炭治郎 俺はできるやつだ。 竈門炭治郎(かまどたんじろう)まとめ【死亡・名言・声優・イラスト】

炭治郎に学ぶ「自分を鼓舞する」ことの大切さ!他人は誰も助けてくれない

炭治郎 俺はできるやつだ

でね、そもそもハマったキッカケはになれば誰でも観ることが出来るプライムビデオでアニメを観始めたことでした。 気が付いたらほぼ一気見状態で貴重な休日があっという間に消滅。 気が付いたら鬼滅の刃を全巻読んで、アニメも全話観てしまった。 3連休の初日が溶けていった。 言葉の破壊力、テンポの良さ これに尽きると思っています。 結果として、何気ないセリフからにじみ出るキャラの個性が大爆発している感じ。 だから、漫画で読んでるときはつい声に出して読みたくなっちゃうんです。 それに加えて アニメの圧倒的な出来の良さが相まってすごいことになっています。 正直、原作の絵はお世辞にも上手いとは言えないんですがアニメの作画がハンパなくて最強になっちゃった感じ。 アニメの良さと漫画の良さがそれぞれあるからハマったらつい両方観ちゃうんですよ。 というわけで今回は、私が絶賛ドはまり中の「鬼滅の刃」の中から個人的に心に響いた名言から「??」ってなるような迷言・珍言まで紹介します。 ネタバレとか含んじゃうのも嫌なんで一旦、アニメで放映した範囲からの紹介としておきます。 結構この記事を読んでくれる方が多かったら別でアニメではまだやっていない部分からも紹介する記事を書きます。 鬼滅の刃はシリアスな展開とギャグの絶妙な組み合わせも魅力の一つだと思います! 【鬼滅の刃】名言まとめ ではでは早速、心揺さぶられる名言をまとめたので紹介していきます! 「生殺与奪の権他人に握らせるな!!」 第1巻にて鬼となった禰豆子を守ろうとする炭治郎に向かって鬼殺隊の富岡義勇が放った言葉です。 もうこれで一気に心つかまれました。 なんていうか、言葉の迫力に加えて言葉のリズムが良いんですよね。 言葉の勢いにも注目です! 「鈍い 弱い 未熟 そんなものは男ではない」 鱗滝さんからの最後の試練である岩を切る特訓中に炭治郎の前に現れた錆兎のお言葉 登場シーンは少ないながらもファンも多い錆兎の名言です。 とにかく男らしい錆兎にファン急増です。 「死ぬほど鍛える 結局それ以外に出来ることないと思うよ」 錆兎と一緒に登場した真菰の名言です。 錆兎とは違ってメッチャおっとり系の真菰が炭治郎に向かって放ったドS発言(笑) 真菰ももっと登場してほしいなぁ。 「よく頑張った 炭治郎 お前は凄い子だ…」 登場から一貫して厳しく炭治郎と向き合ってきた鱗滝さんが最後の試練をクリアした炭治郎に向かってかけた言葉です。 鱗滝さんは登場したときはいきなり顔面ぶん殴ってきたり、変な面をつけてるしで不信感MAXでした。 でもこのあたりから炭治郎と禰豆子の本当のお父さんのように優しく包み込む姿に個人的にも大好きな人物です! 「失っても 失っても 生きていくしかないです」 やっと炭治郎の名言(笑) 無事に鬼殺隊となった炭治郎が鬼に大切な人を奪われた青年にかけた言葉です。 この言葉に対して自身の悲しみや怒りを炭治郎にぶつける青年ですが、この炭治郎の表情から自分と同じ境遇にあることを悟り、このあと謝罪と感謝の念を述べます。 「地獄の果てまで追いかけて必ずお前の頸に刃を振るう」 炭治郎が鬼舞辻無惨に初めて接触した際に放った言葉。 普段は温厚で優し過ぎる炭治郎が感情をフルで出しているのが伝わります。 「お前の妹は美人だよ」 珠代の屋敷が襲撃された後に愈史郎が炭治郎に言った言葉です。 出会ったときに愈史郎は禰豆子のことを醜女と言って炭治郎とバチバチだったのですが、最後にこのセリフですよ。 愈史郎はその珠代さんへの異常な愛情からギャグパートにも度々登場しますが、たまにこういう男前なこと言うのが魅力ですね! 「雷の呼吸 壱ノ型 霹靂一閃」 個人的に好きなキャラ第1位の善逸の初覚醒シーン っていうかセリフじゃないけど、名場面ってことで(笑) 基本的にギャグシーンが9割を占める善逸ですが、その分初めて強い善逸を見たこのシーンはそのギャップに一気に好きになりました! 「頑張れ炭治郎頑張れ!!」 元十二鬼月の響凱とのバトル中に自分を鼓舞する炭治郎のセリフです。 辛いときはこのセリフで自分を奮い立たせましょう。 「炭治郎… 俺… 守ったよ…」 善逸の優しさと強さが全面的にあふれた名場面からです。 箱の中に鬼がいると気が付いた伊之助から中身が鬼と分かりながらも炭治郎のために体を張った善逸の言葉です。 普段は全力で頼りない善逸がたまに見せるこういう場面はたまらないです。 「てめェェ!!これ以上俺をホワホワさすんじゃねぇぇ!!」 やっと伊之助の名言です! ていうか若干、迷言感もありますが伊之助の純粋さと素直さが伝わるセリフだったので入れました。 伊之助は名言??ってなるセリフが多めですが案外良いこと言ってる場面も多いんですよ(笑) 「信じるんだ地獄のような鍛錬に耐えた日々を」 那谷蜘蛛山にて極限まで追い詰められた善逸が師匠のじいちゃんに言われた言葉を思い出す場面からです。 普段はあんな感じですが、これまでの努力が垣間見える名シーンです! 「なんじゃああその考え方ァ!!ふざけんじゃねーぞォ!!」 那谷蜘蛛山にて珍しく弱気になっていた伊之助が一瞬頭をよぎった消極的な考え方に自分でブチ切れる場面です。 伊之助はとにかく素直で真っすぐなところがナイスです! 「取り消さない 俺の言ったことは間違っていない!! 」 那谷蜘蛛山にて十二鬼月の累と戦闘中に放った言葉です。 炭治郎の意思の強さと相手をおかしいと言い切る感じが最高です(笑) 「俺と禰豆子の絆は誰にも引き裂けない!! 」 こちらも引き続き、那谷蜘蛛山にて累からの理不尽な要求に対して炭治郎が放った一言です。 この辺はアニメでもかなりパワーのこもった展開となっているので要チェックですね! 「俺が来るまでよく堪えた 後は任せろ」 累の前に完全に窮地に立たされた炭治郎のもとへ現れた義勇がカッコよく決めた一言。 この後くらいからちょくちょくギャグ要員になりかける義勇さんのカッコ良い場面です(笑) 「鬼は虚しい生き物だ 悲しい生き物だ」 鬼に対して冷徹な義勇に対して炭治郎が放った優しさと意思の強さを見せた一言です。 結構、地味なシーンではあるけれど、この炭治郎のセリフが鬼滅の刃という作品の本質を表現しているような大好きなセリフです! 「プイッ」 鬼である禰豆子を柱である不死川が挑発しまくった結果、禰豆子が必死に鬼の本能を抑えてプイッとした場面です(笑) かなり、シリアスなシーンなんですがこの禰豆子の対応でほっこりした名場面です。 「悲しみの連鎖を断ち切る刃を振るう!! 」 お館様の前で鬼舞辻への闘志を見せつける炭治郎のセリフです。 ただ、この直後にお館様に軽くいなされて失笑の雰囲気になっちゃうんですが大好きな場面の一つです。 「頑張れ!! 頑張ることしかできないんだから俺は昔から」 こちらは那谷蜘蛛山での一件の後、蝶屋敷にて訓練する炭治郎がコツコツと努力を積み重ねるシーンでの一言です。 ちなみにこの頃、善逸と伊之助は訓練から逃げ出して遊んでいます(笑) 「頭を垂れて蹲え 平伏せよ」 十二鬼月の累がやられてご立腹の無惨様が下弦の鬼を集めて発した第一声。 圧倒的な強者感が伝わるセリフです。 ってかこの後の超絶理不尽っぷりに悶絶していたらあっという間に下弦が無惨によって全滅するという超展開(笑) 「人は心が原動力だから 心はどこまでも強くなれる!! 」 蝶屋敷から新たな任務に旅立つ炭治郎がこれまで全く喋らなかったカナヲにかけたアツ過ぎて心に響く一言です。 これをキッカケにカナヲは心を開き始めて、炭治郎のことが気になり始めたり。。。 【鬼滅の刃】迷言・珍言まとめ はい、こんな感じで熱くて心に響く名言をザっと紹介してきました! ここからは鬼滅の刃のもう一つの醍醐味「迷言・珍言」の数々を紹介していきます。 名言編では登場回数が少なめだった善逸と伊之助が大活躍します(笑) 「助かった雪で…滑ったのも雪だけど…」 第1巻の超シリアスなシーンで出てきて最初は??ってなったけどこの後読み進めていくとこういう緩急が鬼滅の刃の魅力だと実感した1コマです。 「年号がァ!! 年号が変わっている!! 」 かつて錆兎を食った鬼が放った衝撃の一言です。 タイムリーに平成から令和に変わってネット上でも独り歩きしてると噂の珍場面(笑) 「醜女じゃないかその女は」 愈史郎と炭治郎のイザコザの始まり。 炭治郎の禰豆子愛と愈史郎の珠代愛がぶつかり合う前哨戦って感じです(笑) 「冗談です!! 」 愈史郎の人でなし発言にドン引きした珠代さんの視線に耐えられなくなった愈史郎の渾身の一言です。 これも展開的には結構シリアスなんですけど、こういうちょっとした笑いを挟んでくるからつい和んじゃうのが良さです! 「お前みたいな奴は知人に存在しない 知らん!! 」 道ばたで嫌がる女の子に求婚する善逸に炭治郎が放った一言。 絶対に偶然出くわした昔の知り合いに言ってはいけない暴言です(笑) 「何か喋れよ!! 」 さっきの続きで、尚も喚き散らす善逸を全力で蔑んだ視線で見る炭治郎に善逸が言ったセリフ。 「なんでそんなに恥をさらすんだ」 善逸との再会3部作の最後です(笑) 炭治郎の容赦ない一発です。 「心臓が口からまろび出る所だった」 またも善逸のセリフ。 ってか 「まろび出る」って(笑) ただ、この後超絶男前な善逸が登場するからキライになれない! 「俺は長男だから我慢できたけど次男だったら我慢できなかった」 炭治郎の謎の長男理論(笑) この後もたまに炭治郎は長男を理由に自分を鼓舞します。 「こんなこともできるんだぜ!! アハハハハハ」 散々、善逸がボコボコにされながらも炭治郎のためにからだを張った直後の謎シーン(笑) 伊之助のバカさと炭治郎の天然がぶつかり始めた最初のシーンです。 「いや強くはねぇよ ふざけんなよ」 炭治郎が善逸への感謝を述べた直後の善逸のクソさが爆発した場面です(笑) 善逸の正一くん信仰はハンパないです。 「いいご身分だな…!! 俺の流した血を返せよ!! 」 善逸が必死に守った箱の中身が女の子(禰豆子)と分かった瞬間のブチ切れ(笑) この後、善逸は一晩中ブチ切れますが禰豆子が炭治郎の妹と分かると態度が一変します。 「何すんだババア!! 」 切り火で見送ってくるおばあさんに対して伊之助が放ったストレートな一言です。 ただ、伊之助はこのあたりから人に優しくされるとホワホワしちゃいます(笑) 「ちょっと待ってくれないか 怖いんだ!! 」 これから那谷蜘蛛山に向かうというところで善逸が駄々をこねる場面から。 こういうことを堂々と言えるところが人間らしい! 「俺 嫌われてんのかな」 先程の那谷蜘蛛山の前で駄々をこねた結果、炭治郎と伊之助に置いて行かれて落ち込む善逸。 このあと、相棒のスズメとガチ喧嘩して挙句に禰豆子の存在を思い出して入山します(笑) 「てめェェ!! これ以上俺をホワホワさすんじゃねぇぇ!! 」 炭治郎に優しくされて今までに感じたことない心のホワホワに切れる伊之助です(笑) 最初こそ、善逸フルボッコでしたが伊之助の純粋さにほっこりする場面です。 「悪夢から覚めてくれぇーーーっ!! 」 那谷蜘蛛山にて善逸の魂の叫び。 究極の現実逃避ですね(笑) 「修行し直せ戯け者!! 」 伊之助が絶体絶命の場面で義勇が颯爽と助けてくれましたが、そんな義勇に勝負を挑んだ伊之助に義勇が放った一言 生意気な後輩とかいたら使ってみましょう。 「お嬢さんは正しく罰を受けて生まれ変わるのです」 しのぶさんのサイコパスな一面フル発揮! 拷問の内容がえぐい。。。 「俺は嫌われてない」 しのぶさんが義勇にチクッと放った毒舌に義勇がまともに反論する場面。 義勇が嫌われているかどうかの真相は。。。 置いておきましょう(笑) 「すげぇ苦いんだけど つらいんだけど」 那谷蜘蛛山での激戦を終えて炭治郎が善逸と再会した場面。 相変わらず、全力で駄々をこねる善逸がそこにはいました。 「イイヨ気ニシナイデ」 那谷蜘蛛山での激戦を終えて炭治郎が伊之助再会した場面。 善逸とは打って変わって、完全に自信を失った伊之助の姿がそこにはあった。 「天国にいたのに地獄にいたような顔してんじゃねぇぇぇぇぇ!! 完全に手の上で転がされています。 「ガチーン よし! 」 新しく打ち直してもらった刀を速攻で自分仕様にカスタマイズ??する伊之助。 「お前は私に指図した 死に値する」 無惨様の超絶ドSで理不尽な発言。 激やばです。 まとめ はい、こんな感じで超独断と偏見で「鬼滅の刃」の名言と迷言・珍言をまとめてみました。 アニメで放映した7巻くらいまでをまとめただけでもこんなボリュームになってしまいました。 鬼滅の刃はアニメの出来が最高に良くて人気大爆発中ですが、改めてマンガで観るとまた違った良さがあります。 何気ないセリフが小気味よいテンポでバシバシと心に響き、字面に躍動感があふれています。 アニメはで全話無料で観れるのでまずは観ましょう! そしてハマったら漫画で読み返すとさらに魅力が倍増しますよ!!.

次の

【名言まとめ】鬼滅の刃にハマる理由!名言・珍言にあふれた名作漫画だった!

炭治郎 俺はできるやつだ

7月14日は『鬼滅の刃』の主人公・竈門炭治郎の誕生日です。 『鬼滅の刃』は吾峠呼世晴さんが2016年から2020年にかけて「週刊少年ジャンプ」で連載された人気コミック。 最新21巻は7月3日に発売されたばかりです。 TVアニメは2019年4月から9月にかけて全26話がオンエアされ、『劇場版 鬼滅の刃 無限列車編』の公開を10月に控えています。 本作の主人公・竈門炭治郎は、鬼になってしまった妹・禰豆子を人間に戻すための旅に出ます。 劇中で多くの仲間たちと出会った炭治郎は、心に残る名ゼリフを数多く披露してきました。 その中で最もアニメ!アニメ!読者の心を掴んだのは、一体どんな言葉だったのでしょうか。 以下同) そこでアニメ!アニメ!では「一番好きな竈門炭治郎のセリフは?」と題した読者アンケートを実施しました。 7月1日から7月8日までのアンケート期間中に141人から回答を得ました。 男女比は男性約15パーセント、女性約85パーセントと女性がメイン。 年齢層は19歳以下が約60パーセント、20代が約15パーセントと若年層が中心でした。 支持率は約25パーセントでした。 累との戦闘中に発したセリフであり、アニメでは19話に登場しました。 読者からは「自分の体が傷ついても禰豆子を守り、累に立ち向かう炭治郎の姿と言葉が胸に突き刺さりました。 炭治郎の心の強さが表れたセリフだと思います」や「本作全編にわたって描かれる兄妹愛を凝縮した名ゼリフです」といったコメントが寄せられています。 また「劇中歌の『竈門炭治郎のうた』が流れているシーンで累に言い放ったセリフが、今でも脳裏に蘇ってくる!! 」と演出面での評価も高く、音楽も記憶に残っているとの声も多かったです。 兄弟の信頼関係を感じさせるセリフがダブルスコアでトップになりました。 第2位 2位は『頑張れ!! 人は心が原動力だから 心はどこまでも強くなれる!! 支持率は約10パーセントでした。 アニメ最終話の26話で、栗花落カナヲの手を取って伝えたセリフです。 「カナヲを変えた炭治郎の言葉。 他人を変えられるなんてそうないことで、カッコイイと思った」や「作品を観ているこちらも元気をもらえるようなセリフで、心が原動力という言葉に共感できました」と炭治郎の優しさが感じられるところが人気。 「いつもくじけそうなとき、勇気を貰えるこの言葉を選びました!」と、このセリフに励まされている読者も多いようです。 第3位 3位は『俺は長男だから我慢できたけど次男だったら我慢できなかった』。 支持率は約8パーセントでした。 こちらはアニメ12話から。 戦闘中に傷の痛みを耐えていることを回想しながら発したモノローグです。 「緊張感のある戦いの中での、少し的外れな面白いセリフ。 でも炭治郎にとっては長男ということが自分を形成する大切なものなのだと感じたから」とコミカルながらも、炭治郎の芯の強さが伝わってくるとの声が。 「我が家の7歳の長男は、痛いこと、辛いことをやるときに、この言葉を喋って自分を鼓舞しています」と、実際にお子さんが使っているセリフだというコメントも届いています。 『失っても失っても生きていくしかないんです どんなに打ちのめされようと』には「『竈門炭治郎のうた』の歌詞にもなっていて、理不尽な世界に向かっていく炭治郎の決意が伝わってくる」。 『頑張れ炭治郎頑張れ!! 』には「ストレートに自分を鼓舞するところに炭治郎らしさが出ていて、一緒に応援したくなるから」。 『神様どうか この人が今度生まれてくる時は 鬼になんてなりませんように』には「人にだけではなく、鬼にまで優しさを見せることができる炭治郎の心の強さが好き」。 『悔しいなぁ 何か一つできるようになっても またすぐ目の前に分厚い壁があるんだ』には「家族のために必死に努力してきた炭治郎が、皆の前で弱音を吐いたこのセリフにギュッと胸を締め付けられたから」と弱気になったときのセリフにも投票がありました。 強かったり、優しかったり、等身大の男の子だったりと、炭治郎が見せるさまざまな一面に読者が惹かれていることがわかる結果となっています。 」 2位 「頑張れ!! 人は心が原動力だから 心はどこまでも強くなれる!! 」 3位 「俺は長男だから我慢できたけど次男だったら我慢できなかった」 4位 「失っても失っても生きていくしかないんです どんなに打ちのめされようと」 5位 「頑張れ炭治郎頑張れ!! 俺は今までよくやってきた!! 俺はできる奴だ!! そして今日も!! これからも!! 折れていても!! 俺が挫けることは絶対に無い!! 結果に関しては、どのキャラクター・作品についても優劣を決する意図ではございません。 本記事にて、新たに作品やキャラクターを知るきっかけや、さらに理解・興味を深めていただく一翼を担えれば幸いです。 」 2位 「頑張れ!! 人は心が原動力だから 心はどこまでも強くなれる!! 」 3位 「俺は長男だから我慢できたけど次男だったら我慢できなかった」 4位 「失っても失っても生きていくしかないんです どんなに打ちのめされようと」 5位 「頑張れ炭治郎頑張れ!! 俺は今までよくやってきた!! 俺はできる奴だ!! そして今日も!! これからも!! 折れていても!! 俺が挫けることは絶対に無い!! 」 6位 「神様どうか この人が今度生まれてくる時は 鬼になんてなりませんように」 7位 「鬼は人間だったんだから 俺と同じ人間だったんだから」 7位 「強い者は弱い者を助け守る そして弱い者は強くなり また自分より弱い者を助け守る これが自然の摂理だ」 7位 「煉獄さんの方がずっと凄いんだ!! 強いんだ!! 煉獄さんは負けてない!! 誰も死なせなかった!! 戦い抜いた!! 守り抜いた!! 」 10位 「具体的には何を司る神ですか?」 10位 「今ここで倒すんだ! たとえ相討ちになったとしても!」 10位 「人のためにすることは結局 巡り巡って自分のためにもなっているものだし 俺も行こうと思っていたからちょうどいいんだよ」 10位 「無惨 お前は 存在してはいけない生き物だ」 (回答期間:2020年7月1日~7月8日) アニメ!アニメ! 高橋克則.

次の

わたしは炭治郎になりたい。|nao

炭治郎 俺はできるやつだ

吾峠呼世晴(ごとうげ・こよはる)さんが「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載中のマンガ「鬼滅の刃(きめつのやいば)」。 電子版を含むコミックスのシリーズ累計発行部数が4000万部を突破するなど大ヒットしている。 キャラクター、ストーリーなどさまざまな魅力がある中で、ファンを熱くさせている要素の一つが、主人公・竈門炭治郎(かまど・たんじろう)の言葉だ。 テレビアニメ化されているコミックス第7巻までの炭治郎の軌跡を名言と共に振り返る。 兄妹の絆が表現された名言を紹介したい。 2019年4~9月に放送されたテレビアニメが人気となった。 「頑張れ禰豆子 こらえろ 頑張ってくれ 鬼なんかになるな しっかりするんだ 頑張れ 頑張れ!!」(第1話「残酷」コミックス第1巻収録) 第1話は、炭治郎が町へ炭を売りに行っている間に、一家が何者かに惨殺されるという悲劇から始まる。 唯一息があった禰豆子は、鬼に変貌していた。 そんな絶望の中で、炭治郎が禰豆子に発した言葉。 必死に訴える炭治郎に禰豆子は涙を流す。 まさに「残酷」な展開で始まった「鬼滅の刃」の印象的な場面。 炭治郎が禰豆子を思うひたむきな姿勢が垣間見える名言だ。 「俺と禰豆子の絆は誰にも引き裂けない!!」(第40話「ヒノカミ」コミックス第5巻収録) 那田蜘蛛(なたぐも)山での蜘蛛(くも)の鬼・累との戦いの中での言葉。 炭治郎と禰豆子の絆に憧れ、禰豆子を奪おうとする累。 激しい戦いで死を意識した炭治郎の脳裏に父の姿が浮かび、ヒノカミ神楽 円舞を放つ。 さらに、禰豆子は血鬼術 爆血を繰り出し、兄妹で累を倒そうとする場面だ。 ボロボロになりながらも「折れない」炭治郎の力強い言葉を紹介しよう。 「俺は長男だから我慢できたけど次男だったら我慢できなかった」(第24話「元十二鬼月」コミックス第3巻収録) 鼓の鬼・響凱(きょうがい)との戦いの中での炭治郎の心の声。 その前の戦いで、炭治郎はあばらと足の骨を折るという重傷を負っていた。 「俺は…… その怪我(けが)が痛くて痛くて堪(たま)らないんだよ!! 俺はもうほんとにずっと我慢してた!! 善逸を女の子から引き剥がした時も声を張った時も すごい痛いのを我慢してた!!」と苦しさを我慢しながらも「俺は長男だから……」と必死に戦おうとする場面だ。 「頑張れ炭治郎頑張れ!! 俺は今までよくやってきた!! 俺はできる奴(やつ)だ!! そして今日も!! これからも!! 折れていても!! 俺が挫(くじ)けることは絶対に無い!!」(第24話「元十二鬼月」コミックス第3巻収録) 同じく響凱との戦いの中で「勝てるのか? 俺は……」という不安をはねのけるかのように己を鼓舞する炭治郎の言葉。 これは、「週刊少年ジャンプ」2018年27号で実施された「アニメで聞けるかも!? 『鬼滅の刃』セリフ人気投票」でも第1位に輝いた名言だ。 慈愛に満ちた言葉に炭治郎の優しさが込められている。 「神様どうか この人が今度生まれてくる時は 鬼になんかなりませんように」(第8話「兄ちゃん」コミックス第2巻収録) 藤襲山(ふじかさねやま)で行われた鬼殺隊の最終選別で遭遇した大型の異形の鬼を倒した時の炭治郎の言葉。 炭治郎に手を握られながら鬼は涙をこぼし、崩れ去った。 鬼に対しても慈愛に満ちた祈りをささげる炭治郎の優しさが感じられる。 「失っても失っても 生きていくしかないです どんなに打ちのめされようとも」(第13話「お前が」コミックス第2巻収録) 炭治郎は、鬼殺隊に入隊して初めての仕事として、毎夜少女が失踪する事件が起こる町に赴く。 事件の元凶だった3体の鬼を倒した炭治郎が、鬼に婚約者を殺された青年にかけた言葉。 この事件で改めて、「俺だけじゃない どれだけの人を殺し、痛めつけ苦しめた 鬼舞辻無惨 俺はお前を絶対に許さない」と宿敵に立ち向かう思いを強める。 「醜い化け物なんかじゃない 鬼は虚(むな)しい生き物だ 悲しい生き物だ」(第43話「地獄へ」コミックス第5巻収録) 那田蜘蛛山で蜘蛛の鬼・累を倒した炭治郎は、その悲しみに触れ、散りゆく体に優しく手を置く。 そんな炭治郎に冨岡義勇は「人を喰った鬼に情けをかけるな 子供の姿をしていても関係ない 何十年何百年生きている醜い化け物だ」と話し、累の着物を踏みつける。 しかし、炭治郎は「勿論(もちろん)俺は容赦なく鬼の頸(くび)に刃を振るいます だけど鬼であることに苦しみ 自らの行いを悔いている者を踏みつけにはしない 鬼は人間だったんだから 俺と同じ人間だったんだから 足をどけてください」と鬼への思いを語る。 「カナヲ 頑張れ!! 人は心が原動力だから心はどこまでも強くなれる!!」(第53話「君は」コミックス第7巻収録) 那田蜘蛛山での戦いの後、炭治郎たちは胡蝶しのぶの屋敷で機能回復訓練を受ける。 訓練に付き合ってくれた栗花落(つゆり)カナヲは、「全部どうでもいいから自分で決められないの」といって、指示をされていないことはコインを投げてその表・裏で行動を決めていた。 そんなカナヲに炭治郎は「この世にどうでもいいことなんて無いと思うよ」といい、「カナヲがこれから自分の心の声をよく聞くこと」をかけてコインを宙に放つ。 テレビアニメ最終話でも描かれた名場面だ。 炭治郎は、真っすぐでひたむきで、優しい。 己を鼓舞する言葉、仲間はもちろん鬼すらも思いやる言葉に胸を打たれる。 改めて「鬼滅の刃」の言葉の強さを感じてみてほしい。

次の