなり、その時点で5番線に到着した多奈川駅からの列車は車庫へ入庫する。 車両取替えがない場合は多奈川駅からの列車が4番線に直接入線する。 なお、2005年まではのみが4番線を使用していた。 過去には5番線に入線するなんば行きの普通車もわずかながら設定されており、当駅で急行を待避していた。 かつて運行されていた多奈川線直通急行「」は、多奈川行きが2番線から、なんば行きが5番線から発着していた。 駅周辺 [ ] 駅の北側に南海電鉄が運営していた遊園地・のメインゲートが、駅の西側に大阪ゴルフクラブのクラブハウスがある。 駅前のロータリーから、の(赤バス)や、・大阪ゴルフクラブ・与田病院への送迎バスが発着。 他にへのサザンエアポートバスが運行されている。 岬郵便局• (さいりょうこふん)• 白峠山古墳(しらとやまこふん)• 真鍋山古墳(まなべやまこふん)•

次の

【みさき公園】アクセス・営業時間・料金情報

みさき公園 閉園

利用可能な鉄道路線 [ ]• 南海電気鉄道• 駅開業の2日後に18ホール完成、全面開場している。 もとは現在のおよび駅前広場も大阪ゴルフクラブの敷地だったが、戦後にゴルフ場を再開するにあたって、の影響からの緑地帯として認可を取り付ける運びとなり、泉岬公園(のち、みさき公園)が整備され、開園に合わせて「みさき公園駅」に改称された。 (昭和13年) - 南海鉄道の 南淡輪駅として開業。 (昭和19年)• - 多奈川線開通に伴い、駅を移転。 多奈川線が開通するまで当駅の和歌山市方面の隣接駅はだったが、同駅は多奈川線が(当時)の中心部を通ったことにより廃駅となった。 - 会社合併によりの駅となる。 (昭和22年)6月1日 - 路線譲渡により南海電気鉄道の駅となる。 (昭和32年) - みさき公園駅に改称。 (平成6年) - 特急停車駅に昇格。 全営業列車停車駅となる。 駅構造 [ ] 1番線で折り返し運転する区急(2012年6月29日) 上に2面5線を有するである。 島式ホームはそれぞれ1・2番線、3・5番線となっており、3番線の和歌山市寄りを切り欠いた部分が4番線となっている。 なお、4番線は13時台に多奈川線列車1本が入線する以外は使用されない。 はみさき公園側(みさき公園出口)と南の道路側(東出口)の2か所にある。 構内に各ホーム間と駅舎を連絡するがあり、エレベーター・エスカレーターが併設されている。 かつては難波側にが設けられていた。 トイレは設置されている。 多奈川線の本線は4番のりばである。 1・2番のりばからは多奈川線方面、5番のりばからは難波方面への発車も可能。 各年度の1日平均 乗降人員数は下表の通り。 年度 1日平均 乗降人員 順位 出典 2000年 7,264 - 2001年 7,014 - 2002年 6,847 - 2003年 6,561 - 2004年 6,385 45位 2005年 6,318 - 2006年 6,063 - 2007年 6,064 - 2008年 5,983 - 2009年 5,963 - 2010年 5,924 - 2011年 5,871 46位 2012年 5,588 47位 2013年 5,531 48位 2014年 5,459 48位 2015年 5,450 49位 2016年 5,132 50位 特徴 [ ] ホーム 第3回に選定された。 2014年10月18日のダイヤ改正までは難波方面からの昼間時の区間急行、ラッシュ時の一部の普通車はこの駅で折り返していた。 しかし、改正以降の日中は毎時4本の空港急行と和歌山市発着の普通に置き換えられた。 そのため、当駅発着の列車は平日が朝と夜に7本で、土休日は5本のみとなった。 前記の通り以降、4番線は13時台1本以外は列車が入線することがない。 もっとも、多奈川線はピストン輸送となっているため、当駅で2線も使うようなではない。 一日一度だけ4番線に入線するのはのためと、不定期に多奈川線で運用されている車両の交換を行うためである。 車庫から出庫した回送車が4番線に到着後、多奈川行きとなり、その時点で5番線に到着した多奈川駅からの列車は車庫へ入庫する。 車両取替えがない場合は多奈川駅からの列車が4番線に直接入線する。 なお、2005年まではのみが4番線を使用していた。 過去には5番線に入線するなんば行きの普通車もわずかながら設定されており、当駅で急行を待避していた。 かつて運行されていた多奈川線直通急行「」は、多奈川行きが2番線から、なんば行きが5番線から発着していた。 駅周辺 [ ] 駅の北側に南海電鉄が運営していた遊園地・のメインゲートが、駅の西側に大阪ゴルフクラブのクラブハウスがある。 駅前のロータリーから、の(赤バス)や、・大阪ゴルフクラブ・与田病院への送迎バスが発着。 他にへのサザンエアポートバスが運行されている。 岬郵便局• (さいりょうこふん)• 白峠山古墳(しらとやまこふん)• 真鍋山古墳(まなべやまこふん)•

次の

みさき公園閉園後の跡地や動物はどうなる?|特ダネレポ!

みさき公園 閉園

利用可能な鉄道路線 [ ]• 南海電気鉄道• 駅開業の2日後に18ホール完成、全面開場している。 もとは現在のおよび駅前広場も大阪ゴルフクラブの敷地だったが、戦後にゴルフ場を再開するにあたって、の影響からの緑地帯として認可を取り付ける運びとなり、泉岬公園(のち、みさき公園)が整備され、開園に合わせて「みさき公園駅」に改称された。 (昭和13年) - 南海鉄道の 南淡輪駅として開業。 (昭和19年)• - 多奈川線開通に伴い、駅を移転。 多奈川線が開通するまで当駅の和歌山市方面の隣接駅はだったが、同駅は多奈川線が(当時)の中心部を通ったことにより廃駅となった。 - 会社合併によりの駅となる。 (昭和22年)6月1日 - 路線譲渡により南海電気鉄道の駅となる。 (昭和32年) - みさき公園駅に改称。 (平成6年) - 特急停車駅に昇格。 全営業列車停車駅となる。 駅構造 [ ] 1番線で折り返し運転する区急(2012年6月29日) 上に2面5線を有するである。 島式ホームはそれぞれ1・2番線、3・5番線となっており、3番線の和歌山市寄りを切り欠いた部分が4番線となっている。 なお、4番線は13時台に多奈川線列車1本が入線する以外は使用されない。 はみさき公園側(みさき公園出口)と南の道路側(東出口)の2か所にある。 構内に各ホーム間と駅舎を連絡するがあり、エレベーター・エスカレーターが併設されている。 かつては難波側にが設けられていた。 トイレは設置されている。 多奈川線の本線は4番のりばである。 1・2番のりばからは多奈川線方面、5番のりばからは難波方面への発車も可能。 各年度の1日平均 乗降人員数は下表の通り。 年度 1日平均 乗降人員 順位 出典 2000年 7,264 - 2001年 7,014 - 2002年 6,847 - 2003年 6,561 - 2004年 6,385 45位 2005年 6,318 - 2006年 6,063 - 2007年 6,064 - 2008年 5,983 - 2009年 5,963 - 2010年 5,924 - 2011年 5,871 46位 2012年 5,588 47位 2013年 5,531 48位 2014年 5,459 48位 2015年 5,450 49位 2016年 5,132 50位 特徴 [ ] ホーム 第3回に選定された。 2014年10月18日のダイヤ改正までは難波方面からの昼間時の区間急行、ラッシュ時の一部の普通車はこの駅で折り返していた。 しかし、改正以降の日中は毎時4本の空港急行と和歌山市発着の普通に置き換えられた。 そのため、当駅発着の列車は平日が朝と夜に7本で、土休日は5本のみとなった。 前記の通り以降、4番線は13時台1本以外は列車が入線することがない。 もっとも、多奈川線はピストン輸送となっているため、当駅で2線も使うようなではない。 一日一度だけ4番線に入線するのはのためと、不定期に多奈川線で運用されている車両の交換を行うためである。 車庫から出庫した回送車が4番線に到着後、多奈川行きとなり、その時点で5番線に到着した多奈川駅からの列車は車庫へ入庫する。 車両取替えがない場合は多奈川駅からの列車が4番線に直接入線する。 なお、2005年まではのみが4番線を使用していた。 過去には5番線に入線するなんば行きの普通車もわずかながら設定されており、当駅で急行を待避していた。 かつて運行されていた多奈川線直通急行「」は、多奈川行きが2番線から、なんば行きが5番線から発着していた。 駅周辺 [ ] 駅の北側に南海電鉄が運営していた遊園地・のメインゲートが、駅の西側に大阪ゴルフクラブのクラブハウスがある。 駅前のロータリーから、の(赤バス)や、・大阪ゴルフクラブ・与田病院への送迎バスが発着。 他にへのサザンエアポートバスが運行されている。 岬郵便局• (さいりょうこふん)• 白峠山古墳(しらとやまこふん)• 真鍋山古墳(まなべやまこふん)•

次の