グリズリー ズ 対 サンズ。 お知らせ

お知らせ

グリズリー ズ 対 サンズ

解説 北米大陸の山岳地帯に住む灰色大熊グリズリー対人間の戦いを描く。 製作総指揮はエドワード・L・モントロ、製作はデイヴィッド・シェルドンとハーベイ・フラックスマン、監督はウィリアム・ガードラー、脚本はハーベイ・フラックスマンとデイヴィッド・シェルドン、撮影はウィリアム・A・アンダーソン、音楽はロバート・O・ラグランド、編集はバブ・アンダーソンが各々担当。 出演はクリストファー・ジョージ、アンドリュー・プライン、リチャード・ジャッケル、ジョアン・マッコール、ジョー・ドーセイ、ヴィッキー・ジョンソンなど。 1976年製作/アメリカ 原題:Grizzly 配給:コロムビア映画 ストーリー 大自然の景観の美しい国立公園のある朝。 昨夜ここに一泊した2人のティーンエイジャーのキャンパーは大きく伸びをした。 そのとき、巨大な灰色大熊グリズリーが突如、2人に襲いかかり、あっというまになぎ倒した。 最初の犠牲者が出たとき、大多数の人はそれが想像もつかない大事件の前ぶれだとは思いもよらなかった。 ひとたび人間の肉を味わったグリズリーが次々に犠牲者をつくりあげていくとは……。 唯一人、公園管理官のケリー(クリストファー・ジョージ)だけがそのことを予測した。 彼は森林関係のエキスパート、スコット(リチャード・ジャッケル)を招き、巨大な殺し屋の追跡作戦を開始。 同時に公園責任者キットリッジ(ジョー・ドーセイ)に公園の閉鎖を要求した。 しかし、キットリッジはそれを拒否、そればかりか宣伝する絶好の機会だとTVや新聞、雑誌などマスコミに総動員をかけて取材を呼びかけた。 人命か利益か、2人は激しく対峙した。 今や、静かだった国立公園は取材人とハンターの大群でごったがえした。 そんな人間どもを尻目に、グリズリーの跳梁は一段と大胆になった。 ケリーはあせった。 恋人アリソン(ジョアン・マッコール)との間がうまくいかなかったことも、焦りに油をそそいだ。 ケリーとスコットは、ベトナム帰りのヘリコプター操縦士のドン(アンドリュー・プライン)を仲間に加え、新たな作戦を練った。 だがグリズリーは、彼らをあざ笑うかのようにすべての罠をかわして殺戮をくり返した。 若い女性の公園管理官、ゲルイ(ヴィッキー・ジョンソン)が、全裸で滝にうたれようとしたところを襲われ、ついで母親と3歳の男の子が惨殺された。 キットリッジがやっと公園を封鎖することを決心した。 スコットはグリズリーを生け獲りにすべく、単身森へ入っていった。 手にはトランキライザー弾を仕込んだ特殊なライフルをたずさえていた。 やがて、身近に獣の気配を感じたスコットの馬が立ち上がろうとした瞬間、グリズリーがその愛馬の首をふきとばした。 今、まさにスコットは、グリズリーと面と向って戦うことになった。 彼は必死にグリズリーに挑んだ……しかし、彼もまた1度は命を救われたかのように思ったが、ふたたびグリズリーに襲われ、彼のライフルも無に期した。 一方、ケリーとドンも憎むべきグリズリーを倒すため命がけで森へ来ていた。 突然グリズリーがドンに飛びかかった。 今や復讐の鬼と化したケリーは銃を撃ちつづけたがグリズリーは、うけつけない。 今度はケリーに襲いかかろうとしたが、その時、爆破銃がグリズリーをめがけて火をふいた。

次の

お知らせ

グリズリー ズ 対 サンズ

テキサス州旗の三色、赤・白・青の雄牛の頭部 獲得タイトル スーパーボウル・チャンピオン 0回 カンファレンス・チャンピオン 0回 AFC 地区優勝 6回 AFC南地区• 2011• 2012• 2015• 2016• 2018• 2011• 2012• 2015• 2016• 2018• 2019 球団組織 オーナー ビル・オブライエン ヒューストン・テキサンズ(: Houston Texans、略称: HOU)は、に本拠地をおくチーム。 に所属している。 ホームスタジアムは。 2002年にで加入した、NFLで一番新しいチームである。 1999年のチーム創設時から2018年に亡くなるまで、創設者のがオーナーとして所有していた。 歴史 [ ] NFL32番目のフランチャイズ [ ] ヒューストンにはかつてヒューストン・オイラーズ(現)がフランチャイズを置いていたが、にに移転し、それ以来ヒューストンはNFLの空白地帯となっていた。 NFLは2002年シーズンより32番目のチームを迎え入れることになり、候補地としては、、ヒューストンがあげられた。 1999年3月16日に行われたNFLのオーナー会議で29-2の賛成多数でロサンゼルスが32番目のフランチャイズと決まったが、ロサンゼルスにおける新チームを目指す複数のグループの計画が進まなかったため白紙に戻され、同年10月6日のオーナー会議で29-0でヒューストンが新フランチャイズとなり2004年の開催地となることも決定された。 2000年、チームはの元、をGMに起用、2001年1月21日には元のヘッドコーチでその後のディフェンスコーディネーターを務めたが初代ヘッドコーチに就任することが発表された。 新チームの愛称としてはオイラーズはテネシー・タイタンズが利用しているので使うことはできず公募の結果、アポロズ、ボブキャッツ、スタリオンズ、トロズ、ワイルドカッターズ、テキサンズの6候補に絞られ最終的には「テキサス州に根差した馴染みのある名前として」 ヒューストン・テキサンズとなった。 これは1974年にヒューストンにフランチャイズを置いていたのチームと同名である。 チーム草創期 [ ] チーム初の公式戦は9月8日にでの戦であった。 この試合でルーキーQBのはへTDパスを通し19-10で勝利した。 エクスパンションチームがデビューを白星で飾るのは1961年の以来史上2チーム目のことであった。 その後5連敗した後、ジャクソンビル・ジャガーズ戦でロード初勝利をあげた。 その後、、(この試合オフェンスは46ヤードしか獲得できなかった。 これはNFLの勝利チームとしては最低の記録であった。 )に勝利し4勝12敗でシーズンを終えにも、の2人が選ばれた。 この年オフェンスラインが弱点となりカーは76回のサックを受けた。 の開幕戦ではを破りエクスパンションチームとしては初めて2年連続開幕戦を勝利で飾った。 チームは前年より1勝しか増やせなかったがこのシーズン出場を果たしたへの勝利、スーパーボウルチャンピオンになったにもオーバータイムに持ち込む接戦を演じた。 、開幕から3連敗したが、に連勝、同地区のライバル、、から2勝を奪うなどして勝ち星を7つまで積み上げたものの、最終週にここまで3勝12敗のに14-22で敗れて勝ち越しを逃した。 この年2年目のWRがプロボウルに選ばれた。 、チームは開幕から連敗しオフェンスコーディネーターのは解任された。 ケイパーズヘッドコーチやキャサリーGMへのメディアやファンからの風当たりは強いものとなり、開幕から6連敗したチームはクリーブランド・ブラウンズから初勝利をあげたがその後また6連敗を喫した。 最終週のとの試合は敗れたチームがNFLシーズンワースト成績となりで全体1位指名が期待されるのRBが指名できるとあって「Bush Bowl」という陰口もたたかれた。 この試合に17-20で敗れて2勝14敗でシーズンを終えた。 その中で唯一の光明はルーキーのがキックオフリターンで2TDをあげてプロボウルに選ばれたことだった。 シーズン終了後ケイパーズヘッドコーチ及びコーチングスタッフの大部分は解雇された。 キャサリーGMはしばらくチームに残ったがドラフト終了後にチームを去りが後任となり、新ヘッドコーチにはのオフェンスコーディネーターだったが就任した。 のドラフトでは全米のメディアはレジー・ブッシュの指名を予想し、地元ヒューストンではでそのブッシュのUSCを破り全米チャンピオンになったのQBの指名を期待した。 この2人のいずれがドラフトで指名されることになるか注目されたがチームが全体1位で指名したのはのDEであった。 リライアント・スタジアムで行われたこのドラフトでファンは失望するとともにを行った。 全米のメディアもとが指名されたを持ち出してこの選択はドラフト史上最悪のものではないかと報道した。 ブッシュはに、ヤングはに入団した。 この年ブッシュが加入したセインツはまで進出し、ヤングは最優秀攻撃選手に選ばれたのに対してウィリアムズはに罹り47タックル、4. 5サックに終わった。 チームはこの年開幕から3連敗したがテネシー・タイタンズ戦ではオフェンスの獲得ヤードで427対197と圧倒されたもののターンオーバーでボールを5回奪い勝利した。 またを制したを27-24で破り10回目の対戦で初勝利をあげた。 オフェンスではQBカーが成長しパス成功率68. またアンドレ・ジョンソンはリーグトップの103回のレシーブを記録し2度目のプロボウルに選ばれた。 またドラフト2巡指名のは最優秀新人守備選手に選ばれた。 3月21日、の控えQBを獲得、元ドラフト全体1位指名選手であるカーはに移った。 この年チームがドラフト1巡で指名したはドラフト史上最年少選手となった(ドラフト当日19歳)。 開幕からチームは連勝し前年から数えると4連勝となった。 しかしその後ショーブが負傷して5試合欠場、アンドレ・ジョンソンもひざの負傷で7試合を欠場した。 第9週の戦ではがシーズン絶望となる負傷、センターのも第3週にシーズン絶望となる怪我を負った。 またオフシーズンに大型契約を結んだはわずか260ヤードしか走れずに入った。 こうした状況にもかかわらずチームはホームで6勝2敗の成績を残し通算で8勝8敗、チーム史上初めて負け越さずにシーズンを終えた。 アンドレ・ジョンソンはキャリア最高の8TDをあげ、2年目のマリオ・ウィリアムズはAFCトップの14サックをあげてチーム記録を更新、デミーコ・ライアンズはプロボウルの先発選手に選ばれた。 同地区の対戦成績は1勝5敗に終わり地区最下位であったが地区外のチームに7勝3敗の成績を残した。 は戦でNFL史上初めて1試合で3本の54ヤード以上のFGを決めたキッカーとなった(このうち1本は57ヤードでチーム記録)。 、第2週にホームで予定されていた戦はの影響で延期されたこともあり 、ロードでの連戦を強いられ0勝4敗となったがマイアミ・ドルフィンズ戦で4thダウンゴールからショーブが残り3秒でTDランを決めて劇的な勝利を収めるなど3連勝、シーズン終盤にも4連勝を果たし最終週ではプレーオフ争いを演じていたを破った。 12月1日にはに初登場し新人RBが130ヤードを走り2TDをあげる活躍を見せるとともにマリオ・ウィリアムズが3サック、アンドレ・ジョンソンも7回のキャッチで75ヤードを獲得し1TDをあげて30-17で勝利した。 スレイトンはこの年ドラフトで指名されたRBとしては10人目であったが1,282ヤードを入る活躍を見せた。 またアンドレ・ジョンソンはNFLトップの115回のキャッチで1,575ヤードを獲得しマリオ・ウィリアムズ、とともにプロボウルに選ばれた。 この年も8勝8敗の五分でシーズンを終えた。 チームは5勝3敗で前半を折り返し最終週はを破り9勝7敗と初めて勝ち越ししてシーズンを終えた。 プレーオフ進出にわずかに望みをつないでいたが夜行われたゲームでが勝利し9勝7敗でボルチモア・レイブンズと3チームが並んだがカンファレンス内の成績で1勝足らずでの出場はならなかった。 この年マット・ショーブはNFL歴代6位となる4,770ヤードのパスを投げQBレイティング98. 6の成績を残し、アンドレ・ジョンソンも101回のキャッチで1,569ヤードを獲得した。 新人のは最優秀新人選手に選ばれた (翌年になり禁止薬物に陽性反応があったため再投票が行われたが再度選出された。 2010年開幕から4試合出場停止の処分を受けた )。 シーズン終了後チームはキュービアックヘッドコーチとの契約を2012年まで延長した。 、QBマット・ショーブがに選ばれるなど、オフェンスは好成績を残したが、ディフェンスがリーグ最下位クラスで 、6勝10敗と地区3位でシーズンを終えた。 地区強豪入り [ ] 、チームはディフェンスの改善を図るため、をディフェンスコーディネーターに迎えた。 チームはマリオ・ウィリアムズを開幕から欠き、アンドレ・ジョンソンが怪我により9試合の欠場、マット・ショーブ、マット・ライナートが相次いでシーズン絶望となったが 、アリアン・フォスター、によるラン攻撃、ディフェンスコーディネーターによって大幅にレベルアップした守備陣 の活躍などにより、初の地区優勝を果たし、プレーオフ出場を果たした。 、がフリーエージェントとなり、へ去った。 チームは開幕から5連勝を果たした。 また2年目のディフェンスエンドが20. 5サックを挙げて最優秀守備選手に選出される活躍を残す などした結果(プロボウルにも選出)、第15週でAFC南地区優勝を決めた。 プレーオフは2回戦敗退。 は、開幕から連勝したものの、その後14連敗し2勝14敗でシーズンを終えた。 シーズン中にキュービアックヘッドコーチは解任され、その後、守備コーディネーターが暫定ヘッドコーチを務めた。 後任には、ヘッドコーチのが新ヘッドコーチに就任することとなった。 は、開幕から4試合を3勝1敗、続く4試合で3敗したが、9勝7敗でシーズンを終えた。 プレーオフ出場は逃した。 とは地区優勝を果たしたが、それぞれ初戦および2戦目で敗退した。 は地区最下位となってプレーオフ出場を逃し、GMが交代となった。 このシーズン途中からが先発QBとなった。 11月23日、チームが地区首位を走る中、チーム創設時からオーナーであったが死去し、後継は妻と息子の共同で務める。 このシーズンは地区優勝を遂げたがプレーオフ初戦で敗退した。 2019年6月、GMのは解雇された。 も地区優勝を遂げ、プレーオフでは第4シードとなった。 プレーオフ初戦ではを破った。 二戦目では第2シードのに対し、一時は24-0とリードするものの大逆転負けを喫した。 シーズン後、HCのビル・オブライエンがGMを兼任することが発表された。 テキサンズ・チアリーダー 2020年シーズンの対戦相手 2020年3月15日、試合数を現行の16試合から17試合に増加させる労使協定案が合意されたが、試合数増加は2021年シーズンからの施行となったため、2020年シーズンは前年と同様に行われる。 2020年シーズンのテキサンズの対戦相手 AFC NFC 前年 西地区 南地区 北地区 東地区 西地区 南地区 北地区 東地区 1位 チーフス テキサンズ レイブンズ ペイトリオッツ 49ers セインツ パッカーズ イーグルス 2位 ブロンコス タイタンズ スティーラーズ ビルズ シーホークス ファルコンズ バイキングス カウボーイズ 3位 レイダース コルツ ブラウンズ ジェッツ ラムズ バッカニアーズ ベアーズ ジャイアンツ 4位 チャージャーズ ジャガーズ ベンガルズ ドルフィンズ カージナルス パンサーズ ライオンズ レッドスキンズ :1度対戦 :2度対戦 成績 [ ] レギュラーシーズン [ ]• HOU:、IND:、JAX:、TEN:• 数字:シード順• v:スーパーボウル優勝• s:スーパーボウル敗退• c:カンファレンス決勝敗退• d:ディビジョナルプレーオフ敗退• w:ワイルドカードプレーオフ敗退• レギュラーシーズン 79勝113敗• プレイオフ 3勝5敗• 通算 81勝115敗 主な選手 [ ] 永久欠番 [ ] ヒューストン・テキサンズ 永久欠番一覧 背番号 名前 ポジション 在籍期間 なし プロフットボール殿堂入り [ ] 入りメンバー一覧 選手 背番号 名前 ポジション 在籍期間 選出年 20 2013 2019 リング・オブ・オナー [ ] ヒューストン・テキサンズ リング・オブ・オナー メンバー一覧 背番号 名前 ポジション 在籍期間 選出年 80 2003—2014 2017 、創設者 2002—2018 2019• NFL JAPAN. 2013年11月30日閲覧。 NFL JAPAN 2010年1月6日. 2010年5月22日閲覧。 NFL JAPAN 2008年9月16日. 2010年5月22日閲覧。 NFL JAPAN 2010年5月13日. 2010年5月22日閲覧。 NFL JAPAN 2010年5月8日. 2010年5月22日閲覧。 アダム・ランク 2011年7月26日. NFL JAPAN. 2012年10月24日閲覧。 NFL JAPAN 2011年4月22日. 2012年10月24日閲覧。 NFL JAPAN 2011年11月30日. 2012年10月24日閲覧。 NFL JAPAN 2012年6月6日. 2012年10月24日閲覧。 渡辺史敏 2012年1月. NFL JAPAN. 2012年10月24日閲覧。 NFL JAPAN 2012年5月8日. 2012年10月24日閲覧。 NFL JAPAN 2012年10月16日. 2012年10月24日閲覧。 NFL JAPAN 2013年2月3日. 2013年11月30日閲覧。 NFL JAPAN 2012年12月17日. 2013年11月30日閲覧。 NFL JAPAN 2013年1月14日. 2013年11月30日閲覧。 NFL JAPAN 2014年1月1日. 2014年1月1日閲覧。 NFL. COM 2020年3月15日 外部リンク [ ]• (英語)• (日本語) ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。

次の

NBAチーム紹介

グリズリー ズ 対 サンズ

経歴 [ ] 幼少期 [ ] エイトンは人の両親のもとにバハマので生まれた。 5人兄弟の一人として育ったエイトンは、をプレイしていたが、徐々にサッカーをプレイ出来ないほど身体が成長していった。 12歳で既に203cmとなったエイトンはでの学校へ通い、コーチと一緒に暮らした。 高校時代 [ ] サンディエゴにあるに通い2年間バスケットボールのチームに所属した。 2014-15シーズンには平均21. 0得点、16. 0リバウンド、3. 8ブロックを記録し、22試合のレギュラーシーズンのうち21試合でダブルダブルを記録した。 2015-16シーズンからアリゾナ州フェニックスのに転校し、2016-17シーズンには平均26. 0得点、15. 0リバウンド、3. 5ブロックを記録した。 2016年にはに世界選抜として招かれ、8得点7リバウンド記録した。 エイトンは同年代の中のトップ選手と評価され、複数の大学スカウトが訪れる中で、、、の3校に進学先を絞り、最終的ににアリゾナ大学へ進学することを決定した。 大学時代 [ ] 2017年11月10日にとの対戦でデビューし、19得点、12リバウンド、3ブロックを記録で、チームを101-67の大勝へ導いた。 デビュー戦19得点はアリゾナ大学のデビュー戦での記録としては7位にランクインされるものだった。 アリゾナ大学では213cmの4年生Cであると一緒にスターターとして出場していたため、として出場することになった。 のとの試合では6ブロックショットを記録し、アリゾナ大学のルーキーによる1試合最多ブロックの記録を樹立した。 その他にも34試合に出場し、17試合で20点以上を記録し、23試合でダブルダブルを記録した。 レギュラーシーズン終了時に、Pac-12のプレイヤー・オブ・ザ・イヤー、新人王を同時受賞し、Pac-12のファーストチーム、カール・マローン賞、オールアメリカンファーストチームとあらゆる賞を総なめにした。 その年のでアリゾナ大学に敗北した後、NBAへのアーリーエントリーを発表した。 2018年4月26日には代理人であるNima Namakianと契約したことが発表された。 NBA [ ] で総合1位でに指名された。 サンズの50年のチームの歴史の中で、1位指名を獲得したのはエイトンが初めてだった。 にのためのサンズのチームに参加し、その5日後にルーキー契約にサインをした。 サマーリーグでは4試合で平均26. 8分の出場で、14. 5得点、10. 5リバウンド、1ブロックとまずまずの成績を残したが、それは高校、大学で数々の賞を総なめにし、全体1位で入団した彼にとってはやや期待はずれの出来となり、オールサマーリーグファーストチームには選ばれなかった セカンドチームでは選出。 2018年の開幕戦でデビューし、スターターとして36分の出場で18得点、10リバウンド、6アシスト、1ブロック、1スティールを記録し121対100でデビュー戦を白星で飾り、ダブルダブルも獲得した。 プレイスタイル [ ] 216cm、113kgの巨体の持ち主でありながら、身体能力も高い。 それでいて、サイズや身体能力に頼ることなくスキルでも他の選手を圧倒出来るものを備えている。 現在までのNBA選手では、と比較される。 脚注 [ ]• スポーティングニュース・ジャパン 1月5日. 2018年11月28日閲覧。 ESPN. 2018年11月28日閲覧。 KGUN 2016年9月6日. 2018年11月28日閲覧。 2018年11月28日閲覧。 Phoenix Suns. 2018年11月28日閲覧。 NBA. 2018年11月28日閲覧。 2018年11月28日閲覧。 [ ]• NBA 2018年10月27日. Twitter. 2018年11月28日閲覧。 ESPN 2018年5月18日. Youtube. 2018年11月28日閲覧。 外部リンク [ ]• ディアンドレ・エイトン --- 略歴と通算成績 --- , (英語) (英語).

次の