アメリカ 州 人口。 アメリカ合衆国の州人口 ランキングアメリカ合衆国の州人口 ランキング

カリフォルニア州の人口動態

アメリカ 州 人口

— 379,994 310. 独立国と比較した場合、世界で34番目に人口の多い国となる。 アメリカ合衆国の中では次に人口の多いに比べて約3割多い。 カリフォルニア州は1962年にを抜いて人口最大の州になった。 現在、その人口は36,961,664人と推計され、国内で13番目に増加率の高い州である。 前回2000年の国勢調査から3,090,016人増えており、自然増(出生5,058,440、死亡2,179,958 )並びに州内への移住者純増306,925人が含まれている。 アメリカ合衆国外からの移住で1,816,633人増加し、合衆国内部への移住で1,509,708人減少した。 カリフォルニア州には過半数となる民族集団はない。 非系白人が人口の40. 1%を占めている。 がに次いで話されている言語であり、特にロサンゼルス都市圏や、やといったに近い郡では多い。 住民の43%近くが家庭で英語以外の言語を話しており、この比率は他の州に比べてかなり高いものである。 人口統計学者は2020年までにヒスパニック系が過半数になると推計している。 これは大規模な移民が続いていることと、ヒスパニック移民の出生率が非ヒスパニックのそれよりも高いという事実を基にしている。 州のはバトンウィロウ()がある、となっている。 人種と出身民族による構成 2010年国勢調査によれば、カリフォルニア州の人口のうち、40. 1%が非ヒスパニック系白人、は5. 8%、は12. 8%、は0. 4%、混血は2. 6%となっている。 人口の37. 6%はヒスパニック系である。 白人の数では21,453,934人と国内最大の州であり、アフリカ系アメリカ人は2,299,072人と国内5位である。 アジア系アメリカ人は4,861,007人であり、国内のアジア系人口1,467万人の約3分の1がカリフォルニア州に住んでいることになる。 インディン人口は362,801人でこれも国内最高である。 白人の構成比は57%だが、非ヒスパニック系白人が上記のように過半数に満たない最大構成比の人種となっている。 それでも非ヒスパニック系白人の人口は約1,500万人と国内の州で最大である。 非ヒスパニック系白人の構成比は1960年に約92%だったが 、大きく数値を下げてきた。 非ヒスパニック系白人以外の民族(いわゆる少数民族)の人口が約2,200万人であり、これも国内の州で最大である。 アメリカ合衆国の少数民族は約1億人なので、そのうち約20%がカリフォルニア州に住んでいることになる。 とテキサス州ではヒスパニック系の人口構成比が高いが、カリフォルニア州のヒスパニック人口はどの州よりも大きい。 アジア系アメリカ人の場合も、だけが人口構成比がカリフォルニア州より高い 出身国の統計では、が最大で25%、9%、7. 7%、7. 4%の順になっている。 その他、、、など全部で70近い民族が上がっている。 ロサンゼルスとサンフランシスコ両市では、、、、およびを出自とする人々が多い。 「太平洋諸島系」はハワイや太平洋諸島の先住民を指す。 ヨーロッパ系および中東系アメリカ人 カリフォルニア州には国内どの州よりもヨーロッパ系アメリカ人の人口が多い。 例えば2000年時点で、系や系のアメリカ人はどの州よりも多かった。 も60万人おり、ロサンゼルス市の北にあるやフレズノ市で大きな地域社会を構成している。 ロサンゼルス市やサンフランシスコ市では19世紀後半の移民によって築かれたアイルランド系、イタリア系、系、ドイツ系、および系の地域社会がある。 1848年ので移民の波に入ってきたスカンディナヴィア系、フランス系、イングランド系および系住民も多く、また旧系、系、系および系住民もいる。 には約50万人の系アメリカ人がおり、特に住民の20%を構成している。 イラン系アメリカ人の地域社会は、、サンディエゴ市、地域およびでも繁栄している。 1970年代後半にアメリカ寄りのイラン国王政権が追放された後に移民してきたものが多い。 系は50万人以上がのとに集中している。 アフガニスタン系はなど州内各所にも住んでいる。 アメリカ人も50万人以上おり、アラメダ、、インペリアル、カーン、オレンジ、、サンディエゴ、の各郡に大きな地域社会がある。 アラブとの各地域を含んでいるが、特に多いのはであり、その後に、、、、、およびが続いている。 アラブ系は1920年代以降にカリフォルニアに住んでおり、特にセレスとターロックのとカルデア系、およびが有名である。 サンディエゴ市は国内でも最大級のカルデア系移民が集中している。 ヒスパニック系アメリカ人 主にメキシコ人のヒスパニック系は圧倒的に南カリフォルニアの特にロサンゼルス市に多い。 ロサンゼルス市自体がアメリカ合衆国でも最大のメキシコ系社会と言われている。 の場合はヒスパニック系が人口の40%以上を占めて最大民族になっている。 、フレズノ、サクラメント、サンノゼ、、、およびサンディエゴの各市でも大きな地域社会を形成している。 サンタアナでは住民の75%がヒスパニック系である。 メキシコとの国境に接するインペリアル郡は70ないし75%がヒスパニック系である。 リバーサイド郡の特にコーアチェラ・バレー東端でもヒスパニック系が多い。 には多くのメキシコ系農場労働者が移民してきている。 、フレズノ郡、カーン郡、、、、、、およびでもヒスパニック系が過半数を占めている。 ではヒスパニック系が20%になっている。 、アラメダ郡およびに多く、またサンフランシスコのミッション地区にも多い。 とサリナス・バレー移民農場労働者によって作られた大きなヒスパニック系地域社会がある。 では、カリフォルニアのアメリカ併合以前の時代にまで遡ってカリフォルニオあるいは系アメリカ人と自らを同定する者の小さな社会がある。 カリフォルニオの文化はメキシコなどラテン系民族と密接な関係がある。 州内のヒスパニック系はほとんどがメキシコ出身だが、系、系、系、系、系と系、系、系および系も多く居る。 ロサンゼルスにはアメリカ合衆国では最大の系の社会があり、また1910年代以来のメキシコ系社会も最大である。 アジア系アメリカ人 アジア系ではが1850年代から、が1880年代から、さらに人も1世紀以上にわたる地域社会を形成してきた長い歴史がある。 1965年以降アジア系の大きな移民の波が訪れ、中国人や、人が増えた。 人の場合はさらに最近のことであるが、急速に成長している。 フィリピン系アメリカ人はロサンゼルス、サンディエゴ、サンフランシスコ各市とサンマテオ、各郡に特に多く、南カリフォルニアではアーテシア、ボールドウィン、カーソン、セリトス、コビーナ、およびロサンゼルス市のイーグルロック地区に地域社会を形成してきた。 サンディエゴ市の周辺では、ミラミサ、ナショナルシティおよびに多い。 ベーカーズフィールドに近いデラノなどサンホアキン・バレーの町、コーアチェラ・バレーとインペリアル・バレーの地域、、およびランスロップにもフィリピン系住民の数が多い。 はサンフランシスコ、、サンフランシスコ・ベイエリアのイーストベイと、サクラメント、サンディエゴおよびロサンゼルス郡のサンガブリエル・バレー地域に多い。 サンフランシスコ・ベイエリアはアメリカ合衆国のどこよりもを話す中国人が集中している。 南カリフォルニアはおそらく国内最大のの社会があり、特に、セリトス、ウェストコビーナ、およびロサンゼルス市のサウスベイに多い。 の社会はロサンゼルス市のコーリアタウン、サンガブリエル・バレー東部、サンフェルナンド・バレー、セリトスとロングビーチ、ロサンゼルス市のサウスベイおよびオレンジ郡北部に存在している。 他にもサンフランシスコ・ベイエリアに多く、地域の郊外、チノ、、デザートホットスプリングスおよびサンディエゴのような都市で韓国系人口が増加している。 ロサンゼルス市のサウスベイとには大きな社会がある。 しかし日系人はサンフランシスコとそのベイエリアの対岸、サンノゼ、サリナス・バレーおよびベーカーズフィールド、フレズノ、サンディエゴ、、およびサクラメント地域にも集中している。 州内には日系商品店、新聞社およびレストランがあったが、リトルトーキョーとの大半はのの時に無くなった。 その結果、都市部の日系人の大半は歴史的な日系人社会に住んでいない。 カリフォルニアにはや中国系ベトナム人を含むなど東南アジア系の人口も多い。 ロングビーチには国内最大級の人社会がある。 隣接するウェストミンスターやにはベトナム国外では最大のベトナム人社会があり、「リトルサイゴン」と呼ばれている。 ベトナム人とカンボジア人移民はサンフランシスコ・ベイエリアの特にサンノゼ、、、にも多く、またサンホアキン・バレーやサンディエゴにもいる。 6,000人以上の人がフレズノ地域に住んでおり、その中にはミャオ族として最大の社会もある。 系の社会は南カリフォルニアに集中している。 ロサンゼルス市にはタイ国外では最大の人口がおり、世界で最初かつ唯一のタイタウンがある。 系アメリカ人の人口もカリフォルニアが国内最大である。 大半はロサンゼルス都市圏、サンディエゴおよびサンフランシスコ・ベイエリアに住んでいる。 ロサンゼルス市郊外のアーテシアとセリトスにも大きなインド系社会がある。 サンノゼ、フリーモント、およびの他の都市にも多く、ハイテク産業に雇用されている。 ストックトン、ベーカーズフィールド、フレズノ、ユバシティユバシティのようなセントラルバレーの都市や、インペリアル・バレーにも多い。 南アジア系は大半がインド人だが、系、系もいる。 系()と系はロサンゼルス地域のサンガブリエル・バレー(コビーナ・バレー)に集中している。 アジア系アメリカ人の人口と構成比 インド系 464,761 1. その過半数の8万人はハワイ生まれの系である。 またアジア、ヨーロッパなどの祖先を持つ者も多い。 やの出身者も25,000人居る。 大半はロングビーチやロサンゼルス市郊外のカーソン、アーテシア、セリトス、レドンドビーチ、およびアップランドに住んでいる。 やの約1万人が北カリフォルニアに住んでおり、アメリカ合衆国本土では最大の人社会となっている。 の人推計1万人が南カリフォルニアに住んでいる。 南カリフォルニアのサンディエゴ、ビスタなどの都市には出身者が多い。 パラオ人の社会は、および人の子孫であることも多いが、日系人の子孫も多く、また中国人。 韓国人およびフィリピン人の子孫もいる。 多くの人がサンディエゴに住んでいるが、チューク諸島の当初入植者はスペイン人とドイツ人であり、現在は日本人と韓国人、続いてフィリピン人と中国人である。 西太平洋の太平洋諸島人の大半は一部アジア人である。 第二次世界大戦中に日本人が、および北マリアナ諸島を占領したためである。 アフリカ系アメリカ人 カリフォルニア州には230万人のアフリカ系アメリカ人が居り、の諸州では最大、国内全体でも第5位となっている。 、、、ロサンゼルス、ロングビーチ、オークランド、、サクラメント、サンバーナーディーノおよびに大きなアフリカ系アメリカ人社会がある。 ベーカーズフィールド、、イーストパロアルト、、フレズノ、マリンシティ、、、、サンディエゴ、サンフランシスコ、ストックトンおよびサスーンシティにもそこそこのアフリカ系人口がある。 アフリカ系アメリカ人の構成比は約7%であるが、1990年代と2000年代には構成比が小さくなってきた。 アフリカ系中流階級が郊外に転出したためにロサンゼルス市の南部と中部のアフリカ系人口が大きく減少した。 数十万人のアフリカ系がに移動した。 その祖父の世代が20世紀半ばのの時代には逆のコースを辿ってきた可能性がある。 アフリカ系アメリカ人の多い郊外地域は、インランド・エンパイア、ロサンゼルスの北のハイデザート(と)およびサンホアキン・バレー(ストックトンからモデスト、サクラメント、フレズノ、ベーカーズフィールド)である。 アメリカ・インディアン 2000年時点でカリフォルニア州のアメリカ・インディアンは376,000人が居り、国内最大である。 カリフォルニア州居住であろうとあるまいとカリフォルニア州のインディアン部族の大半は19世紀後半に絶滅されたとされている。 国勢調査には「ラテン系インディアン」という分類も含まれており、南北アメリカのアメリンディアンの血を引く者の移民である。 ・ネーションが州内最大の部族であり、人口は11万人だが、人口統計学者に拠るとチェロキー族の子孫は60万人を超えている可能性があるとのことである。 1930年代と1940年代にで起こったから避難してカリフォルニアの農業郡や都市部で仕事を求めた民の子孫であることが多い。 都市部のインディアン社会で大きなものは、ロサンゼルスとロングビーチ、サンフランシスコとオークランド、サクラメント、およびサンディエゴの地域である。 部族としては、族、、、ズニ族、、、、パイユート族、族、カウィーア族、およびチュマシュ族の人口が多い。 コーアチェラ・バレーのカウィーア族は不動産の賃貸から利益を得ており、とパームスプリングスの多くの土地は部族の法制の下に部族が所有する土地である。 The following are a list of the indigenous languages: Root languages of California: Athabaskan Family: Hupa, Mattole, Lassik, Wailaki, Sinkyone, Cahto, Tolowa, Nongatl, Wiyot, Chilula; Hokan Family: Pomo, Shasta, Karok, Chimiriko; Algonquian Family: Whilkut, Yurok; Yukian Family: Wappo; Penutian Family: Modok, Wintu, Nomlaki, Konkow, Maidu, Patwin, Nisenan, Miwok, Coast Miwok, Lake Miwok, Ohlone, Northern Valley Yokuts, Southern Valley Yokuts, Foothill Yokuts; Hokan Family: Esselen, Salinan, Chumash, Ipai, Tipai, Yuma, Halchichoma, Mohave; Uto-Aztecan Family: Mono Paiute, Monache, Owens Valley Paiute, Tubatulabal, Panamint Shoshone, Kawaisu, Kitanemuk, Tataviam, Gabrielino, Juaneno, Luiseno, Cuipeno, Cahuilla, Serrano, Chemehuevi• California State Library 2005年11月28日. 2010年1月29日閲覧。 United States Census Bureau 2009年12月22日. 2009年12月26日閲覧。 United States Census 2000. US Census Bureau Geography Division 2002年5月20日. 2010年1月29日閲覧。 Census Bureau. 2011年2月4日. 2011年4月5日閲覧• Historical Census Statistics on Population Totals By Race, California• American Fact Finder. US Census Bureau. 2009年12月26日閲覧。 American Fact Finder. US Census Bureau. 2009年12月26日閲覧。 Montagne, Renee 2006年6月8日. 2006年6月28日閲覧。 2000 United States Census. 2003年. 2006年4月11日閲覧。 The Church of Jesus Christ of Latter-day Saints. 2010年1月29日閲覧。 The Association of Religious Data Archives 2002年. 2010年1月29日閲覧。 Religious Landscape Study. 2010年1月29日閲覧。

次の

【アメリカ州制度】気候が良く住みやすい??「カリフォルニア州」徹底解説│公務員総研

アメリカ 州 人口

人口100,000人以上の都市 [ ] 以下は2010年4月1日に行われた国勢調査の結果、人口が10万人以上であった282都市を一覧にしたものである。 国勢調査局の人口一覧は、アメリカ本土の50の州とコロンビア特別区のみに限定されるため、人口10万人以上のプエルトリコの都市は個別に以下に記載した。 アメリカ合衆国本土 [ ] 対象はアメリカ合衆国50州との都市である。 人口の数値は2010年国勢調査によるものである。 また、上表に含められた場合の順位もあわせて示す。 はであり、表中の数値はアメリカ合衆国国勢調査局によって定義された市域人口。 市郡全体の人口は829,718人(2010年国勢調査)である。 これはの市制と同じ制度であり、通常の都市はいずれかの郡の下位行政区分に属する。 は市郡。 市郡全体の人口は626,681人(2010年国勢調査)。 は市郡。 市郡全体の人口は741,096人(2010年国勢調査)。 はと各郡以外自治体が存在しないため、通常統計上は一つのCDPとして集計される。 ホノルル市郡域は全域をカバーしている。 はに隣接し都市化が進んだ地域であるが、郡の中に市町村など法人化した自治体が存在しない。 そのためアーリントン郡全域の人口がアーリントンCDPとして集計される。 は市郡。 市郡全体の人口は200,549人(2010年国勢調査)。 は市郡。 市郡全体の人口は116,714人(2010年国勢調査)。 出典 [ ]• Census Bureau. 2011年2月4日. 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ] ウィキソースに に関するカテゴリがあります。 (英語).

次の

南アメリカ : 人口

アメリカ 州 人口

US Household Income 2012 : The Richest And Poorest. が失望的な結果で終わり、 は予想外に量的緩和(QE)縮小を見送り・・アメリカ経済には一体何が起こっているのでしょうか?今を見極めるために、過去を振り返るのも悪くないでしょう。 成長エンジンたる消費の源泉、2012年の家計所得はといいますと・・・。 によると、2012年家計所得・中央値は5万1371ドル(508万8780円)でした。 2011年が5万1324ドルでしたから、前年比で0. 09%増という体たらく。 同年に220万人の雇用が創出されたにも関わらず、伸びは停滞しているんですよね。 では を元に全米で最もリッチな州、貧しい州の5位をそれぞれみていきましょう。 (注意:貧困水準とは、個人世帯で1万1334ドル/112万2460円、4人家族で子供が2人の場合で2万2133ドル/219万1170円。 ) 5位 ハワイ州 家計所得 6万6259ドル(655万9640円) 人口 139万2313人(11番目の低水準) 失業率 5. 8%(12番目の低水準) 貧困水準以下の割合 11. 4位 コネチカット州 家計所得 6万7276ドル(666万320円) 人口 359万347人〔22番目の低水準) 失業率 8. 4%(14番目の高水準) 貧困水準以下の割合 10. 0%(22番目の低水準) 貧困水準以下の割合 10. 2位 ニュージャージー州 家計所得 6万9667ドル(689万7030円) 人口 886万4590人(11番目の高水準) 失業率 9. 5%(5番目の高水準) 貧困水準以下の割合 10. 1位 メリーランド州 家計所得 7万1222ドル(705万980円) 人口 588万4563人(19番目の高水準) 失業率 6. 8%(17番目の低水準) 貧困水準以下の割合 10. バイオ関連のほか、ワシントン・D. のベッドタウンであることでサービス業もさかん。 監視プログラム「プリズム」で話題になったNSA、メリーランドにございます。 ちなみにワタクシが住むニューヨーク州はといいますと。 15位 ニューヨーク州 家計所得 5万6448ドル(558万8350円) 人口 1957万261人(全米3位) 失業率 8. 5%(13番目の高水準) 貧困水準以下の割合 15. 日本人の多いカリフォルニア州をみてみましょう。 11位 カリフォルニア州 家計所得 5万8328ドル(577万4470円) 人口 3804万1430人(全米トップ) 失業率 10. 5%(2番目の高水準) 貧困水準以下の割合 17. 最も貧しい州はといいますと・・。 46位 ケンタッキー州 家計所得 4万1724ドル(413万680円) 人口 438万415人(25番目の低水準) 失業率 8. 2%(17番目の高水準) 貧困水準以下の割合 19. 47位 アラバマ州 家計所得 4万1574ドル(411万5830円) 人口 482万2023人(23番目の高水準) 失業率 7. 3%(22番目の高水準) 貧困水準以下の割合 19. 48位 ウェスト・ヴァージニア州 家計所得 4万196ドル(397万9400円) 人口 185 万5413人(13番目の低水準) 失業率 7. 3%(22番目の高水準) 貧困水準以下の割合 17. 49位 アーカンソー州 家計所得 4万112ドル(397万1090円) 人口 294万9131人(19番目の低水準) 失業率 7. 3%(19番目の高水準) 貧困水準以下の割合 19. 50位 ミシシッピ州 家計所得 3万7095ドル(367万2410円) 人口 298万4926人(20番目の低水準) 失業率 9. 2%(6番目の高水準) 貧困水準以下の割合 24. 2%と全米で最悪。 Comments comments My Big Apple NYは、金融・経済ネタを中心としたアップ・トゥ・デートなアメリカ情報サイトです。 10年間NYに在住し名実ともにニューヨーカーの称号を得た安田が、金融や経済以外の話題も満載してお伝えします。 個別の金融情報も取り上げますが、どうぞご利用はown riskでお願いいたします。 My Big Apple NY brings you up-to-date topics from financial news to New York local information. The founder of this site Sawako Yasuda, a Japanese financial writer, who also takes up Japanese trends. Related Posts• Leave a Reply Your email address will not be published. 主宰は、東京で各国中銀動向およびマクロ経済担当の為替ライターとして活動し2005年からNYに拠点を移した安田佐和子。 現地ならではの話題を満載して、お伝えします。 個別の金融情報も取り上げますが、どうぞご利用はown riskでお願いいたします。 My Big Apple NY brings you up-to-date topics from financial news to New York local information. The founder of this site Sawako Yasuda, a Japanese financial writer, who also writes about Japanese trends.

次の