頭皮かさぶた ストレス。 頭皮にかさぶたが・・・原因と正しい対策

STOP! 頭皮のカサブタを剥がすクセ

頭皮かさぶた ストレス

ストレスがたまると心や体だけでなく、頭皮にも悪影響があります。 頭皮にかゆみや湿疹が出る「乾燥」。 頭皮にかさぶた・湿疹・かゆみ・フケが出る「脂漏性皮膚炎」。 頭皮の「ニキビ」や「臭い」。 こうした頭皮トラブルも、実はストレスが原因の可能性があるんです。 そこで、ストレスが頭皮に与える影響と原因について解説。 さらに、ストレスを解消して頭皮トラブルを防ぐ方法についてもご紹介します。 ストレスが引き起こす身体への影響 現在ほとんどの方は、何らかのストレスを抱えています。 仕事でのストレス、家庭や人間関係でのストレスなど、ストレスの原因は様々です。 精神的、肉体的などストレスの種類も様々ですが、ストレスは心と身体に影響を及ぼします。 ストレスを感じると自律神経のバランスが乱れ、常に緊張状態になり身体に負荷がかかります。 この緊張状態というのは、自律神経のバランスをつかさどっている交感神経が常に働いているということです。 身体がリラックスして休息しようとする副交感神経が働かなければならない時もストレスを感じていると、交感神経が作用して身体も心も休まることができません。 そうなると、少しずつ体に疲れが蓄積していき体調不良を招いてしまうことになります。 免疫力も低下するので風邪をひきやすくなったり、自律神経失調症やうつ病になる可能性もあります。 また、頭痛や胃痛、腹痛などの痛みを伴うものもあります。 現在のストレスは心に重くのしかかる精神的ストレスが多く、身体に悪影響を及ぼすことから心と身体は密接に繋がっていると言えるでしょう。 ストレスが引き起こす3大頭皮トラブル ストレスは、身体に ・血行不良 ・新陳代謝の低下 ・ホルモンバランスの乱れ ・免疫力(バリア機能)の低下 といった悪影響を与えます。 ストレスによる悪影響が原因で、頭皮には 1.頭皮のかゆみやフケの原因になる「乾燥」 2.頭皮のかさぶた、かゆみ、湿疹の原因になる「脂漏性皮膚炎」 3.頭皮の「ニキビ」や「臭い」 といったトラブルが起こります。 ここからは、ストレスと頭皮トラブルの関係について解説します。 ストレスによる頭皮トラブル1.乾燥によるかゆみや湿疹 ストレスを感じると、体調不良だけでなく体内の血行も悪くなり、頭皮や髪に十分な栄養がいかなくなります。 血行不良になると血の巡りが悪くなるため、頭皮に酸素や水分が行き届かなくなってしまい、乾燥を引き起こします。 頭皮が乾燥すると、かゆみ・湿疹などの頭皮トラブルが起こります。 特にかゆみ・フケ・湿疹は掻いてしまったり、痛みを伴うため頭皮が傷つき、頭皮環境がどんどん悪化していきます。 毛穴も開きがちになるので、抜け毛や薄毛の原因にもなるのです。 また頭皮が乾燥すると、油分と水分のバランスが悪くなりハリやツヤのある髪はも生まれにくくなります。 ストレスによる頭皮トラブル2.脂漏性皮膚炎 ストレスによってホルモンバランスが乱れ、男性ホルモンが優位になると、皮脂分泌が過剰になります。 またストレスは免疫力のひとつであるバリア機能を低下させるため、頭皮に雑菌が繁殖しやすい状態に。 過剰分泌された皮脂の中でマラセチアという真菌が繁殖すると、頭皮がかゆみとかさぶたを伴う「脂漏性皮膚炎」になってしまいます。 ストレスによる頭皮トラブル3.ニキビや臭い ストレスによって新陳代謝が低下すると肌のターンオーバーが乱れ、頭皮の毛穴に余分な皮脂や汚れが詰まりやすくなります。 またバリア機能が低下することで、頭皮に雑菌が繁殖しやすくなります。 頭皮の毛穴にアクネ菌が増えると、赤く膿をもったニキビができることも。 また雑菌繁殖は、頭皮の臭いの原因にもなります。 ストレスによる頭皮トラブルを防ぐ方法 ストレスによる頭皮トラブルを防ぐには、 ・頭皮トラブルを治療する ・ストレスを解消する 2段階の対策が必要です。 頭皮トラブルを治療する 頭皮トラブルには、様々な治療法があります。 かゆみ・湿疹を伴う頭皮の乾燥には、頭皮用保湿ローションの使用が有効です。 また洗浄力が強すぎるシャンプー使用を中止したり、シャンプー方法を見直すのもおすすめです。 ・キュレル・頭皮保湿ローション 関連記事 ストレスを解消する ストレスが原因で頭皮トラブルが起こるなら、根本のストレスを解消する必要があります。 ストレス解消になり、頭皮にもいい影響を与えるのは ・適度な運動 ・十分な睡眠 です。 運動は血行を促進し、代謝をあげ、自律神経をととのえて免疫力を高めてくれます。 また十分な睡眠は疲労を回復し、成長ホルモンを分泌させることで頭皮を活性化させます。 ストレス発散といっても、喫煙や飲酒は血行を悪くし、かえって頭皮に悪影響なので注意しましょう。 まとめ ストレスからくる血行不良・新陳代謝の低下・ホルモンバランスの乱れ・免疫力の低下などは、様々な頭皮トラブルの原因になります。 トラブルを抱えた頭皮では、健康的な髪を作り出すことができません。 美しく健康な髪を保つためにも、ストレスを溜めすぎず上手に発散できるといいですね。

次の

治らない頭皮のかさぶたはシャンプーで対策!厳選ベスト5

頭皮かさぶた ストレス

脂漏性皮膚炎 脂漏性皮膚炎 たての皮膚科クリニック 立野 裕晶 頭皮から白い粉状の皮膚片、いわゆるフケがポロポロ落ちて、時にはしつこい痒みを伴うことはないでしょうか? たいていは汗疹(あせも)や洗髪時のシャンプーやリンスの洗い残しによるカブレのことがほとんどですが、いつまで経っても治らない、軽快してもすぐに再発を繰り返すといった症状で苦しんでいる方は「脂漏性皮膚炎」の可能性があります。 痒みは無いこともありますが、頭皮からフケがポロポロ、鼻や頬に赤い発疹がポツポツ出現・症状が持続します。 皮脂貯留(入浴不足、洗顔不足など) 2. 皮脂の多い場所を好むマラセチア菌というカビ(真菌)の増加 3. 生活サイクルの乱れ(寝不足など) 4. 食事の偏り(高脂肪食・肉食中心、ビタミンB群不足) 5. 病気の名前のとおり皮膚の炎症なので、弱いステロイド外用剤から使用して、痒みが強い場合は強いステロイド外用剤に変更します。 また、先ほど説明したようにマラセチア菌というカビ(真菌)が関与していること多いため、最初から抗真菌外用剤も併用する場合があります。 症状が良くなってきたらステロイドは外用剤といえども、あまり長期に使用したくないので、調子が良くなれば外用抗真菌剤のみで様子をみていきます。 しかし、実際には症状がなかなか完治せずダラダラと続くので、ステロイド外用剤を完全に休止することが難しく、できる限り弱いステロイド剤を使用しつつ、同時に抗真菌外用剤を時々使用しながら治療を継続することが多いです。 飲み薬(内服薬)は外用剤だけでは治らない強い痒みに対して抗ヒスタミン剤(抗アレルギー薬)を使用するくらいで、治療薬の主役とはなりえません。 また細菌感染を起こしている場合に抗生剤を服用させることがありますが、これも細菌感染が軽快したら、すぐに休止するので、長期的な使用はありえません。 そのため、通常は強いステロイド外用剤を使用すると、すぐに治りますが、逆に適切な治療をしても、なかなか治らない時は次に挙げる他の病気の可能性があります。 アトピー性皮膚炎 2. 尋常性乾癬(じんじょうせいかんせん) 3. カンジダ性間擦疹 いずれも病気の初期段階や転院してすぐの過去の病態を把握できない時では、皮膚科専門医でも判別不能です。 アトピー性皮膚炎は名前くらい聞いたことがある有名な病気ですが、2. の尋常性乾癬は皮膚科専門医が時々遭遇する非常に難治性の皮膚炎、3. は真菌(カビ)の感染による皮膚炎です。 カンジダ性間擦疹は抗真菌剤を根気よく使用することで完治は可能ですが、アトピー性皮膚炎や尋常性乾癬は特効薬やそれに近い治療方法がなく対処療法を続けるのみです。 最近では薬局・薬店で抗真菌薬・ミコナゾール含有のシャンプー・リンスや洗顔石鹸などが販売されています。 健康保険の適応でないため値段は少し高めですが、入浴時に使用してみる価値はあります。 このシャンプー・石鹸の使用だけで充分に効果のある人も時々いますが、やはり通院してステロイドや医薬品の抗真菌剤を併用している方が良い調子を維持できている患者が多いです。

次の

脂漏性皮膚炎

頭皮かさぶた ストレス

もくじ• 【いきなり真相】ストレスだけで頭にかゆみが出ることはない! まずは真相からお話します。 私たちの身体のメカニズム上、ストレスだけで頭のかゆみが出るということは絶対にありません。 ストレスが直接かゆみという感覚を引き起こすわけではないのです。 ココ、大事です。 しっかりと覚えておいてくださいね。 ストレスが直接頭のかゆみを引き起こすことはありません!(大事なことなので2回言いました) もちろん、ストレスによって精神的にイライラしたり、心のバランスがうまくとれなくなると、「五感」と呼ばれる神経を過敏にさせることは実際にあります。 例えば… 「時計の秒針のチクタク音が気になり過ぎて全く眠れなくなった」(音に過敏) 「忙しいときに、旦那が目の前をウロウロしているだけでストレスが溜まる」(視覚過敏) などがわかりやすい例かもしれませんね。 旦那がウロウロしているのに対してイラつくのは、あまり良い例ではなかったかも…。 (男性の皆様、ごめんなさい。 ) 話を元に戻しましょう。 ストレスによって神経が過敏になると、自律神経のひとつである「交感神経」が優位な状態になります。 忙しい毎日を送っている現代人のほとんどは、交感神経優位のまま生活しているといわれているんですよ。 ちなみに、交感神経は車でいうところの「アクセル」の役目をしています。 逆に、ブレーキ役となるのが、「副交感神経」です。 まさに、アクセルをめいっぱい踏んでいるような「交感神経優位」のストレス状態では、血管が収縮して血行不良を起こしたり、消化器官の動きが低下して腸内環境の悪化、またホルモンバランスの乱れなどが引き起こされます。 その結果、 男性ホルモンの分泌が盛んに行われ、皮脂の過剰分泌、汗の増加がみられるようになります。 すると、頭皮の皮脂が酸化しやすくなったり、汗によって蒸れが起こったり、雑菌にとってパラダイスのような「悪環境」が完成してしまうのです。 これこそが、ストレスで頭がかゆくなってしまう大きな原因だといわれています。 直接的にストレスが関与しているのではなく、ある意味「間接的」にかゆみを引き起こしていたのですね! そもそも頭がかゆくなる本当の原因って? 頭がかゆくなってしまうのは、頭皮の炎症が主な原因です。 その炎症を引き起こす要因として、乾燥、シャンプー方法をはじめ、合わない成分が含まれるシャンプーの継続使用、頭皮の蒸れ、雑菌の繁殖などがあげられます。 ストレスの蓄積が、その引き金となってしまうことも珍しくないのです! 食生活も暴飲暴食が続けば皮脂の分泌量、質が変わるため頭皮環境も変わってしまうことでかゆみが出てしまうこともあります。 【原因1】頭皮の乾燥 頭が痒いと感じている人の多くは、実際に頭皮をよく観察してみるとかなり乾燥していることが少なくありません。 頭皮自体の水分・油分バランスが乱れていることがほとんどで、乾いたフケが目立つことも。 うるおいが不足した頭皮は、肌バリアがうまく機能していないため、そのまま放置していると余計に炎症を起こしやすくなる可能性があります。 また、我慢できないかゆみを少しでも緩和するためにポリポリ掻いてしまうと、その箇所から 雑菌が入りやすくなり、さらに悪循環を招いてしまうので注意が必要です。 絶対に頭皮のは傷をつけてはいけません! 【原因2】間違ったホームケア法 頭皮にかゆみが生じてしまった場合には、まずシャンプー方法が間違っていないか、再確認してみてください。 特に、シャンプーのすすぎ残しや、強すぎる洗い方などは、頭のかゆみを助長させることになってしまいます。 良く皆さんが勘違いしていることは頭皮のかゆみは洗い残してをしているからだと思われていますが、違います。 逆です。 洗いすぎてしまったためにかゆみが出てしまうんです! また、使っているシャンプーの成分にも十分注意が必要です。 合わない成分が含まれているシャンプーやトリートメント、整髪料などを、気付かないまま長期間使ってしまい、かゆみや炎症が出ているケースも。 案外、自分の洗髪方法についてじっくりと向き合ってみたことがある人って少ないようですよ。 僕自身も超絶な敏感肌であり美容師なので、自分が作っている製品は僕でも安心して使うことができる製品にしています。 【原因3】雑菌の繁殖や皮脂の酸化 かゆみと一緒に、あまりにも酷い乾燥やフケがみられるときには、 雑菌やカビが頭皮に繁殖している可能性も否定できません。 ストレスによって免疫力が低下すると、マラセチア皮膚炎、脂漏性皮膚炎といった病気を発症してしまうことも。 特に、髪の毛で蒸れやすい頭皮は、これらの皮膚炎にかかりやすいといわれています。 この場合には、正直なところ…セルフケアで治療しきれないので、必ず皮膚科医で相談するようにしてくださいね。 適切なお薬を処方されれば、きれいに治すことができますよ。 ストレスのせいで頭が無限にかゆくなるのはなぜ? ストレスによって、自律神経のバランスが乱れ「交感神経優位」の状態になると、男性ホルモンが増加して皮脂の過剰分泌、汗の増加が起こるとお話をしてきました。 これにより頭皮環境が悪化し、菌やカビが繁殖することで「炎症」「かゆみ」を引き起こします。 その他、緊張状態で汗をかく機会が増えると、ドロっとした成分の汗が頭皮表面に蓄積しやすくなり、これもまた「蒸れ」などによってかゆみを起こす要因になるといわれています。 ストレスが溜まっているときには、多くの人が睡眠不足であったり、眠りが浅くなったり「熟睡できない」なんてことも珍しくありませんよね。 実際に、毎日のように悩んでいる人も多いでしょう。 ストレスからくる睡眠不足は、身体の新陳代謝を低下させます。 もちろん、頭の皮膚の代謝も悪くなってしまい、健康な頭皮がなかなか新しく作られなくなってしまうのです。 古い角質や皮脂がこびりついた頭皮は、当然ながら「かゆみ」を感じさせやすい状態。 さらに、「かゆいから余計にストレスがたまる!」といって、ボリボリ掻いたりすると皮膚表面にダメージを与えます。 すると、もう「イタチごっこ」です。 無限にかゆみに襲われます。 どんな場所のかゆみでも、 一度掻くと余計に痒くなることってありますよね。 特に、私たち人間はストレスを感じたり、イライラするようなことがあると、無意識に頭をかきむしる行動がみられます。 この、痒みと「掻破行動(癖)」の悪循環で、頭のかゆみは皮膚病や炎症へと進行してしまうといわれているのです。 ストレスで頭がかゆいときの対策や改善方法は? では、ストレスが蓄積して頭がかゆいときには、どのような対策や改善方法があるのでしょうか。 かゆみの悪循環にハマってしまう前に、できることから実践していきましょう。 【改善方法1】正しいシャンプー方法で頭も心もスッキリしよう まずは、ご自身のシャンプー方法を見直してみましょう。 シャンプーは、ほとんどの方が毎日のように行っているものです。 ちょっとした習慣を改善するだけで、頭のかゆみも「心」もリフレッシュできるはず。 正しいシャンプーは、頭皮を洗うのではなく髪の毛を洗うという認識で行きましょう!! 最初に髪についている汚れを落とすためブラッシングを行うところからスタートします。 本当に、軽くで構いません。 次に、髪の毛を十分にすすぐ。 このとき、頭皮もしっかりと濡らすように心がけましょう。 時間にすると2~3分はシャワーで流すくらいが理想です。 注意!ゴシゴシしないように。 実は、この「予洗い」によって、髪や頭皮の約7割程度の汚れは落ちるといわれています。 それほど、大切なステップなのですが多くの人は、ササっと濡らす程度ですぐにシャンプーをつけてしまう傾向が…。 これは、頭皮にも良くありません。 そして経済的にも・・・泡立たないですからね。 シャンプーをつける際は、まず手のひらで軽く泡立ててから、髪の毛に馴染ませていきましょう。 髪を洗う時には、爪を立てたりゴシゴシ擦る必要はありません。 かゆい場所は、円を描くようなイメージで擦らずに頭皮マッサージをするのがオススメ。 あくまでも、リラックスしながら優しく行うのが重要なポイントです。 また、流し残しがあるとシャンプーの成分によって、頭皮にかゆみや炎症が生じることがあります。 しっかりと時間をかけて、丁寧にすすぐように心がけてくださいね! とにかく、リラックスしてシャンプータイム・マッサージタイムを満喫するかのような「心のゆとり」を持つことが大切です。 【改善方法2】生活習慣を見直してみよう もうひとつ。 ストレスで頭がかゆいときには、生活習慣を見直してみることをオススメします。 「生活習慣」って、さまざまなメディアでも取り上げられていますが、具体的には「食事」「運動」「睡眠」のことだと思っていただいてOK! 規則正しい生活を心がけ、栄養バランスのとれた食事をしっかりと摂取するようにしてください。 特に、ストレスによる頭のかゆみには「ビタミンB2」と「ビタミンB6」が良いとされています。 ビタミンB2は、脂質の代謝に大きく関与していて、ベタベタとした皮脂や汗を抑制する効果が期待されているのです。 豚や牛などのレバーには豊富に含まれていますが、「レバーが苦手…」という方は、牛乳などの乳製品、または納豆などの大豆製品を積極的に摂るようにしましょう。 ビタミンB6は、皮脂の分泌量を調整し、お肌(頭皮)の新陳代謝を促す効果があるとされています。 野菜などの植物性食品にも含まれていますが、吸収率を考えると「動物性食品」から摂取する方が効率的。 鶏むね肉やササミ、かつおなどがおすすめです。 まとめ 今回は、「ストレスによって頭がかゆい」と感じている人に向けて、さまざまな観点からその真相についてお話をしてきました。 ストレスが直接的にかゆみを引き起こすのではなく、自律神経やホルモンバランスの乱れによって、皮脂の分泌量や汗の質、蒸れ、細菌繁殖など「間接的な理由」で、かゆみが生じていることがおわかりいただけたでしょうか。 ぜひ、ご紹介した対策や情報をもとに、いつもの習慣を見直してみてくださいね。 あなたの頭皮のかゆみが、少しでも緩和されることを祈っています。 最後までお読みいただき、ありがとうございました!.

次の