エク ゾード フレイム。 封印されしエクゾディアとは (フウインサレシエクゾディアとは) [単語記事]

【ジャンプチ】封印されしエクゾディア 武藤遊戯の評価とステータス【ジャンプチヒーローズ】|ゲームエイト

エク ゾード フレイム

で登場した・の。 全てのを揃えた際にするを持つ。 から少しずつ登場した、の5枚の内の1枚であり、それらののでもある。 をもたらすは、ほかに・・などが存在する。 このを目指す、は、登場した当時から1つのテーマとして存在している。 ある時は・などからされ、またある時はから手足をで回収された。 また、++で無限を行って揃える事もあった。 様々なの決め手にこれらが使われるのは、このが「揃えば確実に勝利できる」最高のである事の証明とも言える。 これ以降も、を主軸とした様々なが考えられた。 を集める方法としては、様々な戦術が考えられる。 ・などで地道にするほか、・・・などで、・・・などでする手もある。 また、上記ののほかにやを使ったり、などでさせたにをさせたりなどの方法でを加速し、一気にかき集める事もできる。 のがより少ないほどできる枚数が増えるも有効である。 このはであり、を作らない。 そのため、やなど、他のでこのをにする事は不可能。 にが5枚揃った時点で(であろうとも)勝利が決定する。 完全にの領域ではあるが、のにを全て揃えさせて敗北するために必要なは・・の3種類と非常に少ない。 また、のをのに全て揃えてするには上記の2種類のほかに、も存在する。 実用性も何も無いが、あえてにを揃えさせてで敗北してみるのもある意味では面白いだろう。 「1枚の処理の途中」で5枚揃えても、その時点では勝利とならない。 処理が終わった時点で、判定のチェックが入る。 例えば、や等のにより、した時点では5枚が揃ったが、その後を時にをならない場合は、勝利できない。 また、が残り2枚の時にをされた場合、引いた2枚でが揃っても「3枚」ができないので、で逆に負けとなる。 の処理中に5枚揃った場合、その時点で勝利となる。 個々の処理が終了する度にの判定タイミングがあり、各処理後に5枚のが揃っていた時、一連のを中断する形で勝利が確定する。 (下記の参照) また、はである為、5枚揃ったことをに伝えずにを続けることはできない。 が設定されたから、に指定されている。 ある特定のが5枚以上揃えば勝利できるを見つけた場合、「それならを揃えたほうが早い」などと揶揄されるのは、よく言われることである。 ただし、のしやすさなど、単純に枚数だけで優劣が決まる訳ではない。 による勝利を想定する場合、ほかの勝ち筋を捨ててでもそれに特化した方が良いと言われる。 この場合、はから移動できない・移動させてはならない事になる。 そのため、の1枚1枚が「に存在する、1枚の」となってしまう。 この考えは漫画・アニメ内でも浸透している様であり、原作のレアハンターはでがされが不可能になった直後に戦意を喪失している。 アニメGXでは、《封印されしエクゾディア》及びによるを防がれた後でもでを続けるアモンに対し、ヨハン()は驚きと共に賞賛の言葉をかけている。 初収録されたの販売会場に、あまりに大勢の人が押しかけたせいで、急遽発売が中止された事がある。 Vジャンプによるレジェンド総選挙の投票結果では全20体中、5位を獲得した。 遊戯はの消滅直後のにこのを、3体を葬り去った。 また、劇中ではの様な合体とされており、揃った際のの事を遊戯は「」ではないかと推測していた。 遊戯が使用したのはこの「vs海馬」が最初で最後となり、「決闘者の王国編」においてインセクター羽蛾の手により船から海に投げ捨てられてしまう。 城之内が海に飛び込んで収拾に向かったが5枚中2枚しか回収できず、は実質的に消滅した。 「バトルシティ編」の「城之内vsレアハンター」戦では、マリクが率いる「グールズ」がこののコピーを用いて、城之内を一蹴した。 更に、「闇遊戯vsレアハンター」戦では後1枚までを揃えたが、によりに現れた(アニメ版では遊戯のハッタリに屈しした)をでされ、は打ち崩された。 アニメでは後、遊戯によって破り捨てられている。 名は「」。 原作におけるこのは7であり、「但し、神の四肢たる4枚を揃え五体を復活させし者、あらゆる敵を一瞬に葬り去る」というであった。 また、にはないが、原作のには「できない」というが存在している。 東映版での名は「怒りの業火 エクゾディア・フレイム」だった。 森永製菓から発売された「遊戯王デュエルモンスターズ ウェファーチョコ」付属のシールでは名が「エクゾー ト・フレイム」と誤記されている。 アニメオリジナルの「乃亜編」における「海馬瀬人vs剛三郎」戦では、の布石としてで。 また、ドーマもこのを所有している。 「記憶編」の大邪神ゾークの戦いにおいて、シモンが千年錠によってをした。 アクナディンの召喚した死霊軍を殲滅したものの、シモンの 魂 バー を注いだも大邪神ゾークには通用せずに呆気なく倒されてしまった。 名は「」、「 魔神 エグゾード 火焔砲 ブレイズ 」。 アニメGXの「アモンvsマルタン()」戦では、マルタン()がシリーズを使用。 「」と名の付いたをする《ブレイク・ザ・シール》を。 そのでこのをすれば勝利できていたのだが、その処理を終える前にの出現によってが中断となった。 その後は、アモン自身がシリーズを使用し、エド及びヨハン()とを行っている。 「アモンvsヨハン()」戦では、アモンが初手のでこのを除いた4枚を揃えるという強運を発揮した。 アニメZEXAL II セカンド の「遊馬vs真月vsギラグ」戦でギラグが使用した《デス・ハンド》のに描かれている。 初期のGBシリーズではの扱いは「出さない」では無く「する優先度が最も低い」だけであるため、が入っているレアハンターのでは1枚でも魔法を使用するとに以外の可能ながいなくなる事態が起こってしまうためである。 一応、ステージ2の敵デュエリスト(ほかにパンドラ、人形、イシズ)の使用する中ではトップタイのなので、自分ののレベルが低いうちは要注意ではある。 一方で、以降に登場するレアハンターはやなどを複数枚採用し、高速でに揃えてくるので、場合によっては闇遊戯らを超える強敵である。 では、完成時に5枚が星型の鎖で繋がれ、が現れる演出があったが、この星の形が海外版で問題になる事を危惧し、続く以降は鎖の繋がり方が正五角形に変更されている。 では処理が全て解決するまで勝利判定が行われない。 そのため、が揃った後の処理終了までにを0にされてしまった場合などに、が揃ったのに勝てないという事が起こる。 のストーリーモードのWRGPの試合では、3対3のチーム勝ち抜き戦が行われる。 この試合形式では、勝ち抜きの際に勝利側のが引き継がれる。 そのためを揃えてしまえば次の以降試合開始直後に勝利判定が行われるため、そのどころか、その試合での勝利が確定してしまう。 では、アクションデュエルXのタッグバトルのチャンピオン戦の対戦として登場。 名称こそ《封印されしエクゾディア》となっているが、ポリゴンは封印されていないである。 EXこうげきで確実に99999を与えてくるため、その前に速攻で倒さねばならない。 TAG FORCE SPのストーリーのアテム編では原作通りに羽蛾に捨てられるが梶木が拾った事になっている。 レガシー・オブ・ザ・デュエリストでは、アップデートにより専用ムービーが追加された。 デュエルリンクスでは「闇マリクを追え!」イベント中に現れるグールズが使用する。 恐らく原作のレアハンターと思われる。 FAQ Q:などで、にが同時に揃った場合は、どうなりますか? A:その場合は、になります。 Q:開始時にに5枚のを引いて、に5枚が揃った場合は、どのが勝利しますか? A:その場合も、になります。 Q:の最中に揃った場合、どう処理しますか? A:のは「する必要が無い」です。 揃った時点でループを中断し、が確定します。 Q:等のの時の「の支払い」の段階で揃った場合、どう処理しますか? A:を支払った時点でが確定します(のにするタイミングが訪れる前にに勝利します)。 その場合勝敗はどちらになりますか? A:のにできない状態となるため、の処理中にが揃った場合でも、敗北となります。

次の

封印されしエクゾディア

エク ゾード フレイム

初出:1999年8月26日「PREMIUM PACK」収録 今回紹介する全ての派生カードの元となったモンスターです。 遊戯王初の特殊勝利効果を持ったモンスターで、原作に登場する唯一の特殊勝利モンスターでもあります 魔法・罠だと「ウィジャ盤」も特殊勝利効果を持ったカードです。 原作において、元々は武藤遊戯の祖父である武藤双六のカードでした。 インセクター羽蛾によって海に投げ捨てられるシーンは有名ですね。 また原作・アニメでは、遊戯以外にもグールズ・海馬剛三郎・GXではアモンなどが使用もしくはデッキに組み込んでいます。 デュエル中に5枚のパーツを揃えることはロマンとも言われますが、2012年の世界大会ではエクゾディアデッキがベスト8入りを果たしたことで話題となりました。 また、制限カードの期間が最も長いカードの内の1枚であり、2000年4月1日から現在まで制限カードのままです。 攻撃名:「エグゾード・フレイム」・「エグゾードブレイズ」• 効果名:「怒りの業火 エクゾード・フレイム」 です。 こちらが世界大会の決勝トーナメントでエクゾディアを揃えたデュエルの動画です。 初出:2015年11月28日「MILLENNIUM BOX GOLD EDITION」収録 エクゾディアの攻撃名である「エグゾード・フレイム」がカード化したモノです。 永続罠として 1 の効果は大変強力であり、エクゾディアデッキを組む場合は必要とする場面も多いと思います。 2 の効果は破壊された場合などの制限がなく、自分から墓地に送る場合でも使用できるため柔軟性があります。 さいごに 現在登場しているエクゾディアの派生モンスターは全部で6種類存在しました。 今回は紹介しませんでしたが、「封印されし者の」シリーズもエクゾディア関連のカードです。

次の

【画像付き】エクゾディアの派生・関連カード一覧まとめ【遊戯王】|初心者でもわかる遊戯王の始め方

エク ゾード フレイム

武藤遊戯 限定 の評価 封印されしエクゾディア 武藤遊戯 総合評価 10. 0点 メイン評価 10. 0点 決闘評価 9. 5点 サポート評価 9. 必殺ワザで赤属性強化! 武藤遊戯 限定 は、必殺ワザが非常に強力なキャラです。 敵に威力の高いダメージを与えるだけでなく、発動してから2ターンの間、敵からの攻撃を受けた時に自身の攻撃力をUPできます。 その上、赤属性の必殺ワザのダメージ量をUPするため、 パーティー全体で大ダメージを狙うことができ非常に強力です。 特性で必殺プチ生成数が減らせる! 武藤遊戯 限定 の特性は、必殺プチ生成に必要な数を1個減らし、必殺ワザのダメージ量をUPできます。 武藤遊戯 限定 の必殺ワザは、自身と赤属性の強化ができるため、特性との相性が良く強力です。 また、攻撃力DOWN効果も受けないため、 高い攻撃力を最大限に活かすことができるでしょう。 武藤遊戯 限定 のおすすめの使い方 メインでの使い方 武藤遊戯 限定 は必殺ワザが強力なため、 必殺プチ変換スキルのキャラと一緒に編成しましょう。 敵の攻撃を受けることで自身の攻撃力UPと、赤属性の必殺ワザ威力をUPできるため、積極的に必殺ワザを発動させて、自身と赤属性全体の強化で大ダメージを狙いましょう。 さらに、赤属性が受けるダメージをガードするため、ダメージ軽減をしつつ、総攻撃の準備が可能です。 必殺ワザが強力な赤属性と合わせて、プチを一気に消し大ダメージを狙いましょう。 決闘での使い方 武藤遊戯 限定 は、特性で必殺プチ生成に必要なプチ数を1減らすことができます。 必殺プチを生成しやすいため、強力な必殺ワザを持つキャラの前に編成して、必殺プチを生成するのがおすすめです。 友情サポーターには、 必殺プチ変換や 攻撃力UPスキル持ちのキャラを編成しましょう。 攻撃力DOWNを付与してくるクエストで、火力を落とさず効率よくダメージを稼ぐことができる効果です。 また、必殺ワザで赤属性の必殺ワザで与えるダメージがUPする効果も付いてくるため、火力の底上げ役として幅広いクエストで活躍することもできます。 】 スキルLv. 心の領域を犯す悪人に対して闇のゲームを仕掛け、ルールを破ったり負けたりしたものに様々な罰ゲームを与える。 祖父から託されたカードデッキの中には、両手足と体を五つに分割された幻のモンスター、召喚神「エクゾディア」が含まれており、それらが手札に全て揃った時、デュエリストを勝利へ導く。 gcld-line. html? gcld-line. html?

次の