きみ の 友だち あらすじ。 『きみの友だち』(重松清)は鎌倉学園中、公文国際学園中で出題されました!国語の入試問題の内容を紹介します!

重松清『きみの友だち 』

きみ の 友だち あらすじ

そろそろ夏休みですね。 読書感想文の季節。 この季節になると、各出版社から文庫本の紹介の小さい冊子が出るんですけど、 あれが好きです。 集英社だと「ナツイチ」とか、「新潮文庫の100冊」、角川文庫の「カドフェス」とかね。 学校で配布されたり本屋さんにおいてあったりもするので、見つけたら毎年テンションあがります。 そんなわけで(?)、今日は 読書感想文におすすめの一冊を。 重松清「きみの友だち」 あらすじ・感想 本棚に並んでる小説、ミステリー以外のジャンルなら重松清さんの作品が一番多いと思う。 ドラえもんばっかり読んでいる長男くん、おままごとに夢中な次男くん。 もう少し大きくなったら、 どうか重松さんの作品に触れてみてほしい。 本棚にあるからね。 では まずあらすじから。 ネタバレなしです。 足の不自由な恵美ちゃんと病気がちな由香ちゃんは、ある事件がきっかけでクラスのだれとも付き合わなくなった。 学校の人気者、ブンちゃんは、デキる転校生、モトくんのことが何となく面白くない…。 優等生にひねた奴。 弱虫に八方美人。 それぞれの物語がちりばめられた、「友だち」のほんとうの意味をさがす連作長編。 では早速。 ここから感想です。 ネタバレなしです。 恵美ちゃんと、その周囲にいる人たちが各章の主人公となって描かれている物語。 どの話も同じ「僕」が語り手となって綴られていて、 「僕」って誰なんだろうとずっと気にしながら読みました。 この「僕」がね、各章の冒頭あたり、主人公となる人物に向けて、 「次はきみの番だ」とか 「これからきみの話をする」みたいなことを語りかけるんです。 あ、ちょっとそのあたりの細かい言い回しはうろ覚えなんで、ニュアンスだけ感じ取ってくださると助かります。 (本棚まで行って確認、を面倒くさがるダメな人間はわたしです。 ) この語りかけに 一瞬ドキッとするんです。 自分に向けられてるみたいで、そして「僕」に全部自分のことを見透かされているみたいで。 重松さん、やっぱり上手い。 こういう書き方をされているので、いろいろな「きみ」を身近に感じ、自分や自分の周りの人と重ねたりということが、一層しやすくなっている。 しやすいというか、どうしてもしてしまう。 そこに重松さんの上手さがある。 重松さんのこと、いつも褒めてる気がする。 誰が不満を言えよう。 そう、 いつになく真面目に書いてます。 そして 収集のつけ方がわからなくなって困ってます。 誰か助けて。 うーん、あんまり上手くまとまらなかったぞ、やっぱり。 そして、 最終章でついに「僕」の正体がわかります。 スッキリ。 そうきたか。 あとがきで重松清さんがこのラストについてのエピソードだかなんだか(おい)を書かれていて、 それもぜひ読んでほしいです。 重松作品はほんと、子どもから大人まで、どの世代が読んでもそれぞれ得るもの感じるものがあると思うし、重松先生の優しい語り口が全然押し付けがましくなくて、わたしみたいなひねくれ者でも素直に受け止められるから助かります。 (どんな褒め方) こちらもよろしくお願いします。 最近の投稿• 最近のコメント• に Ayu より• に より• に ito より• に マロ より• に しろくま より アーカイブ• カテゴリー• メタ情報•

次の

重松清の“きみの友だち”を読んで 〜中学校時代のきみはどんな人だった?〜

きみ の 友だち あらすじ

そろそろ夏休みですね。 読書感想文の季節。 この季節になると、各出版社から文庫本の紹介の小さい冊子が出るんですけど、 あれが好きです。 集英社だと「ナツイチ」とか、「新潮文庫の100冊」、角川文庫の「カドフェス」とかね。 学校で配布されたり本屋さんにおいてあったりもするので、見つけたら毎年テンションあがります。 そんなわけで(?)、今日は 読書感想文におすすめの一冊を。 重松清「きみの友だち」 あらすじ・感想 本棚に並んでる小説、ミステリー以外のジャンルなら重松清さんの作品が一番多いと思う。 ドラえもんばっかり読んでいる長男くん、おままごとに夢中な次男くん。 もう少し大きくなったら、 どうか重松さんの作品に触れてみてほしい。 本棚にあるからね。 では まずあらすじから。 ネタバレなしです。 足の不自由な恵美ちゃんと病気がちな由香ちゃんは、ある事件がきっかけでクラスのだれとも付き合わなくなった。 学校の人気者、ブンちゃんは、デキる転校生、モトくんのことが何となく面白くない…。 優等生にひねた奴。 弱虫に八方美人。 それぞれの物語がちりばめられた、「友だち」のほんとうの意味をさがす連作長編。 では早速。 ここから感想です。 ネタバレなしです。 恵美ちゃんと、その周囲にいる人たちが各章の主人公となって描かれている物語。 どの話も同じ「僕」が語り手となって綴られていて、 「僕」って誰なんだろうとずっと気にしながら読みました。 この「僕」がね、各章の冒頭あたり、主人公となる人物に向けて、 「次はきみの番だ」とか 「これからきみの話をする」みたいなことを語りかけるんです。 あ、ちょっとそのあたりの細かい言い回しはうろ覚えなんで、ニュアンスだけ感じ取ってくださると助かります。 (本棚まで行って確認、を面倒くさがるダメな人間はわたしです。 ) この語りかけに 一瞬ドキッとするんです。 自分に向けられてるみたいで、そして「僕」に全部自分のことを見透かされているみたいで。 重松さん、やっぱり上手い。 こういう書き方をされているので、いろいろな「きみ」を身近に感じ、自分や自分の周りの人と重ねたりということが、一層しやすくなっている。 しやすいというか、どうしてもしてしまう。 そこに重松さんの上手さがある。 重松さんのこと、いつも褒めてる気がする。 誰が不満を言えよう。 そう、 いつになく真面目に書いてます。 そして 収集のつけ方がわからなくなって困ってます。 誰か助けて。 うーん、あんまり上手くまとまらなかったぞ、やっぱり。 そして、 最終章でついに「僕」の正体がわかります。 スッキリ。 そうきたか。 あとがきで重松清さんがこのラストについてのエピソードだかなんだか(おい)を書かれていて、 それもぜひ読んでほしいです。 重松作品はほんと、子どもから大人まで、どの世代が読んでもそれぞれ得るもの感じるものがあると思うし、重松先生の優しい語り口が全然押し付けがましくなくて、わたしみたいなひねくれ者でも素直に受け止められるから助かります。 (どんな褒め方) こちらもよろしくお願いします。 最近の投稿• 最近のコメント• に Ayu より• に より• に ito より• に マロ より• に しろくま より アーカイブ• カテゴリー• メタ情報•

次の

映画「ぼくは明日、昨日のきみとデートする 」ネタバレあらすじと結末・みんなの感想

きみ の 友だち あらすじ

京都府。 美術大学に通う20歳の青年・南山高寿(みなみやま たかとし)は、叡山電車の車中で生まれて初めてひとめぼれをしました。 同時に「勘弁してくれ」と思います。 というのも、電車を降りてしまえば、その女性との繋がりが切れてしまうからです。 同じ駅で降りたら声をかけよう、そう思っていると、その女性は宝ヶ池駅で下車しました。 つられて高寿も電車を降ります。 〔1日目〕 思い切って女性に声をかけた高寿は「ひとめぼれしました。 メアド教えてください」と言いました。 それに対して女性は「携帯電話、持ってないんです」と答えます。 遠回しの断りの言葉だと思って去ろうとする高寿に対し、女性は「ほんとに持ってなくて」と言葉を重ねました。 そして、座って話をしようと言います。 女性は、福寿愛美(ふくじゅ えみ)と名乗りました。 20歳とも言います。 同い年だと思った高寿は、この先の美大でカートゥーン(新聞の風刺画)を学んでいると告げました。 愛美は美容師の専門学校に通っていると言い、引っ越したばかりで電車を乗り過ごしたことに気付いたので、慌てて下車したと答えます。 宝ヶ池にゆかりがある高寿がそのことを話そうとすると、愛美は「そろそろ行かなきゃ」と言いました。 「また会えるかな」と高寿が声をかけると、振り返った愛美は泣いています。 「ちょっと悲しいことがあってね」とごまかした愛美は「また会えるよ。 また明日ね」と言いました。 「また明日ね」と言われたのが嬉しく、高寿は電車に乗り込む愛美を見送ります。 大学に行った高寿は、親友の男友達・上山正一(うえやま しょういち)にひとめぼれをしたことを話しました。 上山は恋愛上手で、そのくせ適当な気さくな雰囲気をまとっており、それが高寿にとっては救いになっています。 上山は写メールを撮っていないのかと聞き、高寿は思い至らなかったことを悔いました。 〔2日目〕 「また明日」と言われたので、てっきり同じ電車で会えるものだと思った高寿は、電車の中で愛美を探します。 いませんでした。 動物園に行ってキリンのクロッキーを描いていると、唐突に「いいねえ」と言いながら愛美が現れます。 そして「これ、教室に張りだされるやつだ」と言いました。 愛美は、昨日高寿が言いかけた言葉の先を促します。 「宝ヶ池は、お気に入りの場所ってだけ」と高寿はごまかしますが、愛美が行ってみたいと言い出しました。 宝ヶ池に行った高寿は、愛美に「5歳の今ぐらいの時、桟橋から落ちて、知らない女の人に助けられた。 その人は命の恩人だ」という話をします。 愛美も「私も5歳の時、死にかけたことがある」と言い出し、偶然だね、と言いました。 別れ際、高寿は愛美の連絡先を聞きます。 愛美は水玉のノートを開きますが「違った」と呟くと茶色のノートに換え、その用紙に電話番号を書きました。 2人はそのまま帰ります。 ところがその話を聞いた上山は「お茶するとか食事するとかするだろ、フツー」と驚き、今から電話しろと催促します。 上山が横にいる時に電話する羽目になった高寿ですが、横で上山がスケッチブックに指示を出すので、助けにもなりました。 上山のアドバイスで、高寿は愛美を映画に誘いますが、いつにしようというと「明日」と愛美が答えます。 翌日、三条大橋で待ち合わせをして電話を切った高寿は、上山に感謝しました。 〔3日目〕 同級生の林に「昨日の課題が張り出されている」と聞かされた高寿は、美大の教室にキリンのクロッキーが張り出されていると知りました。 前日に会った愛美が開口一番「教室に張り出されるやつだ」と言っていたことを思い出します。 ところで高寿は上山から、デートの心得を教わっていました。 「軽くぶらついて地理を把握しておけ」「自分の好きなものを見せろ。 共感できない相手とは長続きしない」 なかなか重みのある言葉です。 町を下見しピザを試食した高寿は、裏通りを案内しました。 すると、高寿がいいなと思った小物に愛美が「これ素敵~」と反応し、高寿が試食したピザをおいしいと言ってくれます。 愛美が見つけた唐揚げを食べてみますが、そちらは「普通」でした。 愛美は普通だった唐揚げが食べ納めであることに納得がいかないと主張し、もう一度ピザを食べに行きます。 (ピザといってもスクエアタイプで小さい。 ひと切れ分と思っていただければちょうどいい) 映画を見てお茶をする時、外を通った白い犬を見て「ポメラアン、可愛い」と愛美が言います。 夜、ライトアップされた公園で、愛美はデートが初めてだと言いました。 ひとめぼれって言われて嬉しかったと告げた愛美は、本当のことを言ってもいいかと聞きます。 「私、ずっとあなたのこと、見てたんだよ」 そう言われた高寿は、思わず「僕と付き合ってください」と言いました。 「私ね、癒し系じゃないよ」と言った後、愛美は「よろしくお願いします」と交際を受け入れます。 愛美はまた涙ぐみました。 そして「ごめん。 私、だいぶ涙もろい」と言います。

次の