メリークリスマス 英語。 クリスマスはなぜ と書くの? は正しい?

「メリークリスマス」の意味

メリークリスマス 英語

こんにちは、 『時事ネタ英語』担当の古山です。 今日はクリスマスイブですね。 クリスマスといえば 「メリークリスマス」というお祝いフレーズが鉄板ですがー 英語では「メリークリスマス」の他にも、 たくさんのお祝いフレーズがあるんです。 しかし、 「メリークリスマス」以外のフレーズを 知らない方が大半だと思います。 もしかしたらあなたも どこかで見覚えがあるかもしれません。 ここで使われている「X」は ギリシャ語に由来しています。 ギリシャ語では 「X」に似た文字は「Chi」という発音をすることもあり、 あえて「X」と略して使うことがあります。 ですが、英語圏では アポストロフィーをつけずに 「Xmas」で表すことも多いそうです。 どちらのパターンも使えますので この機会に覚えておきましょう! クリスマスで使える挨拶 上記でお伝えした通り、 「メリークリスマス」以外にも クリスマスのお祝いフレーズは たくさんあります。 ここでは、 クリスマスに使えるおすすめフレーズをご紹介します。 日本のクリスマスは パートナーや友人と過ごす方が多いのですが 海外では、 「家族が集まってお祝いをする日」 でもあります。 そのため、今からご紹介するフレーズは 家族へのメッセージも含まれます。 もちろん、 海外の友達にメッセージを送るときも ぜひ活用してくださいね。 ここで使われている「may」は 祈願の意味で使われています。 クリスマスに使えるフレーズをご紹介 1. If you believe in Father Christmas, buy〜. クリスマスで 何かおねだりしたいときに使えるフレーズです。 ここで使われている「Father Christmas」は、 イギリス英語で「サンタクロース」を意味しています。 さらに、 「believe in」には 「〜の存在を信じる」という意味があります。 サンタクロースに使うには まさにぴったりのイディオムですね! 2. I got you something for Christmas. クリスマスプレゼントをあげたいときに ぜひ使ってみてください。 ここで使われている 「get 人 something」は 「(人)に何かを買う」という意味の カジュアルな表現です。 もし、相手が クリスマスプレゼントを準備していたら、 I got you something, too. と返してくれるはずです! 3. プレゼントの交換に関する話が出たときに 使えるフレーズです。 「exchange gifts」には 「プレゼントを交換する」という意味があります。 交換するという事は、 プレゼントは2つ以上必要になるので、 ここでは「gifts」という複数形が使われています。 このように、 クリスマスをお祝いするフレーズは たくさんあります。 プレゼントを渡すときは、 「I got you something for Christmas. 」 と伝えるのもお忘れなく。 それでは、 素敵なクリスマスをお過ごしくださいね!! 初心者を勉強しないで楽しんでバイリンガルにする 英語界のブラックジャック 上智大学比較文化学部(現:国際教養学部)卒。 TOEIC990 初受験で20分以上時間が余って満点 、 英検1級、小学校英語指導者資格、ニンテンドー3DSソフト 「TOEICテスト超速トレーニング」スペシャルアドバイザー、 芸能人への個別指導、英会話教室、TOEIC講座、企業研修、他。 著者自身の受験英語への疑問や登校拒否といった苦い体験から、文法や暗記などといった従来の学習を180度違う角度から切りこみ、短期間で「英語回路」を身につけるメカニズムを発見。 また、10年以上にわたる海外生活から、外国人の英語習得の早さと相対する日本人の遅さの違いを同時に徹底的に解読・研究を繰り返すことで、日本人へ「英語回路」を植え付ける仕組みを解明。 日本人には日本人独自の習得方法があることを見出し、母国語を自然に覚えるメカニズムに独自言語習得法と本来人間が持っている爆発的な潜在能力を融合する事で、そのプログラムの効果を確実なものとしている。 』他多数。 現在は、東京オリンピックのある、2020年までに5000人のバイリンガルを輩出し、英語を使って、やりたいことを実現できる日本人が世界中で溢れ、英語で日本のことを発信できるリーダーが活躍できる社会の実現に向けて活動している。 また、楽しむ英語教育を普及させ、未来の日本の子供達が、 自然に英語を楽しんで話せる未来の実現をビジョンに掲げている。

次の

英語だけじゃない!世界の言葉で「メリークリスマス」

メリークリスマス 英語

「メリー」ってどういう意味? メリークリスマスの「メリー」、綴りは 「Merry」。 「陽気な」「愉快な」「笑い楽しむ」などの意味があります。 つまり「メリークリスマス!」というのは、「楽しいクリスマスを!」というお祝いの言葉になるわけです。 実際正確な英文にすると、 「I wish you a merry Christmas!」となり、この直訳は「私はあなたに楽しいクリスマスを祈ります!」という文章になります。 他にもメリーを使う文章としては、• a merry voice:陽気な声• a merry person:愉快な人• Fortune comes to a merry home:笑う門には福来たる などがあります。 なぜメリーなの?ハッピーじゃだめなの? もちろんハッピーでもいいんです! 日本語でも「楽しい」という意味を「幸せ」や「愉快」などと言い換えたりしますよね? 「happy Christmas! 」でもきちんと、言った相手へクリスマスのお祝いをした意味の言葉になります。 happyを使用する際は、「Happy Holidays! 」という言い回しが多いようです。 欧米のクリスマスは新年の挨拶とも重なることがあるので、その際は 「Merry Christmas and a Happy New Year! 」と言います。 他にも、「素敵なクリスマスと新年になりますように」という意味で、 「Wishing you all a very Merry Christmas and Happy New Year」 などとも言います。 日本では「メリー」はクリスマス、「ハッピー」は新年の挨拶のイメージが強いですが、実際にはそれほど明確にはわかれていないようです。 また、「メリークリスマス」は、キリスト教の色が濃い言葉で、イスラム教徒やヒンズー教徒などは別の言い回しを好むそうです。 ホリデイ中は 「Wishing you a wonderful holiday! 」=「あなたに素晴らしい休日を!」なんて言い方でもお祝いします。 メリークリスマスっていつ、どのタイミングで言うのが正しいの? なんとなく「メリークリスマス」は、24日と25日にしか言ってはいけないと思っていませんか? 自分ではそう思っていなくても、周りがそうしているから合わせている…なんてこともあるかもしれません。 日本では24日のクリスマスイブ、そして25日のクリスマス当日に言う言葉というイメージが強いですよね。 しかし、海外ではクリスマスホリデイ中ならば、基本的にどこでも「メリークリスマス」と声を掛け合っています。 一番長い期間だと、11月20日ごろから1月1日をクリスマスホリデイとしています。 つまり、11月から「メリークリスマス」と言っても全然オッケー! いつまでメリークリスマス? クリスマスホリデイは会社によって違いますが、この一番長い解釈の11月20日から始まるクリスマスホリデイは、ショッピングモールなどが一斉にクリスマスムードになります。 そもそも11月20日ごろはアメリカでのサンクスビギニングにあたり、実際のクリスマス休暇は12月24日ごろから土日を覗く2連休(土日を含む場合は4連休)となるのだそうです。 ヨーロッパだともっとしっかりクリスマス休暇が取れて、クリスマス4週間ぐらい前の待降節 アドベント:Advent から新年まで連続した休暇があり、グリーティングカードもクリスマスカードと年賀状を一緒にしたようなものです。 アメリカは新年がくると同時にクリスマスホリデイは終わりますが、ヨーロッパのカトリックの国だと1月6日の祝日までお休みするようです。 クリスマスツリーも日本と違い、アメリカやヨーロッパでは新年の第1週ころまで展示しているそうで、文化の違いを感じますね。 海外のいろいろなクリスマス クリスマスのイメージは、イブの日眠りにつくと、サンタさんがやってきて枕元にプレゼントを置いてくれる…というものですよね。 そんなサンタさんの発祥の地である「フィンランド」。 なんと、フィンランドのクリスマスは、イブの日の朝にサウナに入るところから始まるのだそうです。 しかもクリスマスツリーを用意するのは24日の朝、プレゼントは24日の夜に開けてしまうのだとか。 それじゃサンタさんの出番がないじゃないか!とお思いですが、実は24日のディナー後、リラックスタイムにサンタクロースは現れます。 煙突からやってくるのではなく、玄関のチャイムを鳴らして! サンタクロースの本場は、ひとあじ違いますね…!! また、ドイツでは11月末からクリスマス本番まで「クリスマスマーケット」が開かれます。 現在では各国で開かれているこのマーケットですが、発祥はドイツだそう。 クリスマスマーケットで是非手に入れたいのが、ドライフルーツやナッツをたくさん入れた「シュトーレン」。 これを薄くスライスして、クリスマス当日まで食べ続けるのがドイツ流。 また、お菓子で作られたドアの飾りなどを見たことはありませんか? あれもドイツのクリスマス菓子で、「レープクーヘン」と言います。 形や材料によって名称は変わります。 マーケットでは、シナモンやオレンジを入れたホットワインである「グリューワイン」を飲みながら買い物を楽しむ人がたくさん。 作り方は簡単なので、寒い冬の時期、ドイツの人の真似をしてグリューワインを飲むのもいいかもしれません。 一年に一度の晴れの日!というイメージのクリスマス。 お祭り的な行事が好きな日本人としては、毎年楽しみたいものですよね。 今年は「メリー」の意味を噛み締めて、言葉をかけた人が楽しいクリスマスを送れるように願いましょう。

次の

クリスマスはなぜ と書くの? は正しい?

メリークリスマス 英語

「メリークリスマス」の意味 「メリークリスマス」は "merry Christmas" という英語の発音をカタカナで表記した言葉です。 "merry Christmas" の逐語訳 "merry" が「 楽しい」という意味で、" Christmas" が「 クリスマス(キリストが生まれた日)」という意味ですから、"merry Christmas" をそのまま日本語に置き換えると「 楽しいクリスマス」となります。 しかし、これでは意味がわかりません。 "merry Christmas" の意味が単に「楽しいクリスマス」というものでしかないのなら、 クリスマス・パーティーで「メリー・クリスマス!」「メリー・クリスマス!」「イェイ! メリー・クリスマス!」と掛け合う言葉も、その実態が「楽しいクリスマス!」「楽しいクリスマス!」「イェイ!楽しいクリスマス!」という宣言でしかないということになります。 本当は楽しくないのに皆が無理をして楽しく振る舞っているという情景が目に浮かびます。 パーティー参加者は全員涙目です。 "Merry Christmas" の本当の意味 "Merry Christmas" は "We wish you a Merry Christmas(あなたが楽しいクリスマスを過ごせますように)" という類(たぐい)の文が短くなったものです。 したがって "Merry Christmas!" は「 楽しいクリスマスを!」という意味になります。 "Happy Christmas" という表現も 英語圏の地域によっては、"Merry Christmas" ではなく "Happy Christmas(幸せなクリスマス)" という表現を用いるほうが一般的です。 "Happy Christmas" も "Merry Christmas" と同様に 「あなたが幸せなクリスマスを過ごせますように」という意味を持つ文が簡略化されたものです。 「メリクリ」 最近では「メリークリスマス」を略した「メリクリ」という言葉も使われています。

次の