ご確認させていただきたく存じます。 「いただきたく存じます」の意味と類義語、ビジネスにおける使い方

「させていただきたく存じます」の意味と使い方!言い換え表現も紹介

ご確認させていただきたく存じます

え……!ちゃんと敬語で話してますよ?! 相手に待って欲しいときに使いたい「お待ちください」は、敬語表現になっているためビジネスでも使用できる言葉です。 とはいえ、使用の際には少し注意が必要。 敬語ではあるものの命令形のため、相手に命令したような印象を与えてしまう場合があります。 日常的なやりとりの中で使う分には特に問題はありませんが、 目上の相手や大切なクライアントなどには、より丁寧な言い方で伝えるのが望ましいです。 「少々お待ちください」や「お待ちくださいませ」などのように、前後にクッション言葉を付けて工夫してみましょう。 または「お待ちください」というフレーズ自体を置き換えてしまう方法もあります。 「お待ちください」の意味 「お待ちください」は、「お」「待ち」「ください」の3つに分類できます。 「お」は、名詞や動詞の連用形の前に付いて尊敬の意味を表す言葉。 日常的に使用している敬語フレーズでよく見られますね。 そして「ください」は「くださる」の命令形で、「くれ」の尊敬語にあたります。 相手にものなどを請求したいときに使う言葉です。 「お待ちください」は、「待ってくれ」という意味を敬語で丁寧に表現したもの。 ただ、丁寧な表現にはなっているものの、命令形というスタイル自体は変わっていません。 そのため、相手に命令できる立場にないときにはさしひかえるのがおすすめです。 「お待ちください」の使い方 「お待ちください」は丁寧な表現ですが、伝えた相手に命令されたような気分を与えないように、命令形の印象を和らげる表現をおさえておきましょう。 取引先との会話など、より丁寧な表現が望まれるビジネスシーンでは、「お待ちください」の前後にさらに言葉をプラスして使うのがポイントです。 付け加える言葉によって相手に待たせる時間の印象が変わってきますので、時と場合に応じて使い分けるのがコツ。 「お待ちください」を使用した例文 ここでは「お待ちください」という言葉を維持して、より丁寧な印象を与えられる文章を紹介します。 表現ごとに例文をまとめましたので、シーンにあわせて工夫してみましょう。 お待ちくださいませ 「お待ちください」+「ませ」の表現方法です。 「ませ」は、丁寧語「ます」の命令形。 相手に何かを要求したいときに、丁寧な気持ちを込められる表現です。 ただ「ませ」は、女性特有の表現や言葉を意味する女性語のひとつでもあります。 接客業などでは性別に関わらずよく使用される言葉のため、必ずしも女性だけのもの、というわけではありませんが、言葉の背景を知っておくと場面別に選びやすくなるでしょう。 「お待ちください」の類語(言い換え表現) 「お待ちください」は命令形のため、シーンによっては使いづらい場合もあります。 そのようなときには、類語表現を用いた言い換えを利用しましょう。 相手に待ってもらう、ということは、相手の時間をいただいている、ということでもあります。 言い換え表現では、お時間をいただく、という考え方に焦点を当てるとわかりやすいですよ。 「お時間をいただきたく存じます」 「お時間をいただきたく存じます」にある、「いただく」は「もらう」の謙譲語で、頼んで手に入れることなどを指します。 「存じます」は、思うや考えるなどを意味する謙譲語「存ずる」が形を変え、「ます」が付いて丁寧になった言葉です。 つまり、あなたの時間をもらいたいと思います、という意味を表しています。 謙譲語が使われ敬意を表しているため、クライアントや上司などに向けてビジネスシーンで使っても問題ない表現です。 ・Hang it here and please wait! ・I will prepare it for you so please wait for a while. ・I will get you connected so please wait a little. ・For now it is under adjustment so please wait for a while. 「お待ちください」は言葉をプラスして丁寧な表現に変えよう! 上司やクライアントなど目上の方に伝えるときには、「お待ちください」に適切な言葉を組み合わせてより丁寧な表現を心がけましょう。 待ってほしい時間やその場の状況にあわせて、上手に言い方を工夫してみてくださいね。

次の

「頂きたく存じます」の意味と使い方・正しい敬語なのか|二重敬語

ご確認させていただきたく存じます

「~いただきたく」の例文 「~していただきたくお願い申し上げます。 」 「「~いただきたく」、お願い申し上げる次第です。 」 「~していただきたくご依頼申し上げます。 」 「~したいただきたく、お願いいたします。 」 「~していただきたく存じます。 」 日本語の表現の手法に体言止めがありますが、これは体言、つまり名詞で文章を終わらせる方法です。 これを使うと「私は黄色い薔薇が好きです。 この花を見ると晴れやかな気分になれます。 」という文章なら「私の好きな花は黄色い薔薇。 この花を見ると晴れやかな気分になれます。 」となり文章にリズムを与えることが出来ます。 しかし「「~いただきたく」。 」はこういった技法ではなく、ただのぶった切りですので注意しましょう。

次の

間違いの多い敬語「存じます」の意味と使い方・例文

ご確認させていただきたく存じます

「書類を確認したいのですが、よろしいですか」「こちらで確認したいのですが、可能でしょうか」「一度確認したいです」などの使い方をします。 「確認したい」は、「したい」という自分の感情を伝えるニュアンスがあります。 「したい」というニュアンスを伝えることはできませんが確認すると相手に伝える場面では「確認する」の敬語表現である「確認いたします」を使う場合も多いです。 「こちらで確認いたします」「書類を確認いたします」「一度、こちらで確認いたします」などの使い方をします。 敬語の種類 敬語には「尊敬語」「謙譲語」「丁寧語」があります。 「確認したい」は、こちらの感情を伝える表現ですのでこのままの形では尊敬語にすることができません。 「確認したいようだ」を尊敬語にすると「確認なさいたいご様子だ」になります。 「確認したい」を丁寧語にすると「確認したいです」あるいは「確認したいと思う」を敬語にして「確認したいと思っています」になります。 謙譲語にすると「確認したいと存じます」あるいは「確認できればと存じます」になります。 使い方 「書類を一度確認したいと思っていますので、お持ち願えますでしょうか」「一度、実物を確認したいのですが、着払いでお送りいただけないでしょうか」などの使い方をします。 確認させていただきたい 「確認したい」は「確認したいです」とだけ言う事もありますが、これだけで使うのではなく、文中で使うことが多いです。 「こちらで確認したいのですが、よろしいでしょうか」「一度、確認したいのでお持ちいただけますか」などの使い方をします。 メールでの使い方 「確認したいので一度資料をお送りいただけますでしょうか」「問題ないとは存じますが、念のために確認しておきたいので一度お越し願えますか」などの使い方をします。 お客様への使い方 相手の利益になることを相手の許可のもとで行う場合は「確認させていただきたい」を使うのが適切です。 「パソコンが壊れてしまったので修理して欲しい。 費用の見積もりをして欲しい」「一度そのパソコンの状態を確認させていただきたいのですが、可能ですか。 状態を見た上でお見積りさせていただきます。 見積もりは無料です」などの使い方をします。 相手の許可を得ていなかったり、相手の利益にならないような場面では「させていただきたい」は使いません。 「そちらで買った商品に不具合が生じたんですが」「ご迷惑をおかけしております。 一度、状態を確認したいのですが、よろしいでしょうか」などの使い方をします。 「確認したい」は目上の人に使っても大丈夫か 「確認」は自分が全体像を把握できている事柄に対してしか使うことができない表現です。 目上の人の仕事や行動は目下の人には全体像を掴むことができない、と考えるのが一般的です。 このため、目上の人に対して「確認したい」という言葉を使う場合は、何を確認したいのかを明確に伝える必要があります。 「提出した書類の数字をもう一度確認したいのですが、よろしいでしょうか」「先ほどお会いした方の名前を確認したいのですが、名刺を見せていただいてもよろしいでしょうか」などの使い方をします。 見せていただきたい 確認したいものが資料やデータなどの場合は、「確認したいのですが」と言ってもよいですが、確認するために目上の人が管理しているものを「見たい」という場合は「確認したい」ではなく「見せていただきたい」という敬語表現を使った方が丁寧な印象になる場合もあります。 「資料を見せていただきたいです」「書類の形式を掴みたいので、参考になるようなものを見せた頂けたらと思うのですが」などの使い方をします。 拝見させていただけないでしょうか 「見せてもらえないか」の謙譲語は「拝見させていただけないでしょうか」です。 何かを確認したい、という気持ちがあり、目上の人が管理しているものを見せてもらう必要がある場合は、「拝見させていただけないでしょうか」と言うと丁寧です。 「今作っている書類で確認したい部分があるのですが、資料を拝見させていただけないでしょうか」「過去のデータを拝見させていただけないでしょうか」などの使い方をします。 「確認したい」を敬語表現するときの例文 「確認したい」には色々な言い回しがあります。 「確認させていただきたく存じます」「確認させていただけますでしょうか」など、それぞれの敬語表現が持つニュアンスと使い方をご紹介いたします。 確認させていただきたく存じます 「確認させていただきたく存じます」は、「確認させてほしい」を謙譲語の形で敬語にした表現です。 「させてほしい」は相手の許可のもとで相手の利益になることを行う場面で使う表現ですので、「確認させていただきたく存じます」も相手の許可のもとで相手の利益になるようなことを行う場面で使います。 「書類に不備がないか心配です。 見てもらえないですか」「承知しました。 こちらで確認させていただきたく存じます。 一度お送り願えますか」などの使い方をします。 確認させていただけますでしょうか 「確認させていただけますでしょうか」も「確認させてほしい」を謙譲語の形で敬語にした表現にあたります。 相手の許可のもとで、相手の利益になるような確認をする場面で使います。 「パソコンを壊してしまったように思う。 新しいものを買おうと思っているのですが」「新しいものを購入される前に、今お使いのものを修理できるかどうか一度確認させていただけますでしょうか」などの使い方をします。 ご確認いたします 「ご確認いたします」は「確認する」を謙譲語の形で敬語にした表現です。 非常によく使われる敬語表現です。 「確認したい」とは違い、「したい」というこちらの気持ちを伝えるニュアンスはありません。 事務作業や、確認することが当然であるような場面では「確認したい」ではなく「確認する」の敬語表現である「ご確認いたします」を使うのが自然です。 「免許証をご確認いたします」「書類が完成しましたら、こちらにお持ちください。 ご確認いたします」などの使い方をします。 あらためさせていただきます 封筒の中身を確認したり、受け取った金銭の金額を確認する場面では「ご確認いたします」という場合もありますが「あらためさせていただきます」という敬語表現を使うこともあります。 「中をあらためさせていただきます」「金額をあらためさせていただきます」などの使い方をします。 「確認したい」の敬語表現を使いこなそう!.

次の