がぶ飲み フリーダム。 がぶ飲み フリーダムエナジーを飲みました。 ポッカサッポロ

がぶ飲み

がぶ飲み フリーダム

概要 [ ] 旧・サッポロ飲料時代から展開されている主力ブランドの一つで 、「がぶがぶ飲めて元気になれる」をコンセプトとしている。 1995年に「がぶ飲みミルクコーヒー」を発売して以降、メロンクリームソーダ、フルーツミルクなどを商品展開している。 近年では、期間限定でやとタイアップしたラベルで発売された。 発売の経緯から、コーヒー飲料、、清涼飲料水と多岐にラインナップされている。 また、2013年3月には新たに発売された「がぶ飲みパワースカッシュ」のペットボトル製品に、グループ「」とのコラボレーション企画の一環として、のに扮した9種類のオリジナルパッケージが設定される。 9種類全て集めると、「ぶかつがんばろうね(部活頑張ろうね)」となる仕組みとなっている。 2014年2月には定番製品の「メロンクリームソーダ」・「ミルクコーヒー」・「フルーツミルク」を全面刷新し、新たに「いちごミルクソーダ」を追加。 これに伴って、オリジナルパッケージ仕様はロックバンド「」とのイラスト入りとなった。 2015年に発売20周年を迎え、同年3月に「が溶け込んだようなをイメージした飲料」として、「メロンクリームソーダ」・「ミルクコーヒー」・「フルーツミルク」を全面刷新し、「マンゴーフロート」を追加。 中身はアイスクリームの香風味を加えてそれぞれのフレーバーに合わせて味わいを調整し、パッケージはグラスにアイスクリームを浮かべたイメージを挿入した。 プロモーションも刷新し、が応援マネージャーとして起用された。 同年4月20日には「ミルクコーヒー」に期間限定品として600mlペットボトルを追加発売。 同年6月22日には季節限定品として、の香りにアイスクリームの香風味とを合わせて仕上げた「ブルーハワイフロート」を発売。 本品は裏面に部活マネージャーに扮した橋本環奈が描かれた「部活応援ボトル」仕様となっており、他の既存製品(「ミルクコーヒー」の600ml増量ボトルを除く)も同年6月15日から8月末までの期間限定で順次「部活応援ボトル」仕様に切り替わった。 同年8月31日には喫茶店等のメニューにある「オレンジフロート」をでアレンジし、みかんフレーバーにアイスクリームの香風味と練乳を合わせて仕上げた「みかんソーダフロート」を発売 、同年12月14日には、風味をベースに、練乳を加えてフロート風に仕上げた「さくらクリームソーダ」を発売。 パッケージデザインはやなど4種類のデザインが設定されている。 2016年2月には「ミルクコーヒー」をリニューアルし、翌月には2015年6月に季節限定品として発売されていた「ブルーハワイフロート」を「ブルーハワイ」に改名し、定番商品としてリニューアル発売。 同年6月にはと共同開発した夏季限定品「ソーダ」を発売。 同年9月にはが発売する「関東・栃木レモン」とコラボレーションし、同製品の味わいを再現した期間限定品「レモンクリームソーダ」を発売。 同年12月には・・を配合したエナジー炭酸飲料「パネェースカッシュ」を発売。 本品は「期間限定おみくじボトル」仕様となっており、既存の「メロンクリームソーダ」と「ミルクコーヒー」も同時期より「期間限定おみくじボトル」仕様へ切り替わる。 2017年3月27日に「コーラフロート」を発売。 本品は2010年3月に旧サッポロ飲料から350ml缶として発売され、2013年3月には500mlのロング缶として再発売。 再々発売となる今回は500mlペットボトルでの発売となる。 同年6月26日には、2016年に発売された「白くまソーダ」に続く丸永製菓とのコラボレーション第2弾となる「白くまトロピカルフルーツソーダ」を発売。 同年7月24日には、2016年9月に発売された「レモンクリームソーダ」をパッケージリニューアルし、期間限定で再発売。 同年10月16日には、白濁の液色のコーラ飲料「白いコーラ」を期間限定で発売した。 2018年2月19日には「ミルクコーヒー」と「コーラフロート」がリニューアルされ、同年4月2日には「パインサイダー」を自動販売機限定で発売された。 同年6月25日には、お茶の井ヶ田が運営する「喜久水庵」で販売されている「喜久水庵 喜久福ずんだ生クリーム」とのコラボレーションによる「ずんだクリームソーダ」が期間限定で発売された。 2019年2月11日には「メロンソーダ」をリニューアル発売。 その際、「がぶ飲み」のブランドロゴが変更された。 同年4月1日には「すいかサイダー」を自動販売機限定で発売された。 同年6月1日には、物流費・燃料費・原材料費などによるコスト上昇の影響による大型ペットボトル製品の価格改定に伴い、「メロンソーダ」1. 同年6月10日には系列で放映のテレビ「 actII」とのコラボレーションとして、期間限定でブランドサイトを同アニメのバージョンに変え、翌月には店頭でのキャンペーンやでの広告も行われた。 また、同年6月24日に「ソーダフロート」を発売、同年7月22日に「レモンクリームソーダ」をパッケージリニューアルして再発売された。 同年10月7日にはが発売する「」とコラボレーションした「シゲキックスレモンスパークリング」が発売された(なお、本コラボレーションはUHA味覚糖でも行われており、同年9月2日に主力商品である「メロンクリームソーダ」とのコラボレーションにより、「激シゲキックス がぶ飲みメロンクリームソーダ」が発売されている)。 同年11月18日には白いコーラ「青冬コーラ」が発売された。 2020年2月3日には、、・、を配合したピンクの液色の炭酸飲料「フリーダムエナジー」を発売。 同年3月9日に「ミルクコーヒー」を刷新した「ミルクカフェラテ」が発売され、同年3月23日には「ブルーハワイソーダ」がリニューアル発売された。 製品一覧 [ ]• がぶ飲みミルクカフェラテ(コーヒー入り清涼飲料・500mlペットボトル)• がぶ飲みメロンクリームソーダ(炭酸飲料・500ml缶、500mlペットボトル、1. 5Lペットボトル) - 500ml缶は2014年4月発売。 がぶ飲みブルーハワイソーダ(炭酸飲料・450mlペットボトル) - 2015年6月発売。 発売当初は「ブルーハワイフロート」として季節限定で発売されていたが、2016年3月に「ブルーハワイ」へ改名し、定番商品化。 2020年3月に再度商品名を改名、450mlに減容してリニューアルした。 過去に発売された製品 [ ] この節のが望まれています。 がぶ飲みミルクコーヒー(コーヒー飲料・500mlペットボトル) - 1995年に発売された、「がぶ飲み」ブランド最初の製品。 当初は340ml缶で、現在の500mlペットボトルが発売されたのは1998年であった。 当初のCMのイメージキャラクターは(「悲しいとき~」を「がぶ飲みしたいとき~」と言い換えていた)。 2020年に「ミルクカフェラテ」へ刷新のため製造終了となった。 がぶ飲みヴァイタミンC(炭酸飲料・350ml缶、500mlボトル缶) - 2010年に独立製品の「ヴァイタミン ビタミンファイブ」となり、ポッカサッポロ統合時に旧・ポッカコーポレーションが発売していた「パワースカッシュ」に統合のため廃止。 その後、「がぶ飲みパワースカッシュ」となり「がぶ飲み」ブランドのビタミン系炭酸飲料を再び扱うこととなる。 がぶ飲みスーパースカッシュ オレンジ(炭酸飲料・350ml缶、500mlペットボトル)• がぶ飲みスーパースカッシュ グレープ(炭酸飲料・350ml缶、500mlペットボトル)• がぶ飲みミルク紅茶(飲料・340g缶)• がぶ飲みミルクココア(飲料・340g缶)• がぶ飲みスポーツドリンク(清涼飲料水・500mlペットボトル)• がぶ飲みいちごオ・レ(清涼飲料水・500mlペットボトル)• がぶ飲みすいかウォーター(清涼飲料水・500mlペットボトル) - 2010年7月に「がぶ飲み」初の季節限定品として発売されたフレーバーの飲料。 無果汁。 がぶ飲みフルーツスカッシュ(炭酸飲料・350ml缶) - 2012年3月に発売された6つのフルーツフレーバーの炭酸飲料。 ポッカサッポロとなった後も旧社名・旧社名ロゴのまましばらく販売されていた。 がぶ飲みパワースカッシュ(炭酸飲料・350ml缶、500ml缶、500mlペットボトル、1. 5Lペットボトル) - 2013年3月発売。 旧・ポッカコーポレーションにて単独ブランドとして発売されていた「パワースカッシュ」を「がぶ飲み」ブランド化した商品(旧・ポッカコーポレーション時代ではとコラボした缶(350mlのみ)も発売されていた)。 上記の通り、サッポロ飲料時代に「がぶ飲みヴァイタミンC」が発売されており、それ以来の発売となった。 なお、2014年4月に商品名を「パワースカッシュ」に戻し、「がぶ飲み」ブランドから再び独立、リニューアル発売されている。 がぶ飲みいちごミルクソーダ(炭酸飲料・500mlペットボトル) - 2014年2月発売。 がぶ飲みマンゴーフロート(炭酸飲料・500mlペットボトル) - 2015年3月発売。 がぶ飲みみかんソーダフロート(炭酸飲料・500mlペットボトル) - 2015年8月発売。 がぶ飲みフルーツミルク(清涼飲料水・500mlペットボトル) - 2001年発売。 がぶ飲みさくらクリームソーダ(清涼飲料水・500mlペットボトル) - 2015年12月発売。 がぶ飲み白くまソーダ(炭酸飲料・5000mlペットボトル) - 2016年6月発売。 がぶ飲みパネェースカッシュ(炭酸飲料・500mlペットボトル) - 2016年12月発売。 がぶ飲みコーラフロート(炭酸飲料・500mlペットボトル) - 2017年3月発売。 がぶ飲み白くまトロピカルフルーツソーダ(炭酸飲料・500mlペットボトル) - 2017年6月発売。 がぶ飲み白いコーラ(炭酸飲料・500mlペットボトル) - 2017年10月発売。 がぶ飲みパインソーダ(炭酸飲料・450mlペットボトル) - 2018年4月発売。 がぶ飲みずんだクリームソーダ(炭酸飲料・500mlペットボトル) - 2018年6月発売。 がぶ飲みすいかサイダー(炭酸飲料・450mlペットボトル) - 2019年4月発売。 がぶ飲みソーダフロート(炭酸飲料・500mlペットボトル) - 2019年6月発売。 がぶ飲みレモンクリームソーダ(炭酸飲料・500mlペットボトル) - 2016年9月に発売され、その後、2017年7月・2018年・2019年7月と再登場している。 がぶ飲みシゲキックスレモンスパークリング(炭酸飲料・500mlペットボトル) - 2019年10月発売。 がぶ飲み青冬ソーダ(炭酸飲料・500mlペットボトル) - 2019年11月発売。 脚注 [ ]• 日本食糧新聞 2006年7月31日. 2013年12月3日時点の [ ]よりアーカイブ。 2012年1月30日閲覧。 日本食糧新聞 2006年10月6日. 2015年6月10日時点の [ ]よりアーカイブ。 2012年1月30日閲覧。 Garbagenews. com 2011年5月10日. 2012年1月30日閲覧。 マイライフ手帳@ニュース 2009年2月18日. 2012年1月30日閲覧。 サーチナ 2011年5月9日. 2012年1月30日閲覧。 日経BP 2009年5月26日. 2012年1月30日閲覧。 外部リンク [ ]•

次の

ポッカサッポロ 「がぶ飲み フリーダムエナジー」

がぶ飲み フリーダム

海賊をイメージた毒々しいパッケージデザインで怪しいドリンクに見える、だがしかしエナジードリンク ポッカサッポロから2020年2月3日に新発売された「がぶ飲み フリーダムエナジー」、そのコンセプトは解放感を味わいたい中高生男子に遊び心溢れる新商品を提案... と、さすが意識低い系ドリンクがぶ飲みシリーズらしくインパクトありすぎなエナジードリンクとして登場した。 パッケージデザインもインパクトがあり中央に海賊旗が、しかも黒とピンクのカラーリング、内容液はピンク... どうみても毒々しく怪しい雰囲気が隠しきれない。 これでターゲットが中高生なのだからポッカサッポロの企画力や商品力は凄いものがあるだろう、こんなドリンクを目にしたら気なって仕方なく買ってしまうというものだ。 もちろん僕もがぶ飲みフリーダムエナジーを目にした瞬間に「なんだ?これは!?」となり即購入だった。 ポッカサッポロ「がぶ飲みフリーダムエナジー」の原材料名と栄養成分表示 がぶ飲みフリーダムエナジーはエナジードリンクなのか、それともソフトドリンクのなのか?と迷うところ。 僕としてはナイアシンやビタミンが含まれてカフェインも一本で77mg入っていることからエナジードリンクに分類してよいと考えている。 しかし中高生をメインターゲットとしたエナジードリンクの発売は世間の風当たりも強いだろう、その辺の世情も含めてエナジードリンクと明言しないスタイルでの商品化だと想像している。 レッドブル味を安くがぶ飲みしたい人におすすめ! がぶ飲みフリーダムエナジーのペットボトルキャップをあけて香りを嗅ぎまくると明らかにレッドブルの香り... これは期待できそうだ。 さっそく飲んでみるとレッドブルに近い味、もっと言えばレッドブルを少し薄くして安っぽくしたような味わいだ。 炭酸はかなり強く甘さはけっこう強め、本家レッドブルに比べれば美味しさは劣るが500mlの大容量で低価格でレッドブル風が味わえるとなれば十分にアリな味だ。 だがドリンクブロガーとして厳しいことを言ってしまうとレッドブルに近い味で低価格のドリンクは他にもある。 例えば西友のオリジナルエナジードリンク「みなさまのお墨付きエナジードリンク」だ 他にもレッドブルの味に近いドリンクは多く存在するのが昨今のエナジードリンク市場、それだけ本家レッドブルが美味い味ということにもなる。 それでもポッカサッポロのがぶ飲みフリーダムエナジーはコンビニではソフトドリンク扱い、価格もコカ・コーラのような炭酸飲料と大差ない価格で陳列される場所もエナジードリンクコーナーではなくソフトドリンクコーナーになる。 このようなポッカサッポロの戦略はさすがだ、確かに中高生がエナジードリンクっぽくがぶ飲みフリーダムエナジーを買える雰囲気かつソフトドリンクっぽくもある... 素晴らしいとしか言いようがない。 drinkoon.

次の

がぶ飲みフリーダムエナジー500mlPETを税込・送料込でお試し | サンプル百貨店

がぶ飲み フリーダム

概要 [ ] 旧・サッポロ飲料時代から展開されている主力ブランドの一つで 、「がぶがぶ飲めて元気になれる」をコンセプトとしている。 1995年に「がぶ飲みミルクコーヒー」を発売して以降、メロンクリームソーダ、フルーツミルクなどを商品展開している。 近年では、期間限定でやとタイアップしたラベルで発売された。 発売の経緯から、コーヒー飲料、、清涼飲料水と多岐にラインナップされている。 また、2013年3月には新たに発売された「がぶ飲みパワースカッシュ」のペットボトル製品に、グループ「」とのコラボレーション企画の一環として、のに扮した9種類のオリジナルパッケージが設定される。 9種類全て集めると、「ぶかつがんばろうね(部活頑張ろうね)」となる仕組みとなっている。 2014年2月には定番製品の「メロンクリームソーダ」・「ミルクコーヒー」・「フルーツミルク」を全面刷新し、新たに「いちごミルクソーダ」を追加。 これに伴って、オリジナルパッケージ仕様はロックバンド「」とのイラスト入りとなった。 2015年に発売20周年を迎え、同年3月に「が溶け込んだようなをイメージした飲料」として、「メロンクリームソーダ」・「ミルクコーヒー」・「フルーツミルク」を全面刷新し、「マンゴーフロート」を追加。 中身はアイスクリームの香風味を加えてそれぞれのフレーバーに合わせて味わいを調整し、パッケージはグラスにアイスクリームを浮かべたイメージを挿入した。 プロモーションも刷新し、が応援マネージャーとして起用された。 同年4月20日には「ミルクコーヒー」に期間限定品として600mlペットボトルを追加発売。 同年6月22日には季節限定品として、の香りにアイスクリームの香風味とを合わせて仕上げた「ブルーハワイフロート」を発売。 本品は裏面に部活マネージャーに扮した橋本環奈が描かれた「部活応援ボトル」仕様となっており、他の既存製品(「ミルクコーヒー」の600ml増量ボトルを除く)も同年6月15日から8月末までの期間限定で順次「部活応援ボトル」仕様に切り替わった。 同年8月31日には喫茶店等のメニューにある「オレンジフロート」をでアレンジし、みかんフレーバーにアイスクリームの香風味と練乳を合わせて仕上げた「みかんソーダフロート」を発売 、同年12月14日には、風味をベースに、練乳を加えてフロート風に仕上げた「さくらクリームソーダ」を発売。 パッケージデザインはやなど4種類のデザインが設定されている。 2016年2月には「ミルクコーヒー」をリニューアルし、翌月には2015年6月に季節限定品として発売されていた「ブルーハワイフロート」を「ブルーハワイ」に改名し、定番商品としてリニューアル発売。 同年6月にはと共同開発した夏季限定品「ソーダ」を発売。 同年9月にはが発売する「関東・栃木レモン」とコラボレーションし、同製品の味わいを再現した期間限定品「レモンクリームソーダ」を発売。 同年12月には・・を配合したエナジー炭酸飲料「パネェースカッシュ」を発売。 本品は「期間限定おみくじボトル」仕様となっており、既存の「メロンクリームソーダ」と「ミルクコーヒー」も同時期より「期間限定おみくじボトル」仕様へ切り替わる。 2017年3月27日に「コーラフロート」を発売。 本品は2010年3月に旧サッポロ飲料から350ml缶として発売され、2013年3月には500mlのロング缶として再発売。 再々発売となる今回は500mlペットボトルでの発売となる。 同年6月26日には、2016年に発売された「白くまソーダ」に続く丸永製菓とのコラボレーション第2弾となる「白くまトロピカルフルーツソーダ」を発売。 同年7月24日には、2016年9月に発売された「レモンクリームソーダ」をパッケージリニューアルし、期間限定で再発売。 同年10月16日には、白濁の液色のコーラ飲料「白いコーラ」を期間限定で発売した。 2018年2月19日には「ミルクコーヒー」と「コーラフロート」がリニューアルされ、同年4月2日には「パインサイダー」を自動販売機限定で発売された。 同年6月25日には、お茶の井ヶ田が運営する「喜久水庵」で販売されている「喜久水庵 喜久福ずんだ生クリーム」とのコラボレーションによる「ずんだクリームソーダ」が期間限定で発売された。 2019年2月11日には「メロンソーダ」をリニューアル発売。 その際、「がぶ飲み」のブランドロゴが変更された。 同年4月1日には「すいかサイダー」を自動販売機限定で発売された。 同年6月1日には、物流費・燃料費・原材料費などによるコスト上昇の影響による大型ペットボトル製品の価格改定に伴い、「メロンソーダ」1. 同年6月10日には系列で放映のテレビ「 actII」とのコラボレーションとして、期間限定でブランドサイトを同アニメのバージョンに変え、翌月には店頭でのキャンペーンやでの広告も行われた。 また、同年6月24日に「ソーダフロート」を発売、同年7月22日に「レモンクリームソーダ」をパッケージリニューアルして再発売された。 同年10月7日にはが発売する「」とコラボレーションした「シゲキックスレモンスパークリング」が発売された(なお、本コラボレーションはUHA味覚糖でも行われており、同年9月2日に主力商品である「メロンクリームソーダ」とのコラボレーションにより、「激シゲキックス がぶ飲みメロンクリームソーダ」が発売されている)。 同年11月18日には白いコーラ「青冬コーラ」が発売された。 2020年2月3日には、、・、を配合したピンクの液色の炭酸飲料「フリーダムエナジー」を発売。 同年3月9日に「ミルクコーヒー」を刷新した「ミルクカフェラテ」が発売され、同年3月23日には「ブルーハワイソーダ」がリニューアル発売された。 製品一覧 [ ]• がぶ飲みミルクカフェラテ(コーヒー入り清涼飲料・500mlペットボトル)• がぶ飲みメロンクリームソーダ(炭酸飲料・500ml缶、500mlペットボトル、1. 5Lペットボトル) - 500ml缶は2014年4月発売。 がぶ飲みブルーハワイソーダ(炭酸飲料・450mlペットボトル) - 2015年6月発売。 発売当初は「ブルーハワイフロート」として季節限定で発売されていたが、2016年3月に「ブルーハワイ」へ改名し、定番商品化。 2020年3月に再度商品名を改名、450mlに減容してリニューアルした。 過去に発売された製品 [ ] この節のが望まれています。 がぶ飲みミルクコーヒー(コーヒー飲料・500mlペットボトル) - 1995年に発売された、「がぶ飲み」ブランド最初の製品。 当初は340ml缶で、現在の500mlペットボトルが発売されたのは1998年であった。 当初のCMのイメージキャラクターは(「悲しいとき~」を「がぶ飲みしたいとき~」と言い換えていた)。 2020年に「ミルクカフェラテ」へ刷新のため製造終了となった。 がぶ飲みヴァイタミンC(炭酸飲料・350ml缶、500mlボトル缶) - 2010年に独立製品の「ヴァイタミン ビタミンファイブ」となり、ポッカサッポロ統合時に旧・ポッカコーポレーションが発売していた「パワースカッシュ」に統合のため廃止。 その後、「がぶ飲みパワースカッシュ」となり「がぶ飲み」ブランドのビタミン系炭酸飲料を再び扱うこととなる。 がぶ飲みスーパースカッシュ オレンジ(炭酸飲料・350ml缶、500mlペットボトル)• がぶ飲みスーパースカッシュ グレープ(炭酸飲料・350ml缶、500mlペットボトル)• がぶ飲みミルク紅茶(飲料・340g缶)• がぶ飲みミルクココア(飲料・340g缶)• がぶ飲みスポーツドリンク(清涼飲料水・500mlペットボトル)• がぶ飲みいちごオ・レ(清涼飲料水・500mlペットボトル)• がぶ飲みすいかウォーター(清涼飲料水・500mlペットボトル) - 2010年7月に「がぶ飲み」初の季節限定品として発売されたフレーバーの飲料。 無果汁。 がぶ飲みフルーツスカッシュ(炭酸飲料・350ml缶) - 2012年3月に発売された6つのフルーツフレーバーの炭酸飲料。 ポッカサッポロとなった後も旧社名・旧社名ロゴのまましばらく販売されていた。 がぶ飲みパワースカッシュ(炭酸飲料・350ml缶、500ml缶、500mlペットボトル、1. 5Lペットボトル) - 2013年3月発売。 旧・ポッカコーポレーションにて単独ブランドとして発売されていた「パワースカッシュ」を「がぶ飲み」ブランド化した商品(旧・ポッカコーポレーション時代ではとコラボした缶(350mlのみ)も発売されていた)。 上記の通り、サッポロ飲料時代に「がぶ飲みヴァイタミンC」が発売されており、それ以来の発売となった。 なお、2014年4月に商品名を「パワースカッシュ」に戻し、「がぶ飲み」ブランドから再び独立、リニューアル発売されている。 がぶ飲みいちごミルクソーダ(炭酸飲料・500mlペットボトル) - 2014年2月発売。 がぶ飲みマンゴーフロート(炭酸飲料・500mlペットボトル) - 2015年3月発売。 がぶ飲みみかんソーダフロート(炭酸飲料・500mlペットボトル) - 2015年8月発売。 がぶ飲みフルーツミルク(清涼飲料水・500mlペットボトル) - 2001年発売。 がぶ飲みさくらクリームソーダ(清涼飲料水・500mlペットボトル) - 2015年12月発売。 がぶ飲み白くまソーダ(炭酸飲料・5000mlペットボトル) - 2016年6月発売。 がぶ飲みパネェースカッシュ(炭酸飲料・500mlペットボトル) - 2016年12月発売。 がぶ飲みコーラフロート(炭酸飲料・500mlペットボトル) - 2017年3月発売。 がぶ飲み白くまトロピカルフルーツソーダ(炭酸飲料・500mlペットボトル) - 2017年6月発売。 がぶ飲み白いコーラ(炭酸飲料・500mlペットボトル) - 2017年10月発売。 がぶ飲みパインソーダ(炭酸飲料・450mlペットボトル) - 2018年4月発売。 がぶ飲みずんだクリームソーダ(炭酸飲料・500mlペットボトル) - 2018年6月発売。 がぶ飲みすいかサイダー(炭酸飲料・450mlペットボトル) - 2019年4月発売。 がぶ飲みソーダフロート(炭酸飲料・500mlペットボトル) - 2019年6月発売。 がぶ飲みレモンクリームソーダ(炭酸飲料・500mlペットボトル) - 2016年9月に発売され、その後、2017年7月・2018年・2019年7月と再登場している。 がぶ飲みシゲキックスレモンスパークリング(炭酸飲料・500mlペットボトル) - 2019年10月発売。 がぶ飲み青冬ソーダ(炭酸飲料・500mlペットボトル) - 2019年11月発売。 脚注 [ ]• 日本食糧新聞 2006年7月31日. 2013年12月3日時点の [ ]よりアーカイブ。 2012年1月30日閲覧。 日本食糧新聞 2006年10月6日. 2015年6月10日時点の [ ]よりアーカイブ。 2012年1月30日閲覧。 Garbagenews. com 2011年5月10日. 2012年1月30日閲覧。 マイライフ手帳@ニュース 2009年2月18日. 2012年1月30日閲覧。 サーチナ 2011年5月9日. 2012年1月30日閲覧。 日経BP 2009年5月26日. 2012年1月30日閲覧。 外部リンク [ ]•

次の