うさぎ飼うデメリット。 うさぎの屋外飼育のメリット・デメリット

我が家では、うさぎを放し飼いしています!メリット、デメリット|ペットのトリセツ

うさぎ飼うデメリット

うさぎは近年ペットとしての飼育が増加しており、初めてうさぎを飼い始める人が増えています。 その理由は、性格が大人しいため初心者でも飼いやすく、ケージがあれば日本の狭い部屋でも飼えるということが、人気な理由になっているようです。 わたしもうさぎを5匹飼っていますが、仕事が終わると「早くうさぎのために帰りたい!」と思うほど、うさぎから癒しと元気をもらっている存在です。 そんなペットとして大人気のうさぎを、今回は飼うまえに知っておきたいうさぎの基本と、人気な種類、メリットとデメリットデメリットデメリットをご紹介します。 スポンサーリンク ペットとして飼う前に知っておきたい、うさぎの基本 うさぎの性格 うさぎは大人しい性格であり、同時に好奇心が旺盛な動物です。 そのくせ臆病で警戒心が強いため、安心できるまでは常に警戒を怠りません。 うさぎの大きな耳は、敵がどこにいるかを察知するために、小さな音でも拾い集められるようになっています。 そんな性格のうさぎなので、ペットとして飼うのなら、うさぎが安心できるようにしてあげなければいけません。 静かな環境で、ケージの飼育環境は清潔であり、部屋のなかをお散歩できて、飼い主のことを信頼できる関係が理想的です。 うさぎは観察力がするどい動物なので、飼い主がうさぎのことを愛してお世話してあげれば、それをしっかり感じ取ってくれる動物です。 うさぎの平均寿命は8年 うさぎの寿命は平均8年ほどとなっています。 5~10年ほど生きるうさぎが多いですが、近年は飼育環境の向上と、エサの品質が向上したことで、10年以上長生きするうさぎも増えています。 わたしが飼っているうさぎも、12歳のこがいて、最長では14歳まで長生きしてくれたうさぎもいました。 世界のギネスにはアナウサギのフロプシーちゃんが、18年生きたという記録が残っています。 うさぎ本来の生命力を伸ばす飼い方をすると、うさぎでもこのくらい長生きさせることができるんですね。 うさぎの年齢を人間に換算すると、平均寿命の8年で64歳、長生きの10年で76歳、とっても長生きの15年で103歳となります。 一生にかかるお金は70万円 うさぎを飼うまえに、うさぎの一生にかかるお金に関しても知っておかなければなりません。 平均寿命8年生きたとして、最低でもかかる費用は1匹70万円ほどになります。 ・うさぎ代、ケージや給水器など初期費用 4万円 ・ペレットやトイレシーツなど毎月の維持費 月々6500円 8年で624000円 この2つが最低でもかかります。 これに医療費が加わると一気に費用は膨らみ、80万円~100万円は見ておかなければなりません。 うさぎアレルギーではないか 動物を飼うまえにしておくべきこととして、アレルギーがないかを調べておきましょう。 アレルギーは突然発症することもありますが、事前に検査しておくことで未然に防ぐことができます。 検査方法は、をご覧ください。 人気の種類のうさぎ ネザーランドドワーフ 絵本に出てくるような小さくてかわいいうさぎが飼いたい、と思ったら、おすすめなのがネザーランドドワーフ。 ドワーフは小人という意味を表し、その名の通り大人になっても体重は1㎏ほどにしかならない、小さなうさぎです。 うさぎの人気ランキングでも常に上位のネザーランドドワーフは、とても人気の高い種類です。 性格は活発で食欲旺盛で、人懐っこく、うさぎを飼ったことがない初心者でもすぐに人慣れさせることができます。 うさぎのなかでも知能指数が高いとされ、しつけが楽で、トイレもすぐに覚えてくれます。 甘えん坊なこが多いため、うさぎに甘えられたいという人におすすめな品種です。 価格はペットショップで15000円~20000円ほどです。 ホーランドロップ 垂れ耳うさぎがいいなら、おすすめなのがオランダ生まれのホーランドロップです。 ホーランドロップは野生のうさぎをペットとして品種改良しており、とても大人しく穏やかな性格をしています。 そのため初心者でも飼いやすく、初めてのうさぎを飼う人におすすめな品種です。 かわいいポイントは垂れた耳だけではなく、顔と体全体が丸みを帯びていることです。 ふつうのうさぎよりシルエットが丸く見えて、まるまるとして眠っていると、まるで毛玉のボールのように見える姿はとてもかわいいです。 人気な種類のためペットショップには必ず並んでおり、価格は25000円~30000円ほどと、高額な部類になっています。 日本白色種 わたしの一押しうさぎは、日本原産の日本白色種です。 日本白色種は「白い毛に赤い目」という、日本人が想像するうさぎです。 小学校で飼育されていることが多く、触れ合ったことがある人も多い品種のうさぎです。 小学生でも扱いやすい、大人しく温和な性格で、多頭飼いに向いています。 ほかのうさぎに比べると、体が丈夫で、日本のうだるような暑さにも強く、まさに日本での飼育には適しているうさぎです。 体重は2. 5㎏~6㎏と、大きくなるこはなかなかのサイズになります。 うちでも1匹飼っていますが、ドワーフうさぎと比べて抱っこしたときのモフモフ感と重量がたまらず、「抱っこしている!」という気になるので、とてもお気に入りです。 価格は5000円~10000円と、安く手ごろな値段となっています。 スポンサーリンク うさぎを飼うメリットとデメリット うさぎのメリット ・大人しいのでペットとして飼いやすい動物 ・一人暮らしでも飼いやすい ・おしっこやうんこ、体臭の臭いがほとんどしない ・外に出て散歩させる必要がない ・鳴き声が出せないので静かに飼える ・ケージ飼いが基本なので、1Kのような狭い部屋でも飼える ・癒される存在ができる ・見ているだけでかわいい うさぎのデメリット ・部屋で散歩させると柱や家具、コンセントを噛んでしまうことがある ・うさぎは警戒心が強くナワバリ意識が強いため、猫や犬などほかの動物を飼うことができない ・換毛期に毛が舞って、喘息になったりアレルギー症状を引き起こすことがある ・服に毛がつくので、常にコロコロが必要 ・慣れていないと噛まれることがある ・抱っこには不向き ・月々6000~7000円ほど費用がかかる ・夏はうさぎのために冷房を入れていなくてはならないので、電気代がかかる ・旅行に行きにくくなる うさぎを飼うまえに注意すること 少し注意しておきたいことが、うさぎを犬や猫の代替品として飼うということです。 今飼っている1匹のうさぎは、動物病院で保護されたうさぎで、以前の飼い主から飼育放棄にあったうさぎです。 その理由はというと、 「実家で猫を飼っていたため、一人暮らしでも猫を飼いたくなった。 しかしペット禁止の賃貸だったので、鳴き声を発さないうさぎをばれないように飼えばいいと思った。 いざうさぎを飼ってみると、猫と比べて感情表現がなく、人間に寄り添うこともなく、頭が悪いように思える。 飼っていても味気ないので、捨てようかどうか悩んでいる」という内容だったそうです。 それで動物病院では珍しく保護されているうさぎを引き取ったのですが、ひどい話ですよね。 犬猫とはまったく違う生き物 わたしも以前は犬と猫を飼っていましたが、うさぎは犬と猫とはまったく違う生き物です。 悪く言えば、この飼育放棄した人のいうように、うさぎは犬猫と比べると、飼っていて物足りない、味気ないと感じるかもしれません。 そんなことがないように、犬猫うさぎと飼ってきたので、本当のことを書きます。 ・うさぎは犬猫に比べて知能指数が低い ・うさぎの原動力は食欲なので、それ以外のことには興味を示さない ・人間の言葉はまったくわからない ・飼い主が泣いていても、それに気づいたり、寄り添ってくれることはない ・けっこうわがままで、怒ると足をドンっとして怒りを表す ・鳴かないし表情がないので、犬猫に比べると人間味が薄く心が通っている気がしない 犬猫はたしかに、飼っているとなんだか同じ人間のように思えてきて、一緒に泣いたり、笑ったりできる動物です。 知能指数が高い動物なので、ある程度の言葉を理解していて、その辺りも意思疎通ができる気がします。 犬猫がいれば一人暮らしでも寂しくない、そんなふうに「一緒に暮らしている感」を感じられるのが、犬猫だと思います。 うさぎでいいのかよく考える うさぎはというと、一緒に暮らしているというよりは、動く「物」が置いてある感じに近いと思います。 うさぎを長く飼っていて、うさぎの生態や性格、癖などがわかるようになるととてもかわいく感じられるのですが、初心者には難しいと思います。 うさぎのボディランゲージは分かりにくく、人とは違う行動で気持ちを示すので、うさぎがなにを考えているのか分かりにくいんですね。 そんな理由から、うさぎは甘えたい、自分の気持ちを分かって欲しいと、自分を癒すことばかりを考えていると、あてが外れるかもしれません。 かわいいですが、それで自分が満足できるかどうか、たとえ満足できなくても、きちんとお世話できるかどうかをよく考えて飼いましょう。

次の

うさぎは人間になつくの?なつくと可愛いうさぎの飼い方を紹介

うさぎ飼うデメリット

一人暮らしでうさぎを飼うメリット うさぎは清潔なので、体臭があまりしない 狭い部屋で飼うのであれば、匂いはとても大切なポイントです。 うさぎはさほど匂いが強い動物ではないため、服に匂いがうつったりということもありません。 うさぎは猫のようにトイレを覚えます うさぎはトイレの場所がきまったら、かならずそこで用を足します。 トイレの匂いも気になるところですが、今はかなり消臭効果の高い砂が売っていますので、おしっこ臭くなったりもしません。 うさぎはそれほど散歩を必要としない 犬のように毎日外で散歩をさせるようなことはしなくて大丈夫です。 1日に数分間、ケージから出して好きにさせるだけでOK。 人懐っこいうさぎの場合、あなたにぴったりくっついてきますよ。 うさぎは泣き声をほとんど出さない めったに鳴くことがないため、隣近所に迷惑をかけません。 犬や猫より静かな動物です。 一人暮らしでうさぎを飼うデメリット 食事は毎日かならず2回にわけてする 今日は飲み過ぎて終電を逃したから帰らないでオール、なんてことはできません。 うさぎは寂しくて死ぬ、と言いますが正確には、人が帰ってこなくてえさがないために死んでしまうのです。 温度をある程度保たなければならない うさぎは16度から22度くらいの間が過ごしやすいと言われています。 寒すぎたりあつすぎる場合は、あなたが出かけている間でもエアコンなどで温度を調整しなければなりません。 電気代は結構かかります。 寿命が来るとかなり悲しい 当たり前のことですが、寿命はいつかは来ます。 犬や猫よりも短く、うさぎは5年から7年と言われています。 うさぎにはやたらと毛が抜ける時期がある 換毛期と言って、うさぎには毛が抜ける時期があります。 年に4回ほど(四季と一緒ですね)そういう期間がありますので、毛がふわふわといろんなところにくっつきます。 換毛期は一週間程度なので、その間はいつも以上に掃除をするようにしましょう。 一人暮らしで飼ううさぎのオススメな種類 ネザーランドドワーフ カイウサギの中で一番小さいのがこのネザーランドドワーフです。 体重は約0. 8から1. 2キロ程度です。 大人になっても、仔ウサギのような愛らしさがあります。 ペットショップでは「ネザーランドド・ラビット」という名前で売っているうさぎも居ますが、この兎はネザーランドドワーフとは違うので注意しましょう。 小さいのでまさに一人暮らしにうってつけです。 ホーランド・ロップ 垂れ耳が好きな方にはこのホーランドロップをオススメします。 ホーランドロップも比較的小さめの兎で、意外と頑丈で筋肉質です。 大人の体重は1. 8キロを超えます。 この種の性格は、だいたい穏やかで、喜びを感じるとぴょんぴょん跳ねます。 ミニレッキス 触り心地バツグンのうさぎと言ったらこのミニレッキスです。 体つきや毛並みなど、いかにもうさぎ!という感じのうさぎです。 全身が光沢感のあるベルベットのような短毛でおおわれているため、ファンが多い品種でもあります。 性格は若干気が強いですが、神経質な面はさほどありません。 愛情表現も豊かで、甘えん坊な一面もあります。 一人暮らしでうさぎを飼うことのまとめ うさぎは多少飼うのに大変なこともありますが、その分、良き同居人になってくれそうですよね。 気をつけたいのは、うさぎも生きているということ。 おもちゃ感覚で買うのはやめて、しっかりと責任をもって飼うようにしましょう! 部屋を探すのにわざわざ不動産屋に行かなくて良いんです ネット上で見かけて使ってみた不動産屋とチャットやLINEでやり取りできるサイトこと「イエプラ」が、めちゃくちゃ便利でした。 SUUMOとかHOME'Sには載ってないようなレア物件も紹介してくれて最高だし、業者専用のめっちゃ信用できるサイトから物件を探して紹介してくれます。 外に出るのが面倒な人とか、忙しくて引っ越し先の不動産屋に行ってる時間が無い人におすすめです。

次の

うさぎは人間になつくの?なつくと可愛いうさぎの飼い方を紹介

うさぎ飼うデメリット

うさぎはどこで購入するのがいいの? 「総合ペットショップ」と「うさぎ専門店」の違い 最近では、ショッピングモールやホームセンターの中にも 大きな総合ペットショップが入っていることが多く、うさぎを見かける機会も増えてきました。 気軽に立ち寄ることができるため、「買い物のついで」にうさぎを見ていく人も多いのではないでしょうか。 総合ペットショップでは、5000円~2万円以下程度で購入できる子を中心に取り扱っているため、 とてもお迎えがしやすいように感じます。 一方、うさぎを専門に扱っているペットショップなどもあります。 初めてうさぎを購入する方にとって、どちらでうさぎを探すのがよいのでしょうか。 総合ペットショップとうさぎ専門店、 それぞれにメリットとデメリットがあります。 気軽に行ける「総合ペットショップ」購入しやすい価格が魅力 最近では、うさぎの販売に力を入れている総合ペットショップも増えているため、 一概には言えないのですが、 どちらかというと 「購入しやすい価格」の個体を中心に扱っているイメージです。 そのため、ミニウサギなどの「ミックス」が多いように感じます。 「ネザーランドドワーフ」や「ライオンラビット」の表示がされていても、 実際のところは雑種、というケースも少なくはないのではいでしょうか。 総合ペットショップのメリットとしては• 必ずしもうさぎの知識が豊富な店員さんがいるわけではない(ショップによります) ということが挙げられます。 うさぎの頭数自体も専門店に比べて少ないため、 数ある中から「選ぶ」というよりは、足しげく通って「気に行った子」が入ったらお迎えする、 といったイメージです。 品種などに特に「こだわり」がなく、お迎え価格をできるだけ抑えたい場合は、 総合ペットショップでの購入がおススメです。 純血種がほしい場合は「うさぎ専門店」 購入後も相談できるのは初心者にとって大きなメリット うさぎだけを専門に扱うペットショップでは、純血種を主に扱っています。 品種や色などに「こだわり」がある場合は、うさぎ専門店での購入がおススメ。 健康管理もしっかりと行き届いているため、安心してお迎えすることができます。 専門店のメリットとして・・・ 初めてうさぎを飼った時に困ったことは・・・ とにかく何も解らない!ということでした 誰にも相談もできないし・・・ ひとつひとつ失敗を繰り返しながら勉強でした ブリーダーから探す 「ショータイプ」を探しているなど、さらにこだわりがある場合は、 ブリーダーさんに相談してみるのもおススメです。 うさぎの中でも品種を絞って販売しているなど、専門性が非常に高いのが特徴。 うさぎの知識も豊富です。 里親としてお迎えする 愛護センターや保健所などでも「里親」の募集をしています。 「里親」としてお迎えすることも、選択肢のひとつとして考えてみてください。 私たちの意見としては、 とにかく色々な子を見て回って、 この子しかいない!という「直感」で決めてしまうのもアリ! と言うことです。 我が家の長十朗さんはこんな感じでしたから。 我が家の「長十朗」は、総合ペットショップにいた子です。 「ネザーランドドワーフ」として販売されておりましたが、 価格は、「うさぎ専門店」で販売されている半額程度だったと思います。 見た瞬間に「この子!」という直感があり、すぐにお迎えしました。 長十朗がうちに来てくれて本当に良かったと思う毎日です。 その後、少し耳が長くなってくるなど、ネザーとは少し違う特徴が出てきましたが、 私たちは 「長十朗だからお迎えした」ので、まったく問題ないです^^.

次の