崎陽軒 アフタヌーン ティー。 【崎陽軒本店 アボリータム】シュウマイだけじゃない!アフタヌーンティーも楽しめます。

季節のメニュー

崎陽軒 アフタヌーン ティー

・平日・土日祝も予約可能 (12:00~12:30スタートまで、15:00以降の15分刻み) ・当日予約はできません ネット予約はなく電話予約のみになります。 店の雰囲気も考えるとお得感ありですわ。 写真は2人分 えっと。 どれも凄く美味しかったです! 中でも、海老ニラ饅バーガーが斬新で味も凄く良かったです。 やはり得意分野か? 某有名ホテルで提供されるアフタヌーンティーとは、また違った崎陽軒らしい味付けで個性もあり凄く良かったです。 アフタヌーンティー好きの方は、行くべきでしょう。 さてさて、どれから食べようか迷います(笑) *アフタヌーンティーのルール* 食べる順番が決まってますよね。 あれ?サンドイッチないよ。 15種類くらいから選べます。 ポットで提供されます。 出典: 紅茶は途中の差し湯は、無料で可能です。 珈琲はおかわりOK.

次の

【レビュー】横浜崎陽軒本店「アボリータム」で、ちょっと珍しいチャイニーズアフタヌーンティーを楽しんできた!|すっきり、さっぱり。

崎陽軒 アフタヌーン ティー

横浜のアフタヌーンティー8選。 みなとみらいの高級ホテル&レストランでプチ贅沢を 2019. 25 横浜でアフタヌーンティーが楽しめる、ホテル・レストランをエリア毎にご紹介。 英国式のクラシカルなアフタヌーンティー 【2019年7・8月/土日祝日限定】夏のアフタヌーンティーセット2,970円~(税サ込) 横浜みなとみらいのシンボル「横浜ランドマークタワー」内に位置する、横浜ロイヤルパークホテル。 英国貴族が集うクラシカルな社交場の雰囲気がただよう2Fのメインバー「ロイヤル アスコット」では、本場さながらの英国式アフタヌーンティーが楽しめます。 写真は、「夏のアフタヌーンティーセット2,970円~(税サ込)」。 2019年夏限定のトロピカルアイスティーがセットになった、今夏の特別メニューです。 上段には、ピンクグレープフルーツのゼリー、ブドウゼリーなどの色鮮やかなゼリーとマカロンが彩りを添え、涼やかに。 夏らしいメロンのショートケーキや、マンゴーのムースタルトはさっぱりとした味わい。 「ロイヤル アスコット」のアフタヌーンティーは、季節ごとに装いを変える。 下段には、お食事系のサンドウィッチ。 小腹をしっかりと満たしてくれる大満足な内容となっています。 ホテルのアフタヌーンティーとしては、比較的リーズナブルな価格帯も嬉しい!1日30食限定なので、ぜひお早目にご予約を。 毎回好評という季節のアフタヌーンティーは、旬の桃をふんだんに用いた8種のプティフールが楽しめる「桃のアフタヌーンティー」を提供中。 窓一面に広がる海を望む開放感あふれるラウンジ 「桃とレモンのゼリー」や「ココナッツと桃のムース」をはじめ、「白桃ショートケーキ」、「白桃タルト」など、桃づくしのスイーツの他、アイスバーに見立てた「ピスタチオムースのホワイトショコラバー」も登場。 目でも楽しめるパティシエの遊びごころが溢れるアイテムが、優雅なティータイムを楽しく彩ります。 開放感のある大きな窓からは、ベイブリッジや横浜港の大パノラマを一望できるロケーションが最高です! 絶景とともに楽しめる天空のアフタヌーンティープランをご紹介。 ガトーショコラやクロワッサンなど充実のメニューに、12種類のオーガニックティーがおかわり自由 おかわり自由な12種類の紅茶は、ロサンゼルス発のプレミアムオーガニックティーブランド「ART OF TEA」。 季節のアフタヌーンティーの魅力もパワーアップ 【2019年7・8月】アフタヌーンティーセット~Summer 夏の果実~ 4,167円(サービス料込み・税金別) 横浜ベイシェラトン ホテル&タワーズ、ラウンジ「シーウインド」が、2019年7月にリニューアル。 季節ごとのテーマで提供される、趣向を凝らしたメニューが堪能できますよ。 2019年の夏は、ピーチやバナナ、マンゴーといった夏の果実をテーマにしたアフタヌーンティーセット。 新メニューは「出来立てワッフル フルーツ添え」。 3段スタンドとは別にお席まで運ばれてくる演出も心憎い一品です。 さらに、リニューアルオープン記念でロゼスパークリングワインが飲み放題となるプランも登場するのだそう! こちらは曜日、時間限定の特別プラン。 1日10組のみの先着順なので、気になる人は急いで公式サイトをチェックして! スワロフスキーをあしらったシャンデリアは風のイメージ。 解放感あふれる店内に一歩入ると、流れる水音にオーセンティックで落ち着いたインテリアの数々。 横浜駅の喧騒をすぐに忘れてしまいます。 季節により内容が変わる、こちらのアフタヌーンティー。 2019年夏はマンゴーやパインを使ったトロピカルフルーツづくしのアフタヌーンティープランが新登場。 デートに。 【2019年7・8月限定】Summer アフタヌーンティーセット4,320円~(税込・サービス料10%別途) 1927年開業。 歴史的建造物としても美しい、ホテルニューグランドは横浜随一の老舗ホテル。 昔も今も人々を魅了するクラシックな佇まいに、乙女心がくすぐられます! まるで1枚の絵のような、フロントロビーと本館をつなぐロビーラウンジ ロビーラウンジ「ラ・テラス」で、期間限定で提供されるという「Summer アフタヌーンティーセット」もまたフォトジェニック。 浜辺をイメージしたケーキプレートや、夏祭りのヨーヨーをモチーフにしたホワイトラムボールなど、目にも楽しいスイーツたち。 さらに、夏野菜のタルティーヌなど夏を感じる味わいに加え、ホテル伝統のシュリンプドリアもミニサイズでいただけるという豪華な内容! 「おいしい紅茶の店」として日本紅茶協会にも認定される同店の、香り高い紅茶とともに堪能して。 野菜をたっぷり使用したラタトゥイユやピクルス、タラモサンドなどの軽食も充実しており、小腹を満たしてくれる贅沢な内容ですよ。 実際のお支払い金額に関しましては、ご利用いただく施設までお問い合わせください•

次の

横浜でアフタヌーンティーを楽しむなら崎陽軒アボリータムが本当におすすめ!

崎陽軒 アフタヌーン ティー

崎陽軒のレストラン「アボリータム」は、横浜駅の東口あります。 今や迷宮と化してしまって、未だ工事の終らぬ横浜駅ですが、東口の通路は、昔の面影を残しています。 横浜駅の出口には、「東の南」みたいな出口が沢山あるのですが、まずは正統派 「中央通路」の東口の地下道へ行きましょう。 東口の中央通路を「そごう」方面へ歩いて行くと、「ルミネ」があります。 「ルミネ」を過ぎたあたりに、一旦地下通路が途切れる形で、地上に上がる階段やエスカレーターが見えてきます。 上がった場所から見るとこんな感じ ここの出口から崎陽軒は目と鼻の先なのですが、近くに何があるのか見てみましょう。 横浜駅からそごう方面へ歩き、地上に出たら、右側に大きな郵便局があります。 「横浜中央郵便局」です。 道路を挟んで郵便局のお向かいに、崎陽軒は建っています。 崎陽軒本店は、こんなビルですよ。 2番目のお皿は、マサラカレーのグラタンとスープ、点心。 一番上はデザートです。 一皿目、ちょうどお昼ご飯の時間だったし、お昼食べていないので、サンドウィッチが嬉しい。 「いただきま~す!」 ・・・、サンドイッチ、しょっぱいです・・。 スコーン、結構甘いです・・。 デニッシュ・・、甘いです。 全体的に味が濃い目で、ボリューミー。 この先デザートがあるのに、スコーンがこんなに甘くて大丈夫かなぁ・・。 ていうか、これって、スコーンじゃないよね・・。 スコーンというより、カップケーキとかマフィンとか、そういう感じです。 甘くてケーキのようなので、クロテッドクリームをつける気にならない・・。 マサラカレーグラタン。 お肉がゴロッと入っていて美味しいです。 思ったより辛みも強くてスパイシー。 おとなの辛さですね。 さすが崎陽軒。 ピンク色が可愛い。 でも、中身はよくわからないものでした。 マッシュポテトのような、魚のすり身のような・・・、味は・・、今ひとつ。 デザート。 抹茶オペラやパンナコッタなどなど。 キャラメルマロンケーキ 崎陽軒のプレミアムアフタヌーンティー。 2200円という破格のお値段で品数豊富。 ・・、なんだけど、全体的にずっしりと重く、デザートも重い。 味付けもかなり濃いので、マサラカレーの時点で私達には既に危険信号。 パンナコッタはお口直しにちょうどいいけれど、ケーキは甘い。 抹茶オペラはチョコレートと小豆でどっしりとしているし、ちょっと飽きる。 キャラメルマロンケーキも軽そうに見えて、最早味の違いが分からない位この時点では重くて甘いケーキとなってしまっています。 とどめはパウンドケーキ。 これに、クッキーやチョコがついてきてお茶のお替りができないのは辛すぎます。 なんか、「美味しいものをちょこっとづつ」ではないんですよね、残念ながら。 これだけついてきて2200円! とも書けるんですが、全部食べることがこんなに苦行になるとは思いませんでした。 結局、食べきれず残してしまった・・。 甘いものはひたすら甘く、しょっぱいもの舌にビリビリとしょっぱく、辛い物は辛く。 味にメリハリというよりは、重くて飽きてしまう感じで、正直あまり美味しくない。 残念ながら、今回星はつかない感じになってしまいました。 インターネットではこぞって評価の高いレビュー記事が並んでいたので、期待していたのにな・・。 残念です。 ただ、横浜の崎陽軒は素敵な佇まいだし、焼売はおいしい。 軽食は美味しいかもしれないので、気になる人はトライしてみてください。 アフタヌーンティーは、予約必須ですよ。 それではまた。

次の