ジンギスカン 起源。 ジンギスカン(成吉思汗)の発祥と由来、食べ方・焼き方・具材などを道産子が解説します

ジンギスカン(チンギス・ハン)=源義経説というのがあります紋...

ジンギスカン 起源

ジンギスカンの意味とは? ラムやマトンを野菜と一緒に焼く ジンギスカンは、 子羊の肉(ラム)・大人の羊肉(マトン)と一緒に野菜を焼いて食べる、日本の焼肉料理です。 「ジンギスカン鍋」という専用鍋で焼くことが多いですが、焼肉プレートやフライパンで焼くこともあります。 肉は醤油ベースのタレに漬けこむため、癖のある羊肉も美味しく食べられるんです。 一方で味付けしていない羊肉を使い、つけダレにつけて食べることもあります。 北海道以外にもあるジンギスカン 北海道では軍用服を作るために、羊が大量に飼育されていました。 飼育された羊の肉を活用するために、大正時代から昭和初期にかけて羊肉を食べるようになりました。 また北海道以外でも、岩手県 遠野市(とおのし)や長野県長野市 信州新町(しんしゅうしんまち)でも、ジンギスカンとして羊肉が食べられています。 どちらの地域も羊を飼育していたことから、羊の肉は身近な存在だったんですね。 ジンギスカンの名前の由来や起源は? チンギス・カンからとられたという説 「ジンギスカン」という名前の由来は、モンゴルの 「チンギス・カン」から取られたという説が有力です。 チンギス・カンは、13世紀の始め頃にモンゴル各地の遊牧民をまとめ上げ、「モンゴル帝国」を作り上げた皇帝です。 チンギズ・カンが率いた軍隊では羊肉を食べていたという説からジンギスカンという名称が生まれました。 ただしモンゴル料理にはジンギスカンのような料理はないので、イメージが優先された命名なんですよ。 中国料理のカオヤンロウという説 ジンギスカンという料理の原型となったと考えられているのが、 中国料理のカオヤンロウ(烤羊肉)です。 カオヤンロウは満州で食べられていた羊肉料理で、ジンギスカンと違い串に刺して焼いていました。 この料理が日本人向けにアレンジされ、ジンギスカンとなったと言われています。 源義経=チンギス・カンという説から 源義経の伝説をもとに、 駒井徳三という方が「ジンギスカン」とつけたという説があります。 源義経は平安時代末期の武将。 数々の源平合戦で勝利したことで知られています。 また義経の兄である源義経は鎌倉幕府を開きました。 しかしのちに義経は、兄の頼朝によって奥州で討ち取られてしまいます。 しかし実は義経は生き延びており、北海道経由でモンゴルに落ち延びたという伝説もあるんです。 そしてモンゴルで義経は「チンギスカン」と名乗り、モンゴル統一を果たしたと言うからロマンがありますね。 駒井徳三はかつて中国にあった「満州国」の初代総務丁長官で、中国料理のカオヤンロウのことも知っていました。 そこから北海道の羊肉料理に、北海道に関係がある義経=チンギスカンということで、ジンギスカンと名付けたとされています。 ジンギスカン鍋の形の由来は? フチにタレがたまる ジンギスカンを焼く時に使われるのが、 「ジンギスカン鍋」です。 中心部が盛り上がって溝があり、溝を伝って肉汁やタレがフチの部分に貯まる仕組みとなっています。 溜まったタレは野菜の味付けに使われ、野菜にも肉の旨味がしみて美味しいんですよ! またジンギスカン鍋には、溝に穴があって肉汁やタレが落下するタイプもあります。 主に屋外で焼く時に使われ、焼肉に近い味わいが楽しめます。 ジンギスカン鍋は鉄製が多いですが、使い捨てのアルミ製品も販売されています。 北海道ではコンビニなどで、肉などと一緒にアルミ製のジンギスカン鍋が売られていますね。 チンギス・カンの兜の形 ジンギスカン鍋は兜(かぶと)に似ていますが、 「チンギス・カンがかぶっていた兜を真似た」という説があります。 しかし名前の由来でも触れましたが、モンゴルにはジンギスカンという料理はありません。 またジンギスカン鍋が使われるようになったのは戦後なので、後付けの由来とも言えますね。 遠野の「ジンギスカンバケツ」 岩手県遠野市では 「ジンギスカンバケツ」を使ってジンギスカンを楽しんでいます。 バケツには通気穴が空いていて、中に固形燃料を入れて上にジンギスカン鍋を乗せて加熱します。 サイズも手頃で屋外で使いやすく、最近では遠野市以外でも見かけることがあるんですよ。

次の

ジンギスカンの名前の由来や起原。ジンギスカン鍋の形の由来は?

ジンギスカン 起源

ジンギスカンってどんな料理? ジンギスカンは、マトンやラムなどの羊肉を使用した日本の焼肉料理です。 あまり日本全体で見るとそこまでお店の数が他のお肉を使用した焼肉屋に比べて少ないですね。 しかしジンギスカンはお肉が柔らかくとても美味しいです。 鍋料理に分類される事もありますが、調理方法は鉄板料理が一般的です。 ジンギスカンは一般的には北海道を代表とする郷土料理とされています。 また岩手県や、長野県でも盛んに食されています。 また東京にもジンギスカン専門店があり週末はにぎわっているお店が多いです。 中央部が凸型になっているジンギスカン鍋を熱して羊肉と野菜を焼き、羊肉から出る肉汁を使用して野菜を調理しながら食べます。 使用する肉には、調理液漬け込み肉があります。 その中には、「味付け肉」、冷蔵肉の「生肉」、冷凍肉の「ロール肉」があります。 ジンギスカンの歴史 しかしジンギスカン自体の起源は中国にあるようです。 日本軍の旧満州への進出などを機に、羊肉が日本人風にアレンジされ作られたようです。 ジンギスカンという料理の命名は、源義経が深く関係しているのです。 源義経がジンギスカンと同一人物? 北海道を経由してモンゴルに渡った後に、源義経がジンギスカンにとなったという伝説から考えられたと言われています。 もともとジンギスカンは、軍服用として羊毛を生産するために羊を道内で飼育し始められました。 羊は、昔は輸入されていましたが、戦時下において不可能となったため、国内で生産することになりました。 種羊場は北海道の中では、札幌市月寒、滝川市に設置されました。 このことにより、手に入りやすい羊を使い、北海道版羊肉料理が誕生しました。 1936年 札幌でのジンギスカン鍋料理試食会から普及 どのように普及していったかと言いますと、戦前に文献に初登場、1936年に札幌でジンギスカン鍋料理試食会がありました。 そのことにより、段々と普及していったのです。 戦後にジンギスカンが人気出た理由は、肉料理の中では低価格で食べられ、名前の印象も強く、美味しいため北海道で普及していったのです。 戦後は国内で羊を飼育していた数は減りましたが、輸入の羊肉を使用し現在でも北海道の食文化には必要不可欠のものなのです。 またジンギスカンは、鍋の中央が山のようになっているジンギスカン鍋を用いて焼いて食べるのが基本です。 しかしジンギスカン鍋が無い場合にはフライパンやホットプレートを使用するのも良いでしょう。 一般家庭になかなかジンギスカン鍋はないですもんね。 最初のジンギスカン専門店は「成吉思荘」 最初のジンギスカン専門店は、1936年に開かれた「成吉思荘」というお店です。 成吉思荘と書いて、じんぎすそうと読みます。 場所は東京都杉並区です。 長野県長野市信州新町では、綿羊の飼育が1930年に始まり、1937年には「料理講習会」が開催されました。 羊の臭みを減らすために、長野県名産のリンゴを使用した特別なたれに羊肉を漬け込みました。 これらを行う中で長野県でもジンギスカンが普及していきました。 まだ皆さんの記憶に残っていると思いますが、2005年頃にBSE問題がありました。 そのことにより国民から牛肉に対しての印象が悪くなりました。 それだけでなく、牛肉に比べて羊肉は脂肪分が少ないです。 そのためジンギスカンブームがやってきました。 ジンギスカンは高価でも人気が高い ジンギスカンとチンギス・ハーンは関係ある? ジンギスカンと聞くどうしてもモンゴルのチンギス・ハーンを頭に思い浮かべてしまいますよね。 モンゴルにも羊肉を食べる文化があります。 結論から言うと関係あります。 先程も話しましたが源義経とチンギス・ハーンは同一人物とされたとありますよね。 チンギスハンとジンギスカンは同一人物 チンギス・ハーンとジンギスカンはモンゴル帝国の皇帝です。 そして同一人物です。 チンギス・ハーンとは元々モンゴル語の発音に近いものを日本語表記したものです。 チンギス・ハーンの名前がヨーロッパに伝わる時にアラビア語を通じてしまったためそれがなまり、そこからまたヨーロッパの言語の発音に置き換えられ現在の日本ではこのようになったのです。 ハーンとはモンゴル系の民族の言語では「王者」という意味になります。 カンは「王」や「君主」といったものになります。 チンギスは、生前はハンを名乗り、ハーンは名乗っていないその息子がこれを送って、自信もハーンと名乗ったのです。 チンギスと言うのは、はっきりとした意味が分かっていないみたいです。 これまでジンギスカンの歴史など沢山話してきました。 これからジンギスカンの調理について話したいと思います。 まずは「生肉」の場合について話したいと思います。 生肉の場合は、ジンギスカン鍋・フライパンなどを火で熱し、油をひいてもやし、玉ねぎ、ピーマン。 そして、ニンジンやトウモロコシなどの季節の野菜などを鍋やフライパンに広げ、上方スライスされた羊肉を焼き、専用のたれにつけて食べます。 野菜の上に羊肉を乗せて食べます。 このような光景を見る事は滅多にありません。 そのためジンギスカンを食べる時は他の焼肉と異なり新鮮な雰囲気があります。 終わりに.

次の

モンゴル人から見た義経=ジンギスカン説

ジンギスカン 起源

ジンギスカンが北海道で広まった原因とは?発祥は? ジンギスカンの発祥は大正時代に始まった羊の飼育が起源です。 当時洋服を着る日本人が増加した事や軍人を中心に防寒服の増産に力を入れ出した事がそもそもの始まりです。 何しろ防寒服には羊毛が一番適していたのです。 そこで全国に数か所の種羊場を設置したので羊毛だけの目的から羊肉を食用にする研究も行われたのです。 種羊場の多くは北海道だった経緯から北海道が主に羊肉を食べる習慣が根付き北海道を代表する名物料理になり現在に至ります。 私自身は北海道の生まれですが両親共に東北出身ではあります。 子供時代は月に2回は最低でもジンギスカンを食べていた思い出が有ります。 両親は青森出身では有りますがジンギスカンが大好きでした。 両親の子供である私もジンギスカンは今でも大好物の一つでも有ります。 羊肉を食べる習慣が有るのはこの北海道以外にも有ります。 岩手県遠野市と長野県信州新町と千葉県成田市には今でも羊肉を食べる習慣が有ります。 これはいずれも以前、種羊場が存在していた地区なので今でも羊肉を食べる習慣が残っております。 ジンギスカンの匂いは羊肉特有の香ばしい匂い。 この匂いは脂が焼ける特有の甘い匂いです。 野菜と混ぜて焼くことで野菜のさっぱりした食感とタレの甘辛い匂いとが混じった風味が食欲を倍加させる魔法の匂いと言えます。 羊肉はたしかに特有の匂いはしますがこれは単に慣れの問題とその匂いを受け入れ出来るかどうかだと思います。 肉の匂いがあまりしない新鮮なラム肉(生後1年以内)は比較的に食べ易い肉と言えますね。 対して肉の熟成度が増すマトン肉(生後1年以上)は匂いも強くなる傾向が有ります。 又、匂いがもし気になる方はご自分で充分にタレや旨み調味料で味付けされるか、タレ味付きジンギスカン肉をご用意されると良いでしょう。 味付き肉の代表格は全国でも有名になった『松尾ジンギスカン』をお薦めします。 ブランド品なのでちょっと高いのですが味は抜群ですのでお試しください。 価格:1898円(税込、送料別 何故美味しいかというと鍋の構造上余計な脂が下に落ちるので肉が常に脂っこくない事です。 でも下に溜った脂はモヤシ等の野菜がその旨みを吸い込んでくれるのですが。 実はこの「モヤシ」が格別に美味い事も書き添えておきます。 最近ではホットプレートや網で焼いたり、フライパンで簡易的に一度に焼くといった方法もポピュラーになりました。 ホットプレートだけは脂の海になるので何度も脂の除去の必要性が有りますが(爆) 中にはバケツに燃料を入れて上に鉄板をのせて焼く。 はたまたスコップの裏面を使って焼く(爆)といった裏ワザも使う方もおります。 要は鉄板系の材料さえあればジンギスカンは簡単に出来ちゃうって事ですね(笑) 野菜は定番の、モヤシ・玉ねぎ・カボチャ・生椎茸・ピーマン等を使います。 好みでジャガイモスライスも追加されると更に美味しいです。 変わった食材では、コンニャクを強くお薦めします。 焼けたコンニャクにタレを絡めて食べるのは正直に旨いですよ。 何故かというと肉って焦げやすいので野菜の上で蒸し焼き風にして焼くと食べる時に焦がさずに済むという理由からです。 一般的な汁物で使う土鍋と違いますが、ジンギも正式には『ジンギスカン鍋』と呼ばれており必ず一人は鍋奉行なるマメな人が必要になります。 さいごに 近年は羊肉が高騰して昔よりも食べる機会が明らかに減った事を書き加えておきます。 これは中国で羊肉の需要が増大した事により年々値上がりの傾向だという事です。 昔は、鶏肉-羊肉-豚肉-牛肉という順位が一般的だったのに、ここ数年は鶏肉-豚肉-牛肉-羊肉という数年前ではとても考えられないプライスが付くという現実なのです。 したがって食品スーパーに出向いてもあまりの高値に手を出せないのが辛い現実なのです。

次の