帯状 疱疹 漢方。 帯状疱疹の漢方薬【葛根湯】│higanohari

帯状疱疹後神経痛について | 漢方専門・福岡県博多

帯状 疱疹 漢方

2014年10月12日 帯状疱疹後神経痛は漢方薬で治るのか? ここしばらく、帯状疱疹後神経痛の痛みが激しく、ダウン気味でした。 先週月曜日は、ということで出社し、その後も週内に1〜2日ほど出社するつもりで予定していました。 でも水曜日頃から帯状疱疹後神経痛の痛みが強くなり、日中も痛み止めの医療用麻薬(オキノーム)を何度も飲んで、痛みをこらえて寝ていることしかできなくなり、出社は断念。 数分おきに、針で刺されるような激痛が、右の脇の下と背中に走るような状況です。 この痛みの程度はなかなか説明できないんですが、例で説明してみます。 僕の場合、血液の病気()のため、昨年の入院中や最近の外来診察でも、血液検査のための採血の注射を打つことが多いです。 でもあまりにも回数を重ねたため、血管が硬くなって、注射針を刺しても針が血管を捉えられず、皮膚の下で注射針を動かして、何とか血管に刺し込もうとトライされることがよくあります。 やはりスムーズに血管に針が刺さって普通に採血されるよりも、皮膚の下で針をうにうに動かされるのはそれなりに痛いです。 もう慣れましたが。 帯状疱疹後神経痛の激しい痛みは、そのように注射針を刺して皮膚の下で動かされるよりも痛いです。 しかもその痛みが一回きりではなく、波のように何度も何度も繰り返し襲ってきます。 大体、採血の時に痛みで声を上げることはありませんが、帯状疱疹後神経痛がひどい時には、思わず「痛い・・・」「いててて・・・」と本当に声が出ます。 時には涙も出ます。 その後、少しずつ回復はしてきて、ここ2〜3日は、日中はそれほど強い痛みはありません。 ただ、夜が辛く、これまでのように寝る前に痛み止めを一つ飲むだけでは効かず、二つ飲んで何とか眠りにつき、その後、早朝に痛みで目が覚める、というような状態です。 原因はよく分かりません。 では、基本的に患部の状況が悪化することはなく、痛みが強くなるのは外部要因、とのことでした。 その意味では、台風による気圧の変化が影響したのか、月曜日に出社して引越し後の片付けをした疲れが出たのか、風邪が抜けずに残っていたせいなのか、よく分かりません。 台風も疲れも風邪も、とっくに過ぎ去っています(台風はまた来てますが)。 でもここまで痛みが強くなったのは本当に久しぶりです。 ということで、あまりにも帯状疱疹後神経痛が辛かったため、抜本的な治癒を目指して、漢方薬にトライしてみることにしました。 現在かかっているペインクリニックでは、今は積極的な治療としては打つ手がなく(以前、したものの時期が遅すぎて効果が出ず)、対症療法的に痛みをコントロールする薬が処方されているのみです(しかもそれらの薬も効いているのかよく分からず)。 後は自然に治るのを期待するしかない状況です。 そして自然に治る兆候は全く見えません。 そのため、「藁にもすがる」というか「効けばラッキー」という感覚で、漢方薬を試してみることにした次第です。 僕に処方された漢方薬は、ヘルペスウイルスで傷んだ神経を修復する作用や、免疫力を高める作用もあるようです。 根本的な治癒を目指すものです。 薬局によると、1日3回の飲み薬を、まずは1〜2ヶ月続けて様子を見てください、とのこと。 即効性を期待せず、長い目で効果が出ればラッキーという感じで、まず最低2ヶ月は、何も考えずにこの漢方薬を飲み続けてみようと思っています。 そして効果が出れば、またこのブログで、漢方薬の種類や購入した薬局などを紹介したいと思っています。 2ヶ月後、そんないい報告ができるといいなあ、と、僕自身、期待しています。 上の病名ボタンをしてくださると、ランキングが上昇し、より多くのがん患者さんに僕の闘病記が届きます。 よろしければクリックしてくださるとうれしく思います。 3回のがんをがんを乗り越えた経験が、一人でも多くの患者さんに届きますように… 高山の著書 (幻冬舎 税込1,188円) 脳腫瘍、悪性リンパ腫(白血病)を乗り越えた闘病記。 病院選び、治療法選択、医師との信頼関係の構築、セカンドオピニオンなどの考え方も。 プロフィール 高山知朗(のりあき): 1971年長野県伊那市生まれ。 伊那北高校、早稲田大学 政治経済学部卒業。 アンダーセンコンサルティング(現アクセンチュア)戦略グループ、Web関連ベンチャーを経て設立、代表取締役社長就任。 現在、同社ファウンダー。 横浜市在住。 2011年7月にの摘出手術。 後遺症で。 2013年5月からの抗がん剤治療。 合併症でも発症し、現在も激しい痛みと闘う。 2016年年9月、幻冬舎より「」を出版。 2017年2月、3度目のがんであるを発症、同年4月に治療を受ける。 2020年3月、4度目のがんであるの腹腔鏡下手術を受ける。 現在は妻、娘とともに元気に暮らしている。 連絡先 メール: nori. tkym[at]gmail. com ([at]は に読み替えてください)• いただくご質問に対する回答の多くが、すでにこの本に書かれております。 ご理解お願いします。 主なカテゴリー• 過去の記事 2020年6月 日 月 火 水 木 金 土 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 記事の検索 こんなソフトを販売しています• リンク• その他のリンク•

次の

帯状疱疹(ヘルペス)とは?その後の神経痛を緩和する方法【西洋医×漢方医が解説】

帯状 疱疹 漢方

帯状疱疹とは 帯状疱疹は、ヘルペス系のウイルスによる感染症でヘルペス系のウイルスは8種類ほどあります。 単純ヘルペスウイルスは通常、健康な人の体内にもありますが、過労やストレス、風邪など体力が弱まり免疫が低下したときに、ウイルスが活性化され発病します。 帯状疱疹を起こすのは、帯状疱疹ウイルスですが、水ぼうそうもその中のひとつです。 知覚神経が分布しているところの皮膚上へ発病し、水ぶくれや熱感、腫れが現れ、チリチリと痛みがあるのが特徴です。 また皮膚の炎症が治まっても、その後神経痛が起こる場合があり、強い痛みのために夜眠れないということもあります。 睡眠不足が続けば、疲労やストレスがかかるため、筋肉の緊張や交感神経の興奮で身体の血流が悪くなり、更に症状が悪化します。 西洋医学での治療は抗ウイルス薬や消炎鎮痛剤が使われ、神経痛には神経ブロックなどが使われます。 治療の基本は、早期発見・早期西洋治療です。 それと啓蒙です。 3人運動というのをオススメします。 一人、残念ながら帯状疱疹となってしまった人がいたら、その人が3人に、帯状疱疹の啓蒙をするのです。 どのように痛くなったか、治療をしたほうがよいということを伝えるのです。 ここでもう一つ伝えたいことは、みために赤く水ぶくれが出てきていかにも、という症状が出てくる前に、ピリピリとした感じが先行する場合があり、これはとても良い治療のタイミングになります。 なので、そういったことを啓蒙していきましょう。 補助的に役立つ場合があるのが、漢方薬です。 漢方薬は初期の炎症や痛み、症状が続いたための精神不安や、西洋薬でも改善しない慢性的な痛みなどに効果を発揮します。 また、ヘルペスを発病させないための免疫の向上や予防の目的として使われます。 いずれも強い炎症や熱感、腫れやむくみによる痛みに対して用いられます。 ヘルペスであれば赤く腫れて痛みがはじまり、水ぶくれができる急性の症状に適しています。 構成生薬の石膏は炎症している患部の熱を冷まし、朮や麻黄が体内でだぶついている水をさばきます。 越婢加朮湯に適した体質は、普段から体力があり、胃腸が丈夫で、体内の水の巡りが悪く、浮腫みがあったり、喉が渇いて水を飲むわりには、尿が出にくいタイプとされます。 水の症状が無い場合は、黄連解毒湯も考慮してみてください。 著しく胃腸の虚弱な人、動悸、高血圧、狭心症など循環器系の障害がある人、腎障害などがある人は使用を控えるか、専門家に相談することをおすすめします。 また甘草を含んでいるため、他の漢方薬との併用や甘草を含む食品の摂取に注意してください。 すぐに喉が痛くなったり熱が出たりするような人の免疫アップとヘルペス発病予防に補中益気湯は適しています。 ヘルペス後の神経痛の予防も期待ができ、ヘルペス発症時から服用することがよいとされています。 また、補中益気湯のような疲れがあり、強い冷えを伴う人には十全大補湯が適しています。 不安、不眠などの精神的な症状を伴う場合には、人参養栄湯もよいでしょう。 3つの漢方薬に共通している黄耆と人参は、「補気」といい、気を補い胃腸を元気にします。 病気に負けない身体作りは健康の基本です。 補中益気湯は甘草を含んでいるため、他の漢方薬との併用や甘草を含む食品の摂取に注意してください。 また副作用として、間質性肺炎や肝機能障害が記載されています。 麻黄、細辛、附子と非常にシンプルな構成で、全て身体を強く温める作用があります。 自分でエネルギー(熱)を作り上げることが出来なくなった身体を内側から温めて、冷えや痛みを改善します。 麻黄附子細辛湯は、ドラッグストアではあまり見かけません。 理由は定かではありませんが、病状や体質に合えば非常に素晴らしい効果を発揮してくれます。 方剤名にも使われている「附子」とはトリカブトの事で、非常に毒性の強い植物です。 もちろん毒を極力省いた安全なものが使われていますが、稀にのぼせや舌のしびれが現れることもあるため、やはり漢方外来のドクターや漢方薬局などの専門家と相談しながら服用することがよいでしょう。 体力があり、暑がりでのぼせが強い人、高血圧で循環器系に障害がある人、著しく胃腸が弱い人は服用を控えてください。 副作用として肝機能障害などが記載されています。 種類・症状・病名別で漢方薬を解説しています 下記メニューよりご希望の項目をお選びください。 項目別で漢方の詳しい情報をご覧いただけます。 当サイトは、漢方に関わる医療従事者の手により執筆・監修させていただいております。 そして内科医師である管理人が監修しています。 ただしあくまで内容は総論的なことであり、個々の患者さんに対しては、実際の医療行為にあたる医療従事者との対話が重要であり、その点では当サイトはその役割を担えません。 あくまで参考にしていただくサイトであることをご承知下さい。 理想とするところは、このような漢方薬があるのだということを知っていただき、治療の選択肢を知っていただき、処方してもらう場で対話していただくことです。 よって、利用者が当サイトに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当サイトの管理者は一切の責任を負いません。 また、当サイトの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。

次の

まさか帯状疱疹?

帯状 疱疹 漢方

帯状疱疹とは 帯状疱疹は、ヘルペス系のウイルスによる感染症でヘルペス系のウイルスは8種類ほどあります。 単純ヘルペスウイルスは通常、健康な人の体内にもありますが、過労やストレス、風邪など体力が弱まり免疫が低下したときに、ウイルスが活性化され発病します。 帯状疱疹を起こすのは、帯状疱疹ウイルスですが、水ぼうそうもその中のひとつです。 知覚神経が分布しているところの皮膚上へ発病し、水ぶくれや熱感、腫れが現れ、チリチリと痛みがあるのが特徴です。 また皮膚の炎症が治まっても、その後神経痛が起こる場合があり、強い痛みのために夜眠れないということもあります。 睡眠不足が続けば、疲労やストレスがかかるため、筋肉の緊張や交感神経の興奮で身体の血流が悪くなり、更に症状が悪化します。 西洋医学での治療は抗ウイルス薬や消炎鎮痛剤が使われ、神経痛には神経ブロックなどが使われます。 治療の基本は、早期発見・早期西洋治療です。 それと啓蒙です。 3人運動というのをオススメします。 一人、残念ながら帯状疱疹となってしまった人がいたら、その人が3人に、帯状疱疹の啓蒙をするのです。 どのように痛くなったか、治療をしたほうがよいということを伝えるのです。 ここでもう一つ伝えたいことは、みために赤く水ぶくれが出てきていかにも、という症状が出てくる前に、ピリピリとした感じが先行する場合があり、これはとても良い治療のタイミングになります。 なので、そういったことを啓蒙していきましょう。 補助的に役立つ場合があるのが、漢方薬です。 漢方薬は初期の炎症や痛み、症状が続いたための精神不安や、西洋薬でも改善しない慢性的な痛みなどに効果を発揮します。 また、ヘルペスを発病させないための免疫の向上や予防の目的として使われます。 いずれも強い炎症や熱感、腫れやむくみによる痛みに対して用いられます。 ヘルペスであれば赤く腫れて痛みがはじまり、水ぶくれができる急性の症状に適しています。 構成生薬の石膏は炎症している患部の熱を冷まし、朮や麻黄が体内でだぶついている水をさばきます。 越婢加朮湯に適した体質は、普段から体力があり、胃腸が丈夫で、体内の水の巡りが悪く、浮腫みがあったり、喉が渇いて水を飲むわりには、尿が出にくいタイプとされます。 水の症状が無い場合は、黄連解毒湯も考慮してみてください。 著しく胃腸の虚弱な人、動悸、高血圧、狭心症など循環器系の障害がある人、腎障害などがある人は使用を控えるか、専門家に相談することをおすすめします。 また甘草を含んでいるため、他の漢方薬との併用や甘草を含む食品の摂取に注意してください。 すぐに喉が痛くなったり熱が出たりするような人の免疫アップとヘルペス発病予防に補中益気湯は適しています。 ヘルペス後の神経痛の予防も期待ができ、ヘルペス発症時から服用することがよいとされています。 また、補中益気湯のような疲れがあり、強い冷えを伴う人には十全大補湯が適しています。 不安、不眠などの精神的な症状を伴う場合には、人参養栄湯もよいでしょう。 3つの漢方薬に共通している黄耆と人参は、「補気」といい、気を補い胃腸を元気にします。 病気に負けない身体作りは健康の基本です。 補中益気湯は甘草を含んでいるため、他の漢方薬との併用や甘草を含む食品の摂取に注意してください。 また副作用として、間質性肺炎や肝機能障害が記載されています。 麻黄、細辛、附子と非常にシンプルな構成で、全て身体を強く温める作用があります。 自分でエネルギー(熱)を作り上げることが出来なくなった身体を内側から温めて、冷えや痛みを改善します。 麻黄附子細辛湯は、ドラッグストアではあまり見かけません。 理由は定かではありませんが、病状や体質に合えば非常に素晴らしい効果を発揮してくれます。 方剤名にも使われている「附子」とはトリカブトの事で、非常に毒性の強い植物です。 もちろん毒を極力省いた安全なものが使われていますが、稀にのぼせや舌のしびれが現れることもあるため、やはり漢方外来のドクターや漢方薬局などの専門家と相談しながら服用することがよいでしょう。 体力があり、暑がりでのぼせが強い人、高血圧で循環器系に障害がある人、著しく胃腸が弱い人は服用を控えてください。 副作用として肝機能障害などが記載されています。 種類・症状・病名別で漢方薬を解説しています 下記メニューよりご希望の項目をお選びください。 項目別で漢方の詳しい情報をご覧いただけます。 当サイトは、漢方に関わる医療従事者の手により執筆・監修させていただいております。 そして内科医師である管理人が監修しています。 ただしあくまで内容は総論的なことであり、個々の患者さんに対しては、実際の医療行為にあたる医療従事者との対話が重要であり、その点では当サイトはその役割を担えません。 あくまで参考にしていただくサイトであることをご承知下さい。 理想とするところは、このような漢方薬があるのだということを知っていただき、治療の選択肢を知っていただき、処方してもらう場で対話していただくことです。 よって、利用者が当サイトに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当サイトの管理者は一切の責任を負いません。 また、当サイトの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。

次の