ご 了承 ください 意味。 ご容赦くださいの意味とは?使い方の例文や類語との使い分けも

敬語の「了解」と「了承」の意味の違いと使い分け

ご 了承 ください 意味

「予めご了承ください」の読み方と意味 「予めご了承ください」の読み方 「予めご了承ください」は「あらかじめごりょうしょうください」と読みます。 「予め」という字が読みづらいかもしれませんが、「予め」は漢文を読み下すときに使われる漢文訓読としてよく使われた副詞で、常用漢字に含まれていません。 そのため、「予め」は「あらかじめ」のようにひらがなで表記されることが多いため、漢字で表記されると読みにくく感じられます。 「予めご了承ください」は前もって相手に承諾を得るための敬語表現 「予めご了承ください」とは何かが起こる以前に、 前もってある事柄を受け入れてほしいという意味で、 相手に承諾を得るための敬語的な表現です。 「予め」とは 前もってという意味です。 それに続く「ご了承ください」は、「了承」に尊敬を意味する接頭語「ご(御)」をつけた尊敬表現に、「ください」という相手にものを請求するときに使われる「くれ」の尊敬語を連結させています。 つまり、「ご了承ください」で 相手に理解を求めるための丁寧な表現となります。 「予」の意味は「前もって」 「予」という漢字は、送り仮名に「め」をつけて「あらかじめ」と読み、送り仮名に「て」をつければ「かねて」と読まれます。 その意味は 前もってや あらかじめであり、「予感」や「予告」のように使われます。 「予」には他にも、心がゆったりするや、ぐずぐずするといった意味もあります。 「了承」の意味は「相手の事情を汲み納得すること」 「了承」は 相手の事情を汲んで理解し、納得することという意味で、「了承を得る」や「申し出を了承する」のように使います。 「了承」は相手の事情を組むという点も大切なのですが、それ以上に納得する、または受け入れるという意味合いに重点が置かれています。 また、この受け入れると意味には「許可する」という意味合いがあり、了承してもらう相手を見下すニュアンスが含まれていることから、上司や目上の相手に対しては避けるべき言葉のひとつです。 「予めご了承ください」は二重敬語か? 「予めご了承ください」は二重敬語ではない 「予めご了承ください」の「ご了承ください」という表現は、「了承」が「ご~ください」という尊敬表現に挟まれた形です。 この場合、「了承」には尊敬語にはあたらないため、「ご了承ください」は二重表現にはなりません。 二重敬語とは尊敬語または謙譲語が重なる表現 二重敬語とは、尊敬語と尊敬語、または謙譲語と謙譲語のように同じ敬語表現が連結した表現のことです。 日本語として間違いではないものの好ましくない表現というグレーゾーンの用法です。 二重表現となるのは「ご~ください」という表現なら「ご」と「ください」の間に尊敬語が挟まれた場合です。 例えば「お召し上がりください」は、「召し上がる」が尊敬語で「ご~ください」も尊敬表現なので二重表現になります。 「解約は14日以降はできないことを、予めご了承下さい」• 「店頭価格は予告なく変更があることを、予めご了承ください」• 「当クイズの当選結果は書面にて通知させていただきます。 予めご了承ください」 上司や目上の人には避けるべき 「了承」が相手を見下すようなニュアンスが含まれることから、たとえ「予めご了承ください」という尊敬表現であったとしても上司や目上の人に使わないほうがいいでしょう。 もしも目上の人に「予めご了承ください」を使った表現を用いるのならば、「予めご了承くださいませ」と語尾を変えて軟らかな表現にしたり、「あらかじめご了承いただく」のように「下さる」を「いただく」と言い換えることで丁寧さを強調することで角が立ちにくい表現にすれば、親しい相手なら使えるでしょう。 「予めご了承ください」の類語表現と違い 「ご承知おきください」は「事前に知っておいてほしい」という意味 「ご承知おきください」は事前に知っておいてほしいという意味の尊敬表現です。 相手に物事の事情や依頼、要求などを事前に知らせておくときに使います。 「予めご了承ください」には相手にある事柄を知らせるだけでなく納得させるという意味があるのに対して、「ご承知おきください」は知っておいてほしいという意味にとどまります。 また、「ご承知おきください」は尊敬表現ですが知っておいてほしいという相手に押し付けるニュアンスが含まれているため、「予めご了承ください」のように上司や目上の人には避けた方がいい表現です。

次の

英語で「ご了承ください」|ビジネスメールでも使える丁寧な9個の表現

ご 了承 ください 意味

「ご承知ください」というフレーズを使ったことがあるでしょうか。 「ご承知おきください」であれば耳にしたことがあるでしょうか。 「ご承知ください」も「ご承知おきください」も、「知っておいてください」という意味があり、文章の最後に添えられることが多いフレーズです。 「なお、水曜日は臨時休業とさせていただきます。 あらかじめご承知ください」という貼り紙などを目にしたことがあるのではないでしょうか。 このように「知っておいてください」という意味で、通知文や連絡文の末尾に添えられます。 敬語 「ご承知ください」が使われている文書などを見ると、使っている本人は、丁寧な言い回しだと思い込んで使っている状況が多く見受けられます。 しかしながら、「ご承知ください」は、敬語の形態になっているものの、内容は命令文であり、目上の人に対して使うのには相応しくありません。 丁寧でありながら、「この内容を知っておくように」と言っているのと変わりないことになります。 目上の人に周知文を出す場合などは、「ご承知ください」ではなく、命令調にならない言葉を選択すべきです。 ご承知おきください 「ご承知ください」の変形として、「ご承知おきください」は多用されています。 「ご承知おきください」は、堅い文書を書く際に適した言葉として選択されていますが、実は使い方に誤解があり、むしろ失礼な言い方となっています。 「ご承知ください」も「ご承知おきください」」も「承る」という漢字が使われており、「この発言に敬意を払いなさい」と言っているも同じニュアンスになります。 さらに「ご承知おきください」では、「この発言を謹んで聞いておくように」というニュアンスまで含まれ、上からの発言以外の何物でもありません。 「お含みおきください」「何卒お願いいたします」 上から目線ではなく、「ご承知ください」で伝えたかった「知っておいて欲しい」という内容を伝えたい場合には、「お含みおきください」や「何卒お願いいたします」が使えます。 「お含みおきください」は、「心に留めておいて欲しい」という意味になります。 通知した内容を「心に留めておいて欲しい」と伝えることで、「知っておいて欲しい」という気持ちを伝えることができます。 「何卒お願いいたします」の「何卒」は、「どうか」「どうぞ」という意味になるので、「どうぞお願いします」と言っているのと同じです。 通知内容を覚えておくようにと要請しているわけでもなく、通知した内容について「どうぞお願いします」とお願いしていることになります。 「ご承知ください」の類語 「ご承知ください」には、上から目線というニュアンスが含まれるため、使う相手を選ばなければなりません。 「ご承知ください」を目上の人に対して使うのはタブーです。 別の言葉を選ぶようにしましょう。 「ご承知ください」を使う相手としては、自分と同じレベルである「同輩」や、目下という位置づけにあたる「後輩」あたりに限られます。 たとえ相手が年下であっても、取引先関係者の場合は「目上」の扱いになるので、取引先関係者で「ご承知ください」を使える相手は存在しないということになります。 目上 取引先の相手や、自分よりも年長の人など、「目上」にあたる人には、「ご承知ください」ではなく、「お含みおきください」や「何卒お願いいたします」を使うようにしましょう。 「お含みおきください」や「何卒お願いいたします」は、「上から目線」や「強要・強制」というニュアンスがないので、目上の人に使う言葉として覚えておきましょう。 上司 上司も「目上の人」に含まれますが、直属の上司などはいわば「身内」であり、仕事の報告を簡潔に行うことを考え、敬語の仕様を省くこともあります。 「ご承知ください」は、目上の人に対して使うべきではない言葉ですが、直属の上司など、気心が知れた間柄であれば、ほかの同僚に通知するのと同じ言葉遣いとして「ご承知ください」を使うことも可能です。 「ご承知ください」が、本来は目上の人に対して使うべきではないということを理解したうえで、このような言葉の選択を許容してくれる上司なのか判断したうえで使うようにしましょう。 プロジェクトメンバなどに「ご承知ください」と伝えた後、上司にフォローを入れておくというのも、ひとつの方法です。 「ご承知ください」の例文 ここでは、「ご承知ください」を使った例文をご紹介します。 「ご承知ください」は、ほぼ定型文として使われることが多く、例文を覚えておけば実際に使う状況になったときに、迷うこともなく正しい使い方ができるでしょう。 ご承知くださいますよう 「ご承知くださいますよう」は、「ご承知ください」をさらに丁寧にした表現です。 より丁寧な表現になっていますが、「承知」「ください」という言葉が、相手に対する強要を感じさせる言葉なので、目上の人には使えません。 「ご承知くださいますよう」は丁寧語ですが、同僚・同輩・後輩・身内にのみ使用可能な言葉です。 【例文】 ・工事期間中は短い時間の断水が何回か発生すことを、ご承知くださいますようお願いいたします ご承知くださいまして 「ご承知くださいまして」は、相手から承知する旨の回答が得られている場合に使います。 相手から「承知」の回答を得ているので、その回答を受け、目上の人に対して使うことも可能です。 しかしながら、目上の人に対しては「ご理解いただきありがとうございます」などを使用した方が相手の気分を害する危険性もないのでおすすめです。 【例文】 ・次回会議を欠席することについて、ご承知くださいましてありがとうございます 「ご承知ください」は失礼なのか ここまで「ご承知ください」についてご紹介してきた意味や使い方を考え、「ご承知ください」を使うことが相手に対して失礼にあたるのか、の判断がついたでしょう。 「ご承知ください」には、上から目線的なニュアンスがあるとご紹介してきたので、「誰に対して使っても、失礼なのではないか」と考えている人もいることでしょう。 目上の人が相手でなければ、「ご承知ください」を使っても問題ないとされています。 しかしながら、上から目線の意味が含まれているということを踏まえると、相手が目下の相手であったとしても、「上からモノを言われているんだな」と相手が受け取ってしまえば、相手が不快な気持ちになる可能性はゼロではありません。 「ご承知ください」は伝える相手や状況から「失礼にあたるか」を判断することになります。 敬語の知識を強化する 「ご承知ください」のように、多くの人が使っている言葉の中には、話者自身が意味をきちんと知らずに、あいまいなまま使っているという言葉も少なくありません。 「ご承知ください」の持つ意味や、仕様対象となる相手の位置づけをきちんと理解し、正しい日本語として使えるように身に付けましょう。 ドライバーの転職先はドライバーワークスへ! トラック業界は人手不足が深刻で 初心者の方でも応募できる案件が非常に多いです。 トラックドライバーの業務内容は、初心者の方だと不明確な点があると思います。 業務内容がわからなくても、免許や資格や経験を問わないのはもちろん、 大型免許取得費用の補助から引っ越し代の補助までしてくれる会社も存在します。 未経験でも年収が 500万を超える案件もあるので、チェックしてみましょう! 豊富なドライバー求人を案件を持つドライバーワークスなら今より好条件な案件が見つかります!.

次の

「了承いただく」の意味と使い方・「承諾・了解いただく」の違い

ご 了承 ください 意味

「ご容赦ください」の使い方とは? 「ご容赦ください」は、許してくださいという意味が含まれた言葉です。 ミスしたことを詫びる言葉ですが、自分のミスを謝るときに相応しい言葉は「申し訳ございません」です。 「ご了承ください」は「ご容赦ください」と同じような意味の言葉です。 しかし、「ご了承ください」の意味合いは、自分のミスを詫びるようなものはそれほどないので、間違って使えば気配りが不足していると思われるので注意しましょう。 「ご容赦ください」の使い方としては、次のようなものがあります。 「無料期間は終わりましたので何卒ご容赦ください」 この使い方は、お詫びとして無料で使える期間が終わったときなどに述べる言葉です。 「ご了承ください」という表現であればちょっと図々しいイメージがありますが、「ご容赦ください」であれば柔らかいイメージになります。 「ご容赦ください」と「ご理解ください」や「ご了承ください」の違いとは? 「ご容赦ください」と同じような言葉として、「ご理解ください」や「ご了承ください」があります。 このような言葉は、「許す」強さが違っています。 「ご理解ください」や「ご了承ください」も、相手に理解を求めるときに「ご容赦ください」と同じように使います。 しかし、「ご容赦ください」には「許してください」という意味がありますが、「ご理解ください」や「ご了承ください」にはこのような意味はありません。 そのため、「ご理解ください」や「ご了承ください」の意味は、自分のミスに対して詫びるものがないため、相手に対して気配りが場合によっては不足するイメージを与えるときがあります。 当然ですが、詫びる意味合いをシチュエーションによっては入れる方が自然でないときもあります。 このようなときは、「ご理解ください」や「ご了承ください」を使う方が「ご容赦ください」を使うよりもいいでしょう。 「ご容赦ください」の敬語とは? どうしても「ご容赦ください」という言葉を使いたいときは、敬語を使いましょう。 ここでは、「ご容赦ください」の敬語についてご紹介します。 「ご容赦いただきたく存じます」 意味は「許して欲しいと思います」になります。 「いただきたく」は、「いただく」という「してもらう」の謙譲語に「たい」という願望をプラスしたものです。 「存じます」は、「存じる」という「思う」の謙譲語に「ます」という丁寧語をプラスしたものです。 このように敬語になっているため、目上の方や上長や取引先に使える非常に丁寧な言葉です。 敬語表現の「いただきたく存じます」は、ビジネスメールで依頼・お願いするときによく使います。 「いただきたく存じます」の使い方としては、次のようなものがあります。 「ご確認いただきたく存じます」 「ご連絡いただきたく存じます」 「ご容赦いただければ幸いです」 意味は「許してもらえると嬉しいです」になります。 「いただければ」は、「してもらう」の謙譲語の「いただく」に仮定の「れば」をプラスしたものです。 「幸いです」は、「幸い」に「です」という丁寧語をプラスしたものです。 このように敬語になっているため、目上の方や取引先・上長に使える非常に丁寧な言葉です。 敬語表現の「いただければ幸いです」は、ビジネスメールで依頼・お願いするときによく使います。 「ご容赦いただければ幸いです」の使い方としては、次のようなものがあります。 「ご確認いただければ幸いです」 「ご連絡いただければ幸いです」 「ご容赦くださいますようお願い申し上げます」 意味は「許してくれるようお願いします」です。 「くださいますよう」は、尊敬語の「くれる」の命令形である「くださる」に「ます」という丁寧語と「よう」をプラスしたものです。 「ください」だけの意味としては、「して欲しい」「してくれ」の丁寧語と考えることができます。 しかし、「ください」は敬語ですが、最終的に命令形になるので口調が強くなります。 そのため、「ますようにお願い」をつけることによって、柔らかい表現になり、非常に丁寧な敬語表現になります。 例えば、「くださいますよう」の使い方としては、次のようなものがあります。 「ご検討くださいますようお願い申し上げます」 「ご査収くださいますようお願い申し上げます」 このような表現は、命令形の「してください」というものですが、「くださいますようお願い申し上げます」にすることで相手に対して柔らかい表現になります。 ビジネスシーンにおいては、基本的に下手になることが大切であるため、このような使い方をして口調が強くなるのを防ぐために有効であると推定します。 「ご容赦ください」を使うときに注意することとは? ここでは、「ご容赦ください」を使うときに注意することについてご紹介します。 「ご容赦ください」を多く使うのは止める 一つの文章において、何回も「ご容赦ください」を使うのは、説得力が無くなるため止めましょう。 自分からの要望を全部伝えておいてから、「ご容赦ください」は最後の言葉として使いましょう。 自分のミスが大きいときは「申し訳ございません」を使う 「ご容赦ください」は許しを相手に求めるための言葉であるため、自分が悪いことを認めるイメージが弱いものです。 そのため、相手に大きな被害を与えたときや迷惑を与えたときは、謝罪のきちんとした意味がある「申し訳ありません」や「申し訳ございません」という言葉を使いましょう。 「ご容赦ください」は、「申し訳ない」という意味合いを含んでいるのみであるということを把握しておきましょう。

次の