ツイステ トレイ 夢小説。 #夢女子 Photos and videos on Instagram

「ツイステ」タグ関連作品

ツイステ トレイ 夢小説

翌日、昼休み。 食堂でエースとデュースと共に食事をとっていたサユ。 今日は朝から、昨夜リドルに付けられたキスマークが見えてしまわないかと気になるところであったが、誰も触れてこないので見えていないのだと安心していた。 昼食も半ばに差し掛かった時、食堂にトレイとケイトがやってきた。 「隣いいかい?」 トレイとケイトはサユ達の隣へ座ると、今運んできた昼食を食べ始める。 「昼休み、これからっすか?」 「あぁ、さっきリドルと話し込んでしまってね。 少し出遅れた」 「リドルくん、昨日帰って来なかったから、分からない書類があってね」 ケイトの言葉に、サユがビクッと身体を震わせた。 目ざといトレイがそれを見て、クスッと笑う。 「えっ?寮長、夜に外出してたんですか?」 「あぁ、そういう事になるかな」 「あの厳格な寮長がルールを破るとは……」 エースたちの会話に耳を立て、リドルがルールを破ったことで何か罰が与えられたのではないかと不安になるサユ。 そんな彼女にトレイはそっと耳打ちをした。 「君の心配は無用なものだよ」 「えっ?」 「リドルはちゃんと外泊届を出したから、ルールは破っていないからね」 トレイのその言葉を聞きサユは、ほっと胸を撫で下ろす。 その時背後から伸びてきた手が、サユに肩を寄せていたトレイの頭を押し退けた。 「トレイ、何をしている?」 「いや、特には」 そうして、サユの隣をリドルに引き渡したトレイ。 ハーツラビュル寮の面々と食べる昼食は今日も楽しいものになったのでした。 食後の紅茶には特性のはちみつを用意しましょう……。

次の

#夢女子 Photos and videos on Instagram

ツイステ トレイ 夢小説

概要 『 ツイステッド ワンダーランド』とは、企画・配信及び協力のスマートフォン向けアプリ。 原案・メインシナリオ・キャラクターデザインは漫画家の。 正式名称は『ディズニー ツイステッドワンダーランド』で公式略称は『』。 2020年3月18日よりサービス開始。 リリース時には、既に約150万人のプレイヤーが事前登録を行ったとされている。 が題材となっており、彼らとねじれ歪んだ不思議な世界で学園生活を送る。 本編の合間にコマンドRPGとリズムゲームがあり育成と戦闘はオート可能。 背景グラフィック内に がいるのが特徴。 物語 この物語が描くのは、「」の真の姿————。 魔法の鏡に導かれ、異世界「ツイステッドワンダーランド」に召喚されてしまった主人公。 辿り着いた先は、名門魔法士養成学校「ナイトレイブンカレッジ」。 行く当てのない主人公は、仮面の学園長の保護を受け、元の世界へ帰る方法を探し始める。 しかし、そこで待ち受けていた生徒達は、才能豊かだが、協調性皆無の問題児ばかりだった! 果たして主人公は、彼等と協力し、元の世界へ帰る事が出来るのか? そして、ヴィランズの魂を持つ、生徒達の秘密とは? (以上、公式サイトから抜粋) 登場人物 この学園では、モチーフの作品に登場するヴィランズがのキャラクターとしてビジュアル化されており、全員がされ、『 グレート・セブン』と呼ばれている。 寮 〈〉 CV:• ゴースト オンボロ寮を始めとして学園に住み着くゴースト。 オンボロ寮に勝手に住み着いているゴーストたちは、最初こそ主人公やグリムを怖がらせたが今では同居人としてそれなりに仲良くやっている様子(ホリデーを一緒に楽しむ約束をする。 諸事情で火の番を忘れていた主人公たちの代わりにやるなど)。 グリムのことをグリ坊と呼んでおりホリデーで帰る家がないうえに捨て子だったらしいグリムの過去に同情してホリデーを一緒に祝うことを約束した。 主人公やグリムにこの世界での常識などを教えたりマジフトを教えたりしている。 オンボロ寮に住んでいる彼ら曰く、九十年前はマジフトの選手だったらしい。 学園にも雇われているゴーストがいるらしく、学園を暖かくしている火の番をしているゴーストやパンを売るゴーストなどがいる。 (火の番のゴーストには最近初孫が生まれたらしいが、ゴーストからどうやって子供が生まれるかは謎。 ただし元人間なのであれば、現在生きている子孫がいるとも考えられる) 学園長 イベント「ゴースト・マリッジ」にて登場したお姫様のゴースト。 理想の王子様を探して500年彷徨っていたが本イベントにて漸く見つけ出し、騒動を巻き起こした。 ツイステッドワンダーランド 当作品の舞台である異世界。 魔法と科学が混在しており魔法道具の他スマホや車など現実の機械も発明されている。 住人も魔法が使える者と使えない者、獣人に妖精や人魚など実に多種多様な種族が暮らしている。 ナイトレイブンカレッジ 魔法士を育成する四年制の学園。 グレートセブンをそれぞれモチーフにした寮を所有する、全寮制の男子校。 全寮制故なのか、職員も見る限りでは女性はなく男性ばかり。 また教員も学園長を除きヴィランをモチーフにしている(確認する限り教員は三人なのだが、それでどうやって授業をやっているのか?)。 明言はされていないが、一部部活動に励むのを嫌がりそうな生徒も必ず部に所属していることから、部活動は義務と推測される。 ちなみに寮長はそれぞれの寮で最もその寮にふさわしい人間がなるという決まりがある。 寮長に選ばれる方法はいろいろあるらしいが、最も簡単なのは決闘で勝つことである。 ライバル校が存在するが、年に一度行われるマジカルシフト大会では、ここ百年負け続けているらしい。 (原因は生徒の自己主張の強すぎる上に協調性のなさ) それぞれ寮の環境は異なっており、学園内含むそれらの空調の管理は全て妖精たちに任されている。 その妖精の魔力は『魔法石』によって供給されている。 そのため魔法石に不具合があると学園内の空調はおかしくなる。 ユニーク魔法 優秀な人物が持つことができる、その人にしか使えない唯一無二の特殊な効果を持った魔法。 大抵の会得者は努力をしたことで編み出すが、ごく稀に生まれた頃から持っているという事例も存在する。 また優秀な2・3年が会得することが多く、1年の頃から持っていると明言されているのは現状かかのどちらかである。 魔法の使い過ぎによって起きる現象。 本作最大の謎の一つでもある。 詳しくは該当記事へ。 闇の鏡 学園にある魔法の鏡。 この鏡に認められなければ学園に入れてもらえない。 生徒を選んだり寮を決めたり様々場所につなげたりしている。 見た目は白雪姫の女王が持つ鏡そっくり。 世界中の事を把握しているらしく、その上で監督生の故郷が見つけられなかったことに学園長は驚愕していた。 マジフト 現実世界でいうのようなスポーツ。 ディスクを魔法で飛ばしながらゴールやリングに入れて点を競う。 サバナクロー寮が特に得意としているが、ここ2年はマレウスが一人で無双してしまう為色々と揉めている。 学園内の試合以外にも学園対抗もありここ百年近くロイヤルソードアカデミーに連敗続きである。 (レオナによると試合で目立つポジションを力づくで奪い合って試合前に疲弊するらしい)• ロイヤルソードアカデミー ナイトレイブンカレッジのライバル校。 王立の学校。 レオナ曰く「キザったらしい優男ばかりのお坊っちゃま学校」。 校舎や制服もかなりキラキラしているらしい。 ナイトレイブンカレッジの中には敵対心を燃やす者も多い。 チェーニャが所属している学校でもある。 二次創作などではナイトイレブンカレッジがヴィランモチーフなことから主人公サイドのキャラクターが集まっているという設定が多い。 (共学という設定もあるがそのような描写はなく、レオナもお坊ちゃま学校と呼んでいるので男子校の可能性もある) 期間限定イベント• ハッピービーンズデー 毎年2月に行われるツイステッドワンダーランドの伝統行事。 日本で言う『節分』のようなもの。 『素晴らしい環境から【幸せの谷】と名付けられた場所にはとても美しい歌声で歌い、皆を幸せにする魔法の竪琴があったが、ある日それを羨む怪物が竪琴を盗んだため木々は枯れ果て人々は飢えに苦しむようになってしまった。 そんな中とある村人が偶然【ハッピービーン】と呼ばれる魔法の豆を手に入れる。 その育てた豆はあっという間に天空まで届き、村人は見事竪琴を奪い返し追いかけてきた怪物を豆の蔦を切り倒すことで退治した』という逸話から農民役、怪物役に分かれて農民役は怪物役に豆をぶつけて厄払いするという行事が生まれた。 しかしかつてナイトレイブンカレッジでこの行事を行った際に怪物役が豆をぶつけられるのに耐えかね農民役に反撃して乱闘騒ぎとなったことから体力育成の一環として両陣営が竪琴を巡って争いあう【ナイトレイブンカレッジ式ハッピービーンズデー】が誕生した。 陣営は公平にくじ引きで決められ、寮長と副寮長は各陣営の能力の偏りを無くすためにそれぞれ別の陣営となる。 農民チームは怪物チームに捕縛されれば失格、怪物チームは農民チームに豆を当てられると失格となる。 魔法の使用は全面的に禁止されている かつて白熱した試合の結果多くの怪我人が出てしまったらしい。 試合開始段階で農民チームには豆が10粒、怪物チームには走行速度を補助するブーツが支給される。 フィールドは学園内全てで、スタート地点は各自バラバラに割り振られている。 フィールド内にはそれぞれの陣営が有利になれるサポートアイテムが設置されているが、アイテムを取りに来たところを狙われることもあるので、体力だけでなく頭脳も試される。 試合中の過ごし方は生徒それぞれに任されており、積極的に試合に参加するもよし、試合には参加せずにチームメイトのサポートをするのもよしである。 フェアリーガラ 豪華な衣装と、それを披露するファッションショーで祭典を盛り上げる。 フェアリーガラの後夜祭は3ヶ月ほど続く。 この祭が何らかの形で止まると妖精たちが怒って春が訪れなくなる。 そのためにけしてフェアリーガラを邪魔してはいけない。 この祭の妖精はマレウス達の妖精族とは厳密には違う妖精らしい。 いろんな妖精が集まっておりそのため翻訳用のペンダントを持っていくのが基本。 それがないと会話ができないこともある。 (監督生たちはカリムの善行のおかげで手に入れることができた。 )イベントで学園の気候管理をしている魔法石 妖精たちは学園の重要な代物と知らずきれいな石としか思ってなかった を奪われてしまっており、取り返さないと学園の環境がおかしくなってしまう。 (実際にスカラビア寮に大雪が降り、オンボロ寮が砂漠、イグニハイド寮がサウナ、鏡の間がオーブンのように熱くなる等の問題が起きている。 ゴーストマリッジ はるか昔、による花婿探しによって繰り広げられる騒動。 花嫁ゴーストは花婿探しの時期になると、毎年オンボロ寮を拠点として活動していた。 そのため、その情報を知らされていなかったとはオンボロ寮を追い出されてしまった。 いつもであれば、理想の花婿が見つからないために数日で終わるものだった……が、ついに理想の花婿を見つけてしまう。 そのせいで、校舎内はゴーストたちによって強制的に結婚式会場にさせられ、生徒たちは皆校舎から追い出されてしまった。 理想の花婿である王子様の条件は厳しく、身長180センチ以上、清潔な白い肌、切れ目、ぜい肉のないスリムな体、チャーミングな笑顔、思わず口づけしたくなるような唇、輝くキューティクルの髪の毛……等々……。 学園長曰く、世界中を探しても見つからないと断言されていた。 が、が理想の王子様として捕まってしまう。 (一応、高身長、引きこもりなので日焼け知らずの肌、目つきが悪い切れ目、あまり運動していないやせ型の体、個性的な笑顔、特徴的な唇、輝くキューティクルもとい燃えて光っている髪の毛。 と、言いようによっては特徴が一致してなくもない。 ) 500年前から花婿を探し続けていたらしく、そのためか普通のゴーストではありえないような呪いの力を発揮しており、ビンタで金縛りにして生徒たちの動作や魔法を使えなくしてしまっている。 (そうでなければさすがに寮長クラスであるイデアも自力で脱出できていたと思われる。 ) ゴーストと生者が結婚する際に誓いのキスを交わすと、キス後に生者の魂が奪われて、ゴーストと共に魂だけの存在になってしまう。 イデアが死ぬといろいろと不都合が生じることを学園長に諭され、しぶしぶ生徒たちは重い腰を上げる。 そして、イデアと花嫁ゴーストの結婚を阻止するため、生徒たちは結婚式会場となった食堂に乗り込むことになる。 解決方法は花嫁ゴーストに指輪をはめるという方法。 そのために花嫁に求婚するという形で行動をしたのである。 が、理想の高すぎる花嫁と全寮制の男子校生徒という女性に縁がない男たちという状況からことごとく失敗していく。 (トレイが途中で気づいて指摘したがすでに第一陣が全滅した後であった) 監督生・寮生がいる作品について 監督生・寮生 本作品の主人公(ユウ)は現時点で性格以外の人物像(性別や姿など)の設定がされていない故に、作品毎に個人の補充した創作部分が多くみられ主人公論争が起こりやすい。 そのため「公式名(ツイステッド ワンダーランド、ツイステ)」ではなくを使用することが望ましい。 タグの付け方など、詳しくはの記事を参照。 関連イラスト.

次の

【ツイステ】私、魔法士になります!

ツイステ トレイ 夢小説

| | |始めまして。 作者のていていてと申します。 こちらは小さなワンダーランドの続編となっています。 以下全編の方でも書いた注意書きもどきです。 基本的に闇・病み成分多めで気の赴くまま妄想を書き連ねていこうと思います。 何かリクエスト等ありましたら、コメント欄で書いて下さったら、出来る分は対応させて頂きたいので、よろしくお願い致します。 作者の推しは、だいたい全員です。 最推しはレオナさんです。 夢主は大体監督生になると思います。 追記 遅れましたが高評価・コメント・順位諸々有難うございます。 励みになります。 少しでも刺さる方が居たら嬉しいなと思いながら自分のペースで更新していこうと思いますので、よろしくお願いします。 追記 遅くなって申し訳です。 色々と用事が終わったのでぼちぼちとまた更新していきます。 4月17日 2時 id: - とっても素敵なお話ばかりで切なくなったり背筋が冷えたり楽しいです!よければジャミル先輩のを書いてください!お願いします。 4月16日 18時 id: - 本当に最高のお話でした..

次の