伊沢 拓司 ノート。 『東大王』伊沢拓司、東大受験で試験官を2分間見たワケ

【東大王の作り方】東大王のオススメ文房具はコレ!水上くん愛用のノートカバーも紹介します。

伊沢 拓司 ノート

濃い鉛筆を使っていましたね 小学生は力がなく、筆圧も弱い。 そんな小学生でも濃い鉛筆を使うと自然と濃淡が出て「キレイに文字を書けている」ような感覚になる、との事。 文字がキレイに書ければ、文字を書くのが楽しくなる。 その結果、勉強がちょっと楽しくなる。 そんな工夫をしていたと語っています。 小さい頃から勉強について色々考えていたんですね。 話は逸れますが、井沢くんは毎回 「質問者がどんな人か」についてきちんと踏まえて回答していますよね。 今回の回答も 「10歳の小学生」がすぐに活かせるような回答をしていましたし、前回も 「中学生が」読む本という事で答えていました。 全員が10歳の目線で答えてしまうとb一般視聴者にとってつまらない番組となってしまうでしょう。 井沢くんが「10歳にオススメの文房具」として回答して、他のメンバーが「普通にオススメ出来る文房具」として回答しているこのバランス。 実はとっても良いチームワークなんじゃないかと勝手に思っています。 光ちゃんのオススメは「デルガード」 トップバッターの井沢くんの答えを受けての光ちゃんの回答は 最近、ノートカバーを使い始めた。 ノートを片方に挟んで逆側のクリアファイルにプリントを挟んでおけば、それぞれ持ち歩くよりも無くさなくて便利! との回答。 ああ、これでノートカバーが品薄になってしまう…(笑) 水上くんが使っているのはこれ! と言いたい所ですが、井沢くんの「鉛筆」と同様、 ノートカバーは星の数ほどの種類があります。 今日の東大王で紹介したノートカバーです キングジムのやつ。 ノートと手帳とファイルとペンをまとめられるので便利。 物自体は1200円でお手頃。 機能性としても• 2冊のノートが入る• タテ型メモパット対応• TODOリストボード付き• センタークリアポケット付き• マグネット留め具付き と高性能なのですが、しかし。 しかしですよ。 サイズがA5なんです… 製造元のキングジムのサイトでも、取り扱っているノートパットは全てA5。 通常のA4プリントの半分のサイズです。 ビジネスの手帳においては丁度良いサイズですが、学生がノートとプリントを管理するサイズではありません。 小学生~高校生が使うには余りに勝手が悪いと思います(そもそもノートのサイズを指定されているでしょうし)。 学生向けノートカバーはこれだ! 上で書いたように、水上くん愛用のノートカバーは高校生までの学生には厳しいところがあります。 大学生以上で、ノートのサイズ問題をクリアしたとしてももう一つの大きな問題が ノートが2冊しか入らない という点です。 教科ごとにノートを取り換えるのであれば 教科の数だけノートカバーが必要になります。 やはり、結構工夫しない事には水上くんと同じノートカバーを使うのは難しそうです。 「同じ物」を使うのが難しくても「同じようにノートやプリントをまとめて、勉強効率を上げる」という事は可能です。

次の

『東大王』伊沢拓司、東大受験で試験官を2分間見たワケ

伊沢 拓司 ノート

はじめに 新年や新学期……。 新しいことは何かと気持ちを切り替えるきっかけになりますよね。 そのきっかけを活用して普段の授業の受け方を変えてみましょう! そのために取り組むことは、「美しいノート」を作ることです。 そこで、今回は「美しいノート」の作り方をご紹介します。 美しいノートの条件 そもそも「美しいノート」とはどのようなノートなのでしょうか。 5つのポイントを紹介します。 要点がまとめられていて見返しやすい ただ、板書を書き写しただけでは、美しいとは言えません。 ノートを開いて、要点がすぐ分かるような工夫をすることが大切です。 作成に時間をかけない ノートは、あくまで勉強道具。 美しいノートを作ることが目的になってしまうと勉強の効率は下がってしまいます。 参照してストレスを感じない 汚い字、煩雑なレイアウトでは、せっかく作ったノートを見返すときに要点が分かりづらく、 読むのにも時間がかかってしまいます。 修正ができる ノートを見返していたら間違っている所や付け加えたいところが出てくるかもしれません。 常に余白を意識するのが大切です。 自分の苦手が分かる ノートは自分だけの参考書でもあります。 見返した解きに自分の苦手を確認できると、何から勉強を始めるかも決めやすくなります。 作ったノートの活用法 ノートをどのように使うかをきちんと理解することは、ノートの作り方を知る上で大切なことです。 ここからは、作ったノートの活用法を紹介します。 参考書代わりに使おう 見返しやすく、要点や自分の苦手な部分が分かるノートに勝るものはありません。 それに参考書を丸ごと覚えるのは大変です。 しかし、 教科書や参考書を読んで、より大切だと思った点をノートに書き込んでしまえば、重要な点のみを抽出することが出来ます。 さらに自分でノートに書き込むことで覚えやすくなります。 ノートであれば、逆に重要ではない部分や間違っている所を修正することも可能なのです。 試験前に読み返して要点チェック 自分だけの参考書になった美しいノートなら多くのことを短時間で確認することが出来ます。 定期試験前に読み返す時は、 授業内容+先生の話したことを書いてあるノートなら得点が上がること間違いなしです。 自分で書くことによって覚えやすくなるため効率良く勉強もでき、 それを試験前に読み返すことによって「これだけやった」という大きな自信になります。 しかし、試験前にあわててノートを作り直しているようでは内容を覚えきるのに時間が足りなくなってしまいます。 あくまで普段から美しいノートを作ることを心がけましょう。 赤シートを活用してみよう! 暗記したいところを赤やオレンジで書いておくと重要な部分だと分かるのはもちろん、 電車でのちょっとした時間などに赤シートで隠して手軽に確認することが出来ます。 自分が覚えられない単語や公式をまとめて書いておくと、より効率が良いです。 赤やオレンジで書かなくても 赤のマーカーを上から塗って緑シートで隠すと文字が見えなくなるというペンものもあるので、暗記の際は活用すると良いでしょう。

次の

東大王の作り方でオススメの文房具!鈴木光はデルガード、水上颯はノートカバー!

伊沢 拓司 ノート

濃い鉛筆を使っていましたね 小学生は力がなく、筆圧も弱い。 そんな小学生でも濃い鉛筆を使うと自然と濃淡が出て「キレイに文字を書けている」ような感覚になる、との事。 文字がキレイに書ければ、文字を書くのが楽しくなる。 その結果、勉強がちょっと楽しくなる。 そんな工夫をしていたと語っています。 小さい頃から勉強について色々考えていたんですね。 話は逸れますが、井沢くんは毎回 「質問者がどんな人か」についてきちんと踏まえて回答していますよね。 今回の回答も 「10歳の小学生」がすぐに活かせるような回答をしていましたし、前回も 「中学生が」読む本という事で答えていました。 全員が10歳の目線で答えてしまうとb一般視聴者にとってつまらない番組となってしまうでしょう。 井沢くんが「10歳にオススメの文房具」として回答して、他のメンバーが「普通にオススメ出来る文房具」として回答しているこのバランス。 実はとっても良いチームワークなんじゃないかと勝手に思っています。 光ちゃんのオススメは「デルガード」 トップバッターの井沢くんの答えを受けての光ちゃんの回答は 最近、ノートカバーを使い始めた。 ノートを片方に挟んで逆側のクリアファイルにプリントを挟んでおけば、それぞれ持ち歩くよりも無くさなくて便利! との回答。 ああ、これでノートカバーが品薄になってしまう…(笑) 水上くんが使っているのはこれ! と言いたい所ですが、井沢くんの「鉛筆」と同様、 ノートカバーは星の数ほどの種類があります。 今日の東大王で紹介したノートカバーです キングジムのやつ。 ノートと手帳とファイルとペンをまとめられるので便利。 物自体は1200円でお手頃。 機能性としても• 2冊のノートが入る• タテ型メモパット対応• TODOリストボード付き• センタークリアポケット付き• マグネット留め具付き と高性能なのですが、しかし。 しかしですよ。 サイズがA5なんです… 製造元のキングジムのサイトでも、取り扱っているノートパットは全てA5。 通常のA4プリントの半分のサイズです。 ビジネスの手帳においては丁度良いサイズですが、学生がノートとプリントを管理するサイズではありません。 小学生~高校生が使うには余りに勝手が悪いと思います(そもそもノートのサイズを指定されているでしょうし)。 学生向けノートカバーはこれだ! 上で書いたように、水上くん愛用のノートカバーは高校生までの学生には厳しいところがあります。 大学生以上で、ノートのサイズ問題をクリアしたとしてももう一つの大きな問題が ノートが2冊しか入らない という点です。 教科ごとにノートを取り換えるのであれば 教科の数だけノートカバーが必要になります。 やはり、結構工夫しない事には水上くんと同じノートカバーを使うのは難しそうです。 「同じ物」を使うのが難しくても「同じようにノートやプリントをまとめて、勉強効率を上げる」という事は可能です。

次の