大塚 アナウンサー 死去。 大塚範一元アナ、白血病の壮絶闘病語る/芸能/デイリースポーツ online

大塚範一

大塚 アナウンサー 死去

「以前より元気な小倉智昭の姿でお会いしたいと思います。 12月14日放送の『とくダネ!』(フジテレビ系)ではコメントが読み上げられ、手術後の回復が順調であることをアピールしていた。 「'11年11月に急性リンパ性白血病のため、『めざまし』を休業し治療に専念。 しかし、本人が不在のまま、翌年3月に降板が発表されました。 '13年2月には461日ぶりに『めざまし』に生出演するなど本格復帰を目指していましたが、同年3月に白血病が再発。 臍帯血移植手術をし、9月には退院して復帰へのリハビリをしていました」(スポーツ紙記者) '14年には『徹子の部屋』(テレビ朝日系)に出演するなど、徐々にテレビに復帰。 しかし、'15年5月放送の『世界HOTジャーナル』(フジ系)以降は、テレビに姿を見せていない。 そんな中、フジテレビ局内では、ちょっとした騒動が起きていた。 全く連絡が取れない状態 「今年は『めざまし』が25周年なので、何らかの形で大塚さんに出演してもらおうと接触を試みたのですが、まったく連絡がつかなくなってしまったんです。 '17年1月のラジオ出演を最後にメディアに出ていないので、スタッフ一同、本当に心配していますよ」(フジテレビ関係者) 現在も高視聴率をキープする『めざまし』を育て上げたのは、第1回放送から約18年もの間メインキャスターを務めた大塚アナの功績であることは誰もが認めるところ。 それだけに、局側としても25周年という節目には、最大の功労者を迎えたいという気持ちが強かったのだろう。 そこで、大塚アナと連絡がとれないことについてフジテレビに問い合わせると、 《番組側と大塚範一氏側は連絡が取れる状況にあり、ご指摘のような事実は一切ございません》 とFAXで回答が寄せられた。 だが、実際に週刊女性が大塚アナの個人事務所に電話をしてみると、引っ越したため不通に。 マネージャーの携帯に電話をしても、すぐに留守電になってしまい期限までに連絡は来なかった。 NHKで大塚アナと同期だった佐塚元章アナも不安の色を隠さない。 「大塚は闘病中でも仲間内の集まりにちょくちょく顔を出していましたし、頻繁に連絡をとり合っていたのですが、1年くらい前からまったく連絡がつかなくなってしまって……。 メールを送っても返信がないし、電話をしても折り返しが来ない。 私や仲間も、すごく心配しているんです」 そこで、『めざまし』時代に住んでいた渋谷区内の賃貸マンションに行ってみると、すでに部屋は解約ずみ。 個人事務所名義で所有している1億5000万円ともいわれる港区内のマンションで話を聞いてみると、 「ここ1年くらいは大塚さんの姿は見ていないですね。 ときどき、事務所の方と思われる人が出入りしていますが、もうここには住んでいないんじゃないかなあ」(同じマンションの住人) と、最近の目撃談を聞くことはできなかった。 だが、ここにきて大塚アナは、大きな決断をしていた。 「今年6月に大塚さんは姉の娘、つまり姪っ子であるA子さんを個人事務所の役員に就任させたのです。 今まで役員は大塚さんだけだったのですが、現在は2人が共同経営者のような形になっています。 彼は独身で子どもがいないため、このA子さんが献身的に看病をしているんですよ」(テレビ局関係者) すでにA子さんの名前は登記簿に記載されている。 大塚アナが彼女に全幅の信頼を寄せている証拠だろう。 「A子さんを役員にするだけではなく、10月には彼女を受託人として、自分の所有する不動産を信託目録にしているんです。 あくまで推測ですが、大塚さんの病気が進行して寝たきりになってしまったら手続きができなくなってしまうおそれもあるので、A子さんに託したとも考えられます」 と分析する。 現在も叔父の看病をひとりでみているA子さん。 そこで、彼女に大塚アナの近況を聞こうと自宅を訪ねたが、不在だったため手紙をしたため置くと、後日、電話にて取材に応じてくれた。 「おかげさまで健康状態のほうは悪くもなく、元気に過ごしております。 今、どちらにいらっしゃるのですか? 「港区のマンションのほうにいるんですよ。 自宅で療養中なんです。 ただ明るい叔父ではあるので、冗談を言い合いながら今も明るくやっております。 本人は復帰への意欲もありますし、暖かくなったら仕事を再開したいとも言っています」 過去のインタビューでは「東京オリンピックをレポートしたい」と話していた大塚アナ。 外部サイト.

次の

大塚範一アナの急性リンパ性白血病の闘病経緯…現在は?

大塚 アナウンサー 死去

jet entame ~ジェットエンタメ 元夫の和田圭さん(65歳)は有賀さつきさんの死因について何か語っていないのでしょうか? 芸能リポーターの前田忠明氏がメールでやりとりしたことを明かした。 そのメールの内容は以下のようなものだそうです。 (『とくダネ』で発表) (和田圭さんから)「今朝、亡くなったことは間違いないという返事が来ました」。 死因については「私のほうからは言えない」とし、「きょう(5日)の午後、親族の方から発表があります」と伝えられたという。 有賀さつきの死因病名について父有賀洋氏がコメント発表 有賀さつきさんの死因や病名について、有賀さつきさんの父有賀洋氏がコメントを発表。 結果としては、父である有賀洋氏であっても死因は分かっておらず、これから医師に詳しく聞くようです。 ただし、治療を受けていたことは当然認識しており、もうすぐ退院出来るかと思っていてだそうです。 ですので、突然の死亡はまさに青天の霹靂とも言える出来事であったそう。 亡くなったのは1月末日のようです。 葬儀、お通夜も、親族のみで済ませたことを報告した。 テレビにも出演するぐらい元気であったためわからなかったが、がんの闘病生活を送っていた。 父も長女も有賀さつきの最期を看取れなかったが、これは本人の遺志で伝えられていなかったことのようです。 有賀さつきはカツラ(ウィッグ)使用?癌(ガン)?激ヤセ理由はダイエット?画像で確認。 有賀さつきさんの先輩にあたる山村美智アナウンサーが有賀さつきの訃報を受けて電話で『とくダネ』に出演。 その際に、有賀さつきさんがカツラを使用していたことを語ったようです。 youtube. なんでも喋ってくれる有賀さつきさんの持ち前のキャラクターが愛されていました。 二人の間には娘さんがいらっしゃいますが、その後どうしているのかなかなか情報がありません。 娘さんは14歳、15歳(中学生)になるようで、有賀さつきはシングルマザーとして頑張って育てていたようです。 無事に成長してほしいものですね。 それにしても、有賀さつきもまだまだ娘の成長が楽しみな時であり、将来のことも、日々のことも、話したいことはたくさんあっただろうに本当に無念です。 そんな有賀さつきさんの娘の画像はこちら。

次の

大塚範一元アナ、白血病の壮絶闘病語る/芸能/デイリースポーツ online

大塚 アナウンサー 死去

現在、急性リンパ性白血病で抗癌剤治療を行なっている大塚範一キャスター(63才)が、18年にわたってレギュラーを務めてきた『めざましテレビ』(フジテレビ系)を降板することが発表された。 抗がん剤の激しい副作用に苦しんでいるという大塚さんをさらなる苦しみが襲った。 2月初旬、最愛の母(享年94)が亡くなったのだ。 母の死を知ったとき、大塚さんは無菌室のベッドの上にいた。 頭にはビニールの帽子をかぶり、面会も限られた時間しか許されない状況のなかでの訃報に、大塚さんはむせび泣きするしかなかった。 大塚さんのいちばん上の姉が、そのときの様子をこう振り返った。 「母のことを伝えると、声もなく泣いていました。 親ですからね。 自分の病気のこともあるし、情けなかったんでしょう」 息子として何もできぬ自分を責める悔恨の涙。 体調はかなり悪く、通夜・葬儀の出席も叶わなかった。 姉が続ける。 「詳しい病状は聞いていないし、聞かないようにしています。 お医者さまにお任せしているだけで…。 ただ、10日周期で抗がん剤を打たないといけないと聞いています。 それ以上はわかりません。 抗がん剤を打つと、吐き気だとか相当苦しいようです。 体調も良いときと悪いときが繰り返しあって…。

次の