動物占い 色。 動物占い。トラ(ブルー色)の人について

動物占いが当たり過ぎる件について。統計学によって導き出せる最強の性格診断・自己分析

動物占い 色

基本となる12種類の動物に10種類の色を組み合わせた、計60パターンの動物の中から、生年月日を基に自分のキャラクターを調べて占います。 60動物の基本性格や相性 コアラのカラー別の性格・相性• 狼のカラー別の性格・相性• 虎のカラー別の性格・相性• 黒ひょうのカラー別の性格・相性• 猿のカラー別の性格・相性• ペガサスのカラー別の性格・相性• ひつじのカラー別の性格・相性• チーターのカラー別の性格・相性• たぬきのカラー別の性格・相性• ゾウのカラー別の性格・相性• こじかのカラー別の性格・相性• ライオンのカラー別の性格・相性• ここで求めた数字を基に、以下の動物占いのキャラクター対応表からどの動物に該当するのかを確認します。 対応表 番号 12動物 キャラクター(カラー) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60.

次の

動物占い無料生年月日早見表!12キャラ×カラー60種類の性格や相性

動物占い 色

今から約20年前ぐらいに日本で大ブームを巻き起こした占いで、生年月日から性格や相性を12種類の動物に当てはめて占う、動物占いというのがあります。 一見、動物というキャラクター要素が濃く信憑性が問われそうですが、実はこの動物占いは、四柱推命の十二運星を動物名に置き換えて占っています。 1999年に大ブームとなった動物占いから、バージョンアップしてカラーバリエーションが加わり、従来の12種類を占うパターンから60種類を占うパターンにまで増えています。 占う基本ベースは12種類の動物ですが、各動物に何種類かの色が付加されて、計60通りの占いパターンが完成しています。 ですので、一大ブームを巻き起こした要因は、よく当たるということもあってのことです。 一大ブームを巻き起こしたとはいえ、現在も決して人気がない訳ではなく、定着した固定ファンの方々が相当数いらっしゃるのは事実です。 そんな動物占いを更に進化した、アニマルカラーで細分化して徹底的に診断していきます。 動物占いアニマルカラーは12種類の動物と10色で分類! 始めに、この動物占いは、トラ・ペガサス・狼・こじか・猿・黒豹・チーター・ライオン・コアラ・たぬき・ゾウ・ひつじの12種類の動物で分類します。 そして更に、レッド・ゴールド・イエロー・パープル・ブラック・ブルー・オレンジ・ブラウン・グリーン・シルバーの10種類のカラーで構成されています。 進化した動物占いでは、その12種類の動物と10種類のカラーが4つのグループで分けられています。 その4つは、地球グループ 猿・トラ・狼・コアラ 、満月グループ ひつじ・黒ひょう 、新月グループ たぬき・こじか 、太陽グループ ライオン・ゾウ・ペガサス・チーター に分別されています。 アニマルカラーの登場で計60種類の動物占いに進化! 動物占いが大ブームになった時は、全12種類の動物で占っておりましたが、今では更に進化して色別で占うことが可能となりました。 それは、アニマルカラーという分類が登場したからです。 そのアニマルカラーで占うことによって、自分の基本的な性格や好きな相手との相性などが、より正確に細かく診断できるようになりました。 その早見表を見て自分の生まれた年と月が交わる枠内の数字と、自分の生まれた日の数字を足せば、それが自身を示す数字になります。 さて、ここでは全60種類のパターンについて、カラー診断の結果を簡素に説明していきます。 先ほど記述した通り、早見表で自身の番号が判れば該当するカラー番号はあります。 その並びで、4つのグループに分けて下記の通り書き込んでみました。 【地球グループ】 「狼」の基本的な性格• レッド 単独行動が好きで自分に素直な性分 13• ブルー 情に深く人柄も良くてユーモアな人 19• パープル 勝気が強くて正々堂々としたタイプ 30• ブラウン 真面目で几帳面な現実主義の熟考型 25• オレンジ 非常に凝り性で融通の利かない人格 24• ブラック とても研究熱心でルールを守る人柄 36 「トラ」の基本的な性格• レッド 明朗活発で自他ともに優しさを持つ 43• ブルー 仲裁能力に優れ緻密で質実な人気者 49• パープル 実年齢より上に見られるシッカリ者 60• ブラウン 落ち着いた雰囲気で大器晩成の賢者 55• オレンジ サービス精神が旺盛で正義感も強い 54• ブラック 精力的で優れたバランス感覚を持つ 06 「猿」の基本的な性格• レッド 向上心があって純粋で素直なタイプ 03• ブルー 理想主義志向の強い知性派なタイプ 09• パープル 警戒心が強くて思慮深い秘密主義型 40• ブラウン ムードメーカーで世渡り上手な善人 15• オレンジ 読解力に優れ器用だが心配症である 34• ブラック 人懐っこい性格で良識のあるタイプ 46 「コアラ」の基本的な性格• レッド 要領が良くて楽しく人生を歩める人 33• ブルー 創造力に優れ自己主張が強いタイプ 39• パープル 他者と一定の距離を保つ頭脳明晰型 10• ブラウン 謙虚で温厚だが疑い深い側面を持つ 45• オレンジ 強いメンタルを持ち従順で大人しい 04• ブラック 驚異的な直観力と強い心を備え持つ 16 【満月グループ】 「ひつじ」の基本的な性格• レッド 喜怒哀楽がハッキリしている策略型 23• ブルー 物腰が柔らかくてロマンチストな人 29• パープル 安全安定が何よりで頼られ好きの人 20• ブラウン 類い稀な説得力を持つ落ち着いた人 35• オレンジ 相手に合わせる才能はピカ一の巧者 14• ブラック したたかな処世術を持つ平和主義者 26 「黒ヒョウ」の基本的な性格• レッド 新しいものが大好きで感情豊かな人 53• ブルー 義理人情に厚いが思慮深くて保守的 59• パープル 奔放な性格で連帯感や協調性を重視 50• ブラウン 人脈を築くのが上手く実直なタイプ 05• オレンジ とことん没頭する性分で順応性抜群 44• ブラック ドライな人間関係を保つ熟考型人間 56 【太陽グループ】 「ペガサス」の基本的な性格 シルバー プライドが高く常に理想を追求する 28 ゴールド 人目を惹く華のある個性的なタイプ 27 グリーン 情熱的な理想主義のリーダータイプ 22 イエロー 天真爛漫な楽天タイプで面倒臭がり 21 「ゾウ」の基本的な性格• シルバー 通常は冷静沈着で機嫌を損ね易い人 18• ゴールド 元来は威厳があって器も大きい人間 37• グリーン 基本的に不安症で慣れれば大胆な人 12• イエロー 優しくて温和だがキレたら制御不可 31 「ライオン」の基本的な性格• シルバー 権力や秩序を重んじて確実に歩む人 58• ゴールド デリケートで繊細だが悠然と構える 57• グリーン 独断専行型で周りの評価を気にする 52• イエロー 本当は寂しがり屋だが虚勢を張る人 51 「チーター」の基本的な性格• シルバー 人徳がありながら目立つことも好き 48• ゴールド 仲間意識が強く開拓精神が旺盛な人 07• グリーン 損得勘定が上手で人当たりの良い人 42• イエロー 屈指の強運を持ち行動力が最も魅力 01 【新月グループ】 「こじか」の基本的な性格• シルバー 好き嫌いが激しく強い美意識を持つ 38• ゴールド 少し気分屋ながら理知的で教え上手 17• グリーン 大勢を嫌い少数と深く長い仲を保つ 32• イエロー 冒険心より安定性を重視する古風型 11 「たぬき」の基本的な性格• シルバー 頑固ながら物静かで上品な印象の人 08• ゴールド 根性があり裏表のない性格で正直者 47• グリーン お金より人の魂を優先する道徳論者 02• イエロー その場を和ませる力を先天的に持つ 41 動物占いのホワイトエンジェル アニマルカラーの診断を終えられましたら、今度は動物占い特有のホワイトエンジェルを探しましょう。 そのホワイトエンジェルとは、60分の1の確立で存在する最高のパートナーのことを意味する名称です。 この相手とは恋愛や結婚にも最適で、お互いを思い余るため揉めることがあっても、仲良く共に歩める最高の相性を持っています。 誰もが理想とする、一生この相手と連れ添って人生を共にしたいという願望が叶えられるのは、このホワイトエンジェルの相手かも知れません。 とは言いましても、縁あってのことですので、わざわざホワイトエンジェルを探して、アプローチする形というのは少し違いますよね。 本当に運命の人なら探さずとも、きっと現れるでしょう。 動物占いのブラックデビル ホワイトエンジェルとは全く真逆の存在で、ブラックデビルという相手がいます。 名前からしても、絶対に良い意味ではないことが確定しているかのような感じですが、まさにその通りです。 この相手とは何においても最悪で、常に衝突や心の負担になるような悩みやアクシデントなどが尽きないでしょう。 仮に同じ職場にブラックデビルがいた場合、気まずい状態で毎日を過ごすのは嫌だという思いから、仲良くしようと努力しても逆に、その行為が裏目に出て更に傷口を広げてしまいます。 ですので、この相手と共存しなければならない環境だとしても、仲良くなる努力より少しでも関わらないで済む知恵を絞ったほうが賢明です。 まとめ 進化したアニマルカラーを絡めた動物占いでしたが、いかがでしたでしょうか?生年月日から簡単に割り出せる、アニマルカラーですが予想以上に当たっていると大評判です。 占う人の特徴や基本性格、恋愛のことや独自性など自身だけでなく、周囲の人達も占ってみれば楽しいと思います。 ここでは、自身の数字を知る早見表の提示をしておりません。 ですので、冒頭の見出しで記した通りの方法等で自分の数字をチェックしてみて下さいませ。 進化版になって、より具体的に相性や適職なども示されています。 この進化したアニマルカラーの動物占いで診断することによって、新しい自分自身を発見するチャンスかも知れませんね。 関連記事として、 ・ ・ ・ これらの記事も読んでみて下さい!.

次の

[動物占い]チーターの性格的特徴20個と恋愛・結婚・仕事・相性・芸能人

動物占い 色

記事の目次• 動物占いとは? そもそも、動物占いとは生年月日から自分の運命を導くものです。 自分の生年月日を猿、チータ、黒ひょう、ライオン、虎、たぬき、子守熊、ゾウ、ひつじ、ペガサス、狼、こじかの12種類のどれかに当てはめて、自分の特性を占うものです。 現在は動物占いも進化していますが、どのような進化を遂げてきたのか、みてみましょう。 四柱推命をベースにして日本で生まれた そもそも、動物占いとは四柱推命をベースにしています。 四柱推命とは中国で生まれた、陰陽五行説をもとに生まれた人の命運を推察する方法で、歴史も古く、日本でも古くから取り入れられていました。 動物占いは、この四柱推命をベースとしてその考えを引き継ぐものです。 四柱推命にある十二運星と、ある種の性格分類に相関があるとするのが基本的な考えであり、心理学者の増永篤彦によって編み出されました。 性格や行動パターンなどがわかる 四柱推命における考え方のベースは、人間は自分が生まれたときの空気により、その人の命運が分かるという考えであり、高い的中率を誇っています。 動物占いは、生命の段階をベースとした四柱推命の考え方を引き継いでわかりやすくしたものなので、 単なる占いの域を通り越して「よく当たる」と評判です。 自分の動物の調べ方 自分がどの動物になっているかは、生年月日で比較的簡単に割り出せます。 自分だけでなく他人がどの動物であるのかも、知ることができるのです。 早見表・図表が必要ですが、これらは、動物占いの本や、動物占いについて書かれてあるホームページなどで簡単に見つけることができます。 生まれた年と月の交差する所の数字を探す まず 生まれた年と月を交差するところの数字を探しましょう。 1の数字に生まれた日を足す 生まれた年と月の交差する数字が分かったら、次に その数字に自分が生まれた「日」を足します。 もしその足した数字が61以上になるのなら、そこから60を引いた数字が「自分ナンバー」になります。 2で出た数字が「自分のナンバー」 どの動物かを知る上では「自分ナンバー」を知ることが必要不可欠です。 その自分ナンバーからあなたの動物キャラとカラーが判明するのです。 生年月日さえわかっていれば、誰の「自分ナンバー」でも計算できます。 身近な人との相性を鑑定するのにも使えます。 自分のナンバーの部分が自分の動物と色 自分ナンバーの部分を表に当てはめると、出た数字が自分の動物と色になります。 たとえば、1980年1月1日生まれの人であれば、自分ナンバーは10になります。 表から見た1980年1月を示す数字が9で、それに生まれた日である1を足したからです。 そして、動物キャラとカラーをチェックする表で言えば9は猿のブルーということになります。 このように、 表の見方を覚えるだけで自分の動物とカラーが見つかります。 各動物の基本の性格傾向 では、各動物はどのような性格傾向があるのでしょうか。 詳しく見ていきましょう。 猿:何事も熱心に取り組む楽しみ上手 動物占い「猿」の人は、じっとしていることができないほどアクティブで、 何でも熱心に取り組む楽しみ上手です。 器用なところもあり、複数のタスクでも同時進行が可能です。 おだてるとすぐ機嫌がよくなり実力以上を発揮することがある一方で、子どものように騙されやすいところもありますので注意が必要です。 チーター:負けず嫌いのプラス思考 まるで瞬発力のあるチータのように、 ポジティブで負けず嫌い、そしてチャレンジャーな動物です。 プラス思考かつ好奇心旺盛で常に何かに挑戦する心を忘れることはありません。 負けず嫌いで先制攻撃が得意な反面、プライドが高く、知ったかぶりをするなど人前でかっこよく見せようとする部分もあります。 黒豹:臨機応変でスマートなリーダータイプ 常にスマートでいたいと思っている黒豹は、 どんなことでもスマートに臨機応変に対応できるリーダータイプです。 不正やずるいことは許さない正義感を持ち信頼が厚い反面、常に自分が会話の中心になろうとしたり、おせっかいになるほど世話を焼いてしまうこともあります。 ライオン:完璧主義傾向だが単純明快 特別扱いされてこそ輝くライオンは、百獣の王と呼ぶのにふさわしいです。 世間体や人目を気にして 自分の弱みを見せない完璧主義傾向にあります。 ちやほやされると自分も周りも気分を良くさせるという単純明快な性格ではありますが、実際は周囲の評価を気にしがちです。 体調管理さえできていれば心身ともに元気です。 虎:強い精神力&公明正大な親分肌 強くて落ち着いている虎のように精神力が強く、そして 周囲とのバランス感覚にもすぐれ面倒見の良い親分肌です。 常に全力で取り組み、一度決めたことをとことんやりぬく忍耐力や公平さもあります。 強い精神力を持って何でもやれる反面、器用貧乏なところもあります。 タヌキ:経験を重視し愛嬌がある大器晩成型 変身できる狸のようにさまざまなキャラクターを自由自在に操り、 愛嬌がある大器晩成型の性格です。 物事については経験や実績をもとに判断します。 目上の人を大切にして愛嬌がある反面、無責任そしてお調子者に見られることもありますが、周りは不思議とそれを許してしまう不思議なキャラクターです。 象:協調性があり物静な有言実行タイプ どっしりとして穏やかな象のように協調性があり物静かな印象です。 一度決めたらやり通す有言実行の精神もあり、信頼されています。 根回しが上手なところがありますが、一方で大きな耳がついているのに人の話を聞かないところがあります。 羊:穏やかで公平・奉仕の精神をもつ 群れを成して行動する羊のように、人と接するときは穏やかでトラブルもありません。 寂しがり屋な一面があり、仲間外れにされるのは大嫌いです。 輪を大切にした人間関係を構築でき、奉仕の精神もあります。 たっぷりとした毛のように本音を表面に出さないので、クールに見えることもありますが、一方で頑固さを見せて融通が利かないところや努力を認めてもらえないとサビ差を感じます。 ペガサス:才能があり自由人で豪華な雰囲気 動物占いでは唯一と言ってよい空想の動物、ペガサスのように、自由で情人から卓越したひらめきや才能があります。 ひらめき力や空想力は12動物中ナンバーワンです。 才能があり、自由人で豪華な雰囲気であり派手なイベントも大好きです。 しかし感性が他人に理解されないこともあり、ともすれば変人扱いされることもあります。 小鹿:素直で甘え上手な愛されキャラ 生まれたての小鹿のように、 警戒心が強く素直で甘え上手な愛されキャラです。 他人にわかってほしい、好かれたいという気持ちは大きく、無邪気な可愛さを持っています。 駆け引きが苦手で素直で愛されていないと不安になることもあります。 反面、付き合いが長くなるとわがままな一面がみえるといった点も特徴です。 各動物の基本的な思考パターン 各動物の思考パターンは、目標思考型と状況対応型に分かれます。 これを知っておくと他人の考え方が理解きるかもしれません。 十干をもとに「基本的な考え方」を分類 各動物の基本的な考え方は、 目標思考型と状況対応型に分類できます。 これは、四柱推命でいうところの十干、すなわち陰陽五行が陰陽にわかれた甲乙丙・・・といった10種と関連付けて考えられます。 たとえば、五行の中で火土水は「目標思考型」木金は「状況対応型」となります。 目標思考型:オオカミ・猿・虎・コアラ・黒豹・羊 十干で考えて目標思考型に分類される動物は、オオカミ・猿・虎・コアラ・黒豹・羊の6種になります。 目標思考型とは、目標に向かって綿密に計画を立てて努力をすることです。 他者からの評価よりも結果や実績を重視する傾向にあります。 目標に向かって努力できる力はありますが、突発的な目標変更には弱い傾向があります。 状況対応型:チーター・ライオン・象・ペガサス・小鹿・タヌキ 一方で、状況対応型に分類されるのが、チーター・ライオン・象・ペガサス・小鹿・タヌキです。 今を楽しみたいと考えている人が多く、目標達成に向けたち密な計画を立てることは若干苦手です。 先のことは分からないので心配しない人も多く、目標や計画は状況に応じて変化して当然とも考えています。 周りの評価を気にする傾向にあります。 チームワークに長けており、突発的な変更にも臨機応変に対応できますがルーチンワークは苦手です。 進化した動物占い!色で60種類に細分化 1999年代に流行った動物占いより進化している点が、自分の数字から動物だけでなくアニマルカラーというカラーをもとに細かく分類している点です。 アニマルカラーと動物の組み合わせによってより詳細に人々の性格や思考が分類されます。 アニマルカラーで細分化!より詳細にわかる 動物のカラー、すなわちアニマルカラーによって 同じ動物でも微妙な違いやより繊細な性格がわかります。 動物占いのカラーには相性の良し悪しもあるので、相性をより詳しくわかることができます。 動物の各色は生まれた日の十干に対応 アニマルカラーは、 自分の生まれた日の十干にあわせて10色のカラーがあります。 アニマルカラーはレッド、ブルー、オレンジ、ブラウン、パープル、ブラック、イエロー、グリーン、ゴールド、シルバーの10色があります。 それぞれ4色と6色割り当てられているので、詳細な動物占いでは人は60タイプに分類されることになります。 進化した動物占い!5アニマルで詳細に占う 人には誰でも本質的な部分と、目に見える表層的な部分があります。 進化した動物占いでは、5アニマルという考え方があり、自分の本質的な部分や表面的な部分、隠れキャラなど5つのアニマルで詳細に分類できます。 基本の動物を本質と考える 5アニマルでは、基本の動物を本質と考えます。 四柱推命の考え方で一番影響のある「日柱」すなわち生まれた日を基準にしているからです。 基本の動物の影響度は50パーセントもあり、その人の本質と考えて良いでしょう。 四柱推命を元に他4動物を導き出し分析する 本質以外の4つの動物は、それぞれ表面キャラ、意思決定キャラ、希望キャラ、隠れキャラの4つになります。 表面キャラは四柱推命の月柱に由来し、第一印象や人当たりに関わってきます。 意思決定キャラは、決断力に必要なときに出てくる自分であり、四柱推命の年柱を意味します。 隠れキャラは四柱推命の干支を意味しており、自分の隠れている性格のことです。 最後の希望キャラは四柱推命の時柱を意味しており、あんなふうになれたらよいな、と思っている憧れのことです。 それぞれがお互いに影響を表しあっています。 まとめ 1999年に流行した動物占いが、新たに進化して、今にわかにブームになってきています。 動物占いはもともと中国の四柱推命がもとになっているのでいろいろな占いの中でも的中率の高いものです。 自分の基本動物は生年月日で分類できますが、その動物は大まかに目標思考型と状況対応型に分かれていたり、それぞれの動物にカラーがあるなど、より人間の本質や個人の相性がわかりやすくなっています。 もっと自分のことを知りたいという人は、5アニマルといって自分を5つの動物に分類して本質的な自分やこおうでありたい自分などをみることができます。 動物占いの世界はとても深いなので、ぜひ調べてみましょう。

次の