むげんだいな 育成論。 ゴリランダーの育成論・調整|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

【ポケモン剣盾】トゲキッスの育成論と対策

むげんだいな 育成論

火力も受けポケモンの中では高い方なので、攻撃していけるのも優秀だ。 くろいきりで積み技をケア くろいきりを搭載すれば、相手の積みポケモンに起点にされずに立ち回れる。 こごえるかぜですばやさを下げた後にくろいきりを使うと、すばやさも元に戻ってしまうので注意しよう。 かえんだまで状態異常が効かない かえんだまが発動すれば状態異常が効かなくなる。 しかし、かえんだまが発動する前にどくどくを入れられると、ふしぎなうろこは発動するが毒で削り切られる可能性があるため注意。 サイクル戦だとドヒドイデの方が強い サイクル戦に関しては、同じ耐久ポケモンのドヒドイデの方が使いやすい。 さいせいりょくを持つため、HP管理もしやすいのが特徴。 ドヒドイデとの差別化としては、火力があるため自身でポケモンを倒しにいける点だ。 かえんだま型の対策 ポケモン 立ち回り ・水・氷技を半減で受けられる ・電気技で弱点を突ける ・ ミラーコートに注意 ・水・氷技を半減で受けられる ・電気技で弱点を突ける ・ ミラーコートに注意 ・ちょすいで水技が無効 ・電気技を習得する ・ ミラーコートに注意 ・水技を半減で受けれる ・パワーウィップを習得 ・ ねっとうのやけどに注意 ・氷わざが等倍で入ってしまう ・水技を半減で受けられる ・草技をタイプ一致で撃てる ・ ねっとうのやけどに注意 ミラーコートをケアする ミロカロスはミラーコートを持っていることがある。 特殊技で攻撃すると返り討ちにされるため、ミラーコートをケアしつつ戦うことが必要。 ボルトチェンジからあくタイプに繋げる ミラーコートはエスパー技なので、あくタイプで無効化できる。 立ち回りの一例として、 ボルトチェンジでダメージを入れつつ、あくタイプを出してミラーコートを無効化することも可能。 やけどにならない場合かちきを疑う 1ターン目終了時にやけどが発動しなかったら、かちきを疑って戦おう。 能力が下がると特攻が2段階上昇するため、いかくやダイマックス技などでミロカロスの能力を下げないように気をつけるのがコツだ。 ポケモン剣盾の攻略関連記事 DLCの攻略情報.

次の

【最強ポケモン】ミミッキュの育成論12種類・超解説【応用編】

むげんだいな 育成論

火力も受けポケモンの中では高い方なので、攻撃していけるのも優秀だ。 くろいきりで積み技をケア くろいきりを搭載すれば、相手の積みポケモンに起点にされずに立ち回れる。 こごえるかぜですばやさを下げた後にくろいきりを使うと、すばやさも元に戻ってしまうので注意しよう。 かえんだまで状態異常が効かない かえんだまが発動すれば状態異常が効かなくなる。 しかし、かえんだまが発動する前にどくどくを入れられると、ふしぎなうろこは発動するが毒で削り切られる可能性があるため注意。 サイクル戦だとドヒドイデの方が強い サイクル戦に関しては、同じ耐久ポケモンのドヒドイデの方が使いやすい。 さいせいりょくを持つため、HP管理もしやすいのが特徴。 ドヒドイデとの差別化としては、火力があるため自身でポケモンを倒しにいける点だ。 かえんだま型の対策 ポケモン 立ち回り ・水・氷技を半減で受けられる ・電気技で弱点を突ける ・ ミラーコートに注意 ・水・氷技を半減で受けられる ・電気技で弱点を突ける ・ ミラーコートに注意 ・ちょすいで水技が無効 ・電気技を習得する ・ ミラーコートに注意 ・水技を半減で受けれる ・パワーウィップを習得 ・ ねっとうのやけどに注意 ・氷わざが等倍で入ってしまう ・水技を半減で受けられる ・草技をタイプ一致で撃てる ・ ねっとうのやけどに注意 ミラーコートをケアする ミロカロスはミラーコートを持っていることがある。 特殊技で攻撃すると返り討ちにされるため、ミラーコートをケアしつつ戦うことが必要。 ボルトチェンジからあくタイプに繋げる ミラーコートはエスパー技なので、あくタイプで無効化できる。 立ち回りの一例として、 ボルトチェンジでダメージを入れつつ、あくタイプを出してミラーコートを無効化することも可能。 やけどにならない場合かちきを疑う 1ターン目終了時にやけどが発動しなかったら、かちきを疑って戦おう。 能力が下がると特攻が2段階上昇するため、いかくやダイマックス技などでミロカロスの能力を下げないように気をつけるのがコツだ。 ポケモン剣盾の攻略関連記事 DLCの攻略情報.

次の

【ポケモン剣盾】メタモンの育成論と対策

むげんだいな 育成論

特性のてんのめぐみは技の追加効果を発動しやすくなるもの。 素早さで上をとり、ひるみが6割で増したエアスラッシュで、 一方的にひるませ続ける戦法が可能だ。 S252の努力値は必須 エアスラッシュを使うなら上を取らなければ意味がないので、S振りは必須。 ダイマックス主軸ならきょううん てんのめぐみだけでなく、きょううんもおすすめの特性。 ダイマックス技は追加効果が確定で発動するので てんのめぐみの効果が無駄になってしまう。 自由枠では、受け対策にアンコールやみがわりもおすすめだ。 トゲキッスの対策 対策おすすめポケモン ポケモン 解説 【メリット】 ・砂嵐なら特防が1. トゲキッスよりも早いポケモンで戦うか、素早さを上げた状態で戦おう。 遅いポケモンで戦うならダイマックスする トゲキッスに対して上を取れない場合は、ダイマックスして戦おう。 ダイマックス中はひるまないので、エアスラッシュに怯えずに反撃できる。 弱点保険を警戒して立ち回る トゲキッスの弱点保険を発動してしまうと、ダイジェットのS上昇と合わせて手が付けられなくなる。 倒しきれない場面では弱点の技で攻撃しないなど、弱点保険を発動させない立ち回りが重要だ。 ポケモン剣盾の攻略関連記事 DLCの攻略情報.

次の