土マグナ 2100万。 【グラブル】土古戦場EX+(2000万)肉集めの編成例を紹介!(土マグナ編成)|こーひーのグラブル攻略ガイド

【グラブル】土古戦場EX+2000万1ターン編成紹介

土マグナ 2100万

多くの方が参考にしやすいように• エーケイ・フォーエイなし• ウリエルなし• 久遠の指輪なし• ザ・ハングドマンSR3凸• マグナ編成 以上の条件での編成となります。 黄龍クリュサオル3ポチ0召喚 バザラガがいる場合 使用キャラ 主人公クリュサオルに最終シエテ、バザラガ、最終オクトー。 サブは誰でも可。 バザラガの3アビ「味方全体の奥義ゲージ30%UP」によって、オクトーが2回奥義を発動できます。 主人公のアビリティは「デュアルアーツ」と「アーセガル」。 装備編成• CW:5凸ユグ剣• ゴブロ斧5本• オールド・ペルセウス• 4凸永遠拒絶の竪琴 チェンバ上限• 4凸天司武器 オメガ刀の第一スキルは連撃ではなく渾身にしないと、火力的に厳しいと思われます。 オールド・ペルセウスはコスモスAT斧でもOKです。 召喚石はメイン黄龍。 いわゆる黄龍クリュサオル編成。 バザラガは指輪で渾身や奥義ダメージUPが付いていないとちょっと足りなくなるかもしれません。 非AT、3ポチ0召喚で約2043万ダメージ。 20回ほど試してみましたが、1度も2000万を下回ることはありませんでした。 キャラの配置はシエテとバザラガが逆になっているのがベストなのですが、その場合バザラガの奥義ダメージが約50万ほど低下し、2000万を下回りました。 バザラガがいない場合 バザラガの代わりに最終サラーサを編成。 バザラガなし編成の場合称号「十天衆を統べし者」が必須で、ないとポチ数が増加します。 装備編成• CW:無銘金重• ゴブロ斧5本• 4凸永遠拒絶の竪琴 チェンバ上限• オールド・ペルセウス• 4凸天司武器 無銘金重は奥義効果に「味方全体の奥義ゲージ10%UP」を持つため、CWに据えると2番手以降のキャラも奥義を発動できるようになります。 メイン武器はオメガ剣でも良いと思われます。 なお、この編成はアーセガル 約170万ダメージ で敵のオーバードライブゲージがオクトー3アビで30%吸収できる分溜まる、という前提で成り立ちます。 トライアルの敵にはゲージがなくオクトーで吸えないため、エリクシールを使用して同じ状況にしています。 無銘金重は攻刃スキルを持たないため、基礎火力は落ちます。 こちらも 非AT、3ポチ0召喚で約2025万ダメージ。 サラーサの奥義ダメージはかなりぶれるため、2000万を下回ることもありました。 なので先述したように、オメガ刀をメイン武器とする場合にはジークフリートの方が良いと思います。 黄龍なしクリュサオル3ポチ0召喚 キャラ編成 最終シエテ、バザラガ、最終オクトーの3人。 サブは誰でもOK。 十天統べ称号がないとポチ数が増えます。 装備編成• CW:無銘金重• ゴブロ斧3本• 永遠拒絶の竪琴 チェンバ上限• オールド・ペルセウス• ゴブロ刀• 白虎咆拳・邪• 4凸天司武器 ゴブロ刀は5凸ユグ剣やオールド・ペルセウスがあればそちらの方が良いです。 この編成ではメインユグ、フレ石もユグで黄龍は使いません。 各キャラの個別のダメージは最初に紹介した編成のものとほとんど同じなので割愛します。 白虎咆拳・邪により、主人公とオクトーの与ダメージは少し上がっています。 非AT、3ポチ0召喚で約2059万ダメージ。 この編成は両面ユグで火力が確保しやすいのでゴブロ斧が5本でなく3本で済む点、黄龍がいらない点がメリットです。 一方無銘金重、バザラガ、統べ称号と必須のものも多いです。 鰹剣豪2ポチ1召喚 キャラ編成 主人公剣豪に最終オクトー、最終シエテ、ジン。 サブは誰でもOK。 ジンは奥義ゲージが200%までたまるため、剣豪やオクトーと同じように1ターン内に2連続で奥義を発動することができます。 ジンの指輪LBでは攻撃2700のみが付いています。 2番手にオクトーを置かないと無駄にポチ数が増えるので注意。 装備編成• コスモスAT斧• ゴブロ斧5本• オールド・ペルセウス• 4凸永遠拒絶の竪琴 チェンバ上限• 4凸天司武器 火力役の剣豪、オクトー、ジンが全員刀得意であり攻撃タイプです。 非AT、2ポチ1召喚で約2087万ダメージ。 ジンに渾身や奥義ダメージUPの指輪LBをつけられればもしかしたら届くかもしれません。 メカニック5ポチ0召喚 キャラ編成例 主人公メカニックに最終オクトー、リミテッドカイン、ジン。 サブは誰でも可。 カインの枠は防御ダウンを持つ他のキャラでも良さそうですが、カインならコスモスPC武器を入れなくてよくなるため火力が確保しやすいです。 装備編成例• メイン:適当な銃• ゴブロ斧3本• オールド・ペルセウス• ゴブロ刀• 永遠拒絶の竪琴 チェンバ上限• ラスト・シャフレワル• 4凸天司武器 土の銃はエーケイとそれ以外では天地の差があり、エーケイがない場合はどれもほとんど同じです。 裁きの雷鳴かマイムールビジョンでOK。 もしあれば十狼雷が良いでしょう。 画像は無凸ガストラフェテス。 両面ユグマグで確定クリティカル。 主人公のミストとカインの1アビで敵の防御を下限まで下げます。 カインの1アビには弱体耐性ダウン も付いており、これにより主人公のミストの命中率が安定します。 よって先述のようにカインがいない場合はコスモスPC武器を編成してミストの命中率を補助しなければなりません。 非AT、5ポチ0召喚で約2098万ダメージ。 エーケイなしのメカニックだと、クリュサオルや剣豪と比べてどうしてもポチ数は多くなりがちです。 guraburukouryakusinannjo.

次の

【グラブル】終末4凸土マグナ2100万EX+1ターン肉集め編成を複数パターン紹介

土マグナ 2100万

奥義ダメージUP系のLBは全振りしてます。 永遠拒絶の竪琴が4凸の場合 まずは 終末武器 永遠拒絶の竪琴 4凸の状態での編成を紹介します。 ジークのところは最終サラーサ・ダーントでもいけます。 ユグ剣・オールド・ペルセウスのところはユグ剣2本、オールド・ペルセウス2本でもいいです。 ゴブロ刀でもダメージはなんとか足りるかも ダメージ上限が足りなければ、ハングドマンや白虎邪 アンダリス あたりを入れれば足りると思います。 オメガ・終末武器に渾身を付ければダメージに余裕は出ます。 また、土オメガ剣or刀を持ってるならメインに装備することで、奥義効果でダメージを伸ばせます。 永遠拒絶の竪琴を5凸している場合 永遠拒絶の竪琴を5凸している場合は、第三スキルに渾身を付けることでダメージを大きく伸ばせます。 そのため、ポチ数を減らしやすくなります。 非AT メカニック2ポチ 土船・土炉あり メカニック1・2の2ポチです。 ダメージはギリギリなので、ハングドマンの凸段階が足りてない場合や、ウリエル未所持の場合は結構厳しいと思います。 もし、ダメージ上限が足りない場合は、白虎邪 アンダリス を入れる。 それか指輪で奥義上限UP系の能力を付けてください。 メインはクリュサオルの英雄武器 「ヴァッサーシュパイアー」にしてます。 ヴァッサーシュパイアーに 魔獄を付けることで、奥義発動時に追加ダメージ 合計2回 が付くのでダメージを伸ばしやすいです。 また、この追加ダメージはアビリティ枠なので、オメガ・終末武器の アビリティダメージ上限UPでダメージを伸ばせます。 アビダメ上限UPを付ける場合はどちらか片方でOK 土オメガ刀の部分は土オメガ剣。 ユグ剣5凸の部分は、オールド・ペルセウスでも代用できます。 AT ATに 団アビを被せてる団が多いので、トライアルで少しダメージが足りてなくても 上限が足りてるなら、古戦場中は2000万に届くことが多いです。 上限が足りてるかどうかは、ミスト等を入れて試してみてください。 銃ジョブ1ポチ 土船・土炉あり オクトー1アビのみの1ポチです。 ちなみに、指輪厳選 奥義上限UPを付ける をしたり、ハングドマンやウリエルを凸っている場合は0ポチでもいけると思います。 クリュサオル1ポチ 土船・土炉あり デュアルアーツのみの1ポチです。

次の

土古戦場2100万 ダメージの出し方について【グラブル】

土マグナ 2100万

多くの方が参考にしやすいように• エーケイ・フォーエイなし• ウリエルなし• 久遠の指輪なし• ザ・ハングドマンSR3凸• マグナ編成 以上の条件での編成となります。 黄龍クリュサオル3ポチ0召喚 バザラガがいる場合 使用キャラ 主人公クリュサオルに最終シエテ、バザラガ、最終オクトー。 サブは誰でも可。 バザラガの3アビ「味方全体の奥義ゲージ30%UP」によって、オクトーが2回奥義を発動できます。 主人公のアビリティは「デュアルアーツ」と「アーセガル」。 装備編成• CW:5凸ユグ剣• ゴブロ斧5本• オールド・ペルセウス• 4凸永遠拒絶の竪琴 チェンバ上限• 4凸天司武器 オメガ刀の第一スキルは連撃ではなく渾身にしないと、火力的に厳しいと思われます。 オールド・ペルセウスはコスモスAT斧でもOKです。 召喚石はメイン黄龍。 いわゆる黄龍クリュサオル編成。 バザラガは指輪で渾身や奥義ダメージUPが付いていないとちょっと足りなくなるかもしれません。 非AT、3ポチ0召喚で約2043万ダメージ。 20回ほど試してみましたが、1度も2000万を下回ることはありませんでした。 キャラの配置はシエテとバザラガが逆になっているのがベストなのですが、その場合バザラガの奥義ダメージが約50万ほど低下し、2000万を下回りました。 バザラガがいない場合 バザラガの代わりに最終サラーサを編成。 バザラガなし編成の場合称号「十天衆を統べし者」が必須で、ないとポチ数が増加します。 装備編成• CW:無銘金重• ゴブロ斧5本• 4凸永遠拒絶の竪琴 チェンバ上限• オールド・ペルセウス• 4凸天司武器 無銘金重は奥義効果に「味方全体の奥義ゲージ10%UP」を持つため、CWに据えると2番手以降のキャラも奥義を発動できるようになります。 メイン武器はオメガ剣でも良いと思われます。 なお、この編成はアーセガル 約170万ダメージ で敵のオーバードライブゲージがオクトー3アビで30%吸収できる分溜まる、という前提で成り立ちます。 トライアルの敵にはゲージがなくオクトーで吸えないため、エリクシールを使用して同じ状況にしています。 無銘金重は攻刃スキルを持たないため、基礎火力は落ちます。 こちらも 非AT、3ポチ0召喚で約2025万ダメージ。 サラーサの奥義ダメージはかなりぶれるため、2000万を下回ることもありました。 なので先述したように、オメガ刀をメイン武器とする場合にはジークフリートの方が良いと思います。 黄龍なしクリュサオル3ポチ0召喚 キャラ編成 最終シエテ、バザラガ、最終オクトーの3人。 サブは誰でもOK。 十天統べ称号がないとポチ数が増えます。 装備編成• CW:無銘金重• ゴブロ斧3本• 永遠拒絶の竪琴 チェンバ上限• オールド・ペルセウス• ゴブロ刀• 白虎咆拳・邪• 4凸天司武器 ゴブロ刀は5凸ユグ剣やオールド・ペルセウスがあればそちらの方が良いです。 この編成ではメインユグ、フレ石もユグで黄龍は使いません。 各キャラの個別のダメージは最初に紹介した編成のものとほとんど同じなので割愛します。 白虎咆拳・邪により、主人公とオクトーの与ダメージは少し上がっています。 非AT、3ポチ0召喚で約2059万ダメージ。 この編成は両面ユグで火力が確保しやすいのでゴブロ斧が5本でなく3本で済む点、黄龍がいらない点がメリットです。 一方無銘金重、バザラガ、統べ称号と必須のものも多いです。 鰹剣豪2ポチ1召喚 キャラ編成 主人公剣豪に最終オクトー、最終シエテ、ジン。 サブは誰でもOK。 ジンは奥義ゲージが200%までたまるため、剣豪やオクトーと同じように1ターン内に2連続で奥義を発動することができます。 ジンの指輪LBでは攻撃2700のみが付いています。 2番手にオクトーを置かないと無駄にポチ数が増えるので注意。 装備編成• コスモスAT斧• ゴブロ斧5本• オールド・ペルセウス• 4凸永遠拒絶の竪琴 チェンバ上限• 4凸天司武器 火力役の剣豪、オクトー、ジンが全員刀得意であり攻撃タイプです。 非AT、2ポチ1召喚で約2087万ダメージ。 ジンに渾身や奥義ダメージUPの指輪LBをつけられればもしかしたら届くかもしれません。 メカニック5ポチ0召喚 キャラ編成例 主人公メカニックに最終オクトー、リミテッドカイン、ジン。 サブは誰でも可。 カインの枠は防御ダウンを持つ他のキャラでも良さそうですが、カインならコスモスPC武器を入れなくてよくなるため火力が確保しやすいです。 装備編成例• メイン:適当な銃• ゴブロ斧3本• オールド・ペルセウス• ゴブロ刀• 永遠拒絶の竪琴 チェンバ上限• ラスト・シャフレワル• 4凸天司武器 土の銃はエーケイとそれ以外では天地の差があり、エーケイがない場合はどれもほとんど同じです。 裁きの雷鳴かマイムールビジョンでOK。 もしあれば十狼雷が良いでしょう。 画像は無凸ガストラフェテス。 両面ユグマグで確定クリティカル。 主人公のミストとカインの1アビで敵の防御を下限まで下げます。 カインの1アビには弱体耐性ダウン も付いており、これにより主人公のミストの命中率が安定します。 よって先述のようにカインがいない場合はコスモスPC武器を編成してミストの命中率を補助しなければなりません。 非AT、5ポチ0召喚で約2098万ダメージ。 エーケイなしのメカニックだと、クリュサオルや剣豪と比べてどうしてもポチ数は多くなりがちです。 guraburukouryakusinannjo.

次の