ルークス 新型 2020。 【日産 ルークス 新型】大人4人がくつろげる室内空間…3月19日発売、価格は141万5700円より

【2020年値引きレポート】日産新型ルークス(旧デイズルークス)/ハイウェイスターの値引き限界は? | カーネビ

ルークス 新型 2020

日産自動車は、軽スーパーハイトワゴン『デイズ ルークス』をフルモデルチェンジ、車名を『日産ルークス』に改め、3月19日より発売する。 新型ルークスは、日産自動車と三菱自動車の合弁会社NMKVのマネジメントのもと、日産が企画、開発。 2019年3月に発売した新型『デイズ』同様、新開発プラットフォームを採用し、大人4人がゆったりと過ごせるクラストップレベルの広い室内を実現した。 着座時の膝回りスペースも十分に確保。 後席ニールームは795mmあり、ゆったりと座ることができる。 また後席の室内高は1400mm。 小さな子どもであれば、立ったまま着替えることもできる。 さらに荷室床面の長さを675mm確保。 48リットルのスーツケースを同時に4個、積載できる。 便利で快適な使い勝手も新型ルークスの特徴。 後席スライドドアの開口幅を650mm確保し、乗降性を高めた。 さらに片足を車体の下にかざすだけで自動開閉する「ハンズフリーオートスライドドア」を両側ともに採用。 両手が塞がった状態でも楽にドアを開閉できる。 また後席は最大320mmスライド可能。 前方にスライドさせれば、運転席に座ったまま、後席の子どもに手が届く。 前席シートのヒップポイントも先代比60mmアップし、広い視界を確保。 さらに、小さな子どもや高齢者の乗り降りをサポートする、助手席側スライドドア部の「オートステップ」をオプション設定した。 新型ルークスは、快適で楽しい移動空間を提供。 デイズに軽自動車初搭載した、運転支援技術「プロパイロット」を進化させ、今回、ルークスに搭載した。 高速道路での長距離運転と渋滞のストレスを軽減するほか、新たにミリ波レーダーを追加採用したことで、より遠くの先行車の状況を検知し、スムースな制御が可能になった。 エンジンは、デイズに搭載するパワフルなBR06エンジンをルークス用にセッティング。 軽自動車を超える力強い走りを体感できる。 またエンジンの骨格を高剛性化したことで、エンジン音の静粛性を向上。 加えて、エンジン周りやドア周りに収音材を効果的に配置し、静かな室内空間を実現した。 さらに「ゼログラビティシート」を採用し、ロングドライブ時の疲れもサポートする。 先進安全技術では、前方を走行する2台前の車両を検知し、急減速などで回避操作が必要と判断した場合には、警報によってドライバーに注意を促す「インテリジェント FCW(前方衝突予測警報)」を軽自動車として初搭載。 さらに「アダプティブLEDヘッドライトシステム」や、車両進入禁止・最高速度・一時停止の3つを検知する「標識検知機能」、「インテリジェントDA(ふらつき警報)」、「先行車発進お知らせ」などを搭載した。 また、インテリジェント エマージェンシーブレーキはミリ波レーダーを採用し、夜間での性能を向上させた。 そのほか、SRSニーエアバッグシステム(運転席)や高強度安全ボディにより、事故の際の衝撃を緩和。 スポーティモデル「ハイウェイスターシリーズ」には、事故の際の自動通報のほか、あおり運転や急病などの緊急事態にも手動で通報できる「SOSコール」を標準搭載した。 ハイウェイスターシリーズは、より大きく見えるワイド感と高い質感のエクステリアで存在感を主張。 インテリアは、洗練された空間と、直感的な使い勝手で、「きれい」に「楽」に使え、さらにディテールにもこだわり、クラスを超える品質に仕上げた。 スタンダードシリーズは、上品で洗練されたモダンでシンプルなスタイルを採用。 インテリアは、明るいグレージュの内装色により包まれるようなリラックス感あふれる室内空間を実現した。 オプションインテリアでは、ブラックとモカをベースとしたスタイリッシュなコーディネーションを実現している。 ボディカラーは、2トーン5色、1トーン12色の多彩なバリエーションを用意。 スタンダードシリーズの「セレニティゴールド」、ハイウェイスターシリーズの「アメジストパープル」と「アトランティックブルー」の3色は新色で、軽自動車のクラスを超えた質感にこだわっている。 価格はルークスが141万5700円から168万0800円、ハイウェイスターシリーズが173万4700円から206万6900円。 《纐纈敏也@DAYS》.

次の

安全装備&運転支援装備で圧倒! 打倒ホンダN

ルークス 新型 2020

日産が2020年度に全5車種の新型車投入! 注目される「5台」の内訳は? 日産の新車ラッシュがいよいよ始まる。 2018年は新車ゼロ、2019年も新型デイズのみ1車種に留まるなど、国内市場への新車投入が滞っていた日産だが、2020年度以降、複数の新型車を国内に投入するとされている。 今後新車が増えてくるとすれば、日産ファンにとっても嬉しいニュース。 実際、どのような新車を投入する可能性があるのか。 以下、遠藤徹氏の取材をもとに予測していきたい。 傘下販売店にはまだほとんどメーカーからの情報が流れていないが、2019年10月から11月にかけてジューク、キューブの生産中止、年末にかけて軽自動車デイズルークスの生産調整が行われつつあり、これら後継モデルの発売やフルモデルチェンジが近いことをうかがわせる動きもある。 2020年度のフルモデルチェンジスケジュールは、デイズルークスが3月、ノート=8月、エクストレイル=11月、新規モデルは6月=キックス、12月=新型電気自動車、といったスケジュールが予想される。 販売店で得た最新情報をもとに以下、車種別にアウトラインを追ってみる。 19 14:27追記:前文の一部に誤った表現があり、事実に基づき改稿しました。 お詫びして訂正致します) 文:遠藤徹 写真:編集部 売れ筋ジャンルに待望新車!! 新型デイズルークス&キックスを投入 東京モーターショー 2019に出展された三菱の「スーパーハイト K-ワゴン コンセプト」。 新型デイズルークスは同車に似たデザインの方向性となる可能性もある デイズルークスは、2019年3月に登場したハイトワゴンである「現行デイズ」のスーパーハイトワゴンバージョンである。 デイズのリアドアが両側ヒンジ開閉なのに対して、こちらは全高を15cm程度高くし、両側スライドドアを採用。 荷物の居住性、出し入れ、使い勝手を大幅に向上させる。 プラットフォーム、エンジン、足回り、駆動系などの基本コンポーネントはデイズと同じ。 得意の自動運転支援システムの「プロパイロット」の標準装備車を上級&スポーツバージョンのハイウェイスターに設定するのも同様である。 なお、新型デイズルークスは、2020年1月の『東京オートサロン 2020』に出展される可能性もあるので注目だ。 海外で販売中の小型SUV、キックス。 ジュークのエクステリアデザインが尖りすぎで最初の売れ行きが良かったものの、短期間で販売が急落した反省から、スタイリッシュなボディシェルは継承するものの、シンプルで飽きの来ないデザイン志向で仕立てる。 新開発のプラットフォームを採用、剛性&クオリティアップを図る。 パワーユニットは1. 5L・NAガソリン、1. 6Lターボ、1. 2Lエンジンを発電用に使う「e-POWER」を搭載。 このe-POWERユニットは、ノート、セレナに搭載しているのと異なり、エンジン、モーターとも大幅に改良し、リーズナブルな走行、静粛性を向上させる。 プロパイロットの標準装備車も設定する。 これによって月販5000台以上の量販モデルに仕立てる構えである。 ライバルのトヨタ・C-HRやホンダ・ヴェゼルを超える販売実績を目指すことになる。 定番人気車ノート&エクストレイルもついに新型へ! e-POWERの追加で登録車販売No. 1も奪取したノート。 2020年はヤリス、フィットと強豪ライバルが刷新されるだけに、ノートの新型にも注目が集まる 次期型ノートは、現行モデルがヒット作だけに大幅なコンセプト変更はないと思われる。 ただ、中身はガラリと変わり、新開発のプラットフォームにパワーユニットもかなりの改善が施されている。 ボディサイズは現行の全長4100mm、全幅1695mm、全高1520mmと大差ない。 ホイールベースは50mm程度延長し、2650mm程度とヤリスや次期型フィットよりひと回り大きい。 パワーユニットは、3気筒1. 2L・NAエンジン、同1. 2Lスーパーチャージャー、e-POWERを搭載する。 このe-POWERは現行のユニットではなく、キックスと同じく改良タイプとなる。 プロパイロットの標準装備車も設定する。 これによってヤリス、フィットの登録車トップセラー争いに割って入る構えとなるに違いない。 なお、新型ノートに関しては、スライドドアのグレードが新規追加されるとの情報も入っている。 こちら詳細をつかみ次第、お知らせしたい。 現行モデルは2013年に発売されたエクストレイル。 かつてのSUV販売NO. 1車も、いよいよモデルチェンジを迎える見込み 次期型エクストレイルも、現行モデルの人気が高いのでキープコンセプトの世代交代となる。 新開発のプラットフォーム&基本コンポーネントを採用するがいずれも全面刷新となる。 2020秋にフルモデルチェンジする三菱の次期型アウトランダーとのパーツ共用化を図る。 メカニズム部分はかなりの部分のパーツを共用するが、ボディパネルはドア部分を除き別設計となる見込み。 パワーユニットは2L・NAガソリンと同エンジンに1モーター&2クラッチのハイブリッドを搭載する。 両エンジンとも2WD、4WD&CVTの組み合わせで従来通り4WD車中心のラインアップとなる。 三菱からのPHEVユニットの供給を受け、同時に発売する可能性もある。 同バッテリーは150km程度の巡行距離の実現を目指して開発を進めている。 残る1台は新規車種! 販売店も久々の新車ラッシュに期待感 一見ショーカー然としているが、その作り込みはすでに量産モデルに近い印象だったアリアコンセプト。 新しいSUVのピュアEVとして登場が明言されている 新型電気自動車は先に開催した第46回東京モーターに参考出品したプロトタイプ車「アリア」の市販バージョン。 小型のスタイリッシュな4ドアクーペシェルのクロスオバーSUVレイアウトを採用。 前後ツインモーターの4WDを採用しているのが特徴。 シャシー制御技術を総合的に制御する「電動駆動4輪制御技術」を実現。 ツインモーターは最大トルク680Nmを発揮する。 【証言:首都圏日産店営業担当者】 2020年に新型5車種を投入する情報は流れているが、メーカーからの正式な通達はまだない。 ただ、この10月から11月にかけてジュークやキューブが生産中止になっているので、近い将来これらの後継モデルが発売するのは予想できる。 デイズルークスは、グレード、ボディカラー、オプションが絞られつつあるのでフルモデルチェンジが近いのはほぼ間違いない。 ノートは現行モデル発売後7年、エクストレイルは6年が経過しているので、すぐにでもフルモデルチェンジしてもおかしくない状況にある。 ただ、1年間で5車種もの新型車を発売して売り切れるのかという懸念がある。 いずれにせよ、これまで新型がまったくなかった年が多かったので楽しみではある。

次の

【日産新型ルークス】内外装から収納まで全部見せ!画像100枚|3/19発売開始

ルークス 新型 2020

日産自動車は、軽スーパーハイトワゴン『デイズ ルークス』をフルモデルチェンジ、車名を『日産ルークス』に改め、3月19日より発売する。 新型ルークスは、日産自動車と三菱自動車の合弁会社NMKVのマネジメントのもと、日産が企画、開発。 2019年3月に発売した新型『デイズ』同様、新開発プラットフォームを採用し、大人4人がゆったりと過ごせるクラストップレベルの広い室内を実現した。 着座時の膝回りスペースも十分に確保。 後席ニールームは795mmあり、ゆったりと座ることができる。 また後席の室内高は1400mm。 小さな子どもであれば、立ったまま着替えることもできる。 さらに荷室床面の長さを675mm確保。 48リットルのスーツケースを同時に4個、積載できる。 便利で快適な使い勝手も新型ルークスの特徴。 後席スライドドアの開口幅を650mm確保し、乗降性を高めた。 さらに片足を車体の下にかざすだけで自動開閉する「ハンズフリーオートスライドドア」を両側ともに採用。 両手が塞がった状態でも楽にドアを開閉できる。 また後席は最大320mmスライド可能。 前方にスライドさせれば、運転席に座ったまま、後席の子どもに手が届く。 前席シートのヒップポイントも先代比60mmアップし、広い視界を確保。 さらに、小さな子どもや高齢者の乗り降りをサポートする、助手席側スライドドア部の「オートステップ」をオプション設定した。 新型ルークスは、快適で楽しい移動空間を提供。 デイズに軽自動車初搭載した、運転支援技術「プロパイロット」を進化させ、今回、ルークスに搭載した。 高速道路での長距離運転と渋滞のストレスを軽減するほか、新たにミリ波レーダーを追加採用したことで、より遠くの先行車の状況を検知し、スムースな制御が可能になった。 エンジンは、デイズに搭載するパワフルなBR06エンジンをルークス用にセッティング。 軽自動車を超える力強い走りを体感できる。 またエンジンの骨格を高剛性化したことで、エンジン音の静粛性を向上。 加えて、エンジン周りやドア周りに収音材を効果的に配置し、静かな室内空間を実現した。 さらに「ゼログラビティシート」を採用し、ロングドライブ時の疲れもサポートする。 先進安全技術では、前方を走行する2台前の車両を検知し、急減速などで回避操作が必要と判断した場合には、警報によってドライバーに注意を促す「インテリジェント FCW(前方衝突予測警報)」を軽自動車として初搭載。 さらに「アダプティブLEDヘッドライトシステム」や、車両進入禁止・最高速度・一時停止の3つを検知する「標識検知機能」、「インテリジェントDA(ふらつき警報)」、「先行車発進お知らせ」などを搭載した。 また、インテリジェント エマージェンシーブレーキはミリ波レーダーを採用し、夜間での性能を向上させた。 そのほか、SRSニーエアバッグシステム(運転席)や高強度安全ボディにより、事故の際の衝撃を緩和。 スポーティモデル「ハイウェイスターシリーズ」には、事故の際の自動通報のほか、あおり運転や急病などの緊急事態にも手動で通報できる「SOSコール」を標準搭載した。 ハイウェイスターシリーズは、より大きく見えるワイド感と高い質感のエクステリアで存在感を主張。 インテリアは、洗練された空間と、直感的な使い勝手で、「きれい」に「楽」に使え、さらにディテールにもこだわり、クラスを超える品質に仕上げた。 スタンダードシリーズは、上品で洗練されたモダンでシンプルなスタイルを採用。 インテリアは、明るいグレージュの内装色により包まれるようなリラックス感あふれる室内空間を実現した。 オプションインテリアでは、ブラックとモカをベースとしたスタイリッシュなコーディネーションを実現している。 ボディカラーは、2トーン5色、1トーン12色の多彩なバリエーションを用意。 スタンダードシリーズの「セレニティゴールド」、ハイウェイスターシリーズの「アメジストパープル」と「アトランティックブルー」の3色は新色で、軽自動車のクラスを超えた質感にこだわっている。 価格はルークスが141万5700円から168万0800円、ハイウェイスターシリーズが173万4700円から206万6900円。 《纐纈敏也@DAYS》.

次の