郵便局 配達 仕事。 郵便配達のバイトにノルマはあるのか?働いてみてわかった本当のこと

身近な【郵便局のパート】仕分けから配達まで仕事の実態&採用の対策を紹介

郵便局 配達 仕事

バイク 原付もあるので、自動車免許のみでも可 にまたがり、町中を颯爽と配達しまくります。 慣れていないと、よく転倒してサイドミラーを割って しまうので、ご注意を・・・ その他の仕事としては、配達完了時には、 携帯端末と呼ばれる小型機械への入力作業や、 自分の配達エリアの郵便物の区分などがあります。 (給料、待遇の違いがあり) 郵便局の配達員のメリット• 外にでれば気楽• 社会保険あり• 時間が経つのが早い• 帰りが早い(閑散期は17時。 繁忙期でも19~20時ぐらいまで)• 配達先で「ご苦労様」と声をかけられるのは気持ちがよい• 毎日、達成感がある• 期間雇用だが、契約解除はほとんどなし(6カ月ごとに契約更新が続く)• 一応、正社員登用制度あり 郵便局の配達員(期間雇用社員)のデメリット• 給料が安い• 休みが少ない(週休2日だが、年末年始は休みなし、お盆休み等もなし)• 大雨、台風の日はしんどい。 雪の日は命がけ• バイク事故の危険性• 年賀状ノルマが苦痛(噂の自爆営業)• 正社員への門は狭い• 退職金はなし(正社員になればあり)• 腰痛になりやすい スポンサーリンク その他アドバイスなど• 11~1月以外は結構ヒマ• 配達が早い人は、結局出発が早い(組立を効率よく)• 毎朝、郵便体操という変な体操がある• 誤配を重ねるとスキル評価ダウン• 同じ郵便局内でも、班によって風土が違う• 人間関係は要領よく、給与も割り切れれば結構、気楽• 実家暮らし、遊びも控えれば貯金は可能• 仮面〇〇の人も意外といる。 しかしながらそのままでは給料の上昇も限定的なので、 さらに上のランクを目指すことになります。 郵便局の期間雇用社員には、時給制と月給制があり、 時給制の期間雇用社員は、時給制契約社員とも呼ばれますが、 さらに評価により、ランクと習熟度別にクラスが分けられます。 また、それぞれのクラスには、習熟度の「あり」、「なし」と 2種類に細分化され、それぞれ時給が異なるようです。 ちなみに、評価の基準は、誤配の数 隣家への配達間違いなど 、 配達可能エリアの広さ、上司の評価などに寄るとのことでした。 まぁ、上からの評価が一番大事だとの声もあり、 結構、狭い門らしいですね。 関連記事 - , , , 郵便配達員になりたいと思う人は事前のリサーチをしっかりしておかないと、後で絶対後悔します。 「バイクで颯爽と」なんてカッコいいイメージとは裏腹の「どす黒い裏面の実態」を骨の髄まで痛感させられますから。 離職率の高さの理由をよーーー 無限に続く ーーーく、考えるのが身のためです。 冗談みたいですが「郵便配達員になりたいのなら次の仕事を決めておいてからなった方がいい」と断言します。 Eメールの普及で手紙を出さなくなる、ドローン等機械での配達の自由化、他宅配業者の郵便事業への参入が将来的に画策されている現実、など郵便配達そのものが先細りが必至だという事も忘れてはいけません。 雨や雪の日にも配達はあるのですよ!!! 気楽なイメージを抱いて就職されると痛い目に遭う仕事の筆頭格だと思います。 通常の郵便配達はもはやオマケみたいなもので、メインとなる仕事は代引きやゆうパック、特伝型本人限定郵便や特別送達など、ミスが許されず手続きが大変で責任の重い配達物に比重が移っていて、それ以外にカタログゆうパック、年賀はがき、かもめーるといった配達員から買うには実需の低い物品の営業(よく言われる自爆営業含む)や、必要なのか疑問な書類作成、冗長な朝礼、会議やミーティングです。 また、公務員時代に採用された面々は非常に人間的器が小さくてクセのある人が多く、それでいてある程度の役職に就いているので、人間関係の構築にも大変苦労します。 また、期間雇用社員と正社員で仕事内容にそれほどの差があるわけでもないのに待遇差が大きく、正社員と期間雇用社員の間には何とも言えない溝が常にある状態で、人間関係が良好とは、お世辞にも言えない環境です。 私は若い頃に身体を壊した事が原因で、ある程度の年齢になってからやっとの思いで就職にこぎつけた事もあり、現状下でも心療内科に通いながら必死に食らいついてますが、若い人にはとても勧められるような職場ではありません。 他にどうしても職が見つからず、最終手段だという覚悟をもっている方なら何とか我慢できるのではないかと思います。 なかなか厳しいご意見です。 ただ、給料は高くはないものの、毎日比較的早くは帰れるし、 20代で次の職や資格を目指す人にとっては ある程度の安定収入にはなるのかな、とも思いました。 ただし履歴書には残るので、職歴を気にする人は注意 また営業の数字については、 怒られることも含めて 割り切れるのであれば、 案外気楽にも出来るのかもしれません。 何と言っても人手不足ですから…。 ただ、そのように達観したメンタリティでいるためには、 ここで正社員としてのしあがってやる! という意気込みよりも、 いつか辞めることを前提とした計画の実行が なされていないと、たいへんかも。 逆に30代、40代の人にとっては、 重大な交通違反歴がなく、その他明確な問題等がなければ 忙しく人材不足の局であれば 期間雇用社員の 採用門戸は広いとも 言えそうです。 初めまして。 検索で調べて知りたいことがここにあったので、ご相談させてください。 私は配達員ではなく、窓口なのですが、面接時に持病や、毎日飲む薬などあるかと、根掘り葉掘り聞かれ、その時は心療内科の薬もあまり飲んでなかったので 風邪をよく引くぐらいと答えたのですが 採用になり、職場になれたかとの面接時に体調管理の事をまた聞かれたのでその時に 以前までは心療内科通ってて飲んでる薬もありましたが、今はそれほど飲んでないと伝えたのですが 面接時の話と違う。 雇用条件に引っかかるなどの話になり、期間契約を更新できるのかどうか上に聞いてから決まるそうです…。 精神疾患とまではいかなくとも、普通に仕事もできるし、薬も夜寝る時 飲まなきゃと判断した時に服用してくだけなのですが、これは契約更新にはならず、切られてしまうんでしょうか… スイカさん 結論を待っているのは、しんどそうですね。 きほん、大企業は「万が一」のリスクも嫌います。 何かあった時の責任の所在の問題で、 「聞いていた」と「聞いていなかった」 では前者の方が企業が社会的に糾弾される 度合いが強くなるからでしょう。 とはいえ、これだけ心の病になる 人が多い現代において、 業種や規模によっては従業員の精神的な問題に 理解のある会社もありますが、もと親方日の丸体質 だったところでは、そういった融通は利かない かもしれません。 ただ、結論が出ていないのにむやみに悩んでいては 損です。 どっちに転んでも、何とかやってくぞ! と開き直ってやってく方が、何とかなってきた 私からお伝えしたいことです。 そしてお酒飲むことも 運転、運転を連呼されました。 浅はかですか? 勤務日の朝や、翌日勤務での深酒は論外ですが、 帰宅後には適量に飲むのはもちろん問題ありませんよ。 「自分だけは大丈夫」と、捕まらなければ問題がないんだろう と勝手に考えている人がいたりしますが、面接官はそういう類の人 でないかどうかを見ている気がします。 また自分から「酒は大好きです」という方も、 あまり好感はされなさそうですよね。 これはドライバー職であればみんな同じはずですが。 カテゴリー• 最近のコメント• に shokusagashi8 より• に より• に チワワ より• に アクティブ より• に Sasaki satoshi より• に shokusagashi8 より• に 山北澪歩 より• に 山北澪歩 より• に shokusagashi8 より• に さわださぶろう より• に shokusagashi8 より• に shokusagashi8 より• に shokusagashi8 より• に ノブヒロ より• に ノブヒロ より• に 吉田賢臣 より• に 56さいの男 より•

次の

年末年始期間中における郵便物等の配達

郵便局 配達 仕事

目次一覧• 郵便局パートのメリットと待遇面 「外勤」と「内勤」 郵便局のパートは、別名「郵メイト」などと呼ばれています。 自転車やバイクなどで郵便物を、町の各家庭に配達する「外勤」の仕事と、郵便局内で郵便物の仕分けをする「内勤」の2つの仕事が存在します。 時給は「外勤」の仕事の方が高額になっています。 理由は、「内勤」に比べて責任が重い上、事故に巻き込まれる可能性もあるためです。 気を付けていれば大丈夫ですが、ラクなお仕事ではありません。 一方、「内勤」の場合は、郵便局の室内で冷暖房の完備された環境でできますので、「外勤」と比較すると楽かもしれません。 負担の少ない環境で、1. 5~2時間毎に15分の休憩を取るのが一般的です。 肉体的には非常に楽だと言えるでしょう。 時給は東京や大阪などの都会であれば800円台、地方であれば700円台が相場となっています。 また、長時間勤務の場合は、昼休として1時間の休憩があるところが多いです。 小休憩と併せますと、2時間くらいが休憩時間になります。 例えば、8時間勤務の場合は実働は6時間ということになります。 休憩を頻繁にとる理由は、はがきや封筒の仕分け作業は、集中力の低下によるミスを防ぐためだと言われています。 例えば、「外勤」であればマンションの郵便受けや前に立って、ただひたすら郵便物を仕分けし続けることになりますし、「内勤」であれば、局内に届いた郵便物を仕分ける単純作業になります。 このような単純作業は、長時間続けると作業効率の低下やミスが増加する可能性があると言われています。 そのため、こういった頻繁な小休憩をとるという対策が取られているわけですね。 福利厚生が万全 郵便局でのパートのメリットは、やはり福利厚生が充実していることではないでしょうか。 交通費も全額支給されますし、社会保険への加入であったり、有給休暇の取得などもしっかりしています。 郵便局のパートの仕事は、社会保障が完備されているため、長期間勤務を希望するフリーターの人が非常に多いといわれています。 そのため、求人はあまり頻繁に出てこないとも言えるでしょう。 ただ、まれに大手のバイト求人サイトで大々的に募集することもありますので、随時チェックしておくと良いと思います。 郵便局のパートは、東京、大阪などの大都市が中心となっていますが、地方の荷物が集中するような中核都市でも求人がありますので、しっかりと確認しておきましょう。 ウォーミングアップとして最適?! 短期間のお仕事であれば、時間を有効に使えます。 学生の方であれば、学業との両立ができます。 年末年始の間や夏休みという限られた期間を使って、集中的に仕事ができるからです。 主婦の方であれば、家事や育児の合間を縫って、働くこともできます。 また、自宅の近くで気軽に働けるというのも魅力ではないでしょうか。 子育てなどで忙しく、お仕事にブランクがあって不安な方でも、ウォーミングアップを兼ねて、取り組む方も少なくないようです。 アルバイトの求人情報は巷に沢山ありますが、郵便局は馴染みのある施設ですので、勤務する際の安心感は比較的高いのではないでしょうか。 求人が殺到する時期と時給 郵便局の求人が集中的に増加するのは、9~11月です。 つまり、正月の年賀状配達シーズンの短期間のアルバイトの求人になります。 年賀状配達のシーズンに応募し、大晦日や正月にしっかりと勤務した等の実績を作れば、後々、 長期パートとして採用されて、勤務し続けることができる可能性も高まります。 特に、「内勤」のお仕事の場合には、夜勤の勤務ができることがあります。 夜勤であれば、時給が、22時から翌朝5時までの間は、昼間勤務の25%増しとなり、時給1,000円以上になるところが多いです。 夜型の人にとっては非常に美味しいパートであると言えるでしょう。 その上、長期間の勤務実績を積んでいくことによって、時給が昇給していきますので、そういった点も魅力ではないでしょうか。 郵便局のパートの仕事内容 ここからは、各部署における仕事内容について順番に解説していきます。 内勤で行うお仕事内容 郵便局の「内勤」で行っているパートの仕事としては、郵便局の窓口で色んな業務を行う窓口の業務、そして郵便物を仕分けする業務に分かれています。 郵便局内にある事務室では、お客様の電話対応をしたり、書類作成やデータ入力といった一般事務を行います。 窓口の業務では、お中元やお歳暮といった小包の受け渡しを行ったり、各種料金支払いに対応する業務などを行っています。 郵便物を仕分けする業務を担当しているパートさんは、基本的にハガキなどの普通郵便であったり、書留などの特殊郵便などを地域毎に分けていきます。 仕分けをする際は、普通郵便であれば、膨大な量を仕分けするため、パートさんが仕分けの専用の機械を使って、仕分けを効率化していきます。 お歳暮のような小包の仕分けを担当するパートさんは、地域ごとにパレットに仕分けしていく作業を行っています。 外勤で行うお仕事内容 郵便局の外で行う配達のパートさんは、ハガキなどの普通郵便や書留、特殊郵便などを各家庭に配達するのが基本的な業務となります。 パートさんは、各家庭を回る配達の仕事を行う時に、郵便局から貸し出されたバイクや自転車を使います。 自分が担当している地域に配達していくわけですね。 基本的に配達のパートさんは、雨や雪の日などの天候が悪い日であっても、配達を行う必要があります。 台風などの配達が困難な天候であった場合は、天候が回復するまで待機する事が多いです。 配達をスムーズに行っていくためには、自分が担当している地域を理解しておくことが大切になります。 配達前にルートを把握して、流れを組む作業を行うところが多いようです。 また、最近では、年末前のシーズンに、年賀はがきや季節商品の販売を行う事もあります。 配達先に訪問して、年賀はがきや季節商品をお客様に提案していく業務です。 集荷の業務に関しては、基本的に郵便局が貸し出ししたバイクや自動車を使って、様々な場所に存在する郵便ポストや簡易郵便局といったところから郵便物を回収していきます。 代金が必要となる郵便物に関しても、集荷の担当者が行います。 一般事務のアルバイトについて 郵便局内で行う一般事務関連の業務としては、様々なデータ入力、パソコンで書類を作成するといったデスクワークがあります。 規模の大きな郵便局の場合は、コールセンターのような部署が存在していることもあります。 パートさんが郵便物や小包などに関するお客様の問い合わせに対応する場合もあります。 郵便局の正社員のように、郵政に関する専門的知識が必要な仕事を任させる事は、ほとんどありませんので安心してください。 基本的な郵便に関する仕事を任されることが多いです。 内勤・仕分け(区分け)のお仕事 郵便局のパートの中でも特に人気の高い、「内勤」の仕分け(区分け)のお仕事について、さらに解説していきます。 普通郵便の取り扱い 郵便局で取り扱う普通郵便は、ハガキや封筒に入った郵便物などになります。 普通郵便物の場合は、毎日大量に郵便局に来ますので、各局に仕分けるため処理をする必要があります。 パートさんが仕分けの作業を行う場合は、手作業で郵便物の種類を区分けする事になっています。 大量の郵便物を処理する場合、できるだけ早くお客様の手元に届けるために、機械を導入しているところもあります。 早めに仕分けした郵便物を、配達員に小分けに渡す目的で使います。 区分けをするための専用の機械にかけられない郵便物は、専用の区分棚を使って作業員が仕分けていきます。 地域ごとに分けて、作業を行っていきます。 機械で処理できる普通郵便物に関しては、そのまま作業員が郵便物を機械にかけて、作業の効率化を行っています。 ハガキに関しては、消印などを押す作業を行うケースもあります。 仕分け作業の流れは、郵便物の引き受けをしてから、パートさんが区分けをして、ドライバーの人に仕分けた郵便を渡す、という形なります。 特殊郵便に関する仕事 特殊郵便は、配達の記録が残る特定郵便と、書留の2種類に分かれます。 特殊郵便には、大切な書類や現金が入っており、その他の郵便とは別に処理をしなければなりません。 特殊郵便の仕事は、現金が入っている郵便物も多数取り扱うことになるので、郵便局に到着した際に、原則として手作業で仕分けを行っています。 普通郵便と違うところは、仕分けの作業が完了すると、仕分けた郵便物をそのままドライバーの人などに渡すのではなく、記録が残るようにパソコンに追跡番号を入力するステップを挟むことです。 パートさんの担当は、到着した特殊郵便を引き受けてから、専用の区分棚で地域ごとに仕分けするという作業になります。 仕分けをした特殊郵便は、中身が出ないように専用の袋に入れます。 専用のパレットに乗せて、発着担当の人に受け渡します。 小包の仕分けに関する仕事 小包の担当者は、基本的に郵便局に到着した色々な種類の小包を地域毎に仕分けていきます。 小包は、基本的に郵便物よりサイズが大きくて、重たいものも多い傾向にあります。 地域毎に大きなパレットに乗せる作業を行っていきます。 専用の機械に乗せて、自動的に仕分け処理をします。 その後、パートさんは、ベルトコンベアーから下りてくる小包を、地域毎に仕分けていきます。 仕分けをした小包を乗せたパレットは、そのまま発着の場所に運び、ドライバー担当の人に引き渡します。 普通小包の他には、チルド専用小包というものもあります。 チルド小包を扱う際には、端末機で入力してから仕分けるようにします。 チルド専用の冷蔵庫に仕分けをし、ドライバー担当の人に渡すという流れです。 パート探しのコツと特徴 求人情報は早めにチェック! 郵便局でのパートのお仕事を探すのであれば、アルバイト求人情報サイトでまずはチェックしてみましょう。 または、日本郵政の公式サイトを確認し、募集要項を確認することもできます。 年末年始の求人であれば、必ずと言ってよいほど、毎年募集しています。 ただ、人気の高い案件ですので、求人がすぐに締め切られる場合もあります。 希望する場合は、早めにチェックしておくほうが賢明ですね。 郵便局でのパートの募集には、長期と短期の2種類があります。 いずれも、郵便局が忙しくなるピークになります。 この時期は、配達スタッフが不足することも多いですので、仕事内容としては、郵便物の仕分け中心の「内勤」よりも、「外勤」の募集が多くなる傾向にあります。 近くの郵便局を見つけよう 郵便局は地域に必ずといっていいほどありますので、誰でも近所でパートのお仕事ができるのが魅力です。 通勤時間もかかりませんし、交通費の節約にもなりますからね。 仕事の帰りが遅くなったとしても、自宅に近い地元の郵便局ですので安心です。 「外勤」の仕事をする際も、地理的に把握できているケースが多いので、スムーズに馴染める方も多いようです。 道に迷って、配達が遅れる心配もほとんどないでしょう。 面接の流れを理解しましょう 郵便局の面接の内容 郵便局の面接では、基本的には、勤務を希望する日や時間の申込書に基づいて、面談が行われます。 また、通勤の経路や通勤手段の確認も行われます。 短期間のパートを希望している場合は、予定の期間が終了した後でも、郵便局で働けるかどうかについて聞かれるケースもあります。 また、配達のお仕事を希望している人は、免許証の確認や運転の履歴を聞かれる事もありますので、事前に準備しておきましょう。 後は、お仕事の概要説明や待遇面、交通費などの説明を受けることがあります。 面接で気をつけるポイント 面談の際に着ていく服装に関しては、必ずしもスーツである必要はありません。 あまり派手な物でなければどんな服装でも大丈夫です。 極端に汚れた服装でなければ、普段着や制服などでも構いません。 注意しておく事としては、面接官に対して、明るくハキハキとした対応をする事です。 他のお仕事にも言えることかもしれませんが、気持ちの良い挨拶ができていれば、コミュニケーション能力があるという印象を持ってもらえますので、採用される可能性が高くなります。 また、面接が一通り終了した後は、気になる事があれば必ず質問し、確認しておきましょう。 質問をすること自体は悪い印象を与えませんし、むしろ積極的だと思ってもらえます。 疑問点をうやむやにせず、きちんと解決しておいてください。 郵便局のパートに関するまとめ 郵便局のお仕事は、短期間でサクッと取り組めることと、安心感がやはり魅力なのではないかと思います。 ラクではないかも知れませんが、堅実なお仕事と言えるでしょう。 繰り返し言いますが、短期のお仕事を経験することで、同じ郵便局で長期アルバイトとして勤務し続けることも可能となるケースもあります。 コツコツと真面目に取り組める方であれば、評価されるわけですね。 お仕事をしたことのない方や、ブランクのある方こそ、是非、第一歩として応募してほしいですね。

次の

郵便配達の仕事の給料(正社員/契約社員)や郵便局の時給がまるわかり

郵便局 配達 仕事

郵便局の仕事は大きく窓口、事務、仕分け、配送4つの役割に分けられる。 窓口 皆さんが郵便局で一番お世話になる受付の役割です。 切手、葉書の販売から郵便物、小包の受付、また、送りたい荷物の相談なども承っています。 最近はあまり聞かなくなりましたが、切手コレクターの方々が購入した切手に消印を押すという重大な業務も存在します。 消印の角度やインクの濃さなど、細かい要望に答えるられるだけの押印技術も求められます。 民営化以降は大きな郵便局などで24時間対応窓口もあり、夜間勤務にあたるシフトも存在するとのこと。 事務 主に電話での業務が多く、郵便物のお問い合わせや企業と個人のお客様からの細かい指示を受付けるなど、個人情報を扱う非常にデリケートな部署です。 また、配達員や他の課、他局との連絡を取り合い、郵便物の追跡を行ったりします。 文具や消耗品の注文、在庫管理や書類の作成、経理やその他雑用など、幅広い分野に渡ります。 臨機応変に対応することが望まれ、高いスキルを必要とする部署も多いです。 もちろん、パソコンを使えることが条件であることは言うまでもありません。 仕分け 集めた郵便物を宛先の管轄に当たる集配局と呼ばれる市町村の一番大きな郵便局ごとにまとめて送り出したり、また、別の集配局から来た郵便物を配送する地区ごとに分け、翌日には番地ごとに配達出来るよう仕分けるお仕事です。 配送 いわゆる配達のことです。 仕分けの済んだ郵便物を別の地域に運ぶ業務と、その地区の配達をバイクや自転車、軽ワゴン車などで、配達を行ったり、最近では切手なども販売するようです。 こちらは郵便局の社員だったり、委託業者さんだったりと、お仕事内容も受け取るお給料も一概には言えない事情があるようです。 窓口3個の業務 開店前 ミーティングを行い、情報共有を徹底します。 内務の事務職員が書類や伝票を取りに来るので、前日分を日付を確認して渡し、記録を付けるなどの業務があります。 お客様の郵便に関する相談も受けるので、常に商品を把握しておくことが必要です。 座って接客し(時には立ち上がったり、カウンターから出て話を聞いたり)、金銭のやり取りを行うのが一日の大まかなお仕事になりますが、郵便局特有のお得意様として切手収集家さんがいらっしゃり、中には消印の押し方に難しい注文を付けてくる方もいます。 少しハラハラするのが閉店の時間。 局によっては駆け込みのお客様もかなりいて、苛立っていることが多く、かなりのストレスになります。 閉店後 大きな郵便局では夜間窓口を設け、24時間対応しているので、一日の業務を記録しながら、対応したりもしますが、基本的に別の職員さんがヘルプに回ってくれます。 伝票もまとめて、事務員に渡したり、それ以降の引継ぎなどをして業務を終えます。 事務職員4個の業務 伝票係 伝票係は窓口から総務、作業所、と郵便局を駆け回り、その時間までに受けた郵便、小包の伝票や他局から来た郵便物を回収して周ったり、顧客の苦情や要望を届けたりと局内を一周して情報を集めたり、共有したりするような業務を行います。 途中ですれ違った別の課の職員からお使いを頼まれることもあり、広い局内の地図が頭に入っていないと、時間のロスになります。 この業務は時間によって、微妙なコンビネーションで成り立っているにも関わらず、忙しいときは短期契約のアルバイトさんに行ってもらうこともあり、一度に行うことが多岐に渡りすぎていて、完璧に行うのが大変難しいため、あとで電話で呼び出しがかかることが多く、これがまた繁忙期のストレスにもなります。 伝票の計算とデータベース化が主な業務ですが、なるべく早めに終わらせて電話対応の応援に回ります。 再配達受付係、受け取り確認係 主に電話をかける仕事です。 不在で郵便局に戻ってきた郵便物の実物とにらめっこしながら、電話をかけて、受け取りの希望を細かく聞き、配達担当者、又は責任者に渡します。 受け取り確認係とは、その名の通り、一定の顧客に受領確認のため、電話をかけます。 どちらもここ数年は数が多く、全てものに電話をかけ終わる頃には定時になることも稀ではありません。 逆に早く終われば、事務所の掃除をお願いされたり、ちょっとした雑用を申しつけられたりもします。 電話対応係 一番ストレスが多く、知識を要する係りです。 電話に出ると、大体が顧客からの注文や要望なのですが、中には会話したいだけの人やクレーマーからの長電話もあり、それに当たってしまうと、ランチ休憩がずれ込むことも少なくありません。 また、他局との連携も求められるのですが、繁忙期は電話回線がパンク状態だったり、地方の郵便局では営業時間が短めだったりして、簡単に解決には至らずに取引先に時間をいただけるようお願いの電話をかけたりすることも多いです。 また、電話を受けながら、書類を探したりと一度にいくつかの業務を同時に行うことのできる器用さが求められます。 書類を見つけてから折り返し電話をかけ直すという方法では、仕事が停滞して終わらなくなる可能性が高いため、そういう方法を取っている職員さんが多く、一度に一つのことしかできない私を一番悩ませた業務でした。 個人情報を扱っているので、うっかり口を滑らせないよう、局や部署によっては朝礼での周知を行ったり、定期的に勉強会を開き、サービスの向上に努めています。 事務の仕事はざっとこのような形ですが、部署や支店により内容は変わってきます。 仕分け作業3個の業務 素早く的確に仕分け 時間によって、持ち場が変わることが多いようですが、仕事が始まる頃には既に仕分け用の郵便物が台車に乗って置かれています。 そこから、取り出して、郵便番号別に箱に詰めて行きます。 定型の封書や葉書、小包は機械で行いますが、大型の定型外は人の手によって分けられます。 基本的に立ちっぱなしでの作業となり、小包に至っては重い荷物をテトリスのように上手に台車に乗せる技術も必要になるので、タフでないと続けるのは難しいですが、この作業はかなりクセになります。 台車に上手に荷物をはめ込むことが出来ると何とも言えない達成感があり、凝り性の性格が災いして熱中している間に勤務時間終了になったことが何度もありました。 もちろん、翌日はすさまじい筋肉痛でお目覚めです。 郵便も小包も出来るだけ早く積み終え、短い時間で受け渡しするのが好ましいです。 よって、慣れないうちは時間に追われることが多く、気が抜けないでしょう。 箱に入れて台車に積む 一通り仕分けが終わったら、郵便物であれば、箱に入れて行き先別に台車に積み、指定の位置まで運んで、次の荷物に取り掛かります。 この作業を勤務時間が終わるまで延々と続けます。 かなりの力仕事です。 ここで腰を痛める人がどれくらいいるのだろうと心配してしまいます。 そして、筋肉ムキムキになる人も一定数いるだろうと思います。 配達準備作業 配達員さんがスムーズに業務をこなせるよう、順番に並べてすぐに荷台に積めるよう準備する業務です。 担当地区の郵便は既に仕分けされ、配達順路に沿って並べられていますが、人の手で確認しなければいけない定型外の郵便もあり、出発するまで少し準備します。 配達 配達中も再配達の電話を受け付けるので、帰局する時間がずれ込むことが多いです。 また、再配達の電話を受ける際、届け先やそこに着くまでの時間を瞬時に計算する能力や少し無理な要望をお願いしてくる受取人がいたりと、特に繁忙期は時間内に帰局できない職員さんも少なくありません。 ストレスとの戦い 地域差もあるとは思いますが、配達員は禁煙を強いられています。 車の中で吸うことも車から出て、外で一服することも禁止されています。 それは、タバコの匂いの服や荷物に付くと、お客様に不快感を与えてしまうからとのことです。 運転中も常に電話でのお問い合わせや再配達依頼を受けているというのに、一服が許されないのは大変だと思います。 特に喫煙者には辛い業務と言えるでしょう。 郵便局の良いところ やりがいを感じるポイント 私が郵便局で特にやりがいを感じる部分は自分の仕事の成果が実感できるということです。 数か月に一回、時給の見直しがあり、目標とするスキルがあらかじめ決まっているので、給与アップもしやすい上、勤続年数が一定期間に達すると正社員登用試験を受けることができます。 労働基準法をしっかり守って働けるので、休憩時間や残業時間も上手に管理してくれるのも働きやすさに繋がっていました。 事務の仕事であれば、お客様から感謝の言葉をいただいたり、職員同士で大変な職場であることをお互いに認識しているので、労いあったりと心がほっこりするようなことが多いです。 どの職場も職員さん同士が仲が良く、フレンドリーな雰囲気で、休憩時間や仕事の後など、休憩室で楽しく談笑している姿がありました。 作業系の業務では自分の積んだ台車にきっちりと荷物が乗っかっている様子をみると、嬉しくなります。 ひと段落した後、必ず誰かか飴ちゃんを配ってくれるのですが、その甘味が疲れた体にスーッと入っていく清涼感は何とも言えませんでした。 面白いポイント どの業務であってもまず、日本の地理と郵便番号に詳しくなります。 郵便局で働く以前は自分の住所の郵便番号すら知らずにいた私ですが、ここで働いてからというもの、郵便番号の重要さに気づかされました。 もう、最初の三桁で都道府県と市町村が浮かんでくるほど、業務上、大切な要素であることを実感させられています。 そして、人付き合いが好きな人なら、きっと楽しい職場です。 業務が複雑であればあるほど、周りにヘルプを頼みながら、成長できる点は事務が初めてという人でも安心して始められると思います。 事務の仕事でも仕事で関わる人脈が広いので、沢山の人と出会えますし、仕分け作業であれば、仕事が単調でも時折雑談を挟みながら楽しく作業ができます。 また、業務内容も多岐に渡っているので、いろいろな部署を体験して、これだと思う適職を見つけるのもいいかもしれませんね。 郵便局の仕事はこんな人にはおすすめ! 事務ならチームで仕事をするのが好きな人 事務仕事では周りと連携して助け合いながら仕事をこなしていきます。 業務内容が多岐に渡るので、ベテランさんや同期の職員さんと話し合いながらベストな解決法を探しているうちに、良い人間関係が生まれます。 もちろん、一人で完結できる仕事もありますが、基本的に報告、連絡、共有が望まれるので、コミュニケーションが苦にならない人におすすめです。 仕分け作業なら単純作業が好きな人 仕分け作業は力仕事でもありますが、延々と同じ作業を続けるのが得意な人におすすめです。 こちらの業務はコミュニケーションが少し苦手でも、黙々と作業できるの上、集中して仕事をしているうちに結構な時間が経って行きます。 重い台車を引いたり、沢山の郵便物(特に葉書だけの)が沢山詰まった箱を台車に乗せる作業もあるのですが、適度に休憩を挟みながら行いますので一日の終わりは良い疲れで締めくくることが出来ます。 事務系の仕事を長年してきた人には、最初こときついかもしれませんが、体力も付き、良い運動にもなりますよ。 お仕事体験したい人 郵便局では年末年始など、繁忙期に短期アルバイトを募集しています。 その業務内容も事務から仕分け作業、配達といくつかの業務に分かれているので、まずは挑戦してみたいという方におすすめです。 まとめ 郵便局は民営化してからというもの、サービスの質を向上させるため、日々努力しているように思います。 良い面ばかりを上げてみましたが、ここはもう少しと思う点も多数ありました。 特に事務員の仕事は入ったその日からベテラン並の業務内容を押し付けられるので、最初はかなりハードです。 専門用語が行き交い、指示の内容自体が理解できずに何度も確認を取ったり、次から次へと新しい業務にチャレンジしなければならなかったりと、脳みその容量がキャパオーバーで一瞬停止なんてこともあったりして・・・。 基本的にお給料は低めのスタートなので、最初はかなりへこみました。 ただ、その職場の職員さんたちに恵まれれば、半年程でエキスパートになれるくらいの知識や事務スキルが育ちます。 ですが、事務においてはコミュニケーション能力が必須です。 実際に人付きの良い話やすい人が多かった印象がありました。 正社員登用まで少し道のりがありますが、間口が広いので挑戦しやすいお仕事とも言えます。

次の