ウイイレ 2020 マスター リーグ。 ウイニングイレブン2020攻略鬼

LICENSE

ウイイレ 2020 マスター リーグ

ライセンス FIFAのファンがウイニングイレブンに対して批判することといえば、これまでのどのバージョンでも公認チームが少ないことだ。 EA Sportsは、多くの登録チームで実名を使う権利を長く保有し続けている。 一方のコナミは、最近ユヴェントスと独占契約を締結するに至った。 つまりFIFA 20では、イタリアで最も成功を収めるこのチームは「ピエモンテ・カルチョ」という架空名で登録されている。 37のリーグにわたる700以上のチームのうち、ユヴェントスだけがライセンスされていないのだ。 その他すべてのチームは実名で登録されており、ユニフォームやエンブレムも本物のままだ。 ウイニングイレブンでは、登録される24のリーグのうち19のリーグの公認を得ている。 リーグ・アンやセリエAなどが含まれるが、プレミアリーグではアーセナルとマンチェスター・ユナイテッドだけが実名で登録されている。 マンチェスター・シティは「マンチェスター・ブルー」という名前になっている。 バルセロナからはライセンスを受けているが、レアル・マドリーからはライセンスを受けていない。 ロス・ブランコス(レアル・マドリーの愛称)は「マドリー・チャマルティンB」という名前になっている他、それ以外のラ・リーガのチームにも偽名が使われている。 ウイニングイレブンには、クラブの名前とエンブレム、ユニフォームを自分で編集する機能がある。 この編集記録はオプションファイルとして保存することができ、エクスポートやインポートが可能。 「PES World」をはじめとするファンサイトからオプションファイルをダウンロードすることができるため、それを利用すればUSBデバイス経由で自分のゲーム機に反映することができる。 FIFA 20はチャンピオンズリーグ(CL)とヨーロッパリーグ(EL)と独占契約を結んでいる。 さらに最近コパ・リベルタドーレス杯やコパ・スダメリカーナなどのCOMMEBOL主催のコンペティションも追加され、ロゴやスタジアム、特徴的なブロードキャストも再現されている。 「キャリアモード」と「マスターリーグ」 ほとんどのプレイヤーにとって、 「キャリアモード(FIFA)」と 「マスターリーグ(ウイニングイレブン)」は非常に似たモードに感じるだろう。 このモードではクラブを経営し、移籍、契約、スカウト、試合といったクラブの重要な部分を自分でコントロールすることができる。 ウイニングイレブン2020のマスターリーグには、選手と契約したときや契約交渉をするときに発生するイベント映像が新たに追加された。 FIFA 20にも同様のコンテンツはすでに収録されている。 マスターリーグでは、自分で作成したアバターの代わりに、ディエゴ・マラドーナやヨハン・クライフのような伝説の監督を動かすこともできる。 キャリアモードでは監督としての責任を果たすだけでなく、一人の選手のキャリアを経験することもできる。 試合をしたり、自身のレートを上げたり、より格が上のクラブに移籍したりすることでキャリアの進歩を見ることができる。 「ULTIMATE TEAM」と「myClub」 それぞれのゲームで最も有名なモードといえば、 「ULTIMATE TEAM」と 「myClub」だ。 このモードでは、自分のドリームチームを作ることができる。 「FIFA ULTIMATE TEAM」(FUT)ではスターターパックを受け取るところからゲームが始まり、移籍マーケットで選手を獲得していく。 一方「myClub」ではもっと簡単にスーパースターを獲得できるが、チームにスターを留めておくために「GP」と呼ばれるポイントを十分に稼いでいかなければならない。 myClubはFUTに比べれば単純なモードだ。 学ばなければいけない細かなギミックがなく、選手を一つのポジションに限定せず配置することができる。 そのためウイニングイレブンでは、リオネル・メッシやクリスティアーノ・ロナウドをチームに組み込むようなことがFIFAよりずっと簡単にできるのだ。 最高レートの選手たち ウイニングイレブンはバルセロナとユヴェントスの両方からライセンスを受けているが、このゲームでの最高の選手はリオネル・メッシとクリスティアーノ・ロナウドだ。 二人の総合レートはともに「94」となっている。 FIFA 20ではバルセロナのメッシがレート「94」で最高の選手となっており、ピエモンテ・カルチョのC・ロナウドは「93」で2位となっている。 以下、二つのゲームのレートの合計点で上位の選手を10人紹介しよう。 Player FIFA 20 Rating PES 2020 Rating Lionel Messi 94 94 Cristiano Ronaldo 93 94 Neymar 92 92 Eden Hazard 91 91 Kevin De Bruyne 91 90 Jan Oblak 91 90 Virgil van Dijk 90 91 Mohamed Salah 90 90 Sergio Aguero 89 91 Luis Suarez 89 91 「アイコン選手」と「レジェンド」 FIFA 20とウイニングイレブン2020には引退した選手も登場する。 FIFA 20では「アイコン選手」、ウイニングイレブン2020では「レジェンド」という名称だ。 片方のゲームにしか登場しない選手たちもいるが、たとえばディエゴ・マラドーナやパオロ・マルディーニ、ローター・マテウスといった一部の選手は両方のゲームに登場する。 ブラジルのペレとロナウドはFIFA 20のアイコン選手としてしか登場しないが、一方でドイツのオリバー・カーンやイングランドのデイヴィッド・ベッカムはウイニングイレブン2020でしか登場しない。 グラフィック ウイニングイレブン2020の最大の売りのひとつが、細部にこだわったグラフィックだ。 選手たちは本物そっくりで、アニメーションもスムーズ。 これらの効果でゲームがさらにリアルな雰囲気になっている。 FIFA 20はライセンスの幅を広げてきた結果、すべての欧州トップリーグとコンペティションのブロードキャストを演出することができるようになっている。 つまり、例えばプレミアリーグの2チームが対戦すれば、本当のプレミアリーグの中継を見ているようになるということだ。 二つのゲームは共に3Dスキャンを使って本物そっくりの顔に仕上げている。 双方ともにシーズン通じて新しいプレイヤーのスキャンを追加更新しており、よりリアルな雰囲気を醸し出している。 操作法 FIFA 20とウイニングイレブン2020で最も異なるのが操作法だ。 FIFAのアーケードゲームのような感じが好きな人もいる。 操作法を覚えるのは簡単なので、新規プレイヤーがプレーしやすくなっている。 試合展開は速くエキサイティングだが、得点を奪い合う試合をときどき見かける結果になっている。 ウイニングイレブンでは、この点に関して慎重な姿勢を取っている。

次の

Master League

ウイイレ 2020 マスター リーグ

ウイイレするならまずマスターリーグからっしょ。 ってことで我が愛しのチーム、アーセナルを景気づけにCL優勝させることから始めよう。 マスターリーグってなに? ウイイレと言えばマスターリーグ。 好きなクラブチームの監督になって好きな選手を集めてひたすらチームを強くする最高の オナニーモード。 強くするにしても、• 徹底的に育成する下部組織の選手重視スタイル(昔のバルサスタイル)• 同国の選手をコレクションするスタイル(ビルバオスタイル)• 同じリーグ内の有望選手を強奪して他チームの弱体化も並行して行うスタイル(バイエルンスタイル) などやり方は様々。 ベタな楽しみ方は好きなチームのドリームチーム化だけどそれ以外でも、• 最弱チームをCL常連の強豪に変貌させる• 次から次へとチームを渡り歩いて自分のキャリアを積み重ねる• 嫌いなあのチームの監督になって選手をどんどん放出して弱体化させる• 無名選手を一流選手に育てて強豪チームに売る とかなんでもあり。 それがマスターリーグ。 アーセナルを選択 レールの上を落ちないように生きてきた俺は当然王道のやり方を選ぶしかない。 マイフェイバリットチームに悲願のCL優勝を体験させてあげたいってことでアーセナルを選択。 アーセナルとはイングランドプレミアリーグの強豪的位置づけにギリギリ留まっているクラブチーム。 最後の優勝からは10年以上経ってるけど一応強豪なんだ。 日本人選手が名前だけとはいえ在籍することが多くなぜか日本人のサポーターも多い。 俺とアーセナル ちょっと脱線。 自分語りの挿入。 俺がアーセナルを好きになったのはウイイレ10か9あたり。 アーセナルはたしかノースロンドンって表記されてた時代。 実名でもないこのチームが好きになったのはアンリがいたから。 アンリさえいれば何でもできた。 それぐらいアンリを使いこなしていた。 リュンベリもいたな。 ゲーム発とはいえ好きになったチームの試合はNHK BSで時々放送されるのを見るようになり毎試合見るためにスカパーに加入、スカパーを切り捨てDAZNへ加入していくのであった。 その間に大好きなアンリは去ったけどバルサを応援する気にはなれず俺はアーセナルに留まった。 セスクが去っても、ファン・ペルシーが去っても、心変わりはしなかった。 いつまでも優勝しない、お金を使わない、選手は出ていく、戦術なんてないそんなチームでも離れることは出来ずに今に至る。 実はその今がいろいろと変わってる最中で今まで応援してきた中で一番おもしろくなりかけてるんだよね。 ということで俺はアーセナルを選択したわけなのさ。 余談終わり。 要点まとめ めっちゃ文字が多くなったので今回はここまで。 あれ?なにもしてなくね?って思った君は正しい。 今回の要点は マスターリーグをするためにアーセナルを選んだよってだけ。 ほんとにそれだけ。 それだけじゃ味気ないので次回へのネタバレを挟んでこの記事終了。

次の

【ウイイレ2019】マスターリーグの錬金術、年俸予算を増やす方法

ウイイレ 2020 マスター リーグ

お久しぶりです。 これからまた土日どちらかに1記事投稿する形式で新しい記事の毎週更新を再開していこうと思っていますので、今後ともよろしくお願いいたします! 今回は、3CFのクロップ監督を使用して、SIM試合でGPが稼げるフォーメーションと戦術をご紹介します。 そして、CFの三人だけ総合力90オーバーのチームの中で能力が高い選手を配置してください。 他の選手は総合値80前後の選手で固めます。 詳細は個々のポジション説明でご説明します。 FW:左CF 役割は、チームのエースストライカー。 ここに一番得点能力のある選手を配置してください。 競り合うこともあるので、身長もある程度持っている選手が好ましいです。 おすすめ選手• クリスティアーノ ロナウド• レヴァンドフスキ• ジエゴ コスタ FW:真ん中CF 後ほど説明しますが、偽9番として動いてもらうので、チームの役割としてはチャンスメイカーの役割。 一列下がってから2枚のフォワードにスルーパスを供給したり、自分でシュートをしたりすることを期待します。 持っておいてほしいスキルは「スルーパス」です。 純粋なフォワードよりもCF適正のあるフォワードの選手を配置するとうまくいく場合も多いです。 色々試してみてください! おすすめ選手• ロベルト フェルミーノ• デレ アリ FW:右CF ここのポジションには、チームの中で心臓になるような選手を配置します。 コンセプトアレンジ「カウンターターゲット」を使用し、守備も免除させます。 配置する選手はテクニカルな左利きな選手が好ましいです。 おすすめ選手• リオネル メッシ• アントワーヌ グリーズマン MF:左CMF ここには決定的なパスを出せるプレースタイル「プレーメーカー」の選手を配置します。 総合力は80前後の選手を配置してください。 MF:右CMF ここには寄せる守備で貢献できるようにプレースタイル「ハードプレス」の選手を配置します。 できたらディフェンス能力が高い選手が好ましく、その理由は中盤でカットする確率が上がるからです。 総合力は80前後の選手を配置してください。 MF:DMF ここには守備を安定させるためにプレースタイル「アンカー」の選手を配置してください。 そして、CMF同様に総合力は80前後の選手を配置してください。 DF:LSB&RSB 特に指定はありませんが、スタミナが高い選手だと後半まで戦えるので良いです。 総合力は80前後の選手を配置してください。 DF:CB 総合力80前後の選手で、できたらスキル「低弾道ロブ」を持っているセンターバックが好ましいです。 また、プレースタイルは「ビルドアップ」の選手であることが必須です。 GK フライパス精度が高ければ高いほど良いでしょう。 スキル「低弾道パントキック」は必須です。 こちらも総合力は80前後の選手を配置してください。 コンセプトアレンジ 攻撃のコンセプトアレンジ 偽9番 クロスポジショニング 守備のコンセプトアレンジ カウンターターゲット 右CFに設定してください スルーパス警戒 最後に 今回は省エネでGPを稼げるフォーメーションをご紹介しました。 しかし、その分失点も増える可能性もあるので、ぜひともバランスを見ながら設定してみてください! chrono0520.

次の