アカシア の 花。 パールアカシアを育てるためには?お手入れから剪定まで一挙にご紹介|生活110番ニュース

季語/アカシアの花を使った俳句

アカシア の 花

パールアカシアの特徴 パールアカシアは、少し丸みを帯びた葉に短い毛が起毛しているのが特徴です。 別名「クイーンズランドシルバーワトル」ともよばれ、日本では「シンジュバアカシア」という名前もあります。 ベルベットのような滑らかな質感の葉が白く見えることから、真珠やシルバーなどのイメージがついたのでしょう。 大きく成長するイメージのあるアカシアですが、パールアカシアはどちらかというと小さい部類に入ります。 まっすぐ上に向かって生えるので、何もしなければ3m近くまで成長しますが、剪定することで成人女性の背丈ぐらいコンパクトにできるのも特徴といえるでしょう。 アカシアには栽培方法以外にも、ひとつ重大な注意点があります。 それは、アカシアがアレルゲンに認定されているということです。 アレルギーがあるかもしれませんので、植える前に医療機関などでアカシアの抗体検査をすることをオススメします。 パールアカシアの育て方 1,300種類以上あるアカシアのなかで、パールアカシアは鉢植えでも地植えでも栽培可能な品種になります。 鉢植え、地植えのどちらであっても別段むずかしい作業はなく、気を付ける病害虫もないのが特徴です。 どちらかといえば手軽に栽培できる品種ですので、初心者向けといえるでしょう。 栽培環境 水はけのよい土を使って、3月以降の春に植えるのが一般的です。 アカシア自体が温帯地域の植物になるので、暖かい場所を好みます。 そのため、日当たりのよい場所を選ぶことが重要です。 また、気温が氷点下を下回るような地域ですと枯れてしまうおそれがあります。 ある程度の寒さにも耐えられますが、最低気温がマイナス10度を下回るような地域で栽培する場合は、鉢植えにして窓際などの室内で栽培するのが望ましいです。 日頃の手入れ 植え付け当初は株を安定させるためにも、水切れには注意が必要です。 しかし、それ以降はそこまで神経質に水を与える必要もありません。 鉢植えであれば、一度水を与えたら再び土が乾くまでは水やりは必要ありません。 特に、冬場は休眠期という花の活動が止まっている時期なので、水を与えすぎると根腐れを起こす原因になります。 地植えであれば降雨だけで問題ありませんが、夏場は乾燥しますので、必要に応じて水やりをおこなうようにしましょう。 花を咲かせるための剪定のコツ 2月以降の春先にかわいらしい花を咲かせるパールアカシアが、翌年に咲かす花芽をだすのは夏前です。 この花芽がでてから剪定してしまうと、誤って切り落としてしまうこともあります。 また、台風シーズンには強風で枝が折れてしまうことも考えられますので、なるべく夏になる前の6月頃までに剪定を終わらせてしまいましょう。 剪定に必要なもの 剪定の際には剪定バサミと植木バサミ、手袋があれば問題ないでしょう。 高さがある場合は、脚立があると便利です。 また、支柱をするかたは、剪定と同じタイミングでおこなうとよいでしょう。 剪定方法 剪定することにより、枝が増えることを切り戻しとよびます。 枝が増えると、必然的に花も増やすことができるのです。 また、大きくなりすぎないようにするためにも、年に1回は剪定をおこなうことをおすすめします。 ただし、花芽まで切り落としてしまわないようにすることや、台風などの強風に備えることを念頭に置いておこなうことが大切です。 理想の高さで剪定してしまって構いませんが、上から下に向かうにしたがって、徐々に枝が長くなるように切りそろえると美しいシルエットに仕上がります。 いろいろなアカシアの種類 先にご紹介したように、アカシアには約1,300以上の種類があります。 そのほとんどがオーストラリア原産で、ゴールデンワトルという品種が国花に指定されるほどです。 そんな多くの品種があるアカシカのなかでも、代表的なものをいくつか見ていきましょう。 気になる品種は、パールアカシアと一緒に並べてみてはいかがでしょうか。 ゴールデンロッド 花の形に特徴のあるアカシアです。 アカシアといえば丸くて小さな花ですが、こちらは稲穂のように円柱状に花が咲きます。 長さも5cm程度と大きめで、よい香りがします。 パールアカシアと同様に上に向かって成長し、何もしなければ幅、高さともに4m以上になりますので、植樹するのであれば広いスペースが必要です。 ギンヨウアカシア 日本の花屋で見かけるミモザことアカシアの大半は、このギンヨウアカシアだといわれているほど、日本国内では一番オーソドックスな品種だと思われます。 パールアカシアと同様、葉が銀色に見えますが、それが細かく小さいのが特徴です。 そもそも「ミモザ」というのはオジギソウの学名なのですが、このギンヨウアカシアもオジギソウに似た葉なので、ミモザといえばこれ、といわれても納得してしまいますね。 サンカクバアカシア こちらのアカシアは花こそほかの品種と大差ないものの、葉の形がほかとはかなり違います。 名前に冠していることからわかるように、このアカシアの葉は三角形でとても特徴的です。 花のない時期も楽しみたい、一風変わったものを植えたい、というかたにおすすめの品種になります。 ゴールデントップ 一般的なアカシアよりも、小型なアカシアの代表といえばゴールデントップです。 幅、高さともにだいたい3mと、パールアカシアと変わりないサイズなので鉢植えにも適したサイズになります。 ほかのアカシアと違い冬咲きというところが特徴で、日本で栽培した場合は開花時期は気温が下がる12月上旬か3月上旬だそうです。 まとめ パールアカシアは剪定やお手入れが簡単で、仮にガーデニング初心者であっても比較的育てやすい植物です。 しかし、剪定は非常に大切な行程であり手も抜けません。 適切な剪定時期を逃すと花が咲かないだけでなく、枝が折れてしまったり枯れてしまうなどの危険性があります。 パールアカシアが比較的小さい品種とはいえ、それでも成人女性の背丈ほどには成長します。 不慣れなので上手に剪定できる自信がないかたや、大きくなりすぎて自分ではできなくなってしまったかたは、業者に依頼してきれいに整えてもらうのもひとつの手段です。 剪定を依頼できる業者や料金 依頼できる業者や料金について、詳しくは「」の「」をご覧ください。

次の

アカシアの花

アカシア の 花

アカシアってどんな花? アカシアという花は、 マメ科ネムノキ亜科のアカシア属に属している花です。 アカシア属は約600種もの種類があり、 熱帯から温帯にかけて多くの種が分布しています。 特に、 オーストラリア大陸、アフリカ大陸に分布しているといわれています。 その多くの品種は、地中深くに主根を伸ばすので、 年間を通して降水が少ない砂漠に自生しています。 日本では、関東よりも北では栽培が 困難であるものが多く、 比較的温暖な所で栽培されています。 また、明治時代に輸入された 「ニセアカシア」を当時アカシアと呼んでいた事もあり、 現在も混同されている部分もあります。 余談ですが 「アカシアはちみつ」として販売されているはちみつは ニセアカシアの蜜で作られています。 アカシアの 開花時期は3月から6月とされており、 花の色は黄金のように輝く黄色が特徴です。 黄色の中でも、品種によっては 薄い黄色や濃い黄色、オレンジなど様々な色があります。 品種によってもかわりますが、 樹高は1~2mと小型な品種から、 20mを超える大型の品種まで様々です。 咲かせる花姿は、 ポンポンのように丸く咲くものから、枝を覆いつくすもの、 棒状に見えるものなど様々な花姿を私たちに見せてくれます。 そんな花姿もとても人気があり、 庭木を探している方にもおすすめです。 北海道など、寒い地域では育てるのが少し難しいかもしれませんが、 関東よりも南に住んでいる方は、一度挑戦してみてはいかがでしょうか? きっと、今までの 庭の印象もガラリと変わり、 道行く人々の目を引くこと間違いなしです! それでは続いて、アカシアの花言葉についてもお話しさせて頂きますね! アカシアの花言葉 アカシアの花言葉は、 全部で5種類あり、花の色や品種によっても花言葉が違います。 色や品種によってついてるいる花言葉が違うというのは珍しいですよね! そんな明かしたについている花言葉と、由来についてもご紹介させて頂きますね! アカシアの花言葉と由来 まずは、花の色や品種に関係ない、 アカシアの花言葉は「優雅」とつけられています。 優雅という花言葉は、 誰に対しても贈る事が出来る花言葉ですよね。 あなたの大切な方へのプレゼントとして、アカシアとこの花言葉を添えてプレゼントをするのも良いですね! 次に、 黄色い花のアカシアの花言葉が 「秘密の恋」。 なんだか聞くだけで ドキッとしてしまう花言葉ですね。 また、 オレンジ色のアカシアの花言葉は 「エレガンス」といわれています。 こちらも、例えば上品な雰囲気のある女性へプレゼントすると、喜んで頂けること間違いなしです! その際は、花言葉も一緒に添えてプレゼントする事を忘れないでくださいね! 次は、 ミモザアカシア。 こちらの花言葉は 「友情」「思いやり」です。 仲の良い人、 男女関係なく贈る事の出来る花言葉と言えるでしょう。 アカシアの花言葉は、色や品種によってわけてつけられている物もあり、様々でしたね! 「優雅」や「エレガンス」という花言葉は、まさしくアカシアのその花姿が由来でしょう。 風が吹くたびに優雅に揺れる花、その揺れ方もとても 上品。 優雅やエレガンスという言葉は。 アカシアの為にある言葉と言っても過言ではありません。 スポンサーリンク アカシアのまとめ 今回は、アカシアという花について、花言葉やその由来についてもご紹介させて頂きました。 少しは参考にして頂けたでしょうか? 最後に簡単にアカシアについて、まとめさせて頂きますね! ・マメ科ネムノキ亜科のアカシア属の花 ・アカシアは3月~6月が開花時期 ・主にオーストラリア大陸やアフリカ大陸に分布している ・地中深くに根を伸ばし、主に砂漠地帯に自生している ・日本国内では、関東から北では育てるのが難しいと言われている ・品種によって色は様々で、薄い黄色や濃い黄色、オレンジ色などの花を咲かせる ・樹高も品種によって、1m~2mと小さいものから、20mもの高いものまで多種にわたる ・咲かせる花の花姿もポンポンのように丸く咲くもの、 枝を覆いつくすもの、棒状に見えるものなど様々 ・アカシアの花言葉は品種や色によっても違う ・アカシア全体についている花言葉は「優雅」 ・黄色い花のアカシアは「秘密の恋」 ・オレンジ色のアカシアは「エレガンス」 ・ミモザアカシアは「友情」「思いやり」 簡単ですが、 アカシアについてまとめさせて頂きました。 花言葉の由来とも言われる、 その 上品で優雅に揺れるその花姿が見る人の心を引き付けてくれるアカシア。 先ほども少しお話しさせて頂きましたが、 庭木にもとてもおすすめの品種です。 庭にアカシアが咲いているだけで、庭のイメージも変わり、見る人の心も癒してくれます。 もちろん、あなたの大切な人へのプレゼントでも是非アカシアの花を贈ってみてはいかがでしょうか? スポンサーリンク.

次の

パールアカシアを育てるためには?お手入れから剪定まで一挙にご紹介|生活110番ニュース

アカシア の 花

分類 [ ] アカシア属の分類には次のような変遷がある。 まずKewscience によれば、アカシアニロティカ( Acacia nilotica)は、3500年以上前のエジプト王朝時代に薬として使われていた。 西暦40年から90年に、ギリシャ人医師で植物学の父と呼ばれているPedanius Dioscoridesは、医薬物についての本の中で、葉や果実のさやからの抽出物の調製についての記述をしており、アカシア属に由来するものを「akakia」と呼んだ。 1754年、との種を記述している24の論文の中で、アカシア( Acacia)はMillerによって正式に用いられた。 しかしながら、アカシア属についての概念が広すぎたので、アカシア属として受け入れなかった。 また、Miller以前に、アカシア属の名前は、リンネ以前の文献で広く使われていた。 1753年、リンネは39の種類をミモサ属に入れ、これらの内2種を Mimosa scorpioidesと Mimosa niloticaとした。 これらの分類は、現在ではアカシアに変えられ、その中の Mimosa scorpioidesが今の Acacia niloticaだと考えられている。 アカシア属はおよそ1350種が世界中に分布しており、そのうちおよそ1000種類がに分布している。 ところが形態学的および生化学的性質に基づき、1986年にPedleyによって、アカシア( Acacia)属161種、セネガリア( Senegalia)属231種、ラコスペルマ( Racosperma)属960種に分けられると提案された。 しかしこの提案は、アカシアニロティカが最も小さな Acacia属に属しているが、アカシアニロティカは原産であるだけではなく、アカシア属として初めての名前であったので、は、アカシア属の名前は、アカシアニロティカを含んだものにすべきだと信じた。 この見解に対して、960種類のラコスペルマ属 Racospermaとして提案された多くの種はに見られるが、2003年、としては、アカシアはのシンボルであるため、のアカシアはラコスペルマ属ではなくアカシア属であると信じた。 そのの提案は2005年の第17回国際植物学会議で認められた。 しかし、その後もとの論争は継続された。 そこで、2011年の第18回国際植物学会議でこの問題を解決するために、8人の分類学の権威者がアカシア属の再命名について実用的な面からの見解を示し。 最終的に、アカシア属をの種のみに使うということが第18回国際植物学会議で承認され、この論争の決着となった。 その会議に続いて、の研究者は140種類のの種を含めたアカシア属についての詳細な形態学的解析を用いての系統学的研究を行い、この研究の結果からの樹種については、セネガリア( Senegalia)属とウァケリア( Vachellia)属に分類された。 その結果、アカシアニロティカ( Acacia nilotica)はヴァケリアニロティカ( Vachellia nilotica)になった。 特徴 [ ] アカシア属は約1000種がからにかけて、特に、に多数の種が分布する。 その多くは非常に深くを伸ばすため、年間を通してほとんど降水が無い砂漠に自生する。 日本においては、に輸入されたを当時アカシアと称していたことから現在でも混同される。 たとえば「アカシアはちみつ」として販売されているはニセアカシアの蜜である。 また、栽培されるなどがと呼ばれるが、本来ミモザはを指す言葉である。 の間では若い男女が愛を告白するのに使ったと言い、花言葉もそれに由来してか「秘密の恋」がある。 他には「優雅」「友情」がある。 主な種 [ ] では以北では栽培が困難であるものが多い。 比較的温暖な所で栽培されるものに、下記の種類がある。 偶数羽状複葉 [ ] フランスの祭に使われる。 葉が小ぶりで、生花に使われる。 以上、ともに花期 3 - 4月、花の色は輝く黄色。 特に早い春に、1cm未満の球状の花が輝く黄色のたわわになる。 花期 5 - 6月、花の色は地味なクリーム色、を採取する有用植物。 の原料 単葉 [ ] 両先端丸く葉脈1本、三角状の葉 片側丸く片側鋭尖頭で葉脈2本 偶数羽状複葉・単葉 [ ] 利用 [ ] 皮のなめし [ ] アカシア属の樹皮から得られるは、の皮のなめし加工に使用される。 の皮は、そのまま放置すると固くなったり腐敗したりする。 一方、なめし加工を施すことにより、皮が固くなったり腐敗したりすることを防ぎ、皮を柔らかくして耐久性や可塑性を加えることで、皮革として利用できるようになる。 アラビアガムの食品への利用 [ ] はアラビアゴムノキまたはその他同属植物から取れるで、多糖類 アラビノガラクタン を主成分とする水溶性のである。 水溶液は低粘性で、強い乳化安定性および保護コロイド性をもつことから、 増粘安定剤 としてやなどのに、またとして・・にも広く使用が認められている。 アカシア樹皮抽出物の生理活性 [ ] アカシア属の中でも、モリシマアカシアの樹皮抽出物は、豊富にを含み、様々な生理活性を有することが報告されて、としても使用されている。 また、このは、分子量300から3000の化合物から構成されているである。 2017年には、アカシア樹皮由来を機能性関与成分とした食後血糖値の上昇を穏やかにする機能がある機能性表示食品として届出がなされている。 関連項目 [ ]• - アカシアの芽を主食とするクモ。 - アカシアの木でできている• - オーストラリアの春祭りで、ワトルと呼ばれるアカシアを身につける。 脚注 [ ] []• ではとする。 Kewscience. Available online: 「• Miller, P. The Gardeners Dictionary, 4th ed. London, UK, 1754. Ross, J. A survey of some of the pre-Linnean history of the genus Acacia. Bothalia 1980, 13, 95—110. Orchard, A. ; Maslin, B. Proposal to conserve the name Acacia Leguminosae: Mimosoideae with a newtype. Taxan 2003, 52, 362—363. Wattles-genus Acacia. Available online:. Pedley, L. Derivation and dispersal of Acacia Leguminosae , with particular reference to Australia, and the recognition of Senegalia and Racosperma. Bot. Linn. Soc. 1986, 92, 219—254. Orchard, A. ; Maslin, B. Proposal to conserve the name Acacia Leguminosae: Mimosoideae with a new type. Taxan 2003, 52, 362—363. Maslin, B. ; Orchard, A. ; West, J. Nomenclatural and classification history of Acacia Leguminosae: Momosaoideae , and the implications of generic subdivision. Available online:• Thiel, K. ; Funk, V. ; Iwatsuki, K. ; Morat, P. ; Peng, C. ; Raven, P. ; Seberg, O. The controversy over the retypification of Acacia Mill. with an Australian type: A pragmatic view. Taxon 2011, 60, 194—198. Kyalangalilwa, B. ; Boatwright, J. ; Daru, B. ; Maurin, O. ; Van der Bank, M. Phylogenetic position and revised classification of Acacia s. Fabaceae: Mimosoideae in Africa, including new combinations in Vachellia and Senegalia. Bot. Linn. Soc. 2013. Roux, D. Study of the affinity of black wattle extract constituents. Part I. Affinity of polyphenols for swollen collagen and cellulose in water. Soc. 39, 80—91, 1955. Ogawa, S. ; Matsuo, Y. ; Tanaka, T. ; Yazaki, Y. Utilization of Flavonoid Compounds from Bark and Wood. Application in Health Foods. molecules 23, 1860, 2018. 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するメディアがあります。 ウィキスピーシーズに に関する情報があります。 この項目は、に関連した です。 などしてくださる(/)。

次の