日本 未来 2ch。 日本が圧倒的に「低賃金の暮らしにくい国」に堕ちた真相 訪れる“最悪の未来”とは (1/3)

【311的中?】おれ、未来(2062年)から来たけど、なんか聞きたい事ある?【未来人?】

日本 未来 2ch

経済合理性にかなったモノは普及するということ• 考慮する要素が少ないものの予測は簡単ということ 未来予測のコツ1:経済合理性を考える 一つ目のコツは、経済合理性にかなっているモノは、基本的に時間が解決してくれるということ。 例えば 一昔前は、携帯電話ではなく固定電話が使われていました。 これは、昔の携帯電話はバッテリーの連続待ち受け時間が2日間くらいで、30分通話すると電話が切れてしまうような不便なものだったからです。 しかし、電話が固定されるのと、携帯できるのは明らかに後者の方が便利なわけで、 携帯電話は人々の生活を豊かにするためには合理的な代物ではあるけど、それを実現する技術が追いついてないだけ、ということになります。 こういったもの見て 普及しない理由例• 性能の高い高価なバッテリーが必要…(コストの問題)• 逆に言うと、これらコストと感情的な問題を解決する見込みがあれば、それは普及するだろうと予測できるわけです。 実際に、携帯電話はこれらの問題をクリアし、今では生活必需品となりました。 未来予測のコツ3:考慮する要素を考える 三つ目のコツは、考慮する要素が少なければ、未来予測が容易であるということ。 例えば 2018年に不正アクセスによって仮想通貨取引所「コインチェック」から仮想通貨が流失した事件がありましたが、ひろゆきさんはこの事件を予測していたそうです。 仮想通貨は• 仮想通貨はどういう仕組みか• 決済するためには何が必要か• 仮想通貨取引所の数が限られている これらの情報が公開されており、言ってしまえば「犯人が持っている情報」と「我々が持つことができる情報」がイコールなわけです。 そうなると、不確定要素が少なく「まぁ、こういうことが起こってもおかしくないよね」と予測が容易ということです。 方程式で言えば、入れる変数が少ないということになります。 本の概要説明.

次の

日本を襲う2度目の破壊。予言書『日月神示』が警告するヤバい未来

日本 未来 2ch

今年の新成人「日本の未来は明るい」は3割、2014年をピークに減少 マクロミルは、そんな今年成人式を迎える全国の新成人を対象に「2017年 新成人に関する調査」を実施した。 この調査は2008年から開始し、今回で10年目となる。 日本の未来を明るいと思う新成人は、2014年をピークに年々減少している。 「政治」「選挙」「経済」は、2011年3月に発生した東日本大震災後の調査となる2012年から、年々低下し続けていることがわかる。 また、信頼している情報は、同じく「テレビ」が最も高く56%、そして「実際に会って聞いた話」28%、「ニュースサイト・ニュースアプリ」23%と続いた。 また、「ブログ(個人による投稿)」や「ダイレクトメールやちらし」は、信頼度が低いことを認識してか、ニュースや話題を得る手段としてはあまり活用されていないようだ。 今までの教育行政の成果です。 質問方法にもよるんだろうけど、あまりにも数値が違い過ぎないかい? 笑 — かきもとひろみ TUGBOAT happykakkie 日本に将来を見出せない若者がますます増加しているものの、政治・選挙の関心の低下は進み、信頼する情報源は依然「テレビ」がトップに 大手アンケートサイトが新成人を対象にアンケートを行なったところ、 上記のような結果が出たとのことです。 やはり予想通りというべきか、 日本に将来を見出せない(希望を持てない)若い人が多い一方で、 政治・選挙に対する関心の低下が2011年をピークにずっと減少傾向にあるのも気になりますし、インターネットが普及している現在でも、 いまだに多くの人がテレビを頼りに情報を判断している実態も浮かび上がってきました。 ううむ。 「日本の未来についてどう思うか?」の質問で、2011年以前のデータがないのがちょっと気になるけど、 東日本大震災で極限まで絶望感が増えたのは仕方ないにしても、 2014年で一旦回復した後、これをピークにまた下がってきていることが分かるね。 これは、 一時期は「アベノミクス」に多くの人が期待したものの、 期待したような好景気がやって来なかったことで、再び失望感や諦めムードが広がっていることが考えられるだろう。 そして、これ以上に気になってしまうのが、 2011年以前は若い人たちの間でも政治に一定程度の関心があったものの、 2011年をピークに、年々政治や選挙に関心を失っている若者が増加しつつあるということだ。 これは、 「日本の未来に期待が出来ない」にもかかわらず「政治や選挙にも興味が湧かない」ということで、 自民党の政治には失望しているものの、野党にも期待が持てない、つまりは 「どこがやっても一緒」「日本や自分たちはもうダメだ」という思考に多くの若者が陥っていることが考えられる。 そして、インターネット社会が普及しているにもかかわらず、 若者たちは最も信頼できる情報源として、 「テレビ」(または新聞)から発せられる情報を頼りに多くの事柄を判断している実情も分かってきたね。 皮肉にも、上のツイートによると、 「日本の未来が明るいと思う若者が6割」との報道がテレビで放送されていたみたいだし、この時点で 「テレビの信頼性って一体どんなもんなんだ?」って話になるわけだけど…こうした情報を総合すると、やはり 現在の若者の多くは、既存メディアと安倍政権による「メディア戦略」や「洗脳工作」にある程度はまってしまっていることが考えられるかもしれないね。 2011年以前にここまで若者が政治に関心を持っていたことに少し驚いたけど、とにもかくにも、 「日本に未来を感じない」のなら 「未来を感じるための行動を起こしていく」方向に思考を転換していくしかないと思う。 これらのデータや最近の社会の風潮を見ても、 現代の日本国民は「行動する」人が極端に減り、 「受身」「人任せ」「消極的」「冷淡」「諦め」という方向に多くの人が向かいつつあるような気がしている。 それでも、このデータが本当であれば、 現在でも政治に関する関心は50%を超えている状況なので、 何かのきっかけで、再び以前のようにより多くの若者が政治に関心を持っていく可能性は大いに秘めているとボクは考えている。 そのためには、 野党を活発化させ、野党共闘をより盛り上げていくのはとても大事だと思うし、ボクもささやかながら、 このサイトにやってきた若者たちが少しでも政治に関心を持ち、日本が元気になっていくための行動を起こしてくれるよう、多くの情報をなるべく分かりやすく、かつ楽しく伝えていければと思っているよ。

次の

【YTN】「謝罪・賠償しなければ三菱に未来はない」〜日本で『金曜行動』の集会が再開[06/27] [ハニィみるく(17歳)★]

日本 未来 2ch

Contents• イルミナティカードに描かれる小泉進次郎 さっそくイルミナティカードに描かれる小泉進次郎氏らしき男性をご覧ください。 日本刀の前に神妙な面持ちで佇む白髪まじりの男性、 歳をとった小泉進次郎氏にそっくりではないでしょうか。 イルミナティカードは1995年に発売されたもの。 当然、小泉進次郎氏はまだ政界にも進出していません。 これまでに多くの未来を予知してきたイルミナティカード。 (詳しくは関連記事の章を参照してください。 かなりゾクっとしますが) それだけに、 この男性が小泉進次郎氏なんてこじつけである・・・とは考えられません。 日本刀の前の小泉進次郎氏。 一体何故なのでしょうか・・・ イルミナティーカードの内容は? このイルミナティカードの表題は、 Angst:恐れ 確かに、イルミナティカードに描かれている小泉進次郎さんの表情は何かに怯えている様な、そして日本刀があることから どこか「切腹」を連想できる様な気もします。 イルミナティカードの本文を要約すると、 「人生に対し絶望を抱き、精神を病んで生きる希望を失ったとある組織の長が、精神科医、知識人、悟った人の助けを欲している」 といった様な意味になるでしょうか。 ある組織のリーダーは、日本刀の前のスーツを着た人物ということで、まず間違いなく 日本の内閣総理大臣。 つまり、次期首相の大有力の1人である 小泉進次郎氏が浮かんできます。 うつ病などの精神疾患、それに伴う自殺者の拡大から、現代から近い未来における日本の姿を暗示しているという見方もできますが、果たしてどうなのでしょうか。 そこで色々と調べてみると、 小泉進次郎氏が過去にしたある発言がどうも引っかかるんです・・・ スポンサーリンク 小泉進次郎が望む絶望の日本の未来とは? 2016年9月に都内で開催されたソーシャルイノベーションフォーラムにて、小泉進次郎氏は以下の様な発言をしています。 「悲観的な考えしか持てない人口1億2千万人の国より、将来を楽観し自信に満ちた人口6千万人の国の方が、成功事例を生み出せるのではないか・・・」引用: この発言内容の是非は置いておきまして、気になるのが「 人口削減を肯定した発言」であるということです。 かつてロックフェラーが日本人の人口を削減しろと命じたなんて話もありますが、小泉進次郎氏が「人口削減制作」をどんどん進めているという仮説で物事を見ていると、実に様々な疑問が浮かび上がります。 もう既に日本人削減計画は進行中😱😱 福島原発問題、遺伝子組み換え作物、ラウンドアップ等の除草剤、非正規雇用者の増大。 確実に進んでる。 — まつほん 脱原発に一票) takaradenki275 こちらのツイートにも書かれている様に、 海外で販売禁止となっている猛毒ラウンドアップを推進したりと、 日本の人口削減に一躍買っている様な政策をどんどん推し進めています。 なぜ小泉進次郎氏はその様な政策と共に、日本の人口を削減させたいのでしょうか。 「悲観的な考えしか持てない人口1億2千万人の国より、将来を楽観し自信に満ちた人口6千万人の国の方が、成功事例を生み出せるのではないか」という小泉進次郎の発言は今の政府が人口減社会にどういう基本方針で臨んでいるかを明らかにしています。 — 内田樹 levinassien イルミナティーカードで予知される人口削減 原子爆弾を投下したトルーマン、その後のGHQによる日本人洗脳白痴化計画における、3S制作。 要は、 我々日本人は戦勝国であるアメリカに飼い慣らされた家畜同然とも取れる発言を、かつてのアメリカ大統領トルーマンが発言しており、戦後復旧はGHQの監視下で行われ、 アメリカの都合の良い日本が築かれてきた・・・と考える人もいます。 さて、その トルーマンが所属していたとされるイルミナティの目的をご存知でしょうか? それは・・・ GOAL、人口削減です。 はっきりと、Population reduction(人口削減)とカードに書かれています。 その イルミナティにコントロールされた日本、その代表になるであろう小泉進次郎氏。 彼が次期日本の内閣総理大臣になることはすでに決まった未来であり、そしてその時には人口削減が佳境に入っていること。 先ほどのツイートでも確認した様に、様々な巧妙な政策で、 徐々に人口削減は始まっているのですから・・・ イルミナティカードの関連記事 人口削減を目的とするイルミナティは、日本の311の東北沖地震も予知していますし、福島原発問題も予知しています。 さらに世界に目を向けると、911テロやペンタゴン襲撃、さらに生物兵器(例えばウイルスなど)による人口削減を政策を次々と予知しています。 いや、イルミナティが描いた未来を実現させていっているのですから、正確には予知とは言わないかもしれませんが・・・ 以下、イルミナティカードにまつわる関連記事です。 次々と現実になる未来、どうぞご自身の目でお確かめください。 その他のイルミナティの未来の暗示についても、関連記事で詳細を解説していますので、合わせてご確認ください。 世界の一握りの人間が描く未来。 その未来を現実にすべく 圧政を強いる日本の政治、そしてそのトップとなる小泉進次郎氏。 このままでいいのでしょうか・・・.

次の