尽力とは。 尽力(じんりょく)の意味と正しい使い方

就活にも使える「ご尽力」「お力添え」の正しい意味と使い方【例文あり】

尽力とは

注力と尽力の違い 注力と尽力の違いを分かりやすく言うと、 注力はある物事に対して力を入れること、力を入れて集中することを意味していて、尽力は、ある物事に対して持っている力の全てを尽くして取り組むことを意味しているという違いです。 注力というのは、物事に対して力を注ぐことを意味しています。 この言葉は、もともとは現代で作られた造語であり、辞書によっては載っていないこともあります。 何かの物事を集中して行う際などに使用される表現です。 しかし、この注力という言葉を使った場合には、どの程度の力を注いでいるのかというのは、人によって異なるものです。 注力という言葉には、力をかける具合の程度を示す意味は含まれていません。 そのため、注力という言葉を使う際には、程度を示す言葉と共に使われることもあります。 例えば「精一杯に注力して」などのように使用されることもある言葉です。 ただし「注力を注ぐ」という表現はしません。 これは注ぐという意味が重複しています。 一方の尽力というのは、物事に対して持っている力の全てを注ぎ切るという意味を持つ言葉です。 尽力の「尽」という字は、尽くすという意味を持つので、尽力という言葉だけで、全部の力を尽くすという意味になります。 尽力という言葉は、ビジネスシーンなどでもよく使用される言葉です、「御社のご尽力に感謝いたします」などのように使われ、相手側が全力をかけてくれたことに感謝をするような場面で使われる表現です。 他にも「ご尽力を賜り」「ご尽力をいただき」などのように使用されます。 「尽力を尽くす」という表現はしないので注意が必要です。 これは「注力を注ぐ」と同じように重複の表現になります。 注力の意味 注力とは、 有る事に力を入れること、力を入れて集中することを意味しています。 注力という言葉は、物事に「力」を「注ぐ」ことを意味している言葉です。 注力の「注」というのが「注意」や「注目」の「注」であると考えると分かりやすいでしょう。 注力という言葉は、何かに力を注ぐこと、力を入れて集中して行うことを意味している言葉です。 例えば「問題の解決に注力する」や「わかりやすい表現になるように注力する」などのように使用されるものです。 この注力という言葉は、現代語として登場した表現であり、辞書によっては載っていない場合もあります。 注意して力を入れることを示して「注力」と使用されたのがはじまりであり、本来は造語でした。 注力というのは、それだけで「力を注ぐ」という意味を持つ言葉なので、「注力を注ぐ」という表現をすると意味が重複してしまうので注意が必要です。 物事を集中して行う時や、力を入れて行う際に「注力する」という表現で使用するようにします。 注力というのは、物事に力を集中させる意味を持ちますが、全力を注ぐという意味は持ちません。 力の入れ加減は人によって異なるものです。 注力というのは、なるべく集中して行うという意味を持つものであると覚えておくようにしましょう。 注力の「注」という字は、そそぐ、流し込む、一点にむける、集める、解き明かすなどの意味を持つ漢字です。 つまり、注力とは、力を一点にむける、集める、流し込むなどの意味を持つ言葉であるとわかります。 注力の「注」という字を使った別の単語としては、注意深くじっと見ることを意味する「注視」、注意して見つめることや関心をもって見守ることを意味する「注目」、本文に注を加えて意味を説明することを意味する「注解」などがあります。 尽力の意味 尽力とは、 目的の実現のために力を尽くす事や、力を注ぎ切ることを意味しています。 尽力という言葉は、「力」を「尽くす」ことを意味している言葉です。 尽力の「尽」という漢字が、全てを出し切るという意味を持つと考えると分かりやすいでしょう。 尽力というのは何かの目的を実現させるために、持っている力を全て尽くすことを意味している言葉です。 例えば「地元の活性化に尽力する」などのように使用されるものです。 この尽力という言葉は、社会や人のために役に立つことを意味する「寄与」(読み方:きよ)や、わが身を犠牲にして尽くすことを意味する「献身」(読み方:けんしん)などと類語であるとされています。 このように、自分の身を犠牲にしても力を尽くしきることを意味するのが「尽力」という言葉です。 覚悟を持って、物事に全身全霊で向かっていくような意味を持つ言葉であると覚えておくようにしましょう。 尽力の「尽」という字は、つくす、出し切る、ことごとく、すっかりなどの意味を持つ漢字です。 つまり、尽力とは、力を出し切る、力をことごとくつくす、などの意味を持つ言葉であるとわかります。 尽力の「尽」という字を使った別の単語としては、忠義を尽くすことや、国家や君主に対して真心を尽くして仕えることを意味する「尽忠」、月または年の末日や終日を意味する「尽日」などがあります。 注力の例文 10.その小学校では予防歯科に注力しており、生徒の虫歯発生率の低さは全国ランキング1位である。 この言葉がよく使われる場面としては、ある物事に力を入れることや、集中して力を注ぐことを表現したい時などが挙げられます。 注力という言葉は、現代で使われるようになった造語であり、辞書によっては載っていないこともあります。 注力というのは、物事に力を注ぐことを意味している言葉ですが、どの程度の力を注ぐのかということについては、その人それぞれに個人差があります。 また対している物事の重大さによっても力をかける程度は変わってくるものです。 注力という言葉を使った場合には、力を注ぐことしかわからず、その程度については言葉だけの意味ではわからないものであると覚えておくようにしましょう。 尽力の例文 10.山田氏は長年に渡ってこの地域の発展にご尽力いただきました。 謹んでご冥福をお祈りいたします。 この言葉がよく使われる場面としては、ある目的を達成するため、力を尽くして実現させることを表現したい時などが挙げられます。 尽力というのは、持てる力を全て注いで目標達成に向かっていくことを意味しています。 尽力という表現は、例文にあるようにビジネスシーンなどでもよく使用される言葉です。 目上の人や立場が上の人に力を貸して貰った場合などに「ご尽力を賜り感謝いたします」などのように使用します。 これは最大限の力を尽くしてもらって、ありがとうございます、という意味を示すものであり、感謝の言葉などと共に使われるものであると覚えておくようにしましょう。

次の

「尽力いたします」の意味とビジネスでの使い方|メール/履歴書

尽力とは

「尽力を尽くす」の意味について前述しましたが、「尽力を尽くす」の「尽力」は、「力を尽くすこと」で、「尽くす」は「出し切る、尽力する」の意味を持つので、言葉が同じ意味を持っていることをご理解いただけたでしょうか? これは「重複表現」といい、同じ言葉を使うことで意味を強調したり、理解を確実にする効果があります。 日本語独特の表現のため、絶対に間違っているとは言い切れませんが、ビジネスシーンで使う場合には誤った使い方に該当するので、「尽力させていただきます」と使うのが正しいと言えます。 「ご尽力」を動詞として使う場合、すでに「尽くす」という意味を持っているので、「ご尽力を尽くす」といった二重表現は誤用になるので、注意しましょう。 相手に対して敬意を示す 丁寧に表現する ために、尽力の前に「ご」をつけて、ご尽力とします。 たった一語「ご」を付けるだけで、目上の人に対して使える敬語表現になります。 ただし、尊敬表現は自身のことには使うことができませんので、そのことに留意した上で実際どのような場面で使えるのかを具体例と合わせて見てみましょう。 相手に助けてもらったり、協力してもらったことに対して謝意を示すことができます。 「ご尽力」を動詞ではなく名詞としてそのまま使います。 ほぼ同じ意味を伝えるこの2パターンの使いこなしができれば、表現の幅が広がります。 「ご尽力の賜物」の正しい使い方と例文 【賜物の意味】 1 恩恵や祝福として与えられたもの。 たまわりもの。 2 あることの結果として現れたよいもの、または事柄や成果。 つまり「力を尽くした結果としての成果」が「尽力の賜物」となります。 相手の協力を得て何らか成果を出せたことを表現する際のフォーマルな表現が「ご尽力の賜物」です。 誰かに助けてもらった時には最大限の謝意を失礼なく伝えたいものですが、ここで敬語表現に共通する注意点について配慮しなくれはなりません。 その注意点とは「書き言葉」と「話し言葉」の違いです。 「ご尽力の賜物」を話し言葉として会話で伝えたい場合は、「ご尽力いただいたおかげです」と伝えることで、失礼なく最大限の謝意を伝えることができます。

次の

【注力】と【尽力】の意味の違いと使い方の例文

尽力とは

間違い:これからも当プロジェクトに尽力を尽くしていく所存です。 の意気込みを伝えるシーンですが「尽力を尽くす」なんて言ってしまうと、相手は違和感を持ってしまいます。 「重複表現は間違いではない」という声もありますが、「頭痛が痛い」という重複表現を聞いた場合、「正しい日本語が使えていない人だ」と思われてしまいます。 ビジネスシーンで使ってしまわないよう、普段から気をつけたいものです。 また、似たようなで 「尽力を注ぐ」という表現もありますが、こちらも重複表現に当たります。 「力を尽くすことを注ぐ」と、これも「尽くす」「注ぐ」と動詞が2回使われているからです。 こちらも、うっかり使ってしまわないようご注意ください。• 例:これもひとえに貴殿のご尽力の賜物です。。 例文は「今回のことはただただあなたが力を尽くしてくださった結果のことです。 本当にありがとうございます」という意味です。 3.「ご尽力」の類語 「ご尽力」と同じく目上の方に使うことができる類語には「お力添え」「ご助力」「ご支援」と言った言葉があります。 それぞれ例文をまじえて確認していきましょう。 3-1.「お力添え」 「お力添え」とは、「手を貸すこと」「手伝うこと」という意味の丁寧な表現です。 相手からの支援を丁寧に感謝する時に主に使われる言葉です。 「ご尽力」と違い、 相手が力を尽くすほどの努力を必要としないことから、 依頼の際にも使うことができます。 I appreciate for making efforts for this negotiation. 「ご尽力」を「make efforts」で表しています。 また、「ご尽力を賜り」「お礼申し上げます」ということから、「sincerely=心から」という意味の単語を使っています。 「sincerely」は、ビジネスメールの結びの言葉の中でも丁寧でフォーマルなものとして使われていますので、英語でかしこまった文章を作りたい時に便利な単語です。 5.まとめ いかがでしたでしょうか。 「ご尽力」は依頼の場面では使わない、「お力添え」は自分のことを言う時には使わない、など、似たような意味を持つ言葉であっても使い方が異なることを、今回解説いたしました。 言葉を正しく使ってこそ、周囲からの信頼を積み重ねることができます。 私たちはこれからも、今すぐ使えるビジネス用語の解説に「尽力」して参ります。

次の