パート 賞与 所得税。 賞与にかかる所得税の計算法。算出率の表から簡単に計算できます

社員に配った商品券は給与課税されるのか?所得税法との関係は?

パート 賞与 所得税

『 パート・アルバイトを上手に雇用する 』 小売業やサービス業などの業種では良い人材を良い定着率で雇用することかが経営上重要な課題といえます。 中小企業が社員を雇用する場合に限られた費用と時間で選考を行なわざるを得ません。 その為、応募者の能力や適正を正しく判断することが難しいのが現状です。 そこで最初はパート・アルバイトで雇用し後に能力や適正を判断し正社員として採用する会社もあります。 パート・アルバイト社員に対しては賞与や社会保険の負担が少ないので、パート・アルバイト社員を多く雇用して、人件費を抑え収益を確保する企業が増えています。 飲食店やコンビニなどの物品小売店舗では、店長のみが正社員で他の社員はすべてパート・アルバイトという形態が常識となっています。 また、パート・アルバイトの能力に応じステージごとに時給を上げていくことによって仕事へのモチベーション向上を促す賃金体系を導入しています。 働く側も夫や親の扶養の範囲で働きたいと言った働き方の選択を求めています。 人材不足に悩み求人に苦労しているの現状を変え、パート・アルバイト社員をより良く雇用することによって会社の活力ある発展につなげていきましょう。 『 パート・アルバイトの税金と社会保険料負担の関係 』 1. 年間収入と税金・社会保険の関係 (1) 年収と本人が負担する税金・社会保険の関係 (パート・アルバイト社員の夫や扶養者が社会保険適用のサラリーマンを前提としています。 税金や社会保険の本人負担が全くないので得た収入がそのまま収入となるというメリットがあります。 こういった理由から100万円以下の働き方を考えるパート・アルバイトが多いのです。 年間収入金額が103万円を超えると本人の税金の負担が発生し、夫や扶養者の配偶者特別控除が収入に応じて減少していきます。 その為、夫や扶養者の所得税・住民税が増加することになります。 また年間収入130万円以上となると認められる場合には、夫や扶養者の社会保険扶養者から外れて自分で国民年金・国民健康保険料を負担する義務が生じます。 保険料の負担が非常に重くなるので、収入が増えても手取りが減ってしまうという矛盾した状態が生じてしまいます。 2. 所得税の徴収方法 パート・アルバイト社員であっても税法上は正社員と何ら変わりません。 毎月の給料から天引きする所得税は税額表から計算しますが、パート・アルバイトであっても「給与所得者の扶養控除等申告書」を会社に提出する必要があります。 「給与所得者の扶養控除等申告書」の提出があれば、平成20年4月現在の税額表で月額88,000以下(扶養0人の場合)であれば所得税の天引きはありません。 88,000円を超える場合には税額表の甲欄により源泉徴収を行ないます。 「給与所得者の扶養控除等申告書」の提出が無い場合には税額表の乙欄で高額の所得税を徴収しなければならなくなります。 3. 社会保険について 健康保険・厚生年金の社会保険に加入している会社の場合、正社員は社会保険に加入しなければなりません。 パート・アルバイト社員であっても次のいずれにも該当する場合には強制加入が原則となります。 (1)雇用契約期間が2月以上 (2)1日又は1週間の所定労働時間が一般社員の概ね4分の3以上 (3)1ヶ月の勤務日数が一般社員の所定労働日数の概ね4分の3以上 ただし、年収で130万円未満であり夫や扶養者が社会保険の加入者であれば、社会保険上では夫や扶養する者の扶養となれますので130万円を基準に給料を考えるのも一つの選択肢と言えます。 4. 雇用保険の加入について 正社員であれば雇用保険に加入させることが義務となっていますので、正社員は失業した際には雇用保険(俗称では失業保険といわれます。 )の給付が受けられます。 パート・アルバイト社員であっても、1週間の所定労働時間が30時間以上であれば、一般保険者として雇用保険に加入させることが出来ます。 また、1週間の所定労働時間が30時間未満でも、1週間の所定労働時間が20時間以上で、連続して1年以上雇用される見込みが有る人は、短時間労働被保険者として雇用保険に加入させることが出来ます。 会社としてはパート・アルバイト社員を雇用保険に加入させることは社会保険料の負担が増えることになりますが、労働意欲向上や会社への帰属意識を高める観点からパート・アルバイトであっても条件に当てはまる場合には雇用保険に加入している会社も見受けられます。 なお、65歳以上の方は雇用保険には加入することはできません。 mrzei.

次の

パートでも賞与をもらえる?法改正での影響や税金との関わりについても解説!

パート 賞与 所得税

賞与の所得税の計算には前月の給与を使う 所得税の計算上、賞与とは、毎月の給与とは別に支払われるものをさします。 たとえば、 ボーナス、賞与、夏期手当、年末手当、期末手当などの名目で支払われるものがあてはまります。 賞与から天引き(源泉徴収)される所得税は、次のような手順で計算されます。 賞与支給月の前月の給与を基準にする点が特徴です。 1 賞与支給月の前月の給与から社会保険料等を差し引きます。 2 上記 1 の金額と扶養親族等の数を「」に当てはめて、賞与の金額にかける税率を求めます。 このとき、「」を会社に提出している場合は「甲欄」を、提出していない場合は「乙欄」を参照します。 【例】Aさんの12月の賞与と前月(11月)の給与が次のとおりであった場合、12月の賞与から源泉徴収される税額を求めます。 12月の賞与(社会保険料等を差し引いた金額):80万円 11月の給与(社会保険料等を差し引いた金額):30万円 扶養家族等の人数:3人 Aさんは「給与所得者の扶養控除等申告書」を会社に提出しています。 11月の給与(社会保険料等を差し引いた金額)30万円と、扶養親族等の人数3人を「賞与に対する源泉徴収税額の算出率の表」に当てはめて、賞与の金額にかける税率を求めます。 Aさんは「給与所得者の扶養控除等申告書」を会社に提出しているので、甲欄を参照します。 表を参照すると、賞与にかける税率は4. 084%であることが読み取れます。 12月の賞与(社会保険料等を差し引いた金額)80万円に税率の4. 084%をかけた、32,672円が賞与から源泉徴収する所得税の額となります。 084%=32,672円 前月の給与がなかった場合 賞与支給月の前月の給与がなかった場合、賞与から源泉徴収される所得税は次のように計算されます。 2 1 の金額を6倍したものが、賞与から源泉徴収する所得税の額になります。 賞与が前月の給与の10倍を超える場合 前月の給与が極端に少ないなどの理由で、賞与の額が前月の給与の10倍を超える場合、賞与から源泉徴収される所得税は次のように計算されます。 なお、10倍を超えるかどうかは、前月の給与と賞与のどちらも社会保険料等を差し引いた後の金額で判定します。 2 1 の税額-(前月の給与から源泉徴収された税額)で求めた金額を6倍した額が、賞与から源泉徴収する所得税の額になります。 給与計算や社会保険料に関するより詳しい情報はこちら。 まとめ 賞与から源泉徴収される所得税は、前月の給与を基準にして税率が決まるなど、給与の場合とは異なる方法で計算されます。 多くの場合、賞与から源泉徴収される所得税の額は正しく計算されていることでしょう。 しかし、賞与は金額が大きいだけに、間違えると誤差も大きくなってしまいます。 もし、賞与の所得税の額が間違っているのではないかと心配になった場合は、ここでご紹介した計算方法をもとに、自分でチェックしてみてはいかがでしょうか。 なお、給与等支給時に徴収される源泉所得税額(復興特別所得税を含む)と年税額との過不足は年末調整にて精算(還付又は追徴)されます。 関連記事 監修:土屋 英則 税理士 ゆびすいグループは、国内8拠点に7法人を展開し、税理士・公認会計士・司法書士・社会保険労務士・中小企業診断士など約250名を擁する専門家集団です。 創業は70年を超え、税務・会計はもちろんのこと経営コンサルティングや法務、労務、ITにいたるまで、多岐にわたる事業を展開し今では4500件を超えるお客様と関与させて頂いております。 「顧問先さまと共に繁栄するゆびすいグループ」をモットーとして、お客さまの繁栄があってこそ、ゆびすいの繁栄があることを肝に銘じお客さまのために最善を尽くします。 お客様第一主義に徹し、グループネットワークを活用することにより、時代の変化に即応した新たなサービスを創造し、お客様にご満足をご提供します。

次の

パートがもらえる賞与・ボーナスって相場はいくらぐらい?

パート 賞与 所得税

POINT• パートやアルバイトに給与を支払ったら原則として源泉徴収の対象になる• 源泉徴収税額は社会保険を引いてから計算する• ボーナスやダブルワークなどでそれぞれ税額が違ってくる パート・アルバイトを雇ったら 法人や個人事業主が給与を支払う場合は、役員・正社員・パート・アルバイトなどの形態に関係なく、必ず「源泉徴収(げんせんちょうしゅう)」の対象になってきます。 源泉徴収とは、雇い主が給与から所得税の見込額として源泉所得税を預かり、本人に代わって税務署に納めるという制度のことです。 本来なら所得税は給与を受けた方が確定申告をするものですが、この制度によってほとんどの方は年末調整を受けることで税務署に申告しなくて済むことになります。 雇い主の手続きとして、初めて人を雇ったら、まず税務署へ「」を提出します。 従業員は必要に応じて「」を雇い主に提出します。 毎月の給与から源泉所得税を計算して預かり、その税額を翌月10日までに納めます。 常時10人未満であれば、半年に1回まとめて納める特例もあります。 12月になると、年末調整を行い、従業員の年間の所得税を精算します。 年明け1月には従業員の市区町村へ給与支払報告書を提出します。 市区町村はこれをもとに従業員の住民税を計算することになります。 また、今回は税務のお話しですので詳しくはふれませんが、雇用保険・労災保険・健康保険・厚生年金なども関係してきますので、ぜひ確認しておいてくださいね。 源泉徴収税額の計算のしかた では、実際に給与から税額をいくら預かったらいいのか、その手順を見ていきましょう。 支給額のうち交通費(定期代や実費)については非課税となりますので、パート代100,000円が対象です。 004%)となります。 この場合、99,000円以上101,000円未満の行で扶養親族ゼロのところ、720円が源泉徴収税額となります。 利用する際は、対象年をご確認のうえ、ご利用ください) この計算をもとに、給与明細書を作成します。 注意したいのは、税額表で行を探すときは健康保険や厚生年金、雇用保険の本人負担分を引いた後の金額を使用するということです。 気をつけたい、源泉徴収税額の求め方の違い さて、先ほどは「甲欄」で税額を計算しましたが、じつは雇われている人の状況や給与の種類によって、預かる税額が違ってくるんです。 まずは計算で使う税額表の違いです。 計算で使う税額表の違い• 半月ごとや10日ごと、3カ月ごと、半年ごとなど、1カ月単位での給与支払いでないときは給与を月換算して計算します。 週払いなど日払いでないときは給与を1日換算して計算します。 ボーナスの場合は前月の給与がいくらだったかで税率が決まります。 次に、使用する欄の違いです。 税額表で使用する欄の違い• 給与所得者の扶養控除等(異動)申告書がなければ年末調整もできません。 (編集部注:丙欄適用者とは、以下の要件にあてはまる場合を指します。 その方が原則として1年以上日本に住んでいるときなど「居住者」にあたるときは上記の扱いでよいです。 しかし、短期就労などの「非居住者」となるときは、一律20. 42%の税率となり、その方の居住国によっては租税条約によりその源泉徴収の軽減や免除を受けることもできます。 国によって扱いが違いますので、税務署等で確認してみましょう。 まとめ いかがでしたでしょうか。 人を雇うときは教育や社会保険の負担など時間やお金のコストがかかるほか、税金・社会保険などの様々な事務作業を伴うことになります。 また、平成28年からはマイナンバーの取り扱いも始まっていますので、給与ソフトなどを利用して作業をラクにするとともに情報漏えいの対策も考えたいところですね。 【関連記事】•

次の