福知山線脱線事故 2ch まとめ。 【2ch】福知山線脱線事故が怖くて震える

JR福知山線脱線事故の慰謝料について (185)

福知山線脱線事故 2ch まとめ

福知山線脱線事故の原因は運転士のせい? 107人の方が亡くなり、562人が負傷、 福知山線脱線事故は多くの人に、 かなりの衝撃を与える出来事でした。 福知山線脱線事故の原因は、 運転士がスピードを出しすぎた事で、 引き起こされたと言われています。 運転士の名は高見隆二郎さん。 原因が彼によるものとわかると、 大惨事を引き起こした者として、 かなりの誹謗中傷を受けました。 高見隆二郎さん自身は、 事故によって亡くなっています。 高見隆二郎さんの家族は当時、 息子の全面的な悪扱いに、 異を唱えたくても出来ない状況でした。 彼女もおり、結婚を前提に、 交際していました。 当時23歳の高見隆二郎さん。 生きていたら家族に結婚後の姿を 見せる事が出来たかも知れません。 そんな高見隆二郎さんは何故、 事故を引き起こしたのでしょうか。 福知山線脱線事故の原因は運転士のスピード超過 福知山線脱線事故は運転士の 高見隆二郎さんがスピードを 出しすぎたのが原因と言われています。 ではその原因のスピード超過は、 何故起こったのでしょうか。 事故前に高見隆二郎さんは、 事故現場付近の塚口駅の前の駅、 伊丹駅付近でオーバーランしています。 そこでバックして位置修正をしました。 このオーバーランの時間ロスを 高見隆二郎さんは取り戻すため、 スピードを超過する事になりました。 そのスピード超過が福知山線脱線事故に 繋がりました。 高見隆二郎さんを焦らせ、 スピード超過を引き起こした原因は、 何だったのでしょうか? 福知山線脱線事故の原因の元はJR西日本の企業体質? その原因は当時JR西日本において、 運転士に対して行われていたとされる 「日勤教育」にあったとされています。 「日勤教育」はミスをした運転手に、 レポートだけでなく、社訓丸写しなど、 必要の無い文章等も徹底的に書かせる 懲罰的な意味が大きい規則でした。 点呼を受ける運転士の近くで行われ、 書いた内容を音読するため、 自分のミスを他の運転士に聞かせる、 そんな罰を与える目的もありました。 トイレに行くのも上司に許可を取る 必要があり、精神的にも肉体的にも 辛い罰でした。 高見隆二郎さんもこの日勤教育を受け、 彼女にこの規則の辛さを、 吐露していました。 伊丹駅のオーバーランに対しても 日勤教育を避けるために車掌に 超過距離を少なく報告するよう、 お願いをしていました。 JR西日本は半年前に、福知山線の ダイヤを改正しています。 最高速度を100kmから120kmに、 駅の停車時間を短くしたのです。 本来なら同時にスピード超過を 自動的に抑えるATS-Pという装置も 同時期に設置される予定でした。 しかし、ATS-P設置の工期がずれ込み、 ダイヤの改正だけがなされたのです。 ダイヤの改正による余裕が無い運行。 ミスをすれば日勤教育。 高見隆二郎さんは、これらの原因に 追い詰められ、ミスを取り返すために、 スピード超過をしたのです。 本来ならそれを止める機能であった、 ATS-Pも設置されていなかったのも、 福知山線脱線事故に繋がった原因です。 スポンサード・リンク 福知山線脱線事故で高見隆二郎を失った家族や彼女 福知山線脱線事故間もなく、 JR西日本が営んだ殉職者慰霊法要は、 高見隆二郎さんを除外しました。 実際に高見隆二郎さんは、 殉職者として除外される程の 人だったのでしょうか。 家族は高見隆二郎さんが亡くなった事を 悲しみ、彼女は彼の会社での辛い経験を 聞いています。 優しい家族と恋人である彼女に囲まれた 普通の青年に見えます。 生前の高見隆二郎さんは、 どんな人物だったのでしょうか。 高見隆二郎という人物 高見隆二郎さんは、家族による話では 元から運転士が夢で新幹線の運転士が 夢だったようです 学生時代は真面目で、部活では練習を 一度も休まない生徒で、結婚を前提に 付き合っていた彼女とは、この時に アルバイト先で出会いました。 経済的な事情で大学にはいけなくても、 努力してJRに入社するがんばり屋でも あったようです。 こうしてみると普通の青春を送ってきた 青年に見えますね。 高見隆二郎さんのその後高見隆二郎さん 事故後は、高見隆二郎さんの家族には、 発言権が無いような状態でした。 事故後の情報も少なかった事もあり、 運転士が全面的に悪いという空気が あったのです。 高見隆二郎さんの家族が申請していた 労災認定が通ったのは、事件から 5年後の2010年でした。 5年経って高見隆二郎さんはようやく 自身の過失ではなく、会社側の過失と 認められたのです。 しかし、福知山線脱線事故がそもそも 起きなければ、彼女と結婚して、 孫の顔を見せられたかも知れません。 高見隆二郎さんに全く非がないと 断言は出来ませんが、JR西日本側の 無理なダイヤや運転士を追い詰める 日勤教育が無く、ATS-Pを計画通り 設置していれば、福知山線脱線事故 は防げたかも知れません。 数多くの人に悲しみをもたらした 福知山線脱線事故ですが、それは、 運転士である高見隆二郎さんや その家族、そして彼女もそうだった と言えます。

次の

福知山線脱線事故10年、負傷者が振り返る苦難。でも「人生捨てたもんじゃない」

福知山線脱線事故 2ch まとめ

715条 について ある事業者が人を使用して事業を行っているときに、 その事業について被用者が故意または過失により他人に損害を与えたときは、 その被用者本人が709条により責任を負うだけではなく、 その被用者を選任監督する使用者も、被害者に対し被用者と同一の損害賠償責任を負います。 これをといいます。 また、使用者の被用者に対する求償権は、以下の理由から大幅に制限されます。 第一に、報償責任の原理から導かれます。 すなわち、企業ないし事業者は自らが選任監督する被用者を使用して事業活動を拡大しているのですから、 被用者の行為による損失は、事業者の活動に伴う事業者自身のリスクとして捉えるべきということです。 第二に、実質上の理由として重要なことは、そもそも事故責任については、 企業ないし事業者は責任保険に加入することによりリスクを補填し得るので、保険に加入しないでおいて そのリスクを全面的に職員に向けるのは不当という配慮が働いていると考えられます。 JR西の賠償保険、上限100億円…補償で不足必至 のJRので、が加入する損害保険 の支払額の上限が100億円であることが、11日わかった。 死者107人を出した今回の事故では、遺族への補償などが巨額にのぼり、 保険の支払限度額を超えるのは確実とみられる。 上限を超えた金額はJR西日 本が負担するため、事故の補償は同社の経営にも大きな影響を与えそうだ。 関係者によると、は、業務上、人や物に損害を与えた場合に賠償 額を補償する「賠償責任保険」に加入しており、など大 手損保3社が共同で引き受けている。 今回の事故では、死者の遺族への補償や 負傷者の治療代などに加え、電車が激突したマンションの修復費用も保険の対 象となるとみられる。 ただ、1事故あたりの保険金支払いは100億円までと され、100億円を超える補償には保険金は出ない契約となっている。 この上限は「他の鉄道会社が加入する賠償責任保険の契約とほぼ同じで、J R西日本の規模などから見て、特に少ないわけではない」(業界関係者)。 し かし、死者107人、負傷者は500人以上にのぼった今回の事故では「最終 的な補償額は100億円を大幅に超える」(同)とみられている。 死者42人 を出した1991年の事故の補償金額は、30億円を超えている。 はまだ具体的な補償交渉に入っておらず、被害者と個別の補償交 渉で補償額を確定させるには、相当な時間が必要になる。 は「誠心 誠意対応し、できる範囲の補償をする」としている。 "'もうちょっとたくさん死ねば良いのに w"" 韓 : キムチを食べながら SHOWを見物中です w 韓 : 猿はもっと死ななければならない 韓 : ない兵庫 のり巻きわき腹裂けたパー 韓 : 世の中に正義が存在するという明確な証拠 韓 : 日本人たちはもっと死ななければならない 韓 : よく死んだ プヒヒヒヒヒヒ 韓 : で涙が出る T,. T とても嬉しくて wwwwwww 韓 : 今日の大当りだ... 日本 200名死傷... 韓 : kita! が、渡辺雅彦運転士(46)から聴取した内容によると、列車は午後1時47分に手前のに到着した。 この時点で、渡辺運転士は<1>から先は運休する<2>までは時速25キロの速度規制で走ると無線で指示を受けた。 渡辺運転士は同50分にを発車。 走行中に、目の前を折れた木などがあおられて飛んでいくのが見え、強風が吹いていて危険と判断し、 非常ブレーキをかけて停止させたのとほぼ同時に、車両が浮き上がって横転したという。 は午後5時から、青柳俊彦・安全推進部長らが福岡市の本社で記者会見し、「走行中の瞬間的な突風が原因とすれば、防ぎようがない」と述べた。 同社の運転規定では、各駅間などに設置されているが20メートル以上25メートル未満を観測すると、 警戒措置として時速25キロ以下の徐行運転に切り替え、風速が25メートル以上になると、運転を停止させる。 ブレーキレバーは最大になっている。 2.しかしレール上にブレーキ痕が残っていない の2つである以上、 「運転士はブレーキをかけたが機能していない」 という事が結論であり、これはSPSによる照射の症状とも 一致する。 その一方で、 3.は「死人に口なし」で一方的に運転士の過失にしている という状態は不自然である。 は 「ブレーキの予期せぬ故障」 の可能性を全く考えようとせずに一方的に運転士の過失責任にし、当該運転士が如何にいい加減な運転士だったかを 次々と公表している。 しかし、運転士の普段の勤務態度などは後でいくらでも捏造・情報操作できる。 そしてこのは非公表になっているSPSによる照射なら可能で、しかも 高額のSPSを運用している米国空軍にはコストに見合う「戦果」をあげる動機もあった。 以上の理由により、JAL123便も尼崎JRも、双方とも BCI(思考盗聴)技術が絡んだ破壊工作であり、実行者は米国空軍SPS部隊であると 科学推察できる。 、尼崎の調査委員会を買収してた事が判明 2005年4月に発生した尼崎JRで、(現)の委員(当時)が、 07年6月に最終報告書を公表する直前、報告書案をの社長(同)に渡していたことが25日、分かった。 運輸安全委が明らかにし「秘密保持義務に反した情報漏えいだった」と謝罪した。 委員は山崎前社長からの要請を受け、最終報告書をまとめる会議で「(ATS)があれば事故は起きなかった」との に不利になる文言を、報告書から削除するよう求めていた。 は25日の記者会見で「国民におわびしなければいけない重大なテーマ」と陳謝した。 安全委によると、委員は山崎前社長から食事の接待を受け、菓子やの手土産をもらっていた。 山崎前社長は「軽率で不適切な行為だった」と談話を発表した。 せめてPCぐらい安いところから買えよ。

次の

JR福知山線脱線事故とかいう胸糞事故

福知山線脱線事故 2ch まとめ

() JR福知山線脱線事故の発生初日、遺体安置所となった尼崎市の体育館に貼り付けられた私。 午前2時を回った頃「交代で1時間ずつ仮眠してまた現場」という指令が届いた。 一時間仮眠して、また体育館に戻った。 夜が明けて周囲は明るくなり、メディアの数も10分の1ぐらいに減っていたからだろうか、雰囲気も少し落ち着いていた。 体育館から出てきた人に恐る恐る話を聞いてみると、「親族の行方が分かりません。 とにかく心配です。 早く助けだして欲しい」といった話をしてくれる人が少しずつ現れた。 そのうち、中年の男性から「大学に入ったばかりの姪が見つからない。 姪と仲良しの同級生も同じ電車に乗っていたけど、まだ見つかっていない」という話を聞いた。 記事になりそうな話だと思い、社で待機しているキャップに報告したところ、「現場を離れていいから、その話を取材しろ」と言われた。 つまり、いきなり被害者取材班に組み込まれたのだ。 ちょっと驚き、不安になった。 自分は遺体安置所になっている体育館から、記事のパーツとなる情報を定期的に報告していればよいと思っており、積極的に被害者の家を訪ねて取材する、主体的な役割を担うとはまったく想像していなかったのだ。 過去のトラウマもあった。 初任地の佐賀県にいた2000年、西鉄バスジャック事件で、殺害された女性の遺族や負傷者に話を聞いたことはあった。 遺族は誠実な方でじっくり話を聞かせてくれたが、乗客への取材はほぼ全滅だった。 苦しい経験を持つ人と向き合う辛さ、そこで無神経な言葉を言ってしまわないかという恐怖で、早い話、腰が引けていた。 今回は規模の面で桁違いだ。 果たして自分に務まるんだろうか。 スイッチが入ったのは、何げない上司の一言だった。 手がかりを求めて、地元の神戸総局を訪ねた。 大阪で数カ月前まで上司だった人がデスクをしていた。 事情を説明すると、ニヤニヤしながら言った。 「お前に遺族取材ができるのか」。 さすがにカチンと来た。 やってやろうじゃないかと思った。 ただ、2人の大学生はどこにいるのか、見つからないまま何日か過ぎた。 2人の名前は分かっていても、住所は大まかにしか分からない。 当時はツイッターもFacebookもまだなかったから、神戸総局や阪神支局、さらに三田支局まで行ってもがくようにゼンリンの住宅地図を探し回ったが、まったく絞り込めなかった。

次の